クリスタサポート機能グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!

皆さん、閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で制作をする際、「長さ」を測るのに役に立つ「グリッド」と「ルーラー」という機能と漫画を描く時のおすすめ設定を紹介させていただきます。

ここの記事ではメインで使うのが「グリッド」、補助役として「ルーラー」を使います。

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

アナログ制作とCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)制作との長さ計測の違い

アナログで漫画制作をするとなるとコマ枠の作成をする際、ものさし・定規が必要となります。

目盛りの「0」を合わせて任意の長さの所で印を付けて、それに従って線を引いて、さらにそれをペン入れして…!

なかなか根気・集中力がいる作業ですね…

漫画原稿:定規


クリスタではまず下描きなしでコマ枠を作成できます!

コマ枠分割定規不要!クリスタで漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!


さらにコマ枠作成後でも容易に修正ができます!

コマ枠修正アナログでは不可能!クリスタ6つのコマ枠修正方法!!


しかし、これだけでは正確な長さでコマ枠を作成するというのは難しいのです。

ですが、今回ご紹介する機能・設定を利用すればそれも可能となります◎

この機能はクリスタEXはもちろん、少しお安いクリスタPROでも利用可能ですよ◎

クリスタダウンロード版のご購入は以下のリンクから行うことができます。


CLIP STUDIO PAINT PRO


CLIP STUDIO PAINT EX


クリスタ:PROとEXの違いクリスタPROとEXの機能の違い全29項目を紹介します!! CLIP STUDIO PAINT:体験版クリスタ無料体験版のダウンロード・使用方法!-全工程の画像付き- クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


次項からその具体的な方法を紹介していきます。よろしければ参考にしてみて下さい◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の制作サポート機能「グリッド」の表示・設定方法

クリスタの「グリッド」機能とは

「グリッド」とは直訳すると「格子」です。

クリスタでは用紙(キャンバス)の上に格子状のガイド線を表示させることができ、このガイド線を「グリッド」と呼んでいます。

グリッド


※ガイド線ですので書き出し時に表示されることはありません。あくまで作業を助ける為にあるガイド線です。

クリスタで「グリッド」を表示させる方法

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「グリッド」と選択することでグリッドを表示させることができます。

もう1度同じ作業を行うとグリッドを非表示にすることができます。

グリッド表示

クリスタの「グリッド」を設定しよう!

※設定をしてからグリッドを表示させてももちろん大丈夫です◎


クリスタではグリッドのガイド線の間隔や位置は設定で変更することができます。

設定はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「グリッド・ルーラーの設定」と選択することで設定ウィンドウを表示させることでできます。

グリッド・ルーラーの設定

グリッド・ルーラーの設定ウィンドウ


●グリッド・ルーラーの原点

グリッド(ルーラーも含め)のガイド線を、どこの箇所を起点に引くかを指定します。初期設定は左上になっています。

この時、設定した原点の場所は用紙上に×印が表示されます。(設定が終わると×印は表示されなくなくなります)

グリッドの原点


ちなみに「カスタム」を選択すると横・縦の数値を入力した分、左上から移動させた位置に原点を配置することができます。

(単位は新規作成時に設定した単位になります)

グリッドの原点:カスタム


●グリッド設定

・「間隔」

グリッドの線の間隔を入力します。単位は新規作成時に設定した単位になっています。


・「分割数」

上記の「間隔」の設定により作られるグリッドの1マスを縦・横に何分割するかを設定します。1~10の数値を入力することができます。

例えば、ここに「4」と入力すると、グリッドの1マスをさらに4×4で16分割するガイド線を引くことができます。

グリッド設定


●「OK」

最後に「OK」を選択することで設定が完了します。


クリスタのグリッドの設定は現在開いているキャンバスを閉じない限り、グリッドを非表示にしても保存されています。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で漫画を描く上でのおすすめグリッド設定

こちらは主にクリスタでコマ枠など、基本枠(内枠)や裁ち落とし線からの長さを決めて線を引きたい時に役に立つ設定になります◎

グリッド・ルーラーの原点

「中央」


グリッド設定

間隔「10」、分割数「10」


※単位は「mm」

グリッド設定


上記の内容で設定することでクリスタのキャンバス上に1マス1 mmのグリッドを表示させることができます。。


基本枠(内枠)などの線とも合わせることができ、その線からの長さも分かりやすくなります。

要は絶対にズレないものさし・定規を表示させている状態になるのです!

漫画原稿:グリッド


また、この設定をしても微妙にトンボや基本枠にグリッドが合わないという場合は「グリッド・ルーラーの原点」の項目を「カスタム」に変更し、任意の数値を入力して調整して下さい。

クリスタ:グリッド設定

クリスタ:グリッド設定(カスタム)


この設定のグリッドを目安にすることで、コマ枠の辺の長さなどを数値で決めることができ、とても便利です◎

クリスタ:グリッド


参考記事

コマ枠修正アナログでは不可能!クリスタ6つのコマ枠修正方法!!


この方法で以下の記事で紹介している4コマ漫画のタイトル枠・コマ枠の長さを測ることもできますよ◎

4コマ漫画コマ枠クリスタなら4コマ漫画のコマ枠が簡単に作成できる!!その方法を画像付きで紹介します!


また、「コマ作成ツール」でスナップさせながら1コマずつ作成することでコマ枠の1辺の長さを指定して作成することもできます。

クリスタ:コマ枠サイズ指定サムネクリスタのコマ枠をミリ単位で長さ指定して作成する方法!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「ルーラー」でさらに分かりやすく!

クリスタの「ルーラー」機能とは

「ルーラー」とは直訳すると「ものさし」です。

クリスタでは画面の上側と左側に目盛りを表示させることができ、この目盛りを「ルーラー」と呼んでいます。

クリスタ:ルーラー


単位は新規作成時に設定した単位になります。

クリスタで「ルーラー」を表示する方法!

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「ルーラー」と選択することで表示させることができます。

もう1度同じ作業をすると非表示にできます。

クリスタ:ルーラー表示


また、初期設定では

[Ctrl(command)]+[R]

でも「ルーラー」の表示・非表示ができます。

クリスタの「ルーラー」を設定しよう!

上記の「グリッド」の設定と同じ箇所で設定ができます。

反映されるのは上部の「グリッド・ルーラーの原点」で、目盛りの「0」の位置を設定します。

グリッド・ルーラーの設定ウィンドウ

クリスタでの「ルーラー」活用法

先述の『漫画を描く上でのおすすめグリッド設定』で紹介した設定を行うとルーラーの目盛りとグリッドのマスが同じになります。

そうなるとルーラーは必要ないのではと思うかもしれませんが、画面を拡大して作業を行うと、グリッドの線がどの位置の線かが分かりにくくなります。

そこで活用できるのが「ルーラー」です!


クリスタのルーラーの目盛りは画面を拡大表示しても常に画面上に表示されます。この目盛りの数字を見ることでグリッドの線の位置を把握することができるのです◎

※ルーラーの数値は原点(=数値が0の場所)の位置をしっかり把握した上で利用しましょう。

クリスタ:グリッド・ルーラー


また、このルーラーの目盛り部分からペンをドラッグすることでガイド線を出すこともできます。

クリスタ:ガイド線


ガイド線を出すとレイヤーパレットにガイド線用のレイヤーも作成されます。

ガイド線レイヤー


このガイド線を目印として使うことでさらに位置を把握することができ、スナップ(ガイド線に合わせること)が可能なツールでしたらこのガイド線にスナップすることも可能です。

ガイド:スナップ


※ガイド線自体は目盛りなどにスナップすることはできませんので自分で目盛りに合わせる必要がありますが…


このガイド線は「オブジェクトツール」で選択状態にすることで十字キーを使って移動・微調整ができます。

ガイド線:オブジェクトツール


また、ガイド線を消したい場合は「オブジェクトツール」で選択状態の時に[Back space]もしくは[Delete]で消すことができます。

MEMO

ガイド線を目盛りの外側へ移動させても消すことができます。

ルーラー:ガイド線

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「グリッド」機能を使用する上での注意点!

クリスタのコマ枠においてはあくまで目安…!

これは今後のアップデートでぜひとも改善してほしいのですが、今のクリスタ(2020年3月現在)ではコマ割りで使用する「コマ枠カットツール」や「オブジェクトツール」でのコマ枠修正ではグリッドにピッタリ合わせる機能(スナップ)はありません

ですのでグリッドはあくまで目安で、「オブジェクトツール」でコマ枠の辺を手動でグリッドのガイド線に合わせる為に利用します。

クリスタでコマ割りをしてからグリッドの線に合わせるという一手間があるように感じてしまいそうですが、アナログでのものさしでサイズを測って印を付けて、その印と印を結ぶ線を引いて、それをさらにペン入れして、はみ出したりずれたりしたら修正して…という作業に比べれば数段楽な作業だと思いますよ◎

何回も修正が可能ですしね◎

参考記事

コマ枠分割定規不要!クリスタで漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します! コマ枠修正アナログでは不可能!クリスタ6つのコマ枠修正方法!!


ただし、「コマ作成ツール」ではグリッドの線に合わせて(スナップして)コマ枠を作ることが可能です。このツールでは1コマずつしかコマ枠を作成できないのですが参考までに。

スナップのON・OFFに関しては次項で説明します。

クリスタでのスナップ機能のON・OFF

クリスタにおいて、ガイド線などにピッタリ合わせて描画させる機能を「スナップ」といいます。

コマ枠に関してはグリッドとのスナップは出来ませんでしたが、「ペンツール」や「図形ツール」などスナップ機能がついてあるツールではグリッドにスナップさせることができます。

グリッドにスナップ


このスナップはグリッド側、ツール側の両方でON設定をしていないと機能しません


●グリッド側のスナップ設定

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「グリッドにスナップ」と選択することでスナップ機能のON・OFFの切り替えができます。

グリッドにスナップ


「グリッドにスナップ」の文字の横にチェックマークがついていれば「ON」になっているということになります。


●ツール側のスナップ設定

ツールを選択時の「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」の「補正」項目内にある「スナップ可能」にチェックを入れることでスナップ機能をONにすることができます。

クリスタ:スナップ可能
MEMO

「ツールプロパティ」「サブツール詳細」が見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ウィンドウ」メニューの中からそれぞれの名前を選択することで表示させることができます。


また、グリッドにスナップさせたくない場合はグリッド側、ツール側のどちらか片方のスナップ機能をOFFにする、もしくはグリッドを非表示にすればスナップしなくなります。

注意

グリッドのスナップ機能はグリッド上のみに線を引けるのではなく、グリッドに線を引き付けやすくする機能です。

よく見るとグリッド上になってない場合もありますので注意しましょう。

グリッドにスナップ

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で長さを測る他の方法

クリスタ定規ツールの「目盛り」を利用しよう!

クリスタ「直線定規ツール」の「ツールプロパティ」内の「目盛り」にチェックを入れることで目盛りの付いた定規を設置することができます。

直線定規ツール


定規ツールは[Shift]キーを押しながら引くと垂直・水平に配置できますし、少しずれて配置してしまったとしても「オブジェクトツール」で定規ツールを選択し、十字キーで移動・微調整ができますよ。

直線定規ツール


この方法でクリスタキャンバス上の長さを測ることができます。

参考までに◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のグリッド・ルーラーのおすすめ設定まとめ

今回は私個人が役に立つのではと思ったクリスタのグリッド・ルーラーの機能・おすすめ設定を紹介させていただきました。

正直、「スナップ機能」がもっといろんな場面で使えれば文句なしなのですが、それでもやはりアナログ作業に比べれば効率はいいかと思います。

便利な点も不便な点も、知っているだけでクリスタの使い方の幅は大きく広がります。

この記事で少しでも漫画制作の作業効率が上がれば幸いです。

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー