クリスタで画像を読み込み・挿入させる4つの方法!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)は白紙のキャンバスから作品を制作するデジタルペイントソフトです。

しかし、CLIP STUDIO PAINTは写真や完成イラストなどの画像データや動画データの静止画部分を作業画面に読み込み・挿入させ、編集を行うこともできるソフトでもあります。

そこで今回はCLIP STUDIO PAINTに画像を読み込み・挿入する方法を4つ紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

【はじめに】画像を編集する際の注意点

使用する画像やイラストは自身が著作権を所有しているもの、もしくは著作権を所有している方から許諾を得ているものにしましょう。

無断で他人の画像やイラストを使用・加工するのは著作権違反です。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で画像を読み込む・挿入する方法

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

①クリスタに直接画像を読み込む(開く)方法

クリスタの編集画面に保存している画像をそのまま開いて編集したい場合に利用する方法です。


CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「開く」と選択しましょう。

クリスタ「開く」


するとクリスタを使用しているデバイスのフォルダが開きますので読み込みしたい画像を選択して「開く」を押しましょう。

※画像をダブルクリックすることでも同じ操作が行えます。

クリスタで画像を読み込む
画像はWindows


これでクリスタの編集画面に選択した画像を直接読み込むことができます。

クリスタで画像を開く


この方法でクリスタに読み込みした画像はラスターレイヤーになっていますのでそのまま編集作業を行うことができます

スマホ版クリスタ(Ver.1.12.7~)で保存した画像を直接開く(読み込む)方法は少し異なる

Ver.1.12.7以降のスマホ版クリスタでは起動時のホーム画面にて「画像から作成」をタップしてストレージ内の写真(画像)を長押しして選択状態にしてから「選択」をタップしましょう。

スマホ版クリスタ「画像から作成」
MEMO

●使用するスマホによって表示・操作が微妙に異なる場合があります。

●スマホ版クリスタの場合、「ファイル」→「開く」と選択する方法ではクリスタアプリ内に保存したファイルしか開くことができません。

②クリスタで作成したキャンバス上に画像を読み込む方法

クリスタで先にキャンバスを新規作成し、そのキャンバス上に画像を読み込み・挿入したい場合に利用する方法です。

クリスタで絵を描く最初のステップは「新規作成」!!


CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「読み込み」→「画像」と選択しましょう。

クリスタ読み込み「画像」
MEMO

スマホ版クリスタの場合は「ファイル」→「読み込み」→「ストレージから」と選択しましょう。


「画像」を選択した場合、クリスタのアプリ内に保存しているデータしか選択できません。


するとクリスタを使用しているデバイスのフォルダが開きますので読み込みしたい画像を選択して「開く」を押すことでキャンバス上に画像を読み込むことができます。

※画像をダブルクリックすることでも同じ操作が行えます。

クリスタで画像を読み込む
画像はWindows


キャンバス上に読み込んだ場合はオブジェクトツールで操作できる状態になりますので移動・回転や拡大・縮小を行ってキャンバスに合わせましょう。

クリスタで画像読み込み(オブジェクトツール)


関連記事

クリスタのオブジェクトツールの設定内容!

ポイント

オブジェクトツールのツールプロパティにて「位置調整」を「キャンバス」に変更しますと画像の端がキャンバスにピッタリ合うように自動で拡大・縮小してくれます。

クリスタのオブジェクトツール「位置調整(キャンバス)」


キャンバスと画像の縦横比が異なる場合は長い方に合うようになります。余った部分はキャンバスサイズを変更して画像に合わせましょう。

簡単!クリスタのキャンバスを画像に合わせる方法!!

キャンバス上に読み込みした画像を編集する場合はラスタライズしよう

クリスタのキャンバス上に画像を読み込みした場合は写真(画像)が画像素材レイヤーになってしまいます。

クリスタの画像素材レイヤー


この画像素材レイヤーであったためにオブジェクトツールで様々な操作が行えたのです。


しかし、画像素材レイヤーのままでは描画や消去、フィルターなどの編集機能を利用することができません


クリスタのキャンバス上に読み込みした画像を編集したい場合は編集可能なラスタレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

ラスタライズするには、
画像素材レイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択します。

クリスタ「ラスタライズ」


これだけでラスターレイヤーに変換することができます。

クリスタのラスタライズ
注意

画像素材レイヤーのままでしたらキャンバス外の部分も残っているのですが、ラスタライズを行いますとキャンバスの外側に出てしまっていた部分は削除されてしまいますので必要な部分をキャンバス内に入れてからラスタライズしましょう。

クリスタ画像素材レイヤー(キャンバス外)
クリスタラスタライズ画像(キャンバス外)

③クリスタで作成したキャンバス上にファイルオブジェクトとして読み込む方法

「ファイルオブジェクト」とは

クリスタにおいて「ファイルオブジェクト」はクリスタのキャンバス上に画像や動画の静止画を読み込み・表示させるレイヤーのことです。

読み込み後は画像素材レイヤー同様、オブジェクトツールで移動・回転・拡大・縮小といった操作が行えます。

クリスタのファイルオブジェクトレイヤー



前項で紹介した画像素材レイヤーと異なるのはCLIP STUDIO PAINT形式のファイルデータ(.clip)や動画データも読み込みができる点です。

読み込みされたファイルデータは1枚のファイルオブジェクトレイヤーとして表示されます。


動画データをファイルオブジェクトとして読み込みした場合は静止画扱いとなりますが、オブジェクトツールのツールプロパティにてどのシーンの静止画にするかの調整もできます。

クリスタのファイルオブジェクトレイヤー(動画)とツールプロパティ


さらにこのファイルオブジェクトを読み込みした制作データを保存しておきますと、
読み込み元のファイルデータを編集した場合に読み込み先のファイルオブジェクトレイヤーの内容もそれに合わせて更新させることができるのです。

※読み込み元のファイルデータを上書き保存した時点で自動でファイルオブジェクトレイヤーも更新されます。

クリスタファイルオブジェクトレイヤー(読み込み元編集)
クリスタファイルオブジェクトレイヤー(読み込み先)
ポイント

通常の画像もファイルオブジェクトとして読み込みすることができますので、その画像データを直接開いて編集・上書き保存すれば、読み込み先のファイルオブジェクトレイヤーの内容も変更されます。


ファイルオブジェクトとして読み込んだCLIP STUDIO PAINT形式の背景を透過したい場合はオブジェクトツールのツールプロパティ「レンダリング設定」にて「用紙を描画する」のチェックを外しましょう

クリスタのファイルオブジェクト「用紙を描画する」


参考記事

クリスタのファイルオブジェクトで貼り付け画像を更新できる!その使い方を紹介します!!

クリスタのキャンバス上にファイルオブジェクトを読み込む方法

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「読み込み」→「ファイルオブジェクトを作成」と選択しましょう。

クリスタ「ファイルオブジェクトを作成」


するとクリスタを使用しているデバイスのフォルダが開きますので、ファイルオブジェクトとして読み込みしたい画像やCLIP STUDIO PAINT形式データ・動画データを選択して「開く」を押すましょう。

※画像をダブルクリックすることでも同じ操作が行えます。

クリスタで画像を読み込む
画像はWindows


キャンバス上に選択したデータファイルが読み込みされますと以下の注意ウィンドウが開きますので「OK」を押せば読み込み完了です。

クリスタファイルオブジェクトレイヤー作成時の注意ウィンドウ
MEMO

スマホ版クリスタの場合、クリスタのアプリ内に保存してあるデータを選択する形になります。


ファイルオブジェクトレイヤーをラスタライズすることで直接編集できるようにもなりますが、その場合は読み込み元のファイルデータを編集しても反映されなくなります

④クリスタで制作中のレイヤーから画像を作成・挿入する方法

クリスタで制作中のレイヤーをまとめて1枚のレイヤーを作成・挿入する方法です。
読み込みとは少しことなりますが紹介させていただきます。


まずはクリスタのレイヤーパレットにて1枚にまとめたいレイヤーのみを表示させましょう。

※1番下の用紙レイヤーも表示したままだと一緒にまとめられてしまいますので注意しましょう。

クリスタレイヤーパレットの表示・非表示


そしてCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「表示レイヤーのコピーを結合」と選択します。

クリスタ「表示レイヤーのコピーを結合」


すると表示させていた全てのレイヤーのコピーが1枚のレイヤーにまとめて(結合して)作成されます。
コピーですので元のレイヤーもちゃんと残っています。

クリスタ「表示レイヤーのコピーを結合」


※結合されたレイヤーは選択中のレイヤーの上に作成され、レイヤー名もコピーされます。
※実行後は非表示にしたレイヤーを表示させて元の状態に戻しましょう。


この方法ですと、わざわざ書き出し→画像データを読み込みといった手順を行う必要がなくなります。


参考記事

クリスタでレイヤーを1つにする結合方法とその仕様を紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で読み込みした画像の使用例

ポイント

クリスタの選択範囲機能を利用することで編集範囲を指定することもできます。

クリスタ4つの「選択範囲」作成方法とその機能!!

アナログ原稿を読み込みしてクリスタで仕上げる

絵を描く・線を引くのはアナログの方がやりやすい、でも色塗りやトーン貼りなどは面倒と感じている方は、線画だけアナログで行って残りの仕上げをクリスタで行うという方法もあります。

アナログペン入れ/デジタル仕上げ

【イラスト・漫画のデジタル化に悩む方へ】全てをデジタル化しなくてもいいのです!

クリスタならB4アナログ漫画も家で読み込みできます!

B4デジタル漫画・出力見本はコンビニで印刷できる!!‐セブンイレブン編‐

クリスタで制作する作品の一部として利用

クリスタで制作している作品データに画像を読み込むことで背景や服の柄など作品の一部として利用することができます。

クリスタで画像を作品の一部に使用する
ポイント

この時、レイヤーマスク機能で表示範囲を指定することでより便利に利用することができます。

アナログではできない!クリスタのマスク(隠す)機能と使い方!!

クリスタで画像編集

クリスタはデジタルペイントソフトですが、画像編集を行える機能も多く搭載されています。


●変形
拡大・縮小・ゆがみ・回転・反転といった変形が行えます。

クリスタで画像を変形

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!


●色調補正
画像(レイヤー)の全体的な色味を変更することができます。

クリスタ「色調補正」
クリスタ:色調補正


●フィルタ
様々なフィルターを使用して手描きではなかなか難しい表現を簡単に作ることができます。

クリスタ:フィルター使用例

クリスタでぼかし加工の方法と使用例紹介!!

簡単加工!クリスタでのぼかし集中線(放射ぼかし)の作り方!!

クリスタで魚眼表現!魚眼レンズフィルターの使い方!!

クリスタで写真をイラスト変換!イラスト調フィルターの使い方!!


●コピースタンプ
レイヤー上の表示を部分的にコピー・貼り付けすることができるコピースタンプツールを利用して不要な部分を消す(塗りつぶす)ことができます。

クリスタ:コピースタンプ(写真加工)

クリスタのコピースタンプでイラストの加工・修正が可能!!-意外と知らないクリスタ機能-


●トリミング&合成
画像の不要な部分を消去すれば一部分を切り取る(トリミングする)ことができ、さらに別の画像と組み合わせることで合成画像を作成することができます。

クリスタ:トリミング

クリスタ:画像合成

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の画像読み込みを活用しよう!

創作活動を行う上で、画像を読み込む機会は多くあると思います。

クリスタにおいても画像を読み込む操作だけでも4種類ありますので、目的に合った方法で画像を読み込み、自身の作品に活用していただければと思います。


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る