【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタ便利機能】ベクターレイヤーでは「制御点」操作でこんなことができる!!

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

 

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)において、ベクターレイヤーを使用した便利な機能の第2弾として線修正ツール」を使用した「制御点」の操作に関して私個人が便利だと思う機能を紹介したいと思います!

 

それではよろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):基本情報

クリスタの「ベクターレイヤー」とは

デジタル制作では「レイヤー」という透明な紙に絵を描いていくのですが、この「ベクターレイヤー」とはCLIP STUDIO PAINT特有のレイヤーで、この「ベクターレイヤー」上に絵を描くとその絵をデータとして扱えるようになり、描画後でも様々な修正作業を行うことができるとても便利なものなのです◎

詳しくは第1弾の記事にて紹介させていただいてますのでそちらを参考にして下さい◎

ベクターレイヤー【これぞクリスタの特徴!】ベクターレイヤーでこんなことができる!!

クリスタの「制御点」とは

「制御点」とは線を形成させるもので、「ベクターレイヤー」上に描画した線の中に含まれるものです。

 

クリスタ:制御点

この「制御点」を操作することにより描画後でも線の形や性質を変更することができるのです!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):で「制御点」を操作して線を修正しよう!

※以降で紹介するウィンドウやアイコンなどが見当たらない場合は以下の記事を参考にしてみて下さい◎

CLIP STUDIO PAINT画面【クリスタ補足】ウィンドウ(パレット)やアイコンが説明されている場所に見当たらない時は?

「線修正ツール」を設定しよう!

「線修正ツール」を選択し、サブツールウィンドウ上部で「線修正」を選択、さらに下部の一覧から「制御点」を選択しましょう。

クリスタ:線修正ツール(制御点)

MEMO

「線修正ツール」にはサブツールウィンドウに「線修正」に関するツールが7種類、「ごみ取り」に関するツールが3種類存在し、選択しているツールによってアイコンの表示が変わります。

クリスタ:線修正ツール

求めるアイコンが見当たらない場合は、これらのツールのいずれかを選択している可能性があります。

 

「制御点」を選択するとベクターレイヤーに描画した線の制御点を操作できるようになります。

 

操作の内容は「ツールプロパティ」ウィンドウでチェックを入れた内容になります。

クリスタ:線修正ツール(線修正ツール)

目的に合った項目にチェックを入れましょう。

 

MEMO

「線修正ツール」による「制御点」の操作を行う場合、ツールのポインターを線の上に持ってきた時のみ「制御点」が表示され、操作できるようになります。

クリスタ:制御点

また、「制御点」が表示される範囲は1本の線として認識されている部分のみです。

ポインターが線から離れると「制御点」の表示が消えてしまうので注意して下さい。

「制御点の移動」を選択した場合

 クリスタ:制御点の移動

「制御点」をドラッグすることで「制御点」を移動させて線の形を変形・整えることができます。

クリスタ:制御点の移動

「制御点」の移動による線の修正のコツは以下の記事にまとめてありますので参考にしてみて下さい◎

制御点の移動【クリスタ】本当に便利?「制御点の移動」修正のコツは間隔!!

「制御点の追加」を選択した場合

クリスタ:制御点の追加

線上でタッチした場所に「制御点」が追加されます。

クリスタ:制御点の追加

「ベジェ曲線」などの曲線ツールで描画した線に「制御点」を追加した場合は曲線ツール特有の制御点も一緒に追加されます。

クリスタ:制御点の追加

 

また、この「制御点の追加」はツールプロパティで別の項目を選択している場合でもShift]を押しながら線上をタッチすることでも実行できます。

クリスタ:制御点の追加

 

「制御点の削除」を選択した場合

クリスタ:制御点の削除

線上に表示されている「制御点」をタッチするとその「制御点」を消すことができます。

クリスタ:制御点の削除

消すことができるのは線上の「制御点」だけです。

曲線ツール特有の線上にない「制御点」はそもそも表示されず、タッチすることができません。

クリスタ:制御点の削除

また、「制御点」は線を形成させるものですので、一部の「制御点」を消すことによって線の形が変わる可能性があります。

クリスタ:制御点の削除

ただし、ペンツールで描画した線は基本的に「制御点」が多いので1つ2つ消しても大きく線が変わることは少ないでしょう。

 

また、この「制御点の削除」はツールプロパティで別の項目を選択している場合でもAlt(Option)]を押しながら制御点をタッチすることでも実行できます。

クリスタ:制御点を削除

 

「角の切り替え」を選択した場合

クリスタ:角の切り替え

「制御点」をタッチするたびに「角あり」/「角なし」が切り替わります

クリスタ:角の切り替え

「角なし」の制御点は「〇」で表示されています。

「角あり」の制御点は「□」で表示されています。

※線の端となる「制御点」は「角あり」になっています。

 

また、「3次ベジェ曲線」では「方向点」を個別に移動できるようにもなります。

クリスタ:角の切り替え

 

また、この「角の切り替え」はツールプロパティで別の項目を選択している場合でも[Shift]+Alt(Option)]を押しながら制御点をタッチすることでも実行できます。

 

関連記事

3次ベジェ曲線サムネ【クリスタ】マウスでもイラスト(絵)が描ける!3次ベジェ曲線の使用方法!

 

注意

前述の通り、「線修正ツール」では線もしくは制御点の上にポインターがある時にしか制御点が表示されません。

「方向点」などの線上にない制御点を操作する場合、ポインターをぴったり合わせるのが結構難しいです…。

クリスタ:方向点の場所

その場合は、ポインターを線上の制御点から沿っていくことで制御点に合わせやすくできますよ。

クリスタ:方向点の場所

 

「角なし」と「角あり」の違い

「角なし」の線はどんなに急な曲がり方をしても曲線を保っています。

しかし「角あり」の線になりますとカクっとした線になります。

クリスタ:角なし/角あり

 

「線幅修正」を選択した場合

クリスタ:線幅修正

「制御点」を右にドラッグするとその「制御点」を中心に線が太くなります。

また、

「制御点」を左にドラッグするとその「制御点」を中心に線が細くなります。

クリスタ:線幅修正

「濃度修正」を選択した場合

クリスタ:濃度修正

これは線に「アンチエイリアス」がある場合のみ使用できます

MEMO

「アンチエイリアス」とは線にぼやけを付けて見た目をなめらかにする機能です。

クリスタ:アンチエイリアス

「アンチエイリアス」の設定がされていない線でも「オブジェクトツール」でその線を選択し、「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」の「アンチエイリアス」の項目で設定を変更することができます。

クリスタ:アンチエイリアス

 

「制御点」を左にドラッグするとその「制御点」を中心に線を薄くすることができます。

また、

「制御点」を右にドラッグすると薄くした濃度を濃くすることができます。

クリスタ:濃度修正

注意

濃度を濃くする機能は「線修正ツール」で薄くした線を濃くする機能であり、元々薄い線を濃くするわけではないので注意して下さい。

 

「線の切断」を選択した場合

クリスタ:線の切断

線上でタッチすると線自体の形は変わりませんが、その場所から「制御点」の繋がりを切断します。

※タッチする場所は「制御点」である必要はありません。

クリスタ:線の切断

その為その場所に「制御点」が作成され、表示される範囲も分別されます。

 

 

「線の切断」をすることでできること

この「線の切断」をすることでどんなことができるようになるかといいますと、

線の修正を別々に行うことができるのです!

 

例えば絵の一部を移動・変形・消去できるようにできたり

クリスタ:線の切断

線の色を途中で変えたりできるようになります。

クリスタ:線の切断

特にこの線の色を途中で変えるという作業はカラーイラストを制作する上でとても役に立つのではないでしょうか◎

関連記事

ベクターレイヤー【これぞクリスタの特徴!】ベクターレイヤーでこんなことができる!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):制御点操作紹介まとめ

「線修正ツール」での「制御点」の操作方法の紹介は以上になります。

この「制御点」の操作を行うことでペンツールで描いた線の修正だけでなく、ペンツールの描画だけでは難しい表現も可能になります!

「制御点」の操作は「ベクターレイヤー」での線を修正する上でとても重要ですので是非利用して自身の作品をより良いものにしていきましょう◎

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】