クリスタのオブジェクトツールの設定内容!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で使用頻度の高い「オブジェクトツール」の設定内容を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のオブジェクトツールとは

クリスタの様々な対象物・レイヤーを操作できるツール!

クリスタのオブジェクトツールは操作ツールの1種です。

クリスタのオブジェクトツール


このオブジェクトツールを使用することで「ベクター線」「素材」「テキストレイヤー」「コマ枠フォルダー」「定規」「フキダシレイヤー」「集中線レイヤー」「流線レイヤー」「グラデーションレイヤー」っといった様々なキャンバス上の対象物やレイヤーを操作することができます。


オブジェクトツールで対象を選択した際に表示される「ハンドル」で移動・変形・回転ができたり、

クリスタのオブジェクトツールで変形


オブジェクトツールで選択した状態でツールプロパティやサブツール詳細ウィンドウの設定を変更することで表示内容を変更することもできます。

クリスタのベクター線をオブジェクトツールで編集(ブラシサイズ)


また、ラスターレイヤーの描画部分をタッチしてドラッグしますとレイヤー全体を移動させることもできます。

クリスタのオブジェクトツールでラスターレイヤーを移動

クリスタのオブジェクトツール自体にも設定がある

クリスタのオブジェクトツールを使用している時のツールプロパティ・サブツール詳細には選択した対象物やレイヤーの設定内容が表示されるのですが、オブジェクトツールそのものにも設定項目はあります。

クリスタのオブジェクトツール設定


サブツール詳細ウィンドウでの「操作」カテゴリーの部分ですね。

今回の記事ではこのオブジェクトツール自体の設定内容を紹介させていただきます。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)オブジェクトツールの設定内容

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

透明箇所の操作

クリスタのオブジェクトツールで編集中のレイヤー上の透明箇所(何も描画・配置されていない箇所)をタッチやドラッグをした時の操作内容を設定できます。

ツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウ「操作」カテゴリーにて「透明箇所の操作」ボタンをタッチすることで設定項目が展開します。

クリスタのオブジェクトツール「透明箇所の操作」

「別のレイヤーへの選択切り替え」

クリスタのオブジェクトツール設定「別のレイヤーへの選択切り替え」


チェックを入れることで選択中のレイヤーの透明箇所に「別レイヤーの描画部分」がある場合、そこをタッチすることでその描画部分を表示しているレイヤーを編集レイヤーに切り替えてくれるようになります。

クリスタのオブジェクトツールでレイヤー選択


ただしドラッグ操作(後述)によって編集中のレイヤー上の対象物を選択したい場合にこの設定がONになっていますと、ドラッグの範囲内に別レイヤーの描画部分が含まれるとそのレイヤーに切り替わってしまいますのでそういった場合には「別のレイヤーへの選択切り替え」のチェックを外しましょう。

MEMO

クリスタにはレイヤー選択機能に特化した「レイヤー選択ツール」もあります。

クリスタのレイヤー選択ツール

クリスタでどのレイヤーに何が描かれてるかを見つける方法!!


しかし、オブジェクトツールは(初期設定で)[Ctrl(Command)]キーを長押しすることで一時変換ができますので使い勝手の良さという利点があります。

「ドラッグによるオブジェクト操作」

クリスタのオブジェクトツール設定「ドラッグによるオブジェクト操作」
「3Dレイヤーの操作」

クリスタで3D素材レイヤーを操作する場合、上部に表示される各アイコン(移動マニピュレータ)をオブジェクトツールでタッチしながらドラッグ操作を行うのが基本操作になります。

クリスタの移動マニピュレータ(3D)
クリスタのオブジェクトツールで移動マニピュレータをドラッグ


そこでオブジェクトツールの「3Dレイヤーの操作」にチェックを入れますと1度移動マニピュレータのアイコンを選択した状態にしただけで後は透明箇所をドラッグするだけでそのアイコンの操作が行えるようになります。

クリスタのオブジェクトツール設定「ドラッグによるオブジェクト操作」(3Dレイヤーの操作)
「平行線定規の方向指定」

チェックを入れますとオブジェクトツールで透明箇所をドラッグすることでキャンバス上に設置・表示されている平行線定規の方向(角度)をドラッグした方向に変更することができるようになります。

クリスタのオブジェクトツール設定「平行線定規の方向指定」


関連記事

クリスタ定規ツールの種類と使い方・効果を紹介します!!

MEMO

平行線定規の角度変更時の支点はオブジェクトツールで直接平行線定規を選択した時に確認できます。

※この「支点」もオブジェクトツールで移動が可能です。支点を移動させると平行線定規全体が移動します。

クリスタ平行線定規の支点


また、「平行定規の方向指定」にチェックを入れなくても、オブジェクトツールで直接選択してハンドルを表示させ、そのハンドルをドラッグすることで方向(角度)の変更は可能です。

クリスタのオブジェクトツールで平行線定規の角度を変更する

「ドラッグで範囲指定して選択」

クリスタのオブジェクトツール設定「ドラッグで範囲指定して選択


ベクターレイヤーやフキダシレイヤー、流線レイヤー、集中線レイヤー、コマ枠フォルダー、定規といった「制御点」があるものを表示しているレイヤーを編集中に利用できる操作です。

※テキストレイヤーやグラデーションレイヤー、画像素材レイヤーなど「ハンドル」のみ表示されるレイヤーは対象外になります。


チェックを入れますとオブジェクトツールをキャンバス上の透明箇所からドラッグすることで範囲指定ができるようになり、その範囲内にある対象物を選択することができるようになります。

クリスタのオブジェクトツールで範囲指定
注意

先述の通り、「別のレイヤーへの選択切り替え」にチェックが入っている場合、ドラッグによる範囲指定を行う際に別のレイヤーの描画部分に触れて編集レイヤーが切り替わる場合があります。

この操作を行う時はしっかりレイヤーの透明部分からドラッグを始めるか、「別のレイヤーへの選択切り替え」のチェックを外しましょう。


オブジェクトツールのドラッグ操作によって選択する対象物は「オブジェクト」と「制御点」の選択肢からどちらかを選択します。

「オブジェクト」

範囲選択した中に対象物の一部が入りますと、その対象物全体を選択してくれるようになります。
オブジェクトツールで直接タッチした時と同じ状態ですね。

クリスタのオブジェクトツールで範囲選択「オブジェクト」
MEMO

クリスタではベクターレイヤーの線限定ですが、選択範囲を利用する方法もあります。

クリスタのベクター線選択サムネクリスタで複数のベクター線を簡単に選択する方法!!
「制御点」

範囲選択した中に入った制御点を複数選択した状態にしてくれます。

クリスタのオブジェクトツールで範囲選択「制御点」
↑画像の緑部分が選択された制御点


この状態で複数選択された制御点のどれか1つをオブジェクトツールで移動させますと複数選択された制御点全てが一緒に移動します。

クリスタのオブジェクトツールで複数選択した制御点を移動する

「変形枠内のドラッグによる移動」

クリスタのオブジェクトツール設定「変形枠内のドラッグによる移動」


クリスタのオブジェクトツールで選択した際に表示される変形枠=ハンドルの内側にある透明箇所をドラッグした際に、選択中の対象を移動させるかどうかの設定になります。

クリスタオブジェクトツール選択時の変形枠と内側の透明箇所
MEMO

オブジェクトツールで選択している対象の基本的な移動方法は以下の2つです。


●描画・表示部分を直接触ってドラッグする

クリスタのオブジェクトツールで移動(直接ドラッグ)


●変形枠(ハンドル)の外側にオブジェクトツールのカーソルを持っていき、移動カーソルの表示になった地点からドラッグする。

クリスタのオブジェクトツールで移動(移動カーソル)


「変形枠内のドラッグによる移動」をOFFにしている場合は上記の方法で移動させます。

「すべてのレイヤーで有効」

チェックを入れますと変形枠(ハンドル)が表示されるクリスタの全てのレイヤーにおいて、内側の透明箇所をドラッグすることによる移動が可能になります。

※テキストレイヤーはチェックが入ってなくても変形枠内からドラッグ移動ができるようです。

クリスタのオブジェクトツール「変形枠内のドラッグによる移動」
「2Dカメラフォルダーのみ有効」

「すべてのレイヤーで有効」のチェックを外した際に設定できます。

チェックを入れますとクリスタのアニメーション制作にてカメラワークを付ける際に利用する2Dカメラフォルダーの枠(ハンドル)をオブジェクトツールで扱う時のみ内側の透明部分をドラッグすることによる移動が可能になります。

クリスタの2Dカメラフォルダーのハンドル


カメラワークの詳細はクリスタの公式ページをご確認ください。

選択可能なオブジェクト

オブジェクトツールで選択・操作できるクリスタの対象物やレイヤーの種類を選択できる設定項目です。

ツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウ「操作」カテゴリーにて「選択可能なオブジェクト」ボタンをタッチすることで選択項目が展開します。

クリスタのオブジェクトツール設定「選択可能なオブジェクト」


ここでチェックを入れた対象物やレイヤーを選択・操作できるようになります。

参考記事

クリスタのイラスト・漫画用レイヤー種類・特徴を紹介!!

クリスタ定規ツールの種類と使い方・効果を紹介します!!

個人的な「選択可能なオブジェクト」の設定方法

基本的には全てチェックが入っている状態で問題ないかと思いますが、一部チェックを外すことでクリスタ制作での不便な点を解消できるものもあります。

あくまで個人的に行っている設定方法ですが紹介させていただきます。

「ラスター(レイヤー)」

先述の通り、クリスタのオブジェクトツールは描画・表示部分を直接触ってドラッグすることで移動させることができます。

また、ラスタレイヤーの場合は描画部分だけでなく、レイヤー全体を移動させることになります。

「透明箇所の操作」で「別レイヤーへの選択切り替え」にチェックが入っていますとラスターレイヤーの描画部分に誤ってオブジェクトツールで触れてしまった場合にそのラスターレイヤー全体がズレてしまうといったことが起こる可能性があります。
(「取り消し」ですぐに元に戻せますが)

クリスタのオブジェクトツールでラスターレイヤーを移動してしまう例


そこで「ラスター」の項目のチェックを外すことでこういったミスを防ぐことができます。

「べた塗り(レイヤー)」

クリスタのコマ作成ツールにてツールプロパティの「コマの内側を塗りつぶす」にチェックを入れてコマ枠を作成しますとコマ枠フォルダーの中に白背景用としてべた塗りレイヤーが作成されます。

クリスタのコマ作成ツール「コマの内側を塗りつぶす」


参考記事

クリスタなら重なるコマ枠も自在に作成できる!!その制作方法を画像付きで紹介します!


「透明箇所の操作」で「別レイヤーへの選択切り替え」にチェックが入っている場合、オブジェクトツールでコマ枠を編集したい場合はコマ枠を直接タッチする必要があり、コマ枠の内側をタッチしますと背景用のべた塗りレイヤーが選択されることになります。

クリスタのコマ枠とオブジェクトツールによるレイヤー切り替え


そこで「べた塗り」のチェックを外すことでコマ枠の内側にある透明部分をタッチすることでコマ枠を選択することができるようになります。

コマ枠の細い線を狙ってタッチする必要がなくなり便利です◎

クリスタのオブジェクトツールでコマ枠の内側をタッチすることで子コマ枠を選択


※コマ枠内にある描画部分をタッチしますとそのレイヤーが選択されますので透明部分をタッチしましょう。

選択の追加

クリスタのオブジェクトツールで編集中のレイヤー上にある対象物を選択する内容を設定できます。

クリスタのオブジェクトツール設定「選択の追加」
「新規選択」

編集中のレイヤー上にある対象物を1つ選択します。
対象物を1つ選択している状態で別の対象物を選択しますと新しく選択した対象物のみ選択状態になり、前の対象物の選択は解除されます。

クリスタのオブジェクトツール「新規選択」
「追加選択」

編集中のレイヤー上にある対象物を複数選択することができるようになります。

※「追加選択」を設定していなくても、[Shift]を押しながら選択することで複数選択をすることが可能です。

※ハンドルの近くではうまく選択ができない場合があります。(移動や回転の操作と判断されるため)

クリスタのオブジェクトツール「追加選択」
MEMO

制御点もこの方法で複数選択できます。

クリスタのオブジェクトツールで制御点を複数選択
「部分解除」

「追加選択」によって複数選択した対象物の中から、タッチしたものを選択状態から解除します。

クリスタのオブジェクトツール「部分解除」

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のオブジェクトツール設定でより使いやすくしよう!

クリスタのオブジェクトツールはツールプロパティに選択した対象物やレイヤーの設定内容が表示されるため、オブジェクトツール自体の設定項目があまり目立たなくなってしまいがちです。

しかし、今回紹介したようにオブジェクトツールの設定によって使い方が細かく変わってきます。

オブジェクトツールを自分好みに設定し、クリスタの制作をより使いやすく楽しくしましょう◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る