various sun 18:ポンコツ兄さん(17P/21P) 公開中!

時間・費用を大幅削減!クリスタのトーンの貼り方!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)でのトーンの貼り方、つまり「トーンレイヤー機能」を紹介させていただきます。

こういうトーンを表現できるやつですね↓

クリスタ:トーン
various sun -バリアス・サン-第3笑より


バリアス・サン3サムネ【various sun】第3笑:この世界ってこんなの(19P)


クリスタの「トーンレイヤー」で扱えるのはトーンの中でも「網点トーン」と呼ばれるものです。

モノクロ漫画を制作する際に多くの方が使っている(スクリーン)トーンですが、クリスタでも使うことができます◎

しかもアナログよりかなりお手軽に使えますよ!


それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

目次

漫画制作で使用する「網点トーン」とは

漫画制作において「網点トーン」とは(スクリーン)トーンの一種で、点や線・模様などを規則的に並べたものになります。

クリスタ:網点トーン


アナログ漫画では黒以外の色味を表現する時に使用します

影の表現に使ったり、髪や服に使ったり、背景に使ったりと用途はさまざで、(スクリーン)トーンの中で最も使うことの多いトーンですね。

クリスタ:網点トーン例
various sun-バリアス・サン-第3笑より


アナログでトーンを使用する場合は画材屋などでスクリーントーンを購入して、トーンを使いたい箇所に大きめに貼り、余分な所をカッターで切り取るという作業を行います。

スクリーントーン

スクリーントーン


漫画制作で必ず使わなくてはいけないものではありませんが、表現の幅を広げるものではありますね。

トーンの貼り方サムネアナログ漫画で色表現!トーンの貼り方を紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)制作とアナログ制作でのトーン貼りはここが違う!

クリスタではトーンを無料で無限に使える!

(スクリーン)トーンはB4サイズでだいたい300円~400円、ちょっといいやつだと500円くらいしますよね。

最近ですと小さいサイズが百均で販売されたりしてますが。

人によってトーンをどれだけ使うか差がでますが、読み切り作品を作成するだけでも結構な量のトーンを使用しますし、その分費用もかかってしまいます…。

漫画制作の中で1番コストがかかるものではないでしょうか…。


しかしクリスタを使用すればトーンを無料無限に使うことができます!

クリスタを買うこと自体にお金はかかってしまいますが、1作品に使うトーンの種類と枚数、そこに原稿用紙ペンインクなど他の画材の費用を換算、さらに修正なども簡単にできるという効率性も考えればそこまで高く感じなくなるのではないでしょうか◎


逆にアナログでのトーン作業は大変だからほとんどしなかったけど、デジタル化したから気軽にトーンを使えるようになったという方もいるかと思います。


また、お店に買いに行く手間も完全になくなります!

夜中に在庫がなくなって翌日お店が開くまで作業が止まるなんてこともないですし、お店に行ったものの欲しいトーンが売ってない・枚数が足りないなんてことも起こりませんね。

クリスタではトーン貼りでの失敗がない!

トーン作業で精神的に辛いところが、貼ったトーンが一部でも欠けたら全て貼り直しになるというところです…。

欠けた部分を付け足すことも不可能ではありませんが、網点トーンは規則的に並んでいますので、その並びにピッタリ合わせないと違和感が出てしまいます。

スクリーントーン失敗


また、カッターの作業で力を入れ過ぎると原稿まで切ってしまう可能性だってあります。

スクリーントーン:切り過ぎ


クリスタでのトーン貼りではそもそもトーンを貼る際に一部が欠けるなんて事故は起こりません

必要な部分にきっちり貼ることができます。

アナログとクリスタではトーン貼りの作業時間が大違い!

アナログでトーンを貼る場合、1つの面を貼るだけでも数分~十数分かかります。

髪の毛の先など細かい箇所が多くなると時間だけでなく集中力や体力も大きく消耗しますね…。

スクリーントーン:髪の毛


これがクリスタならツールで1回タッチするだけで一瞬でトーンが貼れてしまいます!

クリスタ:トーンレイヤー

クリスタではトーンの扱いが簡単!

アナログでトーンを使用する場合は繊細な注意が必要になります。

原稿を扱う時はトーンがズレないよう、はがれないように気を付けなければなりません

スクリーントーン:折れ


また、網点トーンには「角度」があります。

トーン同士が離れているとそこまで気になりませんが、トーン同士が近い場合には同じトーンでも角度が違うことで違和感が出ることがあります。

スクリーントーン:角度


さらに、頑張って貼ったトーンなのに隙間にゴミが入ってしまったらまたはがしてゴミを取らないといけませんし、最悪トーンを傷付けて1から貼り直しなんてこともあります…!

スクリーントーン:ゴミ


しかしクリスタデジタルですのでトーンのズレやはがれる心配もする必要ありません

ゴミなんて存在すらしません!

また、トーンの角度も自動で統一してくれますし、自分でトーンの角度を変更することもできます◎

クリスタ:トーンレイヤー(角度)

クリスタではトーン内容を後から変更可能!

アナログの場合、一度貼ったトーンを変更したい場合、当然そのトーンをはがして改めて別のトーンを貼らなければなりません。

スクリーントーン::やり直し


しかしクリスタでトーンを使用すれば、網点トーンの設定を変えるだけでトーンの表示を簡単に変えることができます!

クリスタ:トーンレイヤー設定変更

クリスタではトーンを描く・消す・削る作業が自由自在!

トーンは原稿に貼って不要な部分を切り取るものなので「面の表現」は普通にできますが線の表現」をするにはなかなか難しく、それなりの技術が必要になります。

また、トーンには「トーン削り」という技法があります。

これによりトーンの境目をなめらかに表現することができるのです。

しかしこれも削り過ぎたらそこに貼ったトーン全て貼り直しです…。

スクリーントーン:線/トーン削り


しかし!

クリスタではトーンをインクと同等に扱うことができます!

ですので「ペンツール」でトーンを自在に描く(貼る)ことができます◎

クリスタ:トーンレイヤー(ペンツール)


また、「消しゴムツール」で簡単に消すこともでき、消し過ぎた場合は改めてペンツールなどで描けば周りのトーンの並びに合わせてキレイに付け足すこともできます!

クリスタ:トーンレイヤー(消しゴムツール)


また、トーン削り用のツールもありますよ◎

クリスタ:トーン削りツール

トーン貼りはCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「PRO」「EX」どちらでも利用可能!

今回紹介するクリスタのトーン機能はクリスタEXはもちろん、少しお安いクリスタPROでも利用できますよ◎


CLIP STUDIO PAINTダウンロード版のご購入は以下のリンクから行うことができます。


CLIP STUDIO PAINT PRO


CLIP STUDIO PAINT EX


クリスタ:PROとEXの違いクリスタPROとEXの機能の違い全29項目を紹介します!! クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でのトーンの貼り方!

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

まずはクリスタでキャンバスを新規作成し、絵を描こう!【解像度に注意!】

クリスタで必要な設定を行い、キャンバスを新規作成しましょう。

新規作成クリスタで絵を描く最初のステップは「新規作成」!!
クリスタ:キャンバス


この時、「解像度」は「600 dpi以上」に設定して下さい。


「解像度」は印刷する場合に必要な設定ですが、トーンを使用する場合は低い解像度ですと表示自体がキレイにならないのでウェブ用の絵・漫画でも高めに設定する方がいいです。

※ウェブ用の作品でしたらトーンでなくグレーで配色するのもいいかと思います◎

クリスタ:トーン(解像度)


解像度は絵を描画した後に変更しても意味がないので新規作成時にしっかり設定しましょう。


クリスタでキャンバスを作成しましたら、絵や漫画のペン入れ作業まで進めます。

クリスタで「トーンレイヤー」を作成しよう!

クリスタで絵も描き終わりましたらトーンを貼る作業を行います。

クリスタでのトーン表示は「トーンレイヤー」というものを作成・使用します。

クリスタ:トーンレイヤー


これは、1種類のトーンに1つの「トーンレイヤー」を使用する形になります。


クリスタでトーンレイヤーを作成するにはまず「自動選択ツール」でトーンを貼りたい場所を範囲選択しましょう。

キャンバス上の任意の場所をタッチするとその場所を線で囲う範囲を範囲選択します。

クリスタ:自動選択ツール


選択範囲が表示されている状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「新規レイヤー」→「トーン」と選択しましょう。

クリスタ:新規トーンレイヤー


すると「簡易トーン設定」ウィンドウが表示されます。

クリスタ:簡易トーン設定


ここで作成する「トーンレイヤー」の内容を設定していきます。

MEMO

範囲選択中、下部の「選択範囲ランチャー」で「新規トーン」のアイコンを選択することでも「簡易トーン設定」ウィンドウを出すことができます。

クリスタ:選択範囲ランチャー(トーン)

クリスタ「トーンレイヤー」の設定内容

※右側のプレビュー画面でどんな風なトーンになるかを確認しながら設定することができます。

クリスタ:簡易トーン設定(プレビュー)


●「線数」

※市販のトーンで「L」や「番」の単位で表示されているものです。

クリスタ:簡易トーン設定(線数)


数値が高い程、トーンの点や線の数が多くなります。

また、それに合わせてトーンの点の大きさや線の太さも変わります。

クリスタ:簡易トーン設定(線数)


「60」が印刷でもキレイに表示される一般的な数値と言われていますが、決まりはありません。

ただ、数値が低いと隙間が目立ちますし、高すぎると印刷時にトーンがつぶれてしまう可能性があります。

不安な方は「60」を選択するのが無難でしょう。

また、入力欄の右横の「∨」をタッチするとよく使用される数値が表示されますのでそこから選択するのも1つの手ですね◎

クリスタ:簡易トーン設定(線数)

※「種類:ノイズ」においてのみ、この数値は関係なくります。


●「濃度」

※市販のトーンで「%」の単位で表示されているものです。

クリスタ:簡易トーン設定(濃度)


数値が高い程、トーンの点や線の隙間がなくなっていき濃い表示になります。

※数値を「100」にすると黒になります。

クリスタ:簡易トーン設定(濃度)


●「種類」

クリスタ:簡易トーン設定(種類)


トーンで表示される点や線の形を選択肢から選びます。

網点トーンでは「円」が一般的です。

クリスタ:簡易トーン設定(種類)
クリスタ:簡易トーン設定(種類)

※「四角」と「菱形」が逆に見えるかもしれませんが、それは角度が45度になっているためです。


●「角度」

クリスタ:簡易トーン設定(角度)


トーンの点や線の並びの角度を設定できます。

45度が一般的です。

クリスタ:簡易トーン設定(角度)


●「サイズ」

クリスタ:簡易トーン設定(サイズ)


「種類」の項目で「ノイズ」を選択した時のみ設定できる項目です。

数値が高い程、1つ1つのノイズの柄のサイズが大きくなります。

クリスタ:簡易トーン設定(サイズ)


●「係数」

クリスタ:簡易トーン設定(係数)


「種類」の項目で「ノイズ」を選択した時のみ設定できる項目です。

数値が高い程、ノイズが強くなります。

※0が基準値です。


具体的にいえば、1つ1つのノイズの柄が細長くなっていきます。

クリスタ:簡易トーン設定(係数)


●「同じ設定のトーンがある時はこの一つにまとめる」

クリスタ:簡易トーン設定


この項目にチェックを入れていると全く同じ設定の「トーンレイヤー」を作成した場合に1つのレイヤーに自動でまとめられます。

クリスタ:トーンレイヤー

クリスタ:トーンレイヤー


レイヤー数を抑えたい場合にチェックを入れていると便利でしょう。

ただし、コマ枠フォルダーごとにトーンレイヤーを作成したい場合は、チェックを外さないとトーンレイヤーが1つにまとめられ、コマ枠内にトーンが反映されないということも起きてしまいます。

クリスタ:トーンレイヤー(コマ枠)


クリスタではレイヤーパレット内でのトーンレイヤーの位置で表示のされ方が変わるのでトーンレイヤーの配置を細かく指定したい場合などはチェックを外した方が都合がいいでしょう。

クリスタ:トーンレイヤー

「OK」を選択して「トーンレイヤー」を作成!

クリスタで作成したいトーンの設定を入力し終えましたら「OK」を選択しましょう。

クリスタ:簡易トーン設定


するとクリスタのレイヤーパレットに「トーンレイヤー」が作成され、範囲選択した箇所に設定した内容のトーンが表示されます。

クリスタ:トーン設定
MEMO

ちなみに範囲選択をしていない状態で「トーンレイヤー」を作成しますと、キャンバス全面にトーンが貼られます。

クリスタ:トーンレイヤー

クリスタの描画ツールでトーンを貼る範囲を広めていこう!

クリスタで「トーンレイヤー」を作成しましたら、その「トーンレイヤー」を使って同じ内容のトーンの表示面積を増やしていくことができます◎


まずは作成した「トーンレイヤー」のマスク部分を選択していることを確認して下さい。

クリスタ:トーンレイヤー(マスク)

※「トーンレイヤー」を作成した直後でしたらすでにマスク部分が選択されています。


この状態で「塗りつぶしツール」を使用すればどんどん同じ内容のトーンを貼っていくことができます!

クリスタ:塗りつぶしツール
クリスタの塗りつぶしでトーン貼り


おすすめは「囲って塗るツール」です。

クリスタの囲って塗るツール


「囲って塗るツール」を使用しますと囲った範囲内にある線で囲まれた部分全てにトーンを貼ってくれるようになります。

クリスタの囲って塗るツールでトーン貼り


「他レイヤーを参照」といった通常の塗りつぶしツールですと細かい隙間にトーンの塗り残しが出てくるのですが、この「囲って塗るツール」ですと細かい隙間にもキレイにトーンを貼ってくれるようになります。


また、クリスタの「トーンレイヤー」の便利なところは、「ペンツール」や「図形ツール」などの描画ツールで描いた線もトーンとして表示してくれるところです!

クリスタ:トーンレイヤー(描画ツール)


この時の色は何色でも大丈夫です。「描画=トーンを表示」となります。

その為、「グラデーションツール」も「塗りつぶし」と同じ扱いになります。

前述しましたが、

1つの「トーンレイヤー」で表示できるトーンは1種類のみ

ということですね。

※トーンでグラデーションを表現する方法は後述の『CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でのその他の表現方法』で紹介します。

トーン表示を自由に消す(非表示にする)ことも可能!

クリスタのトーンは、「消しゴムツール」や「切り取り」などを使用して部分的にトーンを非表示にすることもできます!

クリスタ:トーンレイヤー(消しゴムツール)
クリスタ:トーンレイヤー(切り取り)


先述の描画ツールを使用する方法でも、「透明色」を描画色として選択していればその描画ツールの形状でトーンを非表示にすることができます。

クリスタの透明色


また、非表示にした部分を改めて(透明色以外の色で)描画すると周りのトーンの柄にピッタリ合ったトーンを再び表示させることができます◎

クリスタ:トーンレイヤー(追加)

クリスタで違う内容のトーンを使用したい場合は新しいトーンレイヤーを作成しよう!

前項で述べた通り、クリスタでは1つの「トーンレイヤー」で表示できるトーンは1種類のみです。

1つでも項目の違う内容のトーンを使用したい場合は新しく「トーンレイヤー」を作成しましょう。

クリスタ:トーンレイヤー

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ではトーンの内容をいつでも変更できる!

クリスタのレイヤープロパティにてトーン内容の変更が可能!

クリスタにおいて1つの「トーンレイヤー」で表現できるトーンは1種類ですが、トーンレイヤーを作成後にその内容を変更することは可能です◎

「トーンレイヤー」の選択中には、「レイヤープロパティ」にそのトーンの設定内容が表示されます。

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)


ここで項目や数値を変更するだけで簡単にトーンの表示内容を変えることができます!

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)

クリスタでトーンレイヤー作成時に設定できなかった項目もある!

クリスタのレイヤープロパティには「トーンレイヤー」の作成時に設定した項目の他に様々なトーンに関する設定項目が表示されています。

どの項目も内容を変更すればトーン表示がそれに合わせて変更されます。

MEMO

隠れている項目は「+」のマークを押すことで表示させることができます。(「-」のマークで隠すこともできます)

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)

トーン

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)


クリスタのレイヤープロパティを見ると「トーン」の項目に色が付いて選択された状態になっています。

これはトーン表現を有効にしているということを表しており、「トーンレイヤー」は全てこの状態になっています。

この「トーン」の項目をタッチしてトーンの有効状態を解除するとグレー表示になってしまいます。

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)

※この時のグレーの濃さは「現在表示しているトーンの濃度」ではなく、「作成時に設定したトーンの濃度」に合わせた濃さになります。

レイヤーカラー

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤープロパティ)


「レイヤーカラー」を選択することでトーンをカラーにすることができます◎

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤーカラー)

関連記事

レイヤーカラークリスタのレイヤーカラーが変な色になる原因は「元の色」だった!

効果範囲

クリスタ:トーンレイヤー(効果範囲)


「画像」と「マスクした画像」の2つから選択できます。


これは下記の階調」の項目で「あり」に設定している場合に効果が出る項目です。

「画像」を選択している場合、描画ツールなどで表現したトーンのぼかし効果をそのまま表示します。

クリスタ:トーンレイヤー(画像)


「マスクした画像」を選択した場合、ぼかし効果の部分の濃さに合わせてトーンの濃度を変更してくれるようになります。

クリスタ:トーンレイヤー(マスクした画像)
注意

印刷予定がある場合、トーンにグレー部分があるとキレイにトーンが印刷されない可能性があります。

ぼかし効果を表現したい場合は「マスクした画像」を選択しましょう。

濃度

クリスタ:トーンレイヤー(濃度)


「トーンレイヤ―」のトーンの濃さを設定・変更できます。

初期設定では「指定の濃度を使用」になっており、数値は「トーンレイヤー」作成時に設定した「濃度」の数値になっています。

ここではどの数値を濃度の値にするかを設定でき、「指定の濃度を使用」「画像の色を使用」「画像の輝度を使用」の3つから選択することができます。

クリスタ:トーンレイヤー(濃度)


●「指定の濃度を使用」

「トーンレイヤー」を作成した際に設定した「濃度」と同じですね。

ここで数値を変更すれば簡単にトーンの濃度を変えることができます。


「画像の色を使用」

「トーンレイヤー」のサムネイルを見てもらうと分かると思いますが、このレイヤーにはグレーが使用されています。

クリスタ:トーンレイヤー(濃度)


このレイヤーに使用されている色の濃さに合わせたトーンの濃度を表示させることができます。

しかし、このグレーは「トーンレイヤー」を作成時に設定した「濃度」の濃さと同じになっているため、「画像の色を使用」を選択した時点ではトーンの濃度に変化はありません。

ただし、「オブジェクトツール」を選択した状態でカラーパレットから色を指定することでレイヤーに使用されている色を変更させることができます。

するとその色の濃さに合わせてトーンの濃さが変化します。

クリスタ:トーンレイヤー(画像の色を使用)


この時、グレーを選択した場合はそのグレーの濃さが、グレー以外の色を選択した場合はその色をグレーに変換した時の濃さがトーンの濃度に反映されます。


●「画像の輝度を使用」

「輝度(きど)」とは本来「光源の明るさを表す」ものですが、クリスタでは「カラーサークル」で「HLS」表示にした場合の「L」の値になります。

クリスタ:L値


この「L」の値を基にトーンの濃さが決まりますが、こちらも「画像の輝度を使用」を選択した時点では変化がありません。

この「輝度」も「オブジェクトツール」を選択して色を指定することで変更させることができます。

クリスタ:トーンレイヤー(画像の輝度を使用)


「L」の値が低い程濃いトーンになり、高い程薄いトーンになります。

関連記事

クリスタの輝度表示サムネ簡単!クリスタで輝度を表示・調べる方法!!
MEMO

「画像の色を使用」との違いは、トーンが下のレイヤーを透過するかどうかです。

ちなみに「指定の濃度を使用」を選択している場合も透過します。

クリスタ:トーンレイヤー(濃度)


◆レイヤーの不透明度を反映

クリスタ:トーンレイヤー(レイヤーの不透明度を反映)


ここにチェックを入れていると、レイヤーパレットの「不透明度」を下げた場合にトーン表示がグレーにならずに「トーン濃度」が低くなります

クリスタ:トーンレイヤー(不透明度)


もし「画像の色を使用」を選択している場合は「不透明度」の数値が低くなるとそれに合わせてトーンレイヤーの白く表示される箇所が狭くなり下のレイヤーが見えるようになってきます。

クリスタ:トーンレイヤー(不透明度)

網の位置

クリスタ:トーンレイヤー(網の位置)


初期設定では「X」「Y」ともに「0」です。

「X」の数値を上げるとトーンの並びが右方向に移動し、下げると左方向に移動します。


「Y」の数値を上げるとトーンの並びが下方向に移動し、下げると上方向に移動します。


※「-(マイナス)」も入力できます。

クリスタ:トーンレイヤー(網の位置)

トーンの網の表示位置が気になる場合などはここで調整できます。

MEMO

「網の位置」のを移動させたとしてもトーン自体の表示範囲は移動しません。

トーンの表示範囲内で網点の位置が移動されます。

クリスタ:トーンレイヤー(網の位置)

階調

クリスタ:トーンレイヤー(階調)


「あり」と「なし」を選択することができ、グレー部分を表示するかどうかを設定できます。

「あり」を選択した場合、描画ツールのぼかし効果なども反映され、トーンにグレー部分が表示されるようになります。


「なし」を選択した場合、トーンの表示部分は「黒色」か「白色」のみになります。描画ツールにぼかし効果がある場合はその濃さによって黒色(トーン部分)か白色に分けられます。

クリスタ:トーンレイヤー(階調)


●閾値(いきち)

ぼかし効果などでグレー部分ができるツールで描画したトーンの「階調」を「なし」に設定した場合、「閾値」という項目が表示されます。

クリスタ:トーンレイヤー(閾値)


これは黒色(トーン)か白色どっちに表示させるかを決める際の境目となるグレーの濃さの数値となり、自分で調整ができます。

(数値は1~255)


数値が低い程、黒色(トーン)部分が多くなり、高い程少なくなります。

クリスタ:トーンレイヤー(閾値)
注意

トーンにグレー部分があると印刷時にキレイにトーンが印刷されない可能性があります。

ぼかし部分をモノクロで表現したい場合は上記の「効果範囲」の項目で「マスクした画像」を選択しましょう。

この「階調」の項目で「なし」を選択していると、「マスクした画像」を選択していたとしてもぼかし効果の部分は一切表現されなくなります。

ツールナビゲーション

クリスタ:トーンレイヤー(ツールナビゲーション)


表示されているアイコンのツールをタッチすると使用ツールをそのツールに変更することができます。

ここでは「オブジェクトツール」しか選択できませんが…。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での色々なトーン表現

クリスタの描画ツールを利用した「トーン削り」

アナログではトーンの表示部分をカッターの側面で削り、ぼかし効果を出す表現方法があります。

スクリーントーン:トーン削り


クリスタでもそういったトーン削りの表現が可能です!


クリスタでトーン削りを表現したい場合は「デコレーションツール」の「カケアミ」や「トーン削り」などを使用します。

クリスタのトーン削り用ツール


ここで注意したいのが、「カケアミ」や「トーン削り」などのツールは「描画ツール」の分類になりますので普通のカラーで使用するとトーンを追加で描画するという形になってしまいます

表示されているトーンを削りたい場合は「透明色」を使用しましょう。

クリスタ:トーン削り


削り過ぎても「透明色」以外の色で描画すれば再びトーンを表示させることができますね◎


また、「トーンレイヤー」の上にラスターレイヤーもしくはベクターレイヤーを作成し、「ペンツール」や「カケアミツール」「ガーゼツール」などを使用して白色で描画することで削りと同じような表現をさせる方法もありますよ!

クリスタ:トーン削り

クリスタのトーン設定を利用した「トーン重ね」

例えばトーンを貼った物に影を付けたい時など、トーンの上からさらにトーンを重ねるといった方法をとることがあります。

クリスタ:トーン重ね


クリスタでもこういった「トーン重ね」を表現することができます!

しかしそれには少し注意すべき点があります。

クリスタで「トーン重ね」を表現する際の注意点…!

●「濃度」の項目では下のレイヤーを透過できるものを選択する

重ねるので当然ですが下のレイヤーを透過できる設定である必要があります。

トーンレイヤーの「レイヤープロパティ」の「濃度」の項目で「指定の濃度を使用」か「画像の輝度を使用」を選択しておきましょう。


●重ねるトーンの「線数」「角度」は同じにする

「線数」「角度」が異なるトーン同士を重ねると「モアレ」という模様ができてしまいます。

クリスタ:モアレ


敢えて「モアレ」を使う目的以外では2つの設定を同じにしましょう。


●「網の位置」で調整する

例えばクリスタで線数60/濃度10のトーンと線数60/濃度30のトーンをそのまま重ねると以下のようになります。

クリスタ:トーン重ね


これは濃度10のトーン(網点)が濃度30のトーン(網点)にピッタリ重なってしまい、網点の大きい濃度30しか見えない状態になってしまっています。


そこで「レイヤープロパティ」の「網の位置」の項目でトーンの網点の位置をずらし、片方のトーンの網点の隙間部分にもう片方の網点が見えるようにすることでお互いのトーンをしっかり表示させて、トーン重ねの効果を出すことができるようになります◎

クリスタ:トーン重ね

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での「トーンレイヤー」の仕組み

今回作成したクリスタの「トーンレイヤー」はどういったものなのかを少し説明させていただきます。

クリスタの「トーンレイヤー」は、「簡易トーン設定ウィンドウ」内で設定した濃度のグレーをキャンバス全体に塗りつぶしし、それを他の設定項目の通りにトーン化し、そこに「(レイヤー)マスク」を付けて範囲選択した箇所だけ表示させている状態になっています。


トーンを描画する際にマスク部分を選択するのはこの為です。

クリスタのマスクに関しては以下の記事を参考にして下さい◎

クリスタ:レイヤーマスクアナログではできない!クリスタのマスク(隠す)機能と使い方!!


また、先述のレイヤープロパティの「濃度」の説明でサムネイルにグレーが表示されている理由もこれですね。


トーンの柄を描いているのではなく、キャンバス全体に貼られているトーンを「描画ツールで表示箇所の指定」し、「消しゴムツールで非表示箇所の指定」しているということなのです◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のトーンは書き出し設定に注意が必要!

クリスタの書き出しで「色の詳細設定」をちゃんと設定しないとトーンが表示されない!

クリスタで「トーンレイヤー」を使用した絵や漫画原稿を書き出しする場合は、書き出し時にトーンが表示されるような設定を行う必要があります。


まずクリスタの書き出し設定ウィンドウで「色の詳細設定」を選択します。

クリスタ:書き出し(色の詳細設定)


するとさらに新しいウィンドウが1つ開き、その中に「トーンの出力設定」があります。

クリスタ:トーンの出力設定


ここでしっかり設定を行わないと思い通りにトーンが書き出しされません。


特に「レイヤーに付与されたトーン効果を有効にする」にチェックを入れないと書き出ししたデータにトーンが表示されません。


チェックがない場合はグレーで表示されます。

忘れずにチェックを入れましょう。

クリスタ書き出し設定の詳しい内容は以下の記事を参考にして下さい◎

クリスタ:書き出しクリスタで書き出し!作品を画像ファイルで保存する方法と補足説明!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でのその他のトーン表現方法

グラデーショントーン

「トーンレイヤー」に「グラデーションツール」を使用しても「塗りつぶしツール」と同じになると説明しましたが、クリスタでもトーンでのグラデーション表現も可能です◎


条件としましては、解像度に加え「基本表現色」が「モノクロ」であることです。

クリスタ:新規作成(コミック)
新規作成クリスタで絵を描く最初のステップは「新規作成」!!


クリスタで条件にあったキャンバスを作成しましたら、「グラデーションツール」を選択し、「サブツール」の一覧の1番下にある「マンガ用グラデーション」を選択しましょう。

クリスタ:マンガ用グラデーション


また、サブツール詳細の「インク」の項目内にある「描画対象」が「グラデーションツールレイヤーを作成」になっていることを確認しましょう。

クリスタ:マンガ用グラデーション(サブツール詳細)


あとはキャンバス上でドラッグすることでトーンのグラデーションを描画することができます。

※必要であれば選択範囲を利用しましょう。

クリスタ:マンガ用グラデーション


こちらも網点トーン同様、他の箇所を塗りつぶしや描画することでグラデーションの繋がりを保ったままトーンの表示範囲を増やしていくことができます◎

以下の画像では髪と目が1つのグラデーショントーンで表現されています↓

クリスタ:マンガ用グラデーション


また、「オブジェクトツール」をでグラデーション部分をタッチして表示される「ハンドル」を操作すればグラデーションの幅や角度の修正もできますよ◎

クリスタ:マンガ用グラデーション(オブジェクトツール)


また、幅や形を調整してから描画することで様々なグラデーションを描画することもできます◎

クリスタ:マンガ用グラデーション(サブツール詳細)
クリスタ:マンガ用グラデーション

参考記事

クリスタのグラデトーンサムネクリスタの指定濃度グラデーショントーン作成方法!!

クリスタの「トーン素材」を利用する

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「素材」→「素材[単色パターン]」と選択すると「素材パレット」が開き、単色パターンの素材一覧が表示されます。

クリスタ:素材パレット


※「素材[単色パターン]の項目がない場合は任意の項目を選択して素材パレットを開き、左側で「単色パターン」を選択しましょう。


その中には様々なパターンのトーン素材があります。

クリスタ:素材パレット


このトーンを範囲選択した箇所にドラッグすることでトーンを貼ることができます。

クリスタ:素材


既存のトーンでお気に召すものがない場合は、CLIP STUDIO ASSETSで検索・ダウンロードすることも可能です。(有償・無償あり)

関連記事

素材ダウンロード【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を紹介します!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での網点トーンの貼り方まとめ

クリスタでのトーンの貼り方紹介は以上になります。

私自身は元々トーンを多く使う方ではないのですが、それでもアナログで作業していた頃のトーン貼りの作業は精神的にも結構辛い所がありました。

今ではクリスタのトーン機能のおかげでトーンを使うことになんの躊躇もありません◎

(このサイトに載せているオリジナル漫画はトーン部分をグレーに変換していますが)


トーンを使うのが苦手な方やトーン貼り作業で苦労している方はクリスタの使用も検討してみてはいかがでしょうか◎


また、以下の記事も参考にしていただければと思います。

クリスタトーン範囲表示サムネ注意!クリスタのトーンは範囲表示して塗り残しを防ごう!!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー