【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【初めてのクリスタ】キャンバス作成後は「レイヤー」を作って絵を描こう!!

レイヤー:サムネ

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

 

皆さん、いつも閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

以前、漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を起動して最初にやる作業として「キャンバスの新規作成」を紹介する記事を書かせていただきました。

新規作成【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

 

今回はその次の工程として、絵を描くための「レイヤー」を作成する方法と、「レイヤーの仕様」を紹介させていただこうかと思います◎

 

初歩的なことになると思いますが、よろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):「レイヤー」とは?

「レイヤー」とは何かと言いますと、透明な紙をイメージしていただければいいかなと思います。デジタルではこのレイヤーに絵を描いていきます。そしてこのレイヤーが何枚も重なって1枚の原稿やイラストが成り立っています。

レイヤーイメージ

レイヤー

↑この図のように絵をレイヤーごとに分けて描くことで描画や修正がやりやすくなります。

 

また、レイヤーにはいくつか種類があり、それぞれ特徴・機能があります

つまり、キャンバスを作成した後にさらにこの「レイヤー」を用途に合わせて作成し、絵を描いていくという流れになるのです。

クリスタ:レイヤー作成

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でのレイヤーの仕様

※以下の説明で紹介する項目が見当たらない場合は以下の記事を参考に探してみて下さい◎

CLIP STUDIO PAINT画面【クリスタ補足】ウィンドウ(パレット)やアイコンが説明されている場所に見当たらない時は?

クリスタ画面でレイヤーが表示されている場所

初期設定ではCLIP STUDIO PAINT画面の右下にレイヤーを表示する「レイヤーパレット(ウィンドウ)」があります。

ここに作成したレイヤーが表示されます。

クリスタ:レイヤーパレット

 

こちらは端にポインターを持っていくと矢印のポインターになり、その状態でドラッグすることで幅や高さを変更することもできます。

クリスタ:レイヤーパレット

また、「レイヤーパレットのタブ」をドラッグすることで独立したウィンドウにすることもできます。

クリスタ:レイヤーパレット

クリスタで新しく作成するレイヤーは選択中のレイヤーの真上に作成される

レイヤーは作業中、何枚でも作成することができます。

(何十枚となるとパソコンの性能によっては動作が遅くなる可能性があります)

クリスタ:レイヤーパレット

作業中に新しくレイヤーを作成した場合は、その時選択しているレイヤーの真上に作成されます。

クリスタ:新規レイヤー

レイヤーパレットの位置がそのままレイヤーの上下関係

上記でデジタルの絵は複数のレイヤーが重なって1つの絵になっていると述べましたが、この重なりの順番も絵を描く上で重要になってきます。

レイヤーパレットの上にあるレイヤーの方が重なりとして上になります。

クリスタ:レイヤー位置

ですので上のレイヤーと重なる部分は隠れてしまいます。

MEMO

筆ツールなど薄い色を描画できるツールを使用した場合、「乗算」などの合成モードを利用している場合などで下のレイヤーが表示されることはあります。

クリスタ:筆ツール

レイヤーをドラッグで移動できる

前項で述べたレイヤーの上下関係ですが、ドラッグをすることでレイヤーのパレットの位置を移動させることが簡単にできます。

クリスタ:レイヤー移動

 

選択中のレイヤーで作業ができる

絵はレイヤー上に描いていくのですが、複数のレイヤーがある場合は選択中のレイヤーに描画するといった形になります。

レイヤーをタッチするだけで簡単に選択状態にできます。

選択中のレイヤーには「ペンのマーク」が表示されます。

クリスタ:レイヤー選択

例えば、身体の部位やキャラクターごとにレイヤーを分けていれば他の絵に影響を与えることなく作業・修正ができるのです!

クリスタ:レイヤー分け

 

また、選択していないレイヤーの左側にある空欄をタッチするとチェックマークが表示され、同時選択することができます。

クリスタ:レイヤー同時選択

3つ以上でも同時選択可能ですよ◎

クリスタ:レイヤー同時選択

描画は「ペンのマーク」が付いているレイヤーしかできませんが、それ以外の作業(コピー・移動など)は同時選択することで複数のレイヤーで同時に行うことができます

レイヤーの表示・非表示が切り替えられる

左側の「目のマーク」をタッチすると「目のマーク」が消え、そのレイヤーに描いた絵を非表示にすることができます。

クリスタ:レイヤー表示

空欄をタッチすると「目のマーク」が現れ、再びレイヤー上の絵を表示させることができます。

 

レイヤーの「不透明度」を変更できる

レイヤーパレット上部にある「不透明度」を下げることで表示を薄く(透過できる状態にする)することができます。

クリスタ:不透明度

レイヤーの名前を付けることができる

レイヤーを作成すると「レイヤー1」「レイヤー2」という名前で次々作成されます。

クリスタ:レイヤー作成

このレイヤー名を好きな名前に変更させることができます◎

名前を変更させたいレイヤーを選択し、

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤー設定」→「レイヤー名の変更」と選択することでレイヤー名の入力ウィンドウが開き、そこで任意の名前を付けることができます。

クリスタ:レイヤー名の変更

クリスタ:レイヤー名の変更

※「ベクターレイヤー」の新規作成時ではレイヤー名の入力画面が表示されることがあります。

 

また、レイヤーパレットのレイヤー名の部分をダブルクリックすることで直接入力することもできます。

クリスタ:レイヤー名の変更

レイヤー上の描画部分を範囲選択できる

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーから選択範囲」→「選択範囲を作成」と選択することでそのレイヤーに描画された範囲を選択することができます。

クリスタ:描画部分選択

クリスタ:描画部分選択

描画部分のみに新たに描画したい時、何か作業をしたい時などに利用できます◎

クリスタ:描画部分選択

↑画像は描画部分を範囲選択した後、新しいレイヤーを作成して上から別色で描画しています。

MEMO

[Ctrl(Command)]を押しながらレイヤーのサムネイルをタッチすることでも描画部分の選択をすることができます。

クリスタ:描画部分選択

「合成モード」で効果をレイヤー上に追加できる

レイヤーパレット上部の「通常」と表示されている箇所をタッチすると様々な「合成モード」の種類が表示され、選択することでレイヤーの表示に様々な効果を付けることができます。

クリスタ:合成モード

「合成モード」の種類はたくさんあるのでここでは細かい紹介は割愛させていただきます…!

 

合成モードを紹介している公式のページのリンクを貼っておきますのでそちらを参考にしてみて下さい◎

合成モード公式紹介ページへはココをタッチ!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での「レイヤー」の種類

絵を描く為の主要レイヤー

CLIP STUDIO PAINTで絵を描く上でメインで使うことになるレイヤーが2つあります。

基本的にこの2つのレイヤーさえ理解していれば絵が描けますね◎

「ラスターレイヤー」

クリスタ:ラスターレイヤー

基本的・一般的なレイヤーです。

キャンバスを新規作成した際にはこの「ラスターレイヤー」が1つ作成された状態になっています。

クリスタ:新規作成

CLIP STUDIO PAINTの全ての描画ツールが使用できるレイヤーですね。

「ベクターレイヤー」

クリスタ:ベクターレイヤー

CLIP STUDIO PAINT特有のレイヤーです。

描画後に線の修正・変更ができるなど、線画をするのにとても便利なレイヤーとなります。

このレイヤーの存在がCLIP STUDIO PAINTを利用する大きな理由になる程です。

 

その代わり「塗りつぶし」などのツールが使えないといった弱点もあります。

そんな「ベクターレイヤー」の特徴は以下の記事を参考にしてみて下さい◎

ベクターレイヤー【これぞクリスタの特徴!】ベクターレイヤーでこんなことができる!! 【クリスタ便利機能】ベクターレイヤーでは「制御点」操作でこんなことができる!!

一般的な使用例

「ベクターレイヤー」の特徴から、線画を「ベクターレイヤー」、色塗りを「ラスターレイヤー」で行うというのが一般的な使い方といえるでしょう。

クリスタ:レイヤー使用例

しかし、必ずしもそのようにしなければならないわけではありません。

「ラスターレイヤー」で線画を行う方もいらっしゃいます。

その他のレイヤー

多く利用するレイヤーは上記の2つですがCLIP STUDIO PAINTには他にも特殊なレイヤーがありますので軽く紹介しますね。

「グラデーションレイヤー」

クリスタ:グラデーションレイヤー

選択中の色を基準にグラデーションを作成するレイヤーです。

グラデーションの描画は「グラデーションツール」でも可能なのですが、この「グラデーションレイヤー」で作成したグラデーションは「オブジェクトツール」を選択すると色や角度、表示幅などが変更できたり「ツールプロパティ」の設定で描画後にグラデーションの調整・変更ができるのです◎

クリスタ:グラデーションレイヤー(オブジェクトツール)

クリスタ:グラデーションレイヤー(オブジェクトツール)

「マスク」も付きますのでグラデーションの繋がりを保ったまま表示範囲を指定することもできます◎

クリスタ:グラデーションレイヤー

関連記事

クリスタ:レイヤーマスク【クリスタ】アナログではできない!「レイヤーマスク(隠す)」機能と使い方!!

「ベタ塗りレイヤー」

クリスタ:ベタ塗りレイヤー

1つの色だけを塗りつぶしするための専用レイヤーとなります。

レイヤー作成時に色を選択し、あとは「マスク」で表示範囲を指定するだけですので使用する色を固定して塗りつぶしができます。

クリスタ:ベタ塗りレイヤー(マスク)

作業中に色の選択を間違えることも防げますし、色塗り作業の始めにあらかじめ作成しておくことで塗りつぶしを行うたびに色を選択する手間も省けますね◎

MEMO

「ベタ塗りレイヤー」を選択した状態で「オブジェクトツール」を選択し「カラーパレット」で色を指定すれば「ベタ塗りレイヤー」作成時に指定した色を変更させることもできます。

 

「トーンレイヤー」

クリスタ:トーンレイヤー

モノクロ漫画などで使用する「トーン」を使用する際に作成するレイヤーです。

詳しい内容は以下の記事を参考にして下さい◎

トーンレイヤー:サムネ【クリスタ:網点トーンの貼り方】漫画制作の時間・費用を大幅削減できます!!

「下描きレイヤー」

クリスタ:下描きレイヤー

絵を描く際に下描き用で使用すると便利なレイヤーです。

「下描きレイヤー」はそのものを作成するのではなく、作成したレイヤーを「下描きレイヤー」に設定することで作成するものとなります。

詳しい内容は以下の記事を参考にして下さい◎

下描きレイヤー【クリスタで絵を描く】下描きレイヤーを使えば効率が上がる!!

「レイヤーフォルダー」

クリスタ:レイヤーフォルダー

絵を描いていると、「レイヤー」の数はどうしても増えていってしまいがちです。

そこで役に立つのが「レイヤーフォルダー」です。

これは複数のレイヤーを束ねることができるもので、「レイヤーフォルダー」を作成し、レイヤーをドラッグ移動させて「レイヤーフォルダー」に入れ、表示を閉じることでレイヤーパレット内をすっきりさせることができます。

クリスタ:レイヤーフォルダー

クリスタ:レイヤーフォルダー

キャラ別、カテゴリー別などでレイヤーフォルダーにまとめると分かりやすいですね◎

クリスタ:レイヤーフォルダー

また、このレイヤーフォルダーの設定を変更したり、「マスク」などの機能を追加すると、レイヤーフォルダー内にあるレイヤー全てにその内容が適応されます。

クリスタ:レイヤーフォルダー(マスク)

1回の作業で複数のレイヤーの設定を変えたい時、移動させたい時などはこの「レイヤーフォルダー」にまとめると便利ですね◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「PRO版」「EX版」どちらでも使用可能!

今回紹介している「レイヤー」はどの種類のレイヤーもCLIP STUDIO PAINT EXはもちろん、少しお安いCLIP STUDIO PAINT PROでも利用できます◎

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT EX

 

クリスタ:PROとEXの違い【クリスタ】PRO版とEX版の違い27項目全部を紹介します!! CLIP STUDIO PAINT:体験版【クリスタ体験版】無料でCLIP STUDIO PAINTをダウンロード・使用する方法-全工程の画像付き!- CLIP STUDIO PAINT:製品版【クリスタダウンロード版:コンビニ支払い】購入からインストールまでの方法-全工程画像付き!

 

次項から詳しいレイヤーにおける作業の方法を紹介していきます◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でのレイヤー作業

以降の紹介で、記述している項目が見当たらない場合は以下の記事を参考に探してみて下さい◎

CLIP STUDIO PAINT画面【クリスタ補足】ウィンドウ(パレット)やアイコンが説明されている場所に見当たらない時は?

 

また、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」と選択することで表示されるメニューは「レイヤーパレット」上で右クリックすることでも表示させることができます。

クリスタ:レイヤーメニュー

この時、サムネイル上で右クリックをすると別のメニューが開きますの注意しましょう。

クリスタ:サムネイルメニュー

レイヤーの作成方法

まずは「キャンバス」を新規作成しましょう。

詳しい方法は以下の記事を参考にしてみて下さい◎

新規作成【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

上部メニューから作成する

CLIP STUDIO PAINTの画面上部から「レイヤー」→「新規レイヤー」と選択し、作成したいレイヤーを選択することで新しくレイヤーを作成することができます。

クリスタ:新規レイヤー

※「ラスターレイヤー」は「レイヤー」→「新規ラスターレイヤー」と選択することでも作成できます。

 

また、項目名の横にショートカットキーが表示されている場合はキーボード入力で作成させることもできます。

クリスタ:新規レイヤー(ショートカットキー)

 

 

「レイヤーフォルダー」においては単独で項目があります。

クリスタ:新規レイヤーフォルダー

 

関連記事

ショートカットキー【クリスタ】ショートカットを設定して作業の効率を上げよう!

アイコンから作成する

レイヤーパレットの上部にアイコンが並んでいるのが見えると思います。

「ラスターレイヤー」「ベクターレイヤー」「レイヤーフォルダー」の3つでしたらここのアイコンから作成することができます。

クリスタ:レイヤーパレットアイコン

レイヤーの複製

レイヤーを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択することでレイヤーを複製(コピー)することができます。

クリスタ:レイヤーを複製

クリスタ:レイヤーの複製

レイヤーの削除

レイヤーを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを削除」と選択することでレイヤーを削除することができます。

クリスタ:レイヤーの削除

クリスタ:レイヤーの削除

また、レイヤーパレット上部にある「ゴミ箱のマーク」をタッチし、「削除」と選択することでも削除させることができます。

クリスタ:レイヤーの削除

ちなみに、「ゴミ箱のマーク」にレイヤーをドラッグさせることでも削除することができます。

クリスタ:レイヤーの削除

レイヤーの結合

複数のレイヤーは合体させて1つにすることができ、それを「結合(する)」と言います。

基本的には「ラスターレイヤー」「ベクターレイヤー」で行います。

 

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」と選択すると結合に関するメニューがいくつかあるのが分かるかと思います。

クリスタ:レイヤーの結合

「下のレイヤーと結合」

選択中のレイヤーとその下にあるレイヤーを結合させます。

クリスタ:下のレイヤーと結合

「選択中のレイヤーを結合」

レイヤーを複数選択している場合に実行でき、選択しているレイヤー全てを1つに結合させます。

クリスタ:選択中のレイヤーを結合

ただし、間に選択していないレイヤーがあるとこの項目を選択できません

クリスタ:選択中のレイヤーを結合

「表示レイヤーを結合」

「目のマーク」が付いている表示中のレイヤー全てを結合させます。

表示レイヤーを結合

※「用紙」も表示させていれば一緒に結合されてしまいます。

「表示中のレイヤーのコピーを結合」

「目のマーク」が付いている表示中のレイヤー全てを複製し、それを結合させます

表示中のレイヤーのコピーを結合

「下のレイヤーに転写」

結合とは少し違い、レイヤー上にある絵を下のレイヤーに移すことができます。

クリスタ:下のレイヤーに転写

選択中のレイヤーは残りますが、そのレイヤーは何も描かれていない状態になります。

結合時の注意点

「ベクターレイヤー」や「グラデーションレイヤー」など、「ラスターレイヤー」以外のレイヤーを結合させるとその結合したレイヤーは「ラスターレイヤー」になってしまい、元のレイヤーの機能を失ってしまいます

クリスタ:ベクターレイヤーの結合

ただし、「ベクターレイヤー」のみ、「ベクターレイヤー」同士を結合させることで「ベクターレイヤー」の機能を保つことができます。

クリスタ:ベクターレイヤーの結合

 

また、「マスク」が付いている場合も注意が必要です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい◎

レイヤーマスクの結合【クリスタ】レイヤーマスク応用編:結合時にうまく「レイヤーマスク」を残す方法!!

レイヤーの変換

ラスタライズ

「ラスターレイヤー」以外のレイヤーを「ラスターレイヤー」に変換することを「ラスタライズといいます。

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択することで実行することができます。

クリスタ:ラスタライズ

「ラスターレイヤー」は全ての描画ツールが使用できるレイヤーですのでその為に変換することは結構あります。

 

特に、画像を読み込んだレイヤーは描画などの作業が全くできないのですが「ラスタライズ」することでそれを可能にすることができます。

クリスタ:ラスタライズ

漫画原稿などを読み込んだ場合などにも利用できますね◎

 

「ラスターレイヤー」→「ベクターレイヤー」の変換はあまりおすすめしない

あくまで個人的感想ですが。

ラスターレイヤーを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーの変換」と選択し、表示されるウィンドウ内の「種類」の項目で「ベクターレイヤー」と選択し、必要であれば「ベクター設定」で詳細設定を行ってから「OK」を選択すると「ベクターレイヤー」に変換させることができます。

クリスタ:レイヤーの変換

クリスタ:レイヤーの変換

しかし、これによって線の表示も少し変わることもありますし、最初からベクターレイヤー上に描いた線と比べると劣るものがあります。

 

ですので個人的にはあまりおすすめしませんね…。

「どうしても必要」とか「応急処置」として行う程度にしておいた方がいいかなと思います。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「レイヤー」紹介まとめ

レイヤーに関する記事は以上になります。

「レイヤーパレット」にはまだ他にアイコンがあったり、レイヤーメニューにも今回書いていない機能があるのですがひとまず基本的な情報だけ書かせていただきました。

ですので初歩的なことになってると思いますが、少しでもお役に立てたのならば幸いです◎

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】