クリスタ新規作成「ノンブル」の設定内容を説明します!

本日も閲覧ありがとうございます。山本電卓と申します。

こちらはイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)における新規作成「コミック」「すべてのコミック設定を表示」の設定項目の内、「ノンブル」の説明をするページになります。

こちらはCLIP STUDIO PAINT EXのみにある設定になります。


親元の記事はこちら!

クリスタで漫画制作!新規作成「コミック」の設定項目の意味を説明します!


では早速まいりましょう。
宜しくお願い致します!( `・∀・´)ノ


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】
※今回紹介する機能はこちらでは利用できません。

CLIP STUDIO PAINT PRO

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

参考記事:クリスタPRO購入後からEXに損せず買い替える方法(アップグレード)!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)新規作成「ノンブル」の設定内容

クリスタ新規作成(コミック)の設定項目「ノンブル」とは

「ノンブル」とは印刷される部分に表記される数字(ページ番号)です。

クリスタの新規作成ウィンドウにて作品の用途を「コミック」もしくは「すべてのコミック設定を表示」を選択した場合に設定できる項目です。

クリスタ新規作成「コミック」(ノンブル)


完成品にページ数を表記させたい場合はここで設定しましょう。

クリスタのノンブル・隠しノンブル


上記の画像では基本枠の中央下に表示されていますが、位置の変更も可能です。

MEMO

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「作品情報」と選択することでキャンバス上の「ノンブル」の表示・非表示の切り替えができます。(「作品情報」も一緒に切り替わります。)

クリスタのノンブル設定項目①「開始番号」

単ページの場合はそのページに表示させたいノンブルの番号を、複数ページの場合は(表紙を含む)最初のページから開始する番号を入力します。

※ただし、後述の「ノンブル」の項目でチェックが入っていないとノンブルは表示されません。


こちらは「-(マイナス)」も入力することができます。

例えば複数ページ作品で「表紙」と「表紙(裏)」がある場合に「開始番後」を「1」にしますと表紙のノンブルが「1」、表紙(裏)のノンブルが「2」、本編の最初のページのノンブルが「3」となります。

ここで「開始番号」に「-1」と入力すれば表紙のノンブルが「-1」、表紙(裏)のノンブルが「0と」なり、本編の最初のページのノンブルを「1」で開始させることができます。

※マイナスと0はノンブルとして表示されません。

クリスタのノンブル設定項目②「色」

「ノンブル」の数字の色を「黒」か「白」の2種類から選択できます。

クリスタのノンブル設定項目③「フチをつける」

チェックボックスにチェックを入れることで「ノンブル」にフチを付けて表記することができます。また、右側の数字入力欄でフチの太さを設定できます。「0」を入力してもチェックが入っていれば数値は「0.01」となり一番細いフチが付きます。単位は「mm」で固定のようです。

ちなみにノンブルの「色」が「黒」の場合は「白」のフチに、ノンブルの「色」が「白」の場合は「黒」のフチになります。

クリスタでノンブルにフチをつける

クリスタのノンブル設定項目④「ノンブル」

(なぜ一番上にないのか不思議ですが)チェックを入れると「ノンブル」の数字が表記されます。表記したくない場合はチェックを外しましょう。

また、右側のボタンで「ノンブル」の表記位置を選択肢から選択できます。

クリスタ新規作成(ノンブルの位置)


表記位置の選択肢にある「内側」「外側」とは複数ページにおいて「本を綴じている側(内側)」「本を綴じてない側(外側)」のことです。単ページでは「内側」が右側、「外側」が左側になっているようです。

クリスタの新規作成(ノンブルの位置)


また、ここでチェックを入れることで表記位置の選択と「フォーマット」「基本枠との間隔」「フォント」「サイズ」の設定ができるようになります。

クリスタのノンブル設定項目⑤「フォーマット」

「ノンブル」の数字の前後に付ける文字や記号を入力できます。

空欄にすると数字のみの表記になります。真ん中の「1」は例文ですので気にしなくても大丈夫です。ちゃんと「開始番号」で設定した数字になります。

例えば、「第」1「ページ」と入力することで「第1ページ」というノンブル表示になります。

クリスタのノンブルフォーマット

クリスタのノンブル設定項目⑥「基本枠との間隔」

「ノンブル」の位置を基本枠(内枠)を基準に入力した数値分動かします。こちらの単位は「mm」固定のようです。

「縦」には入力した数値分、基本枠(内枠)から縦方向に遠ざかります。「-(マイナス)」を入れることはできないので基本枠(内枠)の中に「ノンブル」を入れることは設定上できないようです。

「横」には入力した数値分、初期位置から内側に移動します。こちらは「-(マイナス)」を入力することができます。「-(マイナス)」を入力すると数値分、初期位置から外側に移動します。

この「内側」「外側」は複数ページ、単ページ共に上記の「ノンブル」の表記位置で説明したものと同じ考えです。

クリスタのノンブル「基本枠との間隔」

クリスタのノンブル設定項目⑦「フォント」

「ノンブル」を表記する文字の種類(フォント)を選択できます。

クリスタ内で使用できるフォントを選択できますので、作品内のセリフのフォントと合わせることもできます。

クリスタのノンブル設定項目⑧「サイズ」

「ノンブル」のサイズを入力できます。

「0」と入力しても「ノンブル」のチェックボックスにチェックを入れているのならここの数値は最小数の「1」になります。単位は「pt(ポイント)」固定のようです。

MEMO

1 pt=約0.35 mm です。

クリスタのノンブル設定項目⑨「隠しノンブル」

チェックボックスにチェックを入れることで「隠しノンブル」を表記させることができます。

「隠しノンブル」とはノンブルを内側の製本(仕上がり)サイズのガイド線ギリギリに表記させるノンブルのことを言います。

クリスタの隠しノンブル


この位置にノンブルを配置することによって、製本・印刷した完成品にはノンブルをうまく隠すことができるのです。

ノンブルの数字を表記してない本を作りたいが、印刷所の規定でノンブルを表記しなければならない時はこの「隠しノンブル」を使いましょう。

表記位置は内側の下部で固定です。

この位置は本を綴じるとうまく隠れる(見えにくい)位置になるのです。


隠しノンブルの表示はノンブル項目で設定した「開始番号」「色」「フチをつける」の3点のみ反映されます。

ちなみに2桁の数字の場合は画像のように縦に並んで表記されます。↓

隠しノンブル

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でノンブル表記する時の注意点

クリスタのノンブルは絵とかぶる…!

もう一度クリスタでの「ノンブル」の表記位置を確認しましょう。

クリスタのノンブル・隠しノンブル


このように「ノンブル」は「基本枠」(内枠)の外側に表記されます。

コマが「基本枠(内枠)」内に入っているのでしたら問題ないのですが、もし「ノンブル」を表記している位置のコマが「裁ち落とし幅」まである場合、絵と「ノンブル」がかぶってしまいます

クリスタ:ノンブル
MEMO

ノンブルを黒字でフチなし表示にした場合は黒ベタで隠すことはできます。


「裁ち落とし幅」に関する説明はこちらの記事で!

新規作成:製本(仕上がり)サイズクリスタ新規作成「製本(仕上がり)サイズ」の設定内容を説明します!


絵とかぶっててもいいと考えるならそのままでもいいです。絵とかぶってはいけないというルールはありませんので。

ただ、気になる場合はそのページだけ「ノンブル」を絵と被らない位置に移動させるか、全ページ「隠しノンブル」だけの設定にするかにしましょう。

※試してみたのですが特定のページだけ「ノンブル」を消す方法は見つかりませんでした。

クリスタでの「ノンブル」の移動方法

クリスタの「ノンブル(隠しノンブル)」はオブジェクトツールで指定することによってサイズ・位置の手動変更ができます。(「作品情報」も同様)

クリスタのノンブルをオブジェクトツールで選択


クリスタでの「ノンブル」の位置移動の例を載せておきます。

クリスタ:ノンブル移動


印刷目的の場合は、印刷所の方が混乱せず、スムーズに製本できるように「ノンブル」は「製本(仕上がり)サイズ内に入れるか、「隠しノンブル」を表記する、ページ内に表記しない場合は前後のぺージに「ノンブル」を表記するなど配慮しましょう。

クリスタのキャンバスにノンブルが表示されない場合

クリスタの新規作成ウィンドウにて「ノンブル」を入力したのにも関わらず作成されたキャンバスにノンブルが表示されない場合は非表示設定になっている可能性があります。

その場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「作品情報」と選択しましょう。

クリスタの表示「作品情報」


これによってノンブルが表示されるようになります。


逆にキャンバスからノンブルを消したい場合は同じように「表示」メニューから「作品情報」を選択することでノンブルを非表示にすることができます。

※ノンブルを非表示にした場合、「作品情報」も非表示になります。

【クリスタ応用編】ノンブルの編集

こちらはお好みでやっていただければなと思いますが、クリスタのノンブルは「オブジェクトツール」で選択することで移動以外にも様々な編集・変更ができるのです。

クリスタ:ノンブル(オブジェクトツール)


ノンブルを「オブジェクトツール」で選択状態にしましたら、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択し、「サブツール詳細ウィンドウ」を表示させましょう。

※「ツールプロパティ」右下のスパナのマークを選択することでも「サブツール詳細ウィンドウ」を表示させることができます。

クリスタ:サブツール詳細


この「サブツール詳細ウィンドウ」で設定を変更させることでノンブルを編集することができます。

ノンブルの色やスタイルを変えたり

クリスタ:ノンブル(オブジェクトツール)


ノンブルにフチを付けたり

クリスタ:ノンブル(オブジェクトツール)


ノンブルを変形させたりできます。

クリスタ:ノンブル(オブジェクトツール)


色々試してみて下さい◎

ちなみに、ノンブルに白と黒以外の色を使う場合はキャンバス(原稿)の「基本表現色」をカラーにしましょう。

クリスタ:基本表現色
ポイント

「基本表現色」の設定は新規作成の時点で行いましょう

2022年7月現在、キャンバスを作成後に「基本表現色」を「カラー」変更してもノンブルや作品情報をカラー表示させることができない現象が発生しています。


もしキャンバス作成後にノンブルや作品情報をカラー表示させたい場合は1度ノンブル・作品情報の設定を削除し、基本表現色を「カラー」に変更してから改めてノンブル・作品情報を再設定しましょう。

クリスタで漫画制作!新規作成「コミック」の設定項目の意味を説明します!


また、オブジェクトツールで選択後にレイヤーカラーを設定する方法もあります。

クリスタのノンブルをレイヤーカラーで変更


ただしこの方法の場合はノンブルで1色、作品情報で1色しか設定できません。

クリスタのレイヤーカラーが変な色になる原因は「元の色」だった!

クリスタ新規作成(コミック)における「ノンブル」の説明は以上となります。

お疲れ様でした!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)新規作成時における他の各項目に関して

以下にリンクを貼っておきますので参考にしていただければと思います!↓

親元の記事はこちら!

クリスタで漫画制作!新規作成「コミック」の設定項目の意味を説明します!


●製本(仕上がり)サイズ

クリスタ新規作成「製本(仕上がり)サイズ」の設定内容を説明します!


●基本枠(内枠)

クリスタ新規作成「基本枠(内枠)」の設定内容を説明します!


●トンボを合わせる

クリスタ新規作成「トンボを合わせる」の設定内容を説明します!


●複数ページ

クリスタ新規作成「複数ページ」の設定内容を説明します!


●表紙

クリスタ新規作成「表紙」の設定内容を説明します!


●作品情報

クリスタ新規作成「作品情報」の設定内容を説明します!


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】
※今回紹介する機能はこちらでは利用できません。

CLIP STUDIO PAINT PRO

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

参考記事:クリスタPRO購入後からEXに損せず買い替える方法(アップグレード)!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る