【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタ】「コミック」新規作成時の設定項目の意味を説明します!

新規作成:コミック

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

皆さんおはようございます。山本電卓と申します。

こちらでは漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で新規作成をする(新しいキャンバスを出す)時、作品の用途で「コミック」もしくは「すべてのコミック設定を表示」を選んだ場合に表示されるウィンドウの設定入力の内容・意味を説明していきたいと思います。

この「コミック」・「すべてのコミック設定を表示」は、漫画原稿を描く時に選ぶ用途になります。アナログで描く場合でも必要な知識もありますのでぜひ読んでいただければと思います。

漫画原稿となるとページ数も多くなり、設定を後から変更するとなるとかなり時間をとられてしまう場合もありますので、個人での印刷、投稿・持ち込みなど制作する漫画原稿の目的と、その目的にあった設定・数値をしっかり確認して新規作成を行ってもらえればと思います。

ではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!

※アップデートにより、この記事に載せている画像のCLIP STUDIO PAINTの表示とは少し変わってしまいましたが、機能としては変わりません。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)制作の利点

原稿用紙を買いに行く必要一切なし!!

漫画を描くには原稿用紙が必要です。

アナログで制作するとなると、原稿用紙をお店まで買いにいかなければなりませんし、普通の文具屋では取り扱っていない場合もあります。

さらに夜中に原稿用紙がなくなったとなれば翌日のお店の開店時間まで待たなければなりませんね。

それがCLIP STUDIO PAINTで制作するとなると

いつでも無料で原稿用紙を無限に使用できます!

これはお財布にも優しいですし、お店に行く時間も無くなるのでその分制作に使えます◎

なかなかの利点といえるのではないでしょうか!

好きなサイズの原稿用紙を作れる!

描いた漫画を商業誌に投稿するにせよ、印刷所に持っていくにせよ、原稿用紙や基本枠(内枠)をそれぞれの規定に合わせた原稿用紙を使用する必要があります。

手元にある原稿用紙が規定に合わない場合、改めて買いに行くか、最悪自分でサイズを測って作成しなければならなくなります。

それがCLIP STUDIO PAINTで制作するとなると

自分でサイズを指定して原稿用紙を作れます!

この記事で紹介する方法で原稿用紙の全体サイズや基本枠(内枠)、裁ち落とし枠などを自分で指定することができます。

どんなサイズの規定であろうと対応することができますね◎

SNSやWEBですぐ公開できる!!

アナログで制作した漫画をSNSやWEB上で使用したいとなると、その作品をスキャナーで読み込んだり写真に撮ったりする必要があります。

しかし家庭用のスキャナーはA4サイズまでしか対応していないのがほとんどで、B4サイズを読み込む場合はA4サイズに縮小コピーをするなどして対応しなければいけません…!

ですがCLIP STUDIO PAINTで作成した作品はそれ自体がデジタルのデータですのでSNSやWEBですぐにその作品を公開することができます!

また、印刷(コピー)もお手軽にできますよ◎

コンビニプリント漫画投稿者必須!出力見本/B4デジタル漫画はコンビニで印刷できる!!‐セブンイレブン編‐

 

 

この機能はCLIP STUDIO PAINT EXはもちろん、少しお安いCLIP STUDIO PAINT PROでもできます◎

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT EX

 

クリスタ:PROとEXの違い【クリスタ】PRO版とEX版の違い27項目全部を紹介します!! CLIP STUDIO PAINT:体験版【クリスタ体験版】無料でCLIP STUDIO PAINTをダウンロード・使用する方法-全工程の画像付き!- CLIP STUDIO PAINT:製品版【クリスタダウンロード版:コンビニ支払い】購入からインストールまでの方法-全工程画像付き!

 

では次項から各項目の意味を紹介させていただきますね!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):新規制作ウィンドウの各項目の意味

まずは新規作成!

今回作成するのは漫画原稿用紙のキャンバスです。

↓こういったものですね。

漫画原稿用紙

↑表示されている青い線はガイド線で、漫画を作成する際に様々な目安になるものです。完成品の漫画には表示されませんのでご安心下さい◎

(市販されている漫画原稿用紙にもこのガイド線は引かれていますね。)

今回の「コミック」もしくは「すべてのコミック設定を表示」で新規作成する場合はこのガイド線の設定も行います。

 

それでは、

CLIP STUDIO PAINTを起動し、新規作成の手順を踏みましょう。

↓詳しくはこちら!

新規作成【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

新規作成のウィンドウを出しましたら、上部の「作品の用途」で今回のテーマである「コミック」もしくは「すべてのコミック設定を表示」を選びましょう。

作品の用途アイコン

「コミック」は向かって左から2番目の紫のアイコンです。

「すべてのコミック設定を表示」は向かって左から4番目の青いアイコンです。

※アップデートにより、最新版では以下の画像のように表示されます。

新規作成アイコン

アイコンを選択すると設定項目もアイコンに合った内容に切り替わります。

「コミック」と「すべてのコミック設定を表示」の違い

新規作成時の「作品の用途」の選択肢の中において、漫画原稿用として用意されているのがこの二つなのですが、上記の設定入力画面の画像で違いを見てみましょう。

↓「コミック」

↓「すべてのコミック設定を表示」

同じ項目名でも微妙に違う箇所がいくつかありますが、大きな違いは「基本枠(内枠)」が入力できるかどうかです。

「コミック」を選んで新規作成したとしても、自動で基本枠(内枠)が設定されますし、そのサイズも後から変更が可能です。ただし、この「基本枠(内枠)」は漫画原稿において重要ですので新規作成の時に「すべてのコミック設定を表示」を選び、先に入力しておいた方がいいかと思います。

※基本枠(内枠)が自動で設定される場合、「製本(仕上がり)サイズ」の「幅」のサイズを基準に設定されるようですが、どのような式で算出されるかは分かりませんでした…。

商業誌に投稿や持ち込みする為に漫画を描くというのなら尚更です。「基本枠(内枠)」は各商業誌がサイズを指定していますから。

また、漫画を描くということは同じ設定のキャンバスを何十枚も作成することになります。CLIP STUDIO PAINT・EX版の機能である「複数ページ管理」を使用しているのなら1回の設定変更で全ページ変更できるのですが、「複数ページ管理」機能を使用しておらず、新規作成後に基本枠(内枠)を変更する必要がでてきたのでしたら、漫画のページ数分、設定変更の作業をしなければなりません。

新規作成時に入力した内容は次に新規作成する時にも残ってますし、新規作成ウィンドウ内(プリセット)に登録しておくことも出来ますので「すべてのコミック設定を表示」で基本枠(内枠)も設定しておいた方が作業的にも楽かと思います。

 

そして、「コミック」ではキャンバスサイズ(全体の用紙サイズ)の入力欄がありません。「製本(仕上がり)サイズ」を入力すると自動で一回り上のサイズに設定されます。製本(仕上がり)サイズをA4にするとキャンバスサイズはB4という感じですね。

ちなみに

製本(仕上がり)サイズを直接入力した場合でもキャンバスサイズは一回り上のサイズに自動設定されます。計算方法は分かりませんが私が試したところ、だいたい「幅」「高さ」ともに入力した製本(仕上がり)サイズから10 mmほど足したサイズになっていました。

 

あと、「基本枠(内枠)」ほど重要ではありませんが「セーフライン」も「コミック」では設定できません。

※「キャンバス」「基本枠(内枠)」「セーフライン」の意味は以下の【新規作成ウィンドウ内の各項目が意味するものとは】で説明いたします。

 

同じ項目でも入力方法が違う箇所

「裁ち落とし幅」

「裁ち落とし幅」の意味は下記の「製本(仕上がり)サイズ」の紹介記事内で詳しく書いてますのでひとまず違いだけ書きますね。

「すべてのコミック設定を表示」を選択した場合、この「裁ち落とし幅」の項目では好きな数字を入力できるのですが「コミック」を選択した場合は一般的なサイズである「3mm」か「5mm」の2択になります。

 

解像度

「すべてのコミック設定を表示」を選択した場合は任意の数字を入力することも可能ですが「コミック」を選択した場合ですと選択肢から選択する方法しかできません。また、この選択肢は下の「基本表現色」の項目でどれを選択したかによって変わります。

 

単位

「コミック」を選択した場合、単位は「mm」固定になります。

※解像度の数字や基本表現色の内容に関しては後述の通り別記事を参考にして下さい。

新規作成ウィンドウ内の各項目が意味するものとは

「ファイル名」「単位」「解像度」「基本表現色」「用紙色」「テンプレート」「プリセット」「キャンバス」

ここから各項目の意味を述べたいと思うのですが、「ファイル名」「単位」「解像度」「基本表現色」「用紙色」「テンプレート」の意味、そして「プリセット」「キャンバス」の基本的な内容は作品の用途「イラスト」で設定する項目と同じですので以下の記事を参考にしていただければと思います。

新規作成:イラスト【クリスタで絵を描く!】「イラスト」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!!

 

上記の記事に付け足すとするならば、「単位」に関しては印刷、投稿・持ち込み目的であるなら「mm」に設定した方が都合がいいでしょう。

 

プリセット

基本的なことは上記の別記事で説明していますが、「コミック」「すべてのコミック設定を表示」では選択肢の中に漫画原稿用紙に対するものが追加されています。特に「すべてのコミック設定を表示」では一部の商業誌のサイズが用意されています。

また登録する際のウィンドウにも漫画原稿用紙に関する設定の項目が追加されています。

※上記画像の中段にある「ページ設定」とは「製本(仕上がり)サイズ」「基本枠(内枠)」「トンボを合わせる」「セーフライン(すべてのコミック設定を表示のみ)」「複数ページ」の項目で入力した数値のことを指します。

キャンバス

新規作成するキャンバス(原稿用紙)全体のサイズや設定の項目になります。

●幅・高さ

キャンバスサイズ

 

「幅」「高さ」の数値は下記の「製本(仕上がり)サイズ」を入力すると自動で設定されるのですが、印刷所や商業誌ではキャンバスサイズ(用紙サイズ)に指定がありますので自動設定された後に規定サイズ内か確認し、必要であれば微調整のために再入力しましょう。

注意
「キャンバスの幅・高さ」の数値を入力後に「製本(仕上がり)サイズ」の入力内容を変えると再び「キャンバスの幅・高さ」の数値が自動入力されてしまいますので「キャンバスの幅・高さ」の入力は「製本(仕上がり)サイズ」の入力後に行いましょう。

ちなみにこの「キャンバス」のサイズは用紙サイズであって製本時に載る範囲ではないので勘違いなされないようお願いします。

市販されている漫画原稿用紙で「B4原稿用紙」の「B4」のサイズはこの「キャンバス」のサイズを指します。製本された場合に本に載る範囲は後述の「製本(仕上がり)サイズ」になります。

●基本線数

制作過程で「トーンレイヤー」を作成する際の「線数」の初期数値を設定します。

ですが「トーンレイヤー」を作成する際に「線数」も設定・変更できますのであまり気にしなくてもいい項目かなと思います。

入力の手間が省けるくらいのものですね。

製本(仕上がり)サイズ

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:製本(仕上がり)サイズ【クリスタ】新規作成:「製本(仕上がり)サイズ」の設定内容を説明します!

「製本(仕上がり)サイズ」を理解している方は次項目にいって下さい◎

 

基本枠(内枠)

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:基本枠(内枠)【クリスタ】新規作成:「基本枠(内枠)」の設定内容を説明します!

「基本枠(内枠)」を理解している方は次項目にいって下さい◎

 

トンボを合わせる(EXのみ)

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:トンボを合わせる【クリスタ】新規作成:「トンボを合わせる」の設定内容を説明します!(EX版のみ)

「トンボを合わせる」を理解している方は次項目にいって下さい◎

 

セーフライン

(新規作成ウィンドウにも説明のリンクがありますが)漫画は同じ出版社でも雑誌と単行本によって表示される範囲が変わるようなのです。セーフラインとは上記のように媒体が変わり、表示範囲が変わる場合でもしっかり表示される範囲を示すためのガイド線のことを言います。初期設定では緑色で表示されます。

セーフライン

↑商業誌用の原稿用紙の「セーフライン」の初期位置は、「製本(仕上がり)サイズと同じ位置になるようです。

製本(仕上がり)サイズや基本枠(内枠)のガイド線同様、書き出し時に表示・非表示の選択ができます。

一応新規作成ウィンドウにあるリンクと同じものをこちらに貼っておきますね。

こちらからどうぞ!

 

こちらのチェックボックスにチェックを入れると基本枠(内枠)で説明したマージン指定で入力することができるようになります。こちらも製本(仕上がり)サイズからの長さを入力します。

※↑複数ページにおける右側のページの場合、「ノド」「小口」の場所は左右変わります。

 

こちらの数値も印刷所や出版社が指定しているようですが、持ち込みや漫画賞への投稿に対する記載ではここまでの指定はありません。

その場合はセーフラインのチェックボックスにはチェックを入れず、内側のコマは基本枠(内側)に合わせ、ページの端まで絵を表示させたい所は裁ち落とし幅の外側のガイド線まで(裁ち落とし幅内の描画内容に注意して)描きましょう。

また、このセーフラインはCLIP STUDIO PAINT画面上部の「表示」→「セーフライン」を選択することで表示・非表示の切り替えができます。

同人誌用設定(EXのみ)

「同人誌印刷用データ出力が可能かチェックする」と書かれた文字の左横にチェックボックスがあります。チェックを入れると入力した内容が「同人誌印刷用データ」を出力する上で問題ないかを新規作成ウィンドウの「OK」を押すタイミングでチェックしてくれます。内容に問題があればエラーウィンドウが表示され、どこの内容に問題があるか表記してくれます。

エラーメッセージ

「同人誌印刷用データ」とは原稿データのpsd(Photoshop)形式、同人誌印刷用データに関する入稿時の情報が記載されたtxt(テキスト)形式、3Dプレビューデータ、Web確認データのことを指すようです。

詳しくは公式ページで

複数ページ(EXのみ)

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:複数ページ【クリスタ】新規作成:「複数ページ」の設定内容を説明します!

「複数ページ」を理解している方は次項目にいって下さい◎

 

表紙

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:表紙【クリスタ】新規作成:「表紙」の設定内容を説明します!

「表紙」を理解している方は次項目にいって下さい◎

 

作品情報

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:作品情報【クリスタ】新規作成:「作品情報」の設定内容を説明します!

「作品情報」を理解している方は次項目にいって下さい◎

ノンブル

長くなるので以下の記事にまとめました。

新規作成:ノンブル【クリスタ】新規作成:「ノンブル」の設定内容を説明します!

「ノンブル」を理解している方は次項目にいって下さい◎

入力が終われば「OK」でキャンバス作成!

新規作成ウィンドウの入力欄を入力し終えたら「OK」を選択して下さい。キャンバスが作成されます。

 

ここで入力内容を間違えてしまうと面倒なことになることもあるので注意して設定して下さいね。

↓注意事項に関してはこちらをどうぞ!

新規作成【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でキャンバス作成後に設定内容を変えたい時は

キャンバス作成後に入力内容を変えることは可能です。そしてその方法は項目によって何種類かあります。

↓以下の記事も参考にしてみて下さい

新規作成:イラスト【クリスタで絵を描く!】「イラスト」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!!

解像度変更の注意点は以下の記事の「印刷目的なら解像度に注意!!」の項目も参考にして下さい。

新規作成【初めてのクリスタ】絵を描く最初のステップは「新規作成」!

 

「キャンバス基本設定を変更」で変える

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「編集」から「キャンバス基本設定を変更」を選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

クリスタ:キャンバス基本設定を変更

ここでは「幅」「高さ」「解像度」「基本表現色」「用紙色」の変更が可能で、さらに漫画原稿設定のチェックボックスにチェックを入れることで「製本(仕上がり)サイズ」「基本枠(内枠)」「セーフライン」の変更が可能です。

ただし描画済みの絵やコマ枠の大きさは変わりません。

注意
「幅」「高さ」の変更はキャンバスの中心を基準点として変更されます。キャンバスの右側だけを短くしたいなどはできません。そうしたい場合は下記の「キャンバスサイズを変更」で行って下さい。ただしその場合は「トンボ」「基本枠(内枠)」は消えてしまいます
 

 

「ページ基本設定を変更」で変える(EXのみ)

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」から「ページ基本設定を変更」を選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

ここでは上記の「ページ基本設定を変更」を選択した時と同じ内容のウィンドウを開くことができます。

その為、「幅」「高さ」「解像度」「基本表現色」「用紙色」の変更が可能で、さらに漫画原稿設定のチェックボックスにチェックを入れることで「製本(仕上がり)サイズ」「基本枠(内枠)」「セーフライン」の変更が可能です。

こちらも描画済みの絵やコマ枠の大きさは変わりません。

 

このウィンドウでは、複数ページの内、1ページを開いている時に「ページ基本設定の変更」で設定を変更した場合に、開いている1ページのみ変更を反映させることができます。

注意
「幅」「高さ」の変更はキャンバスの中心を基準点として変更されます。キャンバスの右側だけを短くしたいなどはできません。そうしたい場合は下記の「キャンバスサイズを変更」で行って下さい。ただしその場合は「トンボ」「基本枠(内枠)」は消えてしまいます
 

 

 
 

「作品基本設定を変更」で変える(EXのみ)

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」から「作品基本設定を変更」を選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

ここでは新規作成時に入力した内容のほとんどを変更することが可能です。

変更ができないのは「表紙の構成」「背幅指定」です。

また、「開始ページ」の変更は「表紙」にチェックが入っていない場合にのみ変更が可能です。

ただし描画済みの絵やコマ枠の大きさは変わりません。

ここでは「同人誌用設定」という新規作成時にはなかった項目が追加で表示されています。これは新規作成ウィンドウの「作品の用途」で「同人誌入稿」を選択している場合に表示される項目です。

印刷所を選択すると変更した内容がその印刷所で印刷できる設定かを「OK」を押すタイミングでチェックしてくれます。その代わり「同人誌印刷用データ出力が可能かチェックする」のチェックボックスにはチェックすることができなくなります。

「同人誌印刷所を指定しない」を選択すると「同人誌印刷用データ出力が可能かチェックする」のチェックボックスにチェックすることができるようになります。

さらにもう一つ、「ページごとに変更された設定をリセットする」という項目も追加されています。

ここのチェックボックスにチェックを入れると、複数ページにおいてページごとに設定した「作品情報」や「ノンブル」も全てここで設定した設定に統一して変更されます。

また、作品の用途に「コミック」を選んで新規作成した場合、ここで「すべてのコミック設定を表示」の設定内容を表示、切り替えをすることもできます。

作品基本設定を変更

ちなみに、複数ページの場合は全体のページが表示されている状態でしかこの設定を行うことはできません。なぜならここで変更した設定は複数ページで管理している全てのページに反映されるからです。一括で設定変更できるのは複数ページ管理の便利な部分ですね。

「キャンバスサイズを変更」で変える

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「編集」から「キャンバスサイズを変更」を

選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

ただし描画済みの絵やコマ枠の大きさは変わりません。

ここではその名の通りキャンバスサイズ、つまり「幅」と「高さ」のみを変更できるのですが、「ページ基本設定を変更」と違うところはマウスを使って手動でサイズ変更ができることです。

もちろん数字入力でも変更は可能です。

ただし、基本的には「中心を固定」にチェックが入っている通り、キャンバスの中心を支点にサイズ変更をします。

チェックを外して、ウィンドウ内の「基準点」の図のように支点を9箇所の中から選べるようにすることもできるのですがチェックを外そうとすると「トンボ・基本枠は削除されます。よろしいですか?」と注意ウィンドウが開き、「OK」を選択してキャンバスサイズを変更するとトンボ(仕上がりサイズ、裁ち落とし幅のガイド線)・基本枠(内枠)が消えてしまうので注意して下さい。(後述の「トンボ・基本枠の設定」で再び表記させることは可能です。)

また、複数ページの内1ページを開いている時にこちらで設定を変更した場合は開いている1ページのみ変更が反映されます。

「画像解像度を変更」で変える

CLIP STUDIO PAINT上部の「編集」から「画像解像度を変更」を選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

こちらは新規作成のイラスト編の記事内で同じ項目名で説明してますのでそちらを参考にして下さい。

新規作成:イラスト【クリスタで絵を描く!】「イラスト」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!!

ただし、こちらで設定変更を行うと製本(仕上がり)サイズや基本枠(内枠)などのガイド線は消えてしまいますので、漫画原稿を制作する上ではこちらで設定変更はあまりしない方がいいかと思います。(後述の「トンボ・基本枠の設定」で再び表記させることは可能です。)

また、複数ページの内1ページを開いている時にこちらで設定を変更した場合は開いている1ページのみ変更が反映されます。

「トンボ・基本枠の設定」で変える

CLIP STUDIO PAINT画面上部の「表示」から「トンボ・基本枠の設定」を選択することで設定入力ウィンドウを開くことができます。

こちらではその名の通り「トンボ(製本(仕上がり)サイズ)」と「基本枠(内枠)」の変更ができます。

ただし、描画済みの絵やコマ枠の大きさは変わりません

また、先述の設定変更において「トンボ」や「基本枠(内枠)」を消してしまった場合でもここで設定すれば再び表示させることが可能です。

見開きページの場合は「トンボを合わせる」の「間隔」の数値もチェックボックスにチェックを入れることで変更できます。

また、複数ページの内1ページを開いている時にこちらで設定を変更した場合は開いている1ページのみ変更が反映されます。

「表紙の構成」「背幅指定」を変更したい場合は

今まで、新規作成後の設定変更の方法を述べてきましたが、「表紙の構成」と「背幅指定」の変更箇所がありませんでした。しかし、変更する方法はあります。

「表紙の構成」:「表紙」と「裏表紙」が見開きになっている構成から、別々になっている構成にしたい場合

新規作成ウィンドウのアイコンでいうと「左側のアイコン」から「右側のアイコン」に変えたい場合ですね。

複数ページを開き、「表紙」「裏表紙」が見開きになっているページを選択した状態(ダブルクリックで開いていない状態)でCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」(もしくは右クリック)から「単ページに変更」を選択しましょう。

すると以下のようなウィンドウが表示されます。

「OK」を選択すると変更が開始され、少し時間がかかりますが、しばらくすると設定が変更されます。

「表紙の構成」:「表紙」と「裏表紙」が別々になっている構成から、見開きになっている構成にしたい場合

新規作成ウィンドウのアイコンでいうと「右側のアイコン」から「左側のアイコン」に変えたい場合ですね。

複数ページを開き、「表紙」か「裏表紙」のどちらかのページを選択した状態(ダブルクリックで開いていない状態)でCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」(もしくは右クリック)から「見開きページに変更」を選択しましょう。

すると以下のようなウィンドウが表示されます。

「トンボを合わせる」の項目の「間隔」の数値が「背幅指定」で入力する数値となります。単位は新規作成時に選択した単位になります。

「背幅指定」を変更したい場合は

上記の項目で述べたように「背幅指定」の数値は「トンボを合わせる」の

項目で設定できる「間隔」の数値と同じになります。

ですので、「表紙」「裏表紙」が見開きになっているページを開き、CLIP STUDIO PAINT画面上部の「表示」から「トンボ・基本枠の設定」もしくは「ページ管理」から「ページ基本設定を変更」を選択して出てくるウィンドウ内の「トンボを合わせる」のチェックボックスにチェックを入れ、数値を入力することで変更ができます。

入力した数値が、隣り合う製本(仕上がり)サイズガイド線の間の長さになります。

 

表紙設定を追加したい、もしくは表紙設定を消したい場合は

先述の「作品基本設定を変更」で開くウィンドウにおいて、表紙設定自体を追加、もしくは取り消すことができます。

「表紙」設定をせずに新規作成した後に「表紙」ページを追加したい場合

まずはページ数が「表紙」を設定するに必要な偶数ページかつ4ページ以上かを確認しましょう。

「表紙」の設定が可能な状態になれば、CLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」から「作品基本設定を変更」を選択して設定ウィンドウを出します。

作品基本設定を変更

その中の「表紙」の項目のチェックボックスにチェックを入れ、表紙設定を入力し、「OK」を選択すると以下の表示が出ます。

表紙設定を追加

↑ここに書いてある通り、

「はい」を選択すれば元々あるページを表紙ページに変更します。

「いいえ」を選択すれば新たに表紙ページ(4ページ分)が追加されます。

ただし「表紙の構成」は、変更前の複数ページの「開始ページ」が「左から」か「右から」で決まってしまい、選択ができないのでまず設定したい「表紙の構成」にあった「開始ページ」に変更してから「表紙」を設定して下さい。

「表紙」を設定して新規作成した後に「表紙」設定をなしにしたい場合

まずはCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」から「作品基本設定を変更」を選択して設定ウィンドウを出します。

作品基本設定を変更

「表紙」のチェックボックスに入ってあるチェックを外した状態にして「OK」を選択して下さい。

これで表紙設定がなくなります。「表紙」と「裏表紙」が見開きになっている構成だった場合、表紙の設定はなくなりますが見開きはそのまま残ります。単ページにしたい場合はさらにそこから変更しましょう。

複数ページの設定変更

この記事は新規作成の説明記事ですので関係する作業だけを簡単に書かせていただきますが、新規作成で入力した複数ページの設定をキャンバス作成後にも変更することは可能です。

その変更内容はCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ページ管理」から選択することができます。

 

また、上記の表示はページ全体が表示されている画面でしたら、右クリックすることでも出すことができます。

 

ページの追加/ページの追加(詳細)

ページを追加できます。「(詳細)」が付いている方は以下の画面が表示され、再設定したページを追加できます。

ちなみに通常は1ページずつの追加ですが「表紙」を設定している場合では偶数ぺージでないといけないので2ページずつ追加されます。

ページの削除

選択しているページを削除することができます。

「表紙」を設定している場合では「ページの追加」同様偶数ページである必要があるので[Ctrl(command)]もしくは[Shift]を押しながら2ページ分選択して「ページの削除」を選択しましょう。

見開きに変更

隣にページがある単ページを選択している状態で「見開きに変更」を選択すると以下のウィンドウが表示され、設定を入力して「OK」を選択すると選択したページとその隣のページがくっ付き、見開きページになります。

 

こちらは、隣にページがないと「見開きに変更」は選択できません。

 

見開きに変更

また隣が表紙ページの場合も見開きにはできません。

単ページに変更

見開きになっているページを選択している状態で「単ページに変更」を選択すると以下のウィンドウが表示され、「OK」を選択すると見開きページがそれぞれ単ページになります。

ちなみに

ページ全体を表示している画面でページをドラッグすることで移動ができます。

ただし、表紙ページは移動ができません

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)EXの複数ページ管理に関して

これはあくまで個人的な考えなのですが、複数ページ管理に関して少し述べさせていただきます。

CLIP STUDIO PAINTのEX版でのみ使える複数ページ管理機能は、ぺージが数十ページにもなる漫画作品を描く上で便利な機能です。

そもそも見開きページはこの機能を使わないと作成できません。

また、キャンバス(原稿)の設定変更を一回作業するだけで全ページ変更することができますし、「ストーリーエディター」でセリフとなるテキストを一括で管理・設定変更ができますので1ページずつ設定変更するという手間が省けて効率的です。(後から設定変更しなくていいように最初にしっかり設定を決めるのが一番ですが)

ただ、この複数ページ管理機能はかなり重いデータになるのでデータを開く、設定を変更するなどの全体に関わる動作は少し時間がかかってしまいます。(描画作業の動作が遅くなるということではありませんのでご安心を)

私自身は見開きページを使わないので各ページごとにデータを保存し、フォルダごとにまとめています。

この辺はお手元のパソコンの性能と相談してみて下さい。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)新規作成:コミック設定内容まとめ

新規作成の「コミック/すべてのコミック設定を表示」の設定入力内容の説明は以上になります。

初心者の方に対しての記事ですので細かく書かせていただいたため、かなり長くなってしまいましたがここまでお付き合いありがとうございます。うまく伝わっているでしょうか。

設定を間違えて修正・変更となるとかなりタイムロスになってしまうので、この記事がそういったことを防ぐお力になれれば幸いです。

また、以下の記事も合わせて参考になればと思います◎

漫画投稿【漫画投稿】意外と知らない?商業誌に投稿する漫画の6つの疑問(アナログ・デジタル別)

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】