【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

新規作成

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX】

皆さんおはようございます。山本電卓と申します。

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)をダウウンロード・インストールをしていよいよイラストや漫画を描こう!とCLIP STUDIO PAINTを起動した際、「まず何をどうすればいいの?」と悩まれた方の為に最初のステップである絵を描くための用紙の出し方(新規作成)を画像付きで述べていきたいと思います。

アナログでも同じ、まず用紙がないと絵は描けませんからね。

画像加工ソフトのPhotoshopなどを触ったことのある方でしたら何となく分かるかもしれませんが本当にデジタルが初めてという方には「???」なことだらけだと思います。

ですので初歩的なことですが書いていきますね。

 

ではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!

↓こちらも参考にどうぞ!

CLIP STUDIO PAINT:製品版【クリスタダウンロード版:コンビニ支払い】購入からインストールまでの方法-全工程画像付き!

※アップデートにより、この記事に載せている画像のCLIP STUDIO PAINTの表示とは少し変わってしまいましたが、機能としては変わりません。

まずはCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を起動!

ではまずCLIP STUDIO PAINTを起動しましょう。

起動方法は以下の記事内に書いてますので参考にして下さい◎

クリスタ一発起動【クリスタ】3つのCLIP STUDIO PAINT起動ショートカットですぐに制作開始できる!!(Windows)

そしてさっそくCLIP STUDIO PAINTを起動させると…

CLIP STUDIO PAINT

このような画面が開きます。

何もない…

そう、起動しただけでは何もないんです。他のアプリなどでは起動時に自動でキャンバスを出してくれる場合もあるのですが、CLIP STUDIO PAINTではそういったことはありません。頑張ってインストールしたのにこの仕打ち。デジタル制作は本当に知らない人にはとことん厳しいです。

※前回に制作・保存したデータがない場合、用紙(キャンバス)が自動で作成される場合があります。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の制作は用紙(キャンバス)を出さなきゃ始まらない!

新規作成をする

CLIP STUDIO PAINTを起動後にすることはまず新規の作成です。つまりは用紙を出すということですね。冒頭にも言った通り、まず用紙(キャンバス)がなければ何も書けません。

やり方は以下の通りです。

新規ウィンドウを出す

画面上部左の「ファイル」→「新規」を選択。

新規作成

MEMO

キーボードで[Ctrl]+[N]を押してもらっても同じ動作となります。

すると新規ウィンドウが表示されます。

新規作成ウィンドウ

用途に合わせてアイコンを選択

新規ウィンドウ上部には「作品の用途」として以下のようなアイコンがあります。

作品の用途アイコン

※「同人誌入稿」はEX版のみ表示されます。

※アップデートにより、最新版では以下の画像のように表示されます。

新規作成アイコン

それぞれの意味は…

「イラスト」

一枚のイラストを描く用のキャンバス

「コミック」

漫画を描く用のキャンバス。実際の漫画用原稿用紙のように仕上がり線や基本枠が付いたキャンバスを作成します。(単~複数ページ可)

「同人誌入稿」

その名の通り、同人誌制作を目的としたキャンバス。表紙の構成などの設定ができます。

「すべてのコミック設定を表示」

上記の「コミック」用キャンバスにおいて、仕上がり線や基本枠の設定を新規作成の段階で入力することができます。

「アニメーション」

アニメーション(動画)用のキャンバス。

設定を入力

「作品の用途」のアイコンを選択すると、その下の設定入力画面がそれぞれの用途に応じて変わります。

自分の目的に合った設定を入力していきましょう。こちらでの設定は一部を除いて後から変更もできます。

↓「イラスト」の設定詳細はこちら!

新規作成:イラスト【クリスタで絵を描く!】「イラスト」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!!

↓「コミック/すべてのコミック設定を表示」の設定詳細はこちら!

新規作成:コミック【クリスタ】「コミック」新規作成時の設定項目の意味を説明します!

↓「同人誌入稿」の設定詳細はこちら!

新規作成:同人誌入稿【クリスタ】「同人誌入稿」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!(EX版のみ)

※「アニメーション」の設定詳細の記事更新は未定です

最後に「OK」を選択!

設定を入力し終えたら右上の「OK」を押しましょう!

すると…

新規作成:イラスト

このように設定した通りの用紙が出てきました!

これでペンツールなどを使って絵を描くことができます◎

自由に描いていきましょう☆

 

新規作成後、次のステップはこちらから!

レイヤー:サムネ【初めてのクリスタ】キャンバス作成後は「レイヤー」を作って絵を描こう!!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で新規作成する時の注意点!

キャンバスを出すことによって絵を描くことができるようになるのですが、その際に気を付けてほしいことがあります。

後からやり直しや変更が楽にできることがデジタルの利点の一つですが、この最初の新規作成の設定によっては取り返しがつかない、もしくは余計な作業が増えてしまうデジタルならではの注意点があるのです。

印刷目的なら解像度に注意!!

新規作成時にしっかり解像度を設定しよう!

新規作成時の設定の中に「解像度」という項目があります。

新規作成:解像度

解像度とはどれだけ綺麗に表現されているかを数字で表したものです。ここでは作成するキャンバスがどれだけ鮮明かを意味します。

この解像度、インターネット上などで公開するといったデジタルデータとして使用するだけでしたら全く関係ありません。

しかし、描いたイラストや漫画を最終的に印刷しようと思ってるもしくはその可能性があるのならば解像度はある程度の高さが必要となります。ですので新規作成時にしっかり設定しなければならないのです。

注意
解像度はデータの鮮明さを表す数字です。その為、解像度の数字が高い程データとしての容量も大きくなってしまいます。保存先の残り容量をしっかり確認しましょう。

 

カラー作品を印刷するなら解像度は「300~350dpi」

印刷目的であるカラー作品の解像度は一般的に300~350dpiとされています。新規作成ウィンドウの設定にも300dpiと350dpiの選択肢が用紙されています。「一般的に」というのは、この数字がカラーの印刷機の解像度から算出された数字だからです。ですのでこの数字の方が都合がいいということであって絶対ではありませんが最低でもこの解像度まであった方が確実でしょう。

こちらも知っておこう!
デジタルでのカラーはRGB(レッド・グリーン・ブルー)形式で表現されますが印刷ではCMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・キープレート[黒])形式で印刷されるのでパソコンの画面と印刷物で色合いが変わってしまいますので注意が必要です。

 

モノクロ作品を印刷するなら解像度は「600dpi」

印刷目的であるモノクロ作品の解像度は一般的に600dpiとされています。新規作成ウィンドウの設定にも600dpiの選択肢が用意されています。これはトーンの点々(ドット)をしっかり表現する為、そして白と黒の境界をくっきりさせる為にカラー作品より高めの解像度が必要になってきます。こちらも印刷機の解像度から算出された数字ですので絶対ではありませんがトーンが荒く印刷されてしまう可能性を考えるとこの解像度まであった方が無難といえるでしょう。

 

デジタル使用ならカラーでもモノクロでも「72dpi」

上記の通り、解像度は印刷する際に重要となってきます。すなわち、デジタルデータとして使用し、印刷する必要がないのであれば解像度は気にする必要がありません。印刷目的でない作品を高い解像度で制作してしまうとデータ容量が無駄に大きくなってしまいます。ですのでデジタル使用の作品の解像度は選択肢の中で一番低い72dpiを選択するのが一般的となっています。

低い解像度の作品を後から綺麗にすることはできない!

実は解像度は制作途中からでも変更することが可能です。

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「編集」から「画像解像度を変更」を選択することで解像度を設定し直すことができます。

それなのになぜ新規作成時に目的によって解像度を設定しなければならないかというと、解像度の高い鮮明な画像を後から荒くすることはできても荒い画像から綺麗にすることはできないからです。ある程度は補正が可能かもしれませんが、荒い画像を頑張って綺麗にした画像ではやはり元々綺麗な画像には敵いません。

つまり低い解像度で描き始めた絵の解像度を途中で高くしても、それまでに描いた絵は綺麗に印刷できないのです。パソコンの画面上では違いがはっきり分からないかもしれませんがその差は印刷時にしっかり出てくるでしょう。

※解像度変更後の描写は変更した解像度の鮮明さになります。

解像度を変更すると製本(仕上がり)サイズ・基本枠(内枠)が消えてしまう!

作品の用途で「コミック」または「すべてのコミック設定を表示」を選択した場合、製本(仕上がり)サイズや基本枠(内枠)を設定し、表示させうことができるのですが、新規作成後に解像度を変更すると以下の表示が出てきます。

解像度の変更

※「トンボ」とは製本の際に裁断する目印にするもので、原稿用紙の四隅と上下左右にあるガイド線のことを指すのですが、それと関わりのある「製本(仕上がり)サイズ」のガイド線も一緒に削除されてしまいます。

これは「OK」を選択しないと解像度変更の画面に進めないので、必然的に製本(仕上がり)サイズや基本枠(内枠)を消すことになります。

実は消してしまった後に再度設定し直して表示させることはできるのですが、やはり途中で解像度を変更するのは余計な作業が増えることになりますね。

 

 

以上のようなことから、何時間もかけた作品が解像度の設定ミスにより1から描き直しとなってしまうこともあるので最初の新規作成時に目的に合わせてしっかり解像度を設定しましょう!

 

漫画原稿の各種サイズの入力に注意!

投稿・持ち込み予定なら規定サイズの確認を!

「コミック」の新規作成ウィンドウでは原稿全体のサイズから仕上がり枠サイズや内枠サイズなどの設定ができます。

新規作成:コミック

もしCLIP STUDIO PAINTで制作した漫画を商業雑誌の漫画賞に投稿する、もしくは持ち込みを行うのであればその雑誌が指定しているサイズ(各雑誌で掲載されているページがあります)に合わせて新規作成時に設定する必要があります。これらのサイズも後から変更することは可能なのですが、そうしてしまうと修正作業が大変になってしまう場合があります。

コマ枠を作成してからのサイズ変更は修正が大変!

漫画用の原稿を制作する過程でコマ枠を作る作業がありますね。CLIP STUDIO PAINTでコマ枠を作成する場合、そのコマ枠の外側はまず内枠に合わせて作成されます。

コマ枠フォルダ作成

そこからコマを分割したり仕上がり枠まで伸ばすなど表現したい形に変えていくのですが…

コマ枠分割

このコマ枠を作成した後に内枠のサイズを変更したとしてもコマ枠や描いた絵の大きさは変わらないのです…!

内枠サイズ変更

その場合は一コマ一コマ手動で内枠に合わせて変形させなければなりません。さらにそのコマ枠内にペン入れした線画を描いてた場合、その線画も移動や変形、コマが大きくなったことにより絵が足りない部分がでてきたらその分の描き足しもしなければならなくなります。

さらにさらに、もしこれが数ページ描いた後でしたら全てのページでこの作業をしなければならなくなるのです。

こういったことを防ぐ為にもサイズ確認をしっかりして、間違いのないように新規作成時に設定しましょう。

関連記事

コマ枠分割【クリスタ】なら定規不要!漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!

選択肢からサイズを決める場合も注意!

新規作成ウィンドウには「B4」「A4」など用紙サイズの選択肢がありそちらを選択すると各サイズもその選択に合わせて自動で入力されます。

新規作成:コミックB4

「応募規定のサイズがB4用紙だからこれでいいだろ♪」

と油断すると痛い目に遭います…!

その自動入力された数字をしっかり確認して下さい!

規定サイズと微妙に違う場合があります。同じB4でも雑誌によってサイズは違いますので最終的には自分の目での確認が必要となってきます。

MEMO

B4を選択するとCLIP STUDIO PAINTでは内枠が「212 mm ×300 mm」と自動入力されますが商業誌の漫画賞では「180 mm ×270 mm」となっていたりするので手動での再入力が必要となるわけです。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)新規作成まとめ

ここまで閲覧ありがとうございました。

私自身もサイズ確認を怠ったせいで原稿を数ページ完成させた後に修正作業をしなけらばならない状況になってしまったことがあります。

アナログでサイズが違うとなると原稿の買い直しからしなければならないので修正できる分まだマシかもしれませんがこれはかなりのタイムロスとなります。

様々な作業の時間が短縮できるのがデジタルの強みですので私のようなことにならないよう最初の新規作成の設定時にしっかり確認をし、楽しんで絵や漫画を描いてもらえればと思います。

それでは、お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX】