クリスタで魚眼表現!魚眼レンズフィルターの使い方!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には選択中のレイヤーに様々な効果を与える「フィルター機能」があります。

今回はその中でも画像の1点を中心に膨らませた魚眼レンズ表現に変換できる「魚眼レンズフィルター」の使い方・設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いしたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の魚眼レンズフィルターとは

クリスタで画像を魚眼レンズ表現に変換できるフィルター機能!

クリスタの魚眼レンズフィルターは数あるフィルター機能の1つです。
クリスタで開いている画像やイラストを魚眼レンズで撮った写真ような表現に変換できる機能になります。

※正確に言えばレイヤーに対する機能ですので画像以外でも利用できます。

クリスタの魚眼フィルター


また、その変換具合も各設定項目の入力値によって調整することができます。

最初から魚眼レンズを使って写真を撮ったり、(魚眼パースなどを使用して)魚眼レンズ風に絵を描く方法もありますが、こちらは通常の画像やイラストを後から魚眼レンズ表現に変えることができます。

注意

使用する画像やイラストは自身が著作権を所有しているもの、もしくは著作権を所有している方から許諾を得ているものにしましょう。

無断で他人の画像やイラストを使用・加工するのは著作権違反です。

クリスタで魚眼レンズフィルターを使用する手順

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタで画像やイラストを開く

クリスタで写真(画像)を読み込む方法は以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタで画像を読み込み・挿入させる4つの方法!!

MEMO

クリスタのキャンバス上に画像を読み込みした場合は写真(画像)が画像素材レイヤーになってしまいます。

クリスタのフィルター機能はラスターレイヤーでしか使用できないため、この画像素材レイヤーをラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

クリスタ「ラスタライズ」

クリスタの魚眼レンズフィルター機能を実行しよう

画像を表示しているレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部「フィルター」から「変形」→「魚眼レンズ」と選択しましょう。

クリスタフィルダー「魚眼レンズ」


すると以下のような設定ウィンドウが開きますのでここで目的の表現に合うように各項目の数値を入力・調整して「OK」を押すことで画像を魚眼レンズ表現に変換することができます。

※キャンバスサイズ・解像度によっては変換に数秒かかる場合があります。

クリスタ魚眼レンズフィルター設定ウィンドウ


クリスタのフィルター機能は再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用しましょう。

ポイント

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択することで選択中のレイヤーを複製できます。

この機能で元の写真(画像)を残しておくこともできます。


魚眼レンズフィルターの各設定項目の意味は後述の『CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)魚眼レンズフィルターの設定項目の意味』の項目で紹介します。

【補足】クリスタの選択範囲機能でフィルター効果範囲を指定することも可能

クリスタでは、キャンバス上に選択範囲を作成して編集可能範囲を指定することができます。

クリスタの選択範囲

クリスタ4つの「選択範囲」作成方法とその機能!!


この選択範囲を作成している状態でフィルター機能を使用しますと、その選択範囲内だけにフィルター効果を与えることができます。

※フィルター機能の変換によって選択範囲の境目に隙間ができる場合があります。

クリスタの魚眼レンズフィルター(選択範囲)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)魚眼レンズフィルターの設定項目の意味

ポイント

魚眼レンズフィルターの設定ウィンドウにて「プレビュー」にチェックを入れておけば各設定項目の数値を変更した際にすぐその変化を画面上で確認できるようになります。

※初期状態で既にチェックが入っています。

クリスタ魚眼レンズフィルター「プレビュー」


プレビュー表示は数値を変更するだけで反映されますので直接数値を入力した際には[Enter]を押す必要はありません。
[Enter]を押すと魚眼レンズフィルターの変換が実行されますので注意しましょう。

クリスタ魚眼レンズフィルター設定:キャンバス上の「×」印

クリスタの魚眼レンズフィルターの設定ウィンドウが開きますとキャンバス上に「×」印が表示されます。

クリスタ魚眼レンズフィルターの×印


これは魚眼レンズ表現の中心点となる(1番手前に飛び出てくる)位置を表しています。

この「×」印はドラッグによって移動することが可能です。

クリスタ魚眼レンズフィルター×印のドラッグ移動


「×」印を移動することで魚眼レンズ表現によって強調させたい位置を自由に指定することができます。


この時、注意しなければいけないのは「×」印によって指定する位置は「元の画像」に対しての位置であることです。

プレビュー表示は元の画像の位置と異なるので、プレビュー表示を目安に「×」印を移動させますと狙っていた位置とズレてしまいます

クリスタ魚眼レンズフィルター×印の移動時のズレ


魚眼レンズフィルターの「×」印の移動は「プレビュー」のチェックを外して行うとやりやすいでしょう。

※「×」印は「プレビュー」のチェックを外しても表示してくれます。

クリスタ魚眼レンズフィルター×印の
移動(プレビューなし)
MEMO

魚眼レンズフィルターの「×」印の初期位置は基本的にはキャンバスの中央になりますが、選択している画像やイラストの位置によっては中央からズレる場合があります。


キャンバスの中央を確認したい場合は「グリッド表示」を利用するといいでしょう。

クリスタサポート機能グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!

クリスタ魚眼レンズフィルター設定:歪み

クリスタ魚眼レンズフィルター「歪み」


魚眼レンズ表現の強さを設定します。
「0.00」~「100.00」で設定し、数値が大きいほど歪みが強くなります。

クリスタ魚眼レンズフィルター「歪み」の数値の違い


「0.00」に近いほど四角形に、「100.00」に近いほど円形になりますね。

クリスタ魚眼レンズフィルター設定:範囲

クリスタ魚眼レンズフィルター「範囲」


魚眼レンズの効果を適用する範囲を「全体に適用」と「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」の2種類から選択します。


●「全体に適用」
その名の通り、魚眼レンズ表現を画像(レイヤー)全体に適用します。

クリスタ魚眼レンズフィルター「全体に適用」


●「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」
魚眼レンズ表現を適用する範囲を下部の「半径」「扁平率」の数値で指定します。
設定によって部分的な魚眼レンズ表現ができます。

クリスタ魚眼レンズフィルター「サイズを指定」

クリスタ魚眼レンズフィルター設定:半径

※「範囲」にて「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」を選択した場合に反映される設定項目です。

クリスタ魚眼レンズフィルター「半径」


魚眼レンズ表現を適用する範囲を設定します。
「0.00」~「100.00」で設定し、数値が大きいほど広い範囲に適用されます。

クリスタ魚眼レンズフィルター「半径」の数値の違い

魚眼レンズフィルター「半径」の数値の意味

クリスタ公式ページには表記がないのですが、手元のクリスタで試したところ、

キャンバスの短い方の長さ×「半径の数値(%)」

「×」印からの効果範囲となる半径


であることが分かりました。

※選択している画像のサイズではなくキャンバスのサイズで計算するようです。
※選択範囲を作成している場合は選択範囲のサイズで計算します。


例えば「幅:1000px」「高さ:2000px」のキャンバスの場合、魚眼レンズフィルターの「半径」に「30.00」と入力しますと、

キャンバスの短い方の長さ「1000px」×30%=300px

となり、「×」印から300pxの範囲に魚眼レンズの表現が適用されるようになります。

※「半径」という名称ですが、範囲は四角形になります。(半径の数値の円が内接する正方形ということですね)

クリスタ魚眼レンズフィルター「半径」の意味
ポイント

「全体に適用」の場合、角に隙間ができてしまいます。

クリスタ魚眼レンズフィルター「全体に適用」時の四隅の隙間


しかし、「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」を選択する場合、「半径」の最大値は「100(%)」であるため、キャンバスの短い方の長さの2倍まで魚眼レンズフィルターの効果を広げることができます。

そのため、(キャンバスの縦横比や「×」印の位置にもよりますが)角に隙間を作らずに魚眼レンズ表現をすることもできるようになります。

クリスタ魚眼レンズフィルター「サイズを指定」での四隅

クリスタ魚眼レンズフィルター設定:扁平率

※「範囲」にて「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」を選択した場合に反映される設定項目です。

クリスタ魚眼レンズフィルター「扁平率」


魚眼レンズ表現を適用する範囲の縦横比を設定します。
「-0.90」~「0.90」で設定し、「0」の場合は縦横比が同じ(正方形)に、「+」の数値では横幅が狭くなり、「-」の数値では縦幅が狭くなります。

クリスタ魚眼レンズフィルター「扁平率」の数値の違い

魚眼レンズフィルター「扁平率」の数値の意味

クリスタ公式ページには表記がないのですが、手元のクリスタで試したところ、

◆「+」の数値の場合
適用範囲の横幅=「半径」×「扁平率の数値」


◆「-」の数値の場合
適用範囲の縦幅=「半径」×「扁平率の数値」

※「-」は式に含まない


であることが分かりました。
数値が1より下なので幅が狭くなるというわけですね。


例えば魚眼レンズフィルターの適用範囲の半径が「300px」の場合、

「扁平率」を「0.5」にしますと
「300px」×「0.5」=150px

となり、適用範囲の横幅の半径が150pxになります。

クリスタ魚眼レンズフィルター「扁平率」の意味(+)


また、「扁平率」を「-0.5」にしますと
「300px」×「0.5」=150px

となり、適用範囲の縦幅の半径が150pxになります。

クリスタ魚眼レンズフィルター「扁平率」の意味(-)


「半径」で設定した範囲から1辺の長さを短くする設定ですので最大効果範囲は「扁平率」が「0」の時の範囲になります。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で魚眼レンズフィルターを使用した後に編集も可能

クリスタのフィルター機能はラスターレイヤーに対して行うものです。

つまり、魚眼レンズフィルターを使用した画像のレイヤーも後からクリスタの様々なツールで加筆・変形などの編集が行えます

クリスタ魚眼レンズフィルター実行後の追記


魚眼レンズフィルターだけでは目的の表現ができない場合は追加で編集をしましょう。

【補足】CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の他機能を使った魚眼レンズ表現

クリスタのメッシュ変形で魚眼レンズ表現をする

クリスタの変形機能には「メッシュ変形」というものがあります。

クリスタ:メッシュ変形


参考記事

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!


1箇所ずつ「□」を操作しなければなりませんが、このメッシュ変形を使って魚眼レンズ表現をすることもできます。

クリスタのメッシュ変形で魚眼レンズ表現
 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の魚眼レンズフィルターでお手軽に魚眼レンズ表現をしよう!

魚眼レンズ表現は多くの方が利用していますが、クリスタの魚眼レンズフィルターを利用すれば簡単に魚眼レンズ表現ができます。

自分で制作しようにもなかなかうまくいかない、お手軽に魚眼レンズ表現をしたいといった方はクリスタでこの魚眼レンズフィルターを利用してみてがいかがでしょうか◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る