本当に便利?クリスタ「制御点の移動」修正のコツは間隔!!

皆さん閲覧ありがとうございます。山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)のベクターレイヤーでできる「制御点を使っての修正」に関して、私自身が感じたコツを述べていきたいと思います。

それではよろしくお願いします( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

よくあるCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の制御点の説明

クリスタの「制御点」とは

クリスタのベクターレイヤーに線を描いた場合、その中に線を形成させる「制御点」が含まれます。
↓画像の白丸部分が全て制御点となります。

MEMO

制御点の周りの色は線の色によって赤や青に変わります。

クリスタ制御点周りの色


この「制御点」を利用すれば描画後でも線の修正が可能です。

↓以下の記事も参考にしてみて下さい。

ベクターレイヤーこれぞクリスタの特徴!ベクターレイヤーが便利すぎる!!

クリスタ紹介サイトに載っている「制御点」の説明と現実

インターネット上でクリスタの機能を紹介紹介しているページを見ますと、この「制御点」を利用した修正方法もよく載っています。

そこでよく紹介されているのが、「制御点」を移動させて描画後の線を変形させるというもの。

クリスタの制御点を移動


これを見た当時の私も

「これで描いた線が歪んでいた場合でもキレイな線に修正できるのでは!?」

と思いました。

そしてCLIP STUDIO PAINTでいざ修正をしようとすると…

クリスタの制御点で線画修正(失敗)


はい…。うまくいきません…。どうしても線がボコボコしてしまいます…。

「これなら線自体を消して描き直した方が早いのでは…」

と思ってしまいますね。


しかし先日、あるコツを見つけました!

私自身の技量もあり、めちゃくちゃキレイになるとまでは言いきれませんが、それでもこのコツによりかなり修正作業が改善されました。次項から(個人的な意見ですが)そのコツを紹介させていただきます!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で「制御点」を移動させる時のコツ!

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタでのベクター線修正は「制御点の間隔」をうまく使おう!

まずは「制御点」同士の間隔が狭い時と広い時で、同じ長さ分動かした時の違いを見て下さい。

クリスタ制御点の移動(間隔の違い)


間隔が広い線の方が曲線がなだらかなのが分かりますね。

つまり、

「制御点」を動かす時は間隔を空けた方が線は歪みにくい

のです!

このことを意識するとベクター線の修正がキレイにできるようになりました!

クリスタで実際に「制御点の間隔」を意識して修正してみよう!

では実際に先ほどのイラストで制御点の移動を使った修正を行ってみましょう。

まずは制御点の数を減らそう!

実はクリスタのベクターレイヤーにペーンツールを使って描画しますと、直接描画(図形)ツールで描画した時と違ってかなり多くの制御点ができてしまい、制御点の間隔も狭くなってしまいます。

クリスタの連続曲線ツールとペンツールの制御点の違い


そのため、まずは制御点の数を減らして間隔を広げる必要があります。

注意

制御点はベクター線を形成させるものですので、減らし過ぎると線が直線的なものになってしまいますので注意しましょう。

制御点を減らせるクリスタツール

●制御点ツール

クリスタの制御点ツールを選択し、ツールプロパティにて「制御点の削除」にチェックを入れましょう。

クリスタの制御点ツール「制御点の削除」


この設定で制御点をタッチしますとその制御点を削除することができます。

※[Alt(Option)]を押しながら制御点ツールを使用しますと「制御点の削除」にチェックを入れていなくても制御点を削除することができます。

クリスタ「制御点の削除」
MEMO

制御点ツールはベクター線上にカーソルを持ってきたときのみ制御点が表示される仕様になっています。

クリスタ:制御点


●ベクター線単純化ツール

クリスタのベクター線単純化ツールを選択し、ツールプロパティにて「単純化」にチェックを入れましょう。

クリスタのベクター線単純化ツール「単純化」


この設定でベクター線をなぞりますとその線の中にある制御点を減らしてくれます。

クリスタのベクター線単純化ツール「単純化」
注意

「単純化」の目盛りを大きくし過ぎると制御点が減り過ぎて線が真っ直ぐになってしまいますので注意しましょう。

クリスタベクター線単純化ツールサムネクリスタのベクター線単純化ツールの設定と使い方!【線画修正】

制御点を減らしたら間隔を意識して移動して修正を仕上げよう!

ベクター線内の制御点を減らせましたら最後に制御点を移動させて修正を仕上げていきます。

クリスタでの制御点の移動は制御点ツールを選択し、てツールプロパティにて「制御点の移動」にチェックを入れましょう

クリスタの制御点ツール「制御点の移動」


この設定で制御点の間隔を空けるように移動させていきます。
(この時もカーソルがベクター線の上にこないと制御点は表示されません)

そうしますと、制御点が多い時よりもキレイに仕上がるかと思います◎

クリスタで制御点を移動してベクター線を修正


はい、これでベクター線の修正がうまくできました!!

MEMO

「オブジェクトツール」のツールプロパティ内にある「変形方法」の項目で「制御点の移動」もしくは「制御点と拡縮回転」を選択した場合でも「制御点」の移動が行えます。

「オブジェクトツール」を使う場合は線に1回触れることで「制御点」を表示させ、そこから移動させるという手順になります。

クリスタのベクター線をオブジェクトツールで変形(制御点の移動)


この場合は1回表示させるとポインターが線の上から外れても「制御点」は表示され続けます。

【補足】ベクター線全体を移動できる「ベクター線つまみツール」もある

クリスタには制御点ではなくベクター線全体を移動させる「ベクター線つまみツール」というものがあります。

クリスタベクター線つまみツールの使用例


制御点ツールのように細かい調整はできませんが、広範囲での修正を行いたい時に利用できます◎

詳しくは以下の記事を参考にしていただければなと思います。

クリスタのベクター線つまみツールサムネクリスタのベクター線つまみツールの設定と使い方!【線画修正】

【補足】クリスタのペン設定で予め制御点を減らすこともできる

クリスタではペンツールのサブツール詳細ウィンドウにある「補正」の中の「後補正」の目盛りを増やすことで「制御点」の数を減らすことができます。

ペンツール:補正
クリスタ「後補正」


ただし設定名の通り、この設定は描画後に自動で補正が入り、描いた線が少し変形されますのでその辺は自身でバランスを調整してみてください。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「制御点の移動」と「間隔」まとめ

クリスタの「制御点の移動」のコツに関しての記事は以上となります。

ポイントは「制御点」の数と間隔ですね◎

たいした内容ではないかもしれませんが、知識としてだけでも持っていると少し変わってくると思います。

また、まだクリスタを購入されてない方もこの記事で「便利そう!」と思っていただけたら幸いです。

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る