クリスタで素材登録時の設定項目の意味を紹介します!!-素材のプロパティ-

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)では既に描画や設定が行われている「素材」を利用することで作業の効率化ができます。

クリスタの素材例


CLIP STUDIO PAINTの素材は元々搭載されているものや、CLIP STUDIO ASSETSからダウンロード(有償・無償あり)するものもあります。


そしてこういった素材は自分で作成することもできるのです。

そこで今回はCLIP STUDIO PAINTで素材を自分で作成する際に設定する「素材のプロパティ」の設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で自作の素材を登録する方法

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


クリスタで素材を登録する手順はいくつかあります。

また、ブラシ系素材を作成・登録する際は以下の記事も参考いしていただければなと思います。

クリスタのブラシ素材と表現色サムネクリスタでブラシ素材を作成する時は表現色に注意!!

クリスタの素材登録手順

クリスタメニューから素材登録する

レイヤーパレットにて登録するレイヤーなどを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「編集」→「素材登録」と選択し、登録したい素材に合った項目を選択しましょう。

※レイヤーを非表示にしている場合はうまく登録できませんので注意しましょう。

クリスタ「素材登録」

「画像」

画像系の素材やブラシ形状、レイヤーセットなどを素材登録したい場合。

選択中のレイヤー(複数可)のみ素材登録します。


「テンプレート」

キャンバスごと素材登録し、キャンバスの新規作成時にもテンプレートとして設定できるようにしたい場合。

キャンバス上にある全てのレイヤーを素材登録します。

クリスタ新規作成(テンプレート)


「アニメーション」

アニメーション(一部でも可)を素材登録したい場合。

タイムラインパレットで動画部分(クリップなど)を選択中に選択できる。

素材パレットメニューから素材登録する

素材パレットはクリスタ画面右側の「素材パレットアイコン」を選択、もしくはCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「素材」と選択して表示される素材パレットの種類の中から任意の項目を選択すことで開くことができます。

※素材パレットは画面の右側に開きます。

クリスタの素材パレット
クリスタのウィンドウメニュー(素材)


レイヤーパレットにて登録するレイヤーを選択した状態で 、素材パレット左上にあるメニューアイコン「≡」→「画像を素材として登録」と選択しましょう。

クリスタの素材パレット「画像を素材として登録」

各パレットメニューから素材登録する

クリスタの画面には左右に各パレットが表示されています。

これらのパレットの内、「サブツールパレット」「カラーセットパレット」「オートアクションパレット」の左上にあるメニューアイコン「≡」→「〇〇を素材として登録」と選択しましょう。

クリスタのサブツールパレット、カラーセットパレット、オートアクションパレット
クリスタのカラーセットパレット「カラーセットを素材として登録」

クリスタで素材登録をする時には「素材のプロパティ」ダイアログが開く

前項の各方法で素材登録の項目を選択しますと「素材のプロパティ」というダイアログ(ウィンドウ)が開きます。

ここで素材の登録情報を設定することができます。

クリスタ「素材のプロパティ」ウィンドウ


今回の記事はこの「素材のプロパティ」の各項目の意味を紹介するのがメインとなります。

MEMO

「サブツール」「レイヤー」は素材パレットに直接ドラッグすることでも素材登録が可能ですが、その場合は「素材のプロパティ」は開きません。

クリスタのレイヤーを素材パレットにドラッグ

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「素材のプロパティ」の設定項目

クリスタ素材のプロパティ:素材名

クリスタ素材のプロパティ(素材名)


クリスタに素材として登録する際の名前を入力します。

初期段階ではレイヤー名などが入力された状態になっています。

クリスタ素材のプロパティ:素材のイメージ

素材登録した際に素材パレットに表示されるサムネイル画像が表示されています。

画像系の素材でしたらレイヤーに描画されたイラスト・画像などが初期状態で表示されています。

クリスタ「素材のプロパティ」’(素材のイメージ)


カラーセットなど画像がない素材はそれに合わせたアイコンが表示されます。

クリスタ「素材のプロパティ」(素材のイメージ・既存アイコン)


もし別でサムネイル画像を登録したい場合はフォルダーアイコンをタッチしてデバイス内に保存されている画像を選択しましょう。

クリスタ「素材のプロパティ」(素材のイメージ・フォルダーアイコン)

クリスタ素材のプロパティ:ブラシ用素材設定

クリスタ「素材のプロパティ」(ブラシ用素材設定)


画像素材を素材登録する時に設定する項目になります。

ペンや筆などのブラシ系ツールにも登録素材を利用するかどうかの設定を行います。

必要なければ設定しなくてもいいでしょう。

また、こちらの項目はラスターレイヤー・素材レイヤーといった特定のレイヤーを素材登録する時 でないと設定できません

用紙テクスチャとして使用

ここにチェックを入れることで、ブラシ系ツールのサブツール詳細ウィンドウ「紙質」の項目にて画像素材を設定できるようになります。

クリスタ「サブツール詳細」(紙質)


「紙質」で素材を設定したブラシはその画像素材上に描いたような線を描画することができます。

※「紙質濃度」が低いとうまく紙質が表示されない場合があります。

クリスタの紙質設定

ブラシ先端形状として使用

ここにチェックを入れることで、ブラシ系ツールのサブツール詳細ウィンドウ「ブラシ先端」の項目にて画像素材を設定できるようになります。

クリスタ「サブツール詳細」(ブラシ先端)


「ブラシ先端」を設定したブラシは線の代わりにその画像を描画できるツールになります。

※「ブラシ先端」の「向き」や「ストローク」などの設定で調整が必要な場合があります。

クリスタのブラシ先端設定


関連記事

クリスタで円形テキストサムネクリスタでテキストを円形にする方法(ゆがみなし)!!

クリスタ素材のプロパティ:動画サムネイル

クリスタ「素材のプロパティ」(動画サムネイル)


アニメーション素材を登録する時に表示される項目になります。選択することで動画サムネイルを再生する小さなウィンドウを開くことができます。

こちらは設定項目というより登録する動画を確認できる場所になっています。

クリスタ「素材のプロパティ」(動画サムネイル)


この動画サムネイルはCLIP STUDIO ASSETSに出品した際、詳細ページで表示されます。

CLIP STUDIO ASSETS(アニメーション素材)

クリスタ素材のプロパティ:貼り付け動作

こちらの項目はラスターレイヤー・素材レイヤーといった特定のレイヤーを素材登録する時でないと設定できません

「拡大縮小」

素材をクリスタのキャンバスに貼り付けた時のサイズに関する設定です。チェックを入れますと右側の項目で内容を変更することができ、素材貼り付け時の手間を少し省くことができます。

どの設定にしろ、オブジェクトツールで貼り付け後にサイズの調整はできますので基本的には「貼り付け後に調整」でいいかとも思います。

クリスタ素材のプロパティ(拡大縮小)
貼り付け後に調整元のサイズで貼り付けます。
貼り付け先全面に広げる貼り付け先の全面に素材が貼り付けられます。
貼り付け先に納める素材全体が貼り付け先に収まるように貼り付けられます。
貼り付け先に合わせて調整貼り付け先の大きさに合わせて、素材が拡縮されます。
テキストに合わせる素材を貼り付ける位置にテキストがある場合、そのテキストの大きさに合わせて素材が拡縮されます。

「タイリング」

素材をクリスタのキャンバスに貼り付ける時にタイリング機能をONにするかの設定です。

チェックを入れますと貼り付け時に自動でタイリングがONの状態になります。

また、右側の項目でタイリングの内容も設定できます。

※貼り付け後にオブジェクトツールで内容を変更することももちろん可能です。

クリスタ素材のプロパティ(タイリング)
MEMO

「タイリング」とは1つのイラストをパターン表示することで柄のように見せる機能のことです。

クリスタ柄パターン作成サムネクリスタのタイリングで柄パターン素材を自作する方法!!


●「タイリング」

「繰り返し」「折り返し」「裏返し」の3つから選択できます。

クリスタのタイリング設定の違い


「タイリング方向」

「上下左右」「左右のみ」「上下のみ」の3つから選択できます。

クリスタの「タイリング方向」設定の違い

クリスタ素材のプロパティ:重ね合わせの指定

この項目にチェックと入れますと下部の7種類の中から「素材の属性」を1つ選択できるようになります。

※「素材の属性」という言葉は分かりやすく伝えるために使用しているものであり、正式な名称ではありません。

クリスタ「素材のプロパティ」(重ね合わせの指定)


「素材の属性」を設定しますと、貼り付け時に別の「素材の属性」が設定された素材がレイヤーパレットにある場合にこの「素材の種類」に合わせてレイヤーパレットでの配置(上下関係)を自動で合わせてくれます。

レイヤーに配置される順は表記通りの順で、「描き文字等」が1番上になり、「背景等」が1番下になります。


「フキダシ・テキスト等」~「人物・アイテム等」の場合はレイヤー位置の比較対象となる他の「素材の属性」が設定されている素材がレイヤーパレットに配置されていないとあまり効果がないのですが、


「描き文字等」に設定しておけば必ずレイヤーパレットの1番上に配置され、

「背景等」に設定しておけば必ずレイヤーパレットの1番下に配置されます。

クリスタ素材(重ね合わせの指定)貼り付け例


ですのでこの2つだけでも設定しておくことで制作時の手間が1つ省くことができます。


また、「重ね合わせの指定」にチェックを入れない場合は、貼り付け時に選択中のレイヤーの1つ上に素材が貼り付けられます。

クリスタ素材のプロパティ:素材保存先

登録する素材の保存先(素材パレット)を選択します。保存先を指定しないと素材登録を完了できませんので必ず任意の保存先を選択しましょう。

保存先はどこでも大丈夫です。管理をしやすくするために登録する素材に合った場所が適切かと思いますが、全く異なるジャンルの場所に保存することも可能です。

最初は「すべての素材」しか表示されていませんが左端の「>」を押していくことで細かい保存先を展開・選択することができます。

クリスタ素材のプロパティ(素材保存先)

【補足】クリスタ素材の保存先は自分で追加できる

クリスタの素材パレット左上のメニューアイコン「≡」→「素材フォルダー」→「新規作成」と選択することでオリジナルの素材保存先を作成することもできます。

クリスタ素材パレット(素材フォルダーの新規作成)


フォルダーの新規作成時に「すべての素材」を選択していれば「カラーパターン」や「画像素材」などと同列のフォルダーを作成できますし、任意のフォルダーを選択していればそのフォルダーの中に新しいフォルダーを作成することもできます。

クリスタ素材のプロパティ:検索用タグ

右下のアイコンを選択することで検索用のタグの入力欄が表示されます。任意の言葉を入力しましょう。

こちらは必須事項ではありませんが、検索用タグを設定しておくことで多くの素材の中から登録した素材を探しやすくなります。

クリスタ素材のプロパティ(検索用タグ)


素材パレットなどの素材を選択するウィンドウにて、「ユーザータグ」の一覧から設定したタグを選択しますと素材を絞り込み表示することがでます。

クリスタの素材パレット(ユーザータグ)


また、検索欄にて設定したタグを入力することでも絞り込み表示することができます。

クリスタの素材パレット(検索バー)
注意

素材を絞り込み表示する場合は上部で選択している素材の種類の中から絞り込みされます。

全ての素材の中から絞り仕込み表示をしたい場合は「すべての素材」を選択している状態にしましょう。

クリスタの素材パレット(絞り込み表示時の素材の種類)

クリスタ素材のプロパティ:OK

登録する素材の全ての設定が終わりましたら右上の「OK」を押しましょう。

これで素材の登録が完了します◎

クリスタ「素材のプロパティ」(OK)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)登録後に「素材のプロパティ」を変更する方法

クリスタに素材登録する際に設定した「素材のプロパティ」の内容は登録後でも変更が可能です。

まずは先述の方法で素材パレットを開き、登録した素材を探して選択した状態にします。

※登録したての素材でしたら上部に表示されているはずです。

クリスタの素材パレットで素材を選択
MEMO

クリスタメニューや素材アイコンで目的の素材パレットが見当たらない場合はどれでもいいので素材パレットを開き、左側の項目で選択しましょう。

クリスタの素材パレット


素材を選択しましたら、素材パレットの下部にある「歯車のアイコン」をタッチしましょう。

すると「素材のプロパティ」ウィンドウが開き、設定内容を変更することができるようになります。

クリスタ素材のプロパティ


設定内容を変更後は「OK」を押すのを忘れないようにしましょう。

MEMO

自分が登録した以外の既存の素材なども「素材のプロパティ」ウィンドウを開いて設定内容を変更することが可能です。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で素材を使用する方法

画像・3D素材の場合はキャンバスもしくはレイヤーパレットにドラッグ、ツール素材のようにパレットに配置してから使用するような素材でしたら各パレットにドラッグすることで素材を配置することができます。

クリスタの素材をドラッグで貼り付け


「テンプレート」、「ワークスペース」などキャンバスやパレットに配置しない素材の場合は素材パレット下部にある「貼り付けアイコン」をタッチすることで自分のクリスタに組み込むことができます。

クリスタ素材


詳しい素材の使用方法に関しましては以下の記事の『ダウンロードした素材をCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で使ってみよう!』の項目を参考にしていただければと思います。

素材ダウンロード【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を紹介します!

素材を自作してCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での制作を楽しもう!

クリスタは既存のものを利用するだけでなく、自身で素材を作成して使い回すこともできます。

特に画像系の素材は背景や柄に利用できたり、ブラシ先端として設定してオリジナルツールを作成できたりと表現の幅を大きく広げると共に作業の効率化もできます◎

クリスタを使っている内に「こういうのがあったらなぁ」と感じ出してきましたら自分で作ってしまうのもアリですね。


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーの公式ページへ