クリスタの集中線ツールの設定方法!-漫画効果線を楽々作成!-

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で簡単に集中線を作成できる集中線ツールの設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「集中線ツール」とは

クリスタ・漫画における「集中線」とは

「集中線」とは漫画の効果線の1つであり、1箇所に視線を集める迫力のあるシーンやスピード感を演出するといった効果があります。

集中線

クリスタの「集中線ツール」とは

クリスタの「集中線ツール」とは図形ツールの1つです。

クリスタの集中線ツール


この集中線ツールで範囲を指定するだけで一気に集中線を作成することができます。

クリスタの集中線ツール


基本的には「図形」で指定するのですが、「連続曲線」で指定できるサブツールも用意されています。

クリスタの集中線ツール(曲線指定)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の集中線ツールの設定

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタの集中線ツール設定はツールプロパティもしくはサブツール詳細で行う

クリスタで集中線ツールを選択しますと、ツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウにて描画する流線の内容を設定できます。

クリスタの集中線ツール(ツールプロパティとサブツール詳細)
MEMO

ツールプロパティの場合、一部の項目では左側の「+」を押すことでさらに細かい項目が展開されます。

クリスタ集中線ツールのツールプロパティ(項目の展開)


また、設定項目にあるスライダーやインジケーターは表示の切り替えが可能です。

クリスタのスライダーをインジケーター表示に

クリスタのスライダー/インジケーターは切替えできます!


クリスタの集中線ツールには様々なサブツールが用意されていますが名称に合った設定が最初から用意されているのもで、基本的には同じツールになります。
(先述のように1つだけ指定方法が「連続曲線」のものがありますが)

ポイント

クリスタのサブツールは複製も可能ですのでオリジナルの設定の集中線ツールを作成してもいいですね◎

クリスタ「サブツールの複製」

パレットカラーで色も設定できる

集中線ツールで表示させる集中線の色はカラーパレットで指定します。

クリスタのカラーパレット
MEMO

キャンバスの「基本表現色」に合わせて色を指定しましょう。

集中線ツールを設定する前の確認事項

●キャンバス解像度に関して

キャンバスの解像度が低いと設定した数値と実際に表示される線に乱れが生じる場合があります。
見た目上で気にならない場合はいいですが、きっちり数値を指定したい場合は少なくとも300 dpi以上の解像度でキャンバスを作成しましょう。

ちなみに印刷目的の場合、モノクロ漫画の解像度は600 dpi以上、カラー漫画の解像度は300~350 dpiにするのが一般的です。


●設定項目の単位に関して

設定項目で表示されている長さは基本的にクリスタ環境設定「定規・単位」カテゴリで設定した単位になります。

初心者に知ってほしいクリスタの環境設定18選!!

クリスタ・集中線ツールの設定項目

こちらでは集中線ツールの設定で主に利用するものを抜粋して紹介させていただきます。

「描画先」

クリスタ集中線ツール「描画先」


集中線ツールを使った時に集中線を描画・表示するレイヤーを設定します。
この設定と選択しているレイヤーによって描画・表示されるレイヤーが変わります。


●「集中線レイヤーに描画」
この設定で集中線ツールを使用しますと「集中線レイヤー」が作成されます。

クリスタの集中線レイヤー


また、この集中線レイヤーを選択した状態で再び集中線ツールを使用しますと同じ集中線レイヤー上に集中線を描画します。

※集中線レイヤー以外を選択している状態で使用しますと新しい集中線レイヤーを作成します。


同じ集中線レイヤー上で集中線ツールを使用する場合、集中線の表示位置が上書きされる形になります。

クリスタの集中線ツールで集中線を追加
集中線の表示がない位置に上書きした場合
クリスタの集中線ツールで集中線を上書き
集中線の表示がある位置を上書きした場合
MEMO

集中線レイヤーに描画した場合、変化があるのは表示範囲のみです。

集中線の設定内容や中心点は既存の集中線のままになります。


●「常に集中線レイヤーを作成」
集中線ツールを使用するたびに新しく集中線レイヤーを作成します。
集中線の表示を上書きしたくない時、複数の集中線を重ねたい時はこちらを設定しましょう。

クリスタ集中線ツール「常に集中線レイヤーを作成」


●「編集対象のレイヤーに描画」

集中線レイヤーを選択していますとそのレイヤー上に集中線を描画します。
ベクターレイヤーやラスターレイヤーを選択している場合はそのレイヤーに直接描画します。

ポイント

以下の記事でも紹介していますが、集中線レイヤーの方が後からオブジェクトツールを使って自由に設定変更が可能になりますのでおすすめです◎

曲線も可能!クリスタ集中線ツールの使い方!!

「トーン化」

「描画先」で「集中線レイヤーに描画」「常に集中線レイヤーを作成」を選択している時に設定できます。

クリスタ集中線ツール「トーン化」


チェックを入れますと描画色のグレー濃度に応じて集中線がトーン表示されるようになります。

クリスタ集中線ツール「トーン化」


正確に言いますと作成した集中線レイヤーがレイヤープロパティの「トーン化」の効果がONになった状態になるというわけですね。

クリスタのレイヤー効果で絵や写真をトーン化する方法と設定!!


基本表現色が「モノクロ」の場合は黒で描画し、集中線レイヤーの不透明度を下げることでその不透明度に合ったトーン濃度の表示にできます。

クリスタの集中線(トーン化)

「放射線定規を中心に用いる」

クリスタ集中線ツール「放射線定規を中心に用いる」
クリスタの放射線定規とは

放射線定規をキャンバス上に設置しますとペンなどの描画ツールの描画方向を放射線定規のある方向に固定することができます。

※この放射線定規を利用してペンツールで集中線を1本ずつ描画する方法もあります。

クリスタの放射線定規

クリスタ定規ツールの種類と使い方・効果を紹介します!!


「放射線定規を中心に用いる」にチェックを入れますと集中線ツールでどの位置に描画をしても設置した放射線定規の位置を中心に描画されるようになります。

クリスタ集中線ツール「放射線定規を中心に用いる」


また、この機能を利用して部分的に集中線を描画・表示させることも可能です。


詳しくは以下の記事の『クリスタの放射線定規と組み合わせての集中線作成もできる!』の項目を参考にしていただければと思います。

クリスタ:集中線ツールサムネ曲線も可能!クリスタ集中線ツールの使い方!!

「曲線化」

集中線レイヤーを作成した時に効果が出る項目になります。

クリスタ集中線ツール「曲線化」


チェックを入れますと、集中線レイヤーをオブジェクトツールで操作する際に集中線を曲線にする制御点が追加されるようになります。

クリスタ集中線ツール「曲線化」


オブジェクトツールを使った集中線レイヤーの編集は以下の記事の『クリスタなら曲線の集中線も楽々作成!』の項目も参考にしていただければと思います。

クリスタ:集中線ツールサムネ曲線も可能!クリスタ集中線ツールの使い方!!

「図形」「図形操作」

図形で表示範囲を指定する集中線ツールで設定できます。

また、この指定方法の場合は基本的に360度全てに集中線が描画・表示されます。

ポイント

ラスター・ベクターレイヤーに描画した場合は消しゴムツールで一部を消すこともできますし、集中線レイヤーの場合はレイヤーマスクを利用することで部分的に非表示にすることもできます。

クリスタ:集中線レイヤー(レイヤーマスク)

アナログではできない!クリスタのマスク(隠す)機能と使い方!!

「図形」
クリスタ集中線ツール「図形」


集中線ツールで範囲を指定する際に描画する図形を「長方形」「楕円」「多角形」から選択できます。
「多角形」は最大32角まで対応しています。

クリスタ集中線ツール「図形」
クリスタ集中線ツール「図形」(三角形)
「多角形」:頂点数「3」の場合


また、「縦横指定」で1:1に設定すれば正方形・正円・正多角形での指定も可能になります。

※[Shift]を押しながら使用することでも縦横比を同じにすることができます。

クリスタ集中線ツール「縦横指定」
MEMO

「長方形」「多角形」の場合は「角の丸さ」も設定できます。

クリスタ集中線ツール「角の丸さ」


チェックを入れることで角が丸くなり、数値が大きいほど丸みが強くなります。

クリスタ集中線ツール「角の丸さ」比較
注意

後述する「基準位置のずれ」を設定しますと、集中線の内側に図形がキレイに表示されない場合があります。。

「図形操作」
クリスタ集中線ツール「図形操作」


●「中央から開始」
チェックを入れることで、集中線を表示させる範囲として作成する図形を中央からドラッグして作成できるようになります。
集中線の中心から作成できますので視覚的にも操作しやすいですね◎

クリスタの集中線ツール
MEMO

ちなみにチェックを外していますと図形の対角線をドラッグする形で作成します。

クリスタ集中線ツール「中央から開始」チェックなし


●「確定後に角度を調整」
ドラッグ操作で図形を作成した後、(キャンバスから離した状態で)ペンを動かすことで図形を回転させることができるようになります。
改めて画面を1回タッチするか[Enter]を押すことで確定できます。

クリスタ集中線ツール「確定後に角度を調整」


●「角度の刻み」
「確定後に角度を調整」にチェックを入れている時に設定できます。
[Shift]を押しながら図形を回転させることで入力した数値の角度毎でピタッと止まってくれるようになります。

「曲線」

連続曲線で表示範囲を指定する集中線ツールで設定できます。

クリスタ集中線ツール「曲線」


連続曲線は「直線(折れ線)」「スプライン」「2次ベジェ」の3つから選択できます。

こちらでは集中線のフチを好きな形で指定することができますし、

クリスタ集中線ツール(曲線指定)


部分的な集中線も描画できます。

クリスタ集中線ツール(曲線指定)で部分的集中線


クリスタの連続曲線に関しては以下の記事で詳しく紹介していますのでそちらを参考にしていただければと思います。

クリスタの連続曲線の作成方法とその仕様を紹介!!

ポイント

連続曲線で表示範囲を指定する場合、その形状から集中線の中心が自動で決められます。


集中線レイヤーの場合はオブジェクトツールで後から中心を移動することができますし、

クリスタ集中線の中点を移動


先述の「放射線定規定規を中心に用いる」にチェックを入れて放射線定規を設置することでその位置が中心となるような集中線を描画・表示させることもできます。

「ブラシサイズ」

クリスタ集中線ツール「ブラシサイズ」


●「ブラシサイズ」
集中線の太さを設定します。

クリスタ集中線ツール「ブラシサイズ」


この「ブラシサイズ」で設定する数値は集中線の1番外側の線の太さになります。
そこから中心に向かって徐々に細くなっていきます。

※単位は環境設定で設定している単位になります。


●「乱れ」
チェックを入れますと、入力した「ブラシサイズ」を基準に集中線のブラシサイズがランダムで変化します。
インジケータの目盛り(数値)が大きいほどブラシサイズの変化の幅が大きくなります。

クリスタ集中線ツール「ブラシサイズ」(乱れ)


ここの数値は(%)であり、入力した数値の%分サイズが増加・減少します。

「線の間隔(角度/距離)

クリスタ集中線ツール「線の間隔」


●「線の間隔(角度/距離)」
集中線の線と線の間隔を「角度」と「距離」の2つから選択し、設定します。
「角度」は集中線の焦点からの角度、「距離」は後述する基準位置での線同士の距離となります。

※正円の場合は「角度」も「距離」も大きな違いはないかもしれませんが、楕円や他の図形の場合は「角度」か「距離」かで各線の間隔が変わってきます。

クリスタ集中線ツール「線の間隔」(角度・距離)
クリスタ集中線ツール「線の間隔」
注意

「線の間隔」の数値が小さ過ぎますと線同士が重なってしまう場合がありますので注意しましょう。


●「乱れ」
チェックを入れますと、入力した「線の間隔」の数値を基準に集中線の間隔がランダムで変化します。
インジケータの目盛り(数値)が大きいほど間隔の変化の幅が大きくなります。

※クリスタの表示上、「線の間隔(距離)」だけに「乱れ」設定があるように見えますが、「線の間隔(角度)」でも「乱れ」の効果は反映されます。

クリスタ集中線ツール「線の間隔」(乱れ)


ここの数値は(%)であり、入力した数値の%分間隔が増加・減少します。

「まとまり」

クリスタ集中線ツール「まとまり」


●「まとまり」
チェックを入れて数値(1~50)を入力することでその数値分の本数で集中線がまとまるようになります。
まとまりの中の線は「線の間隔」などの影響を受けています。

クリスタ集中線ツール「まとまり」


●「乱れ」
チェックを入れますと、入力した「まとまり」の数値を基準にまとまりの本数がランダムで変化します。
インジケータの目盛り(数値)が大きいほどまとまり数の変化の幅が大きくなります。

クリスタ集中線ツール「まとまり」(乱れ)


ここの数値は(%)であり、入力した数値の%分の本数が増加・減少します。


●「間隔」
まとまり同士の間隔を設定します。
こちらは隙間に入る線の本数を入力する形になります。

クリスタ集中線ツール「まとまり」(隙間)


数値としては「隙間」×「線の間隔」となるのですが、各数値の「乱れ」も反映されます。

「長さ」

クリスタ集中線ツール「長さ」


●「長さ」
集中線の線の長さを設定します。
こちらは後述する基準位置からの長さになります。

クリスタ集中線ツール「長さ」
MEMO

先述の通り、「ブラシサイズ」は集中線の1番外側の太さであり、そこから中心に向かって細くなっていきます。

これは集中線の外側がキャンバス外にあっても同じです。

そのため、この「長さ」の数値を変更することで集中線の全体的な太さも変わってきます。

クリスタ集中線レイヤー「長さ」と「ブラシサイズ」の関係


●「乱れ」
チェックを入れますと、入力した「長さ」を基準に集中線の長さがランダムで変化します。
インジケータの目盛り(数値)が大きいほど長さの変化の幅が大きくなります。

「基準位置」部分には「乱れ」の影響が出ません。「基準位置」に乱れ効果を出したい場合は後述する「基準位置のずれ」を設定しましょう。

クリスタ集中線ツール「長さ」(乱れ)
「基準位置」が「内側」の場合


ここの数値は(%)であり、入力した数値の%分長さが延長・縮小します。


●「コマ外まで延長」
チェックを入れますと「長さ」の数値とは関係なくコマ枠の外側まで流線が表示されるようになります。
コマ枠がない場合はトンボやキャンバスの端まで延長します。

クリスタ集中線ツール「コマ外まで延長」


コマ枠全体に集中線を表示させたい場合にチェックを入れるだけで済みます◎

※集中線の線が細くなるのは後述する「入り抜き」設定の影響によるものです。

「基準位置」

集中線ツールで描画した図形や連続曲線部分を「基準位置」と呼びます。
先述の「長さ」や「線の間隔(距離)」はこの位置を基準に設定されます。

クリスタ集中線の基準位置


この基準位置の配置を「内側」「中点」「外側」の3つから選択します。

クリスタ集中線ツール「描画位置」
クリスタ集中線ツール「基準位置」


漫画の集中線として使用する場合は「内側」が使いやすいかと思います。

ポイント

この「基準位置」の設定によってキャンバス上での集中線ツールの描画範囲が変わってきます。


●「内側」
集中線の1番内側部分を描画する形になります。
集中線が描画されない位置を指定できるのでキャラクターの位置などを把握しながら集中線を描画・表示できます。

※「基準位置のずれ」の設定によって基準位置の内側にも集中線が表示される場合があります。


●「中点」
集中線の線の中間地点を描画する形になります。
描画範囲(の半径)が「長さ」の数値より小さい場合は中心まで線が伸びてしまいます。


●「外側」
集中線の1番外側部分を描画する形になります。
集中線を表示させたい範囲を把握しながら集中線を描画・表示できます。

「基準位置のずれ」

クリスタ集中線ツール「基準位置のずれ」


チェックを入れることで集中線が基準位置からランダムでズレるようになります。
数値はこのズレの最大値を入力します。

クリスタ集中線ツール「基準位置のずれ」


「長さ」の「乱れ」設定に似ていますが、こちらは同じ線の長さで位置をズラす設定になっています。

「基準位置」が「内側」の場合で集中線の内側に乱れ表現をしたい場合はこの「基準位置のずれ」を設定しましょう。

「基準位置をギザギザにする」

クリスタ集中線ツール「基準位置をギザギザにする」


チェックを入れることで集中線をギザギザの表示にすることができます。

クリスタ集中線ツール「基準位置をギザギザにする」


また、「数」でギザギザの山の数を、「高さ」でギザギザの山の高さを設定できます。

クリスタ集中線ツール「基準位置をギザギザにする」(数・高さ)
ポイント

「基準位置をギザギザにする」の設定項目には「乱れ」がないため、規則的なギザギザ表示になります。


このギザギザに「乱れ」を表現したい場合は「集中線レイヤー」で集中線を作成し、オブジェクトツールや制御点ツールで制御点の数や位置を変更してみましょう。

クリスタ集中線を制御点ツールで修正

クリスタは便利!ベクター制御点ツールでこんなことができる!!


また、制御点を回転させることでギザギザ部分を回転させることもできます。

クリスタの集中線をオブジェクトツールで回転

「入り抜き」

クリスタ集中線ツール「入り抜き」


クリスタでは集中線の内側を「入り」、外側を「抜き」と呼びます。

クリスタのフラッシュツール(入り抜き)


この入り抜き部分の表示設定を行います。

基本的には「ブラシサイズ」を設定して端を尖らせる表現で利用します。
漫画の集中線表現でしたら特に「入り」の設定が重要になりますね。

入り抜きの設定に関しては以下の記事で詳しく紹介していますので参考にしていただければと思います。

クリスタ:入り抜き設定サムネ教えてクリスタ!ペンの入り抜き設定項目の意味が知りたい!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の集中線ツールの使い方

集中線ツールの設定が完了しましたらキャンバス上に集中線を描画・作成していきます。

「描画先」と選択しているレイヤーの確認もしておきましょう。

クリスタの集中線ツールの使用方法

先述の通り、キャンバス上にて図形もしくは連続曲線を描画することでその位置に集中線を描画・表示させることができます。

クリスタの集中線ツールを使用する
注意

クリスタの連続曲線は確定の操作をしない限り延々と曲線を描画していきますので注意しましょう。

連続曲線の確定方法は以下の記事で紹介していますので参考にしてください。

クリスタの連続曲線の作成方法とその仕様を紹介!!

クリスタの集中線レイヤーを利用する場合

クリスタ集中線ツールの「描画先」の設定によって集中線レイヤーを作成した場合、オブジェクトツールや制御点ツールを使用して後から自由に集中線の内容を変更・修正することができます。

クリスタの集中線レイヤーとオブジェクトツール
注意

「図形」「コマ外まで延長」などオブジェクトツールでの選択時には変更できない項目もあります。


こちらに関しては以下の記事で詳しくまとめていますので参考にしていただければと思います。

クリスタ:集中線ツールサムネ曲線も可能!クリスタ集中線ツールの使い方!!

ラスタレイヤーやベクターレイヤーに集中線を描画する場合

●ラスターレイヤーに描画した場合
ラスターレイヤーに集中線を描画した場合はペンで描画したものと同じになりますので加筆や消しゴムツールで消すこともできます。

クリスタの集中線(ラスター)と消しゴム


また、ラスターレイヤーでも線幅の変更が可能です。

クリスタでラスターやアナログ原稿の線幅を変更できます!!


●ベクターレイヤーに描画した場合
ベクターレイヤーに集中線を描画した場合はオブジェクトツールや制御点ツールなどを使って線1本1本を直接編集することが可能になります。

クリスタの集中線(ベクター)とオブジェクトツール

これぞクリスタの特徴!ベクターレイヤーが便利すぎる!!

クリスタは便利!ベクター制御点ツールでこんなことができる!!


●ラスター・ベクター両方で出来ること
クリスタ編集メニューにある「変形」機能を利用することができます。
集中線レイヤーでも変形は利用できるのですが、「メッシュ変形」や「自由変形」などラスター・ベクターレイヤーに描画した時にしか利用できないものがあります。

クリスタ集中線(メッシュ変形)

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!


CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の集中線ツール【応用編】

クリスタの集中線で様々な表現をする

クリスタの集中線ツールの設定を工夫することで漫画の効果線以外での表現もできるようになります。

破裂・衝撃

初期状態のクリスタでも用意されていますね。

クリスタの集中線ツール(破裂)


「長さ」を短くし、「乱れ」「基準位置のずれ」を設定することで破裂や衝撃を表現することができます。

クリスタの集中線で衝撃を表現


線の密度は「線の間隔」で調整できますね。

喜び・楽しさ

初期状態のクリスタでも用意されていますね。

クリスタの集中線ツール(陽気)


「長さ」を短くし、「基準位置のずれ」と「線の間隔」を大きくすることでキャラクターが喜んでいたり楽し気な表情をしている時の効果線を表現することができます。

クリスタの集中線で喜びを表現


また、通常の集中線で「ブラシサイズ」を太くし、サブツール詳細「ストローク」カテゴリーにて「間隔」を「固定」にして数値を大きく設定することで点線の集中線を描画できます。

クリスタで点線の集中線を表示する


そしてカラーを「白」にし、「境界効果」でフチを付けることで円を使った喜び表現もできます。

クリスタの集中線で喜びを表現(円)
クリスタ境界効果サムネクリスタの境界効果でフチを作る方法と使用例!!


さらに「ブラシ先端」カテゴリーにて「線の向き」を「線の方向」に設定し、「厚さ」を変更することで楕円での表現も可能です◎

クリスタの集中線で喜びを表現(楕円)

「線の間隔」の数値を大きくして集中線の線の数を減らすことで光の表現をすることができます。

クリスタの集中線で光を表現


また、「まとまり」で「2」を設定することで厚みのある光の表現もできますね◎

クリスタの集中線で厚みのある光を表現

【補足】フラッシュも集中線レイヤー

クリスタには心のセリフ表現などで利用する「フラッシュ」を作成できるフラッシュツールがあります。

クリスタのフラッシュツール
クリスタフラッシュツールサムネクリスタのフラッシュツールの設定と漫画での使い方!! クリスタのベタフラッシュ作成サムネクリスタでベタフラッシュを簡単に作成する方法!!


こちらも集中線ツールと同じ分類のツールであり、設定項目も同じで「集中線レイヤー」も作成されます。

クリスタ「フラッシュツール」(描画先)


集中線ツールでわざわざフラッシュを作成する必要はありませんが、補足として知っておいていただければなと思います。

【補足】クリスタ素材による集中線表現

クリスタではツールや画像といった様々な「素材」を使用することができます。

クリスタの素材例


その中には集中線を表現するものもあります。

クリスタの素材パレットの中にも元々入っている集中線の画像素材がいくつかあります。

クリスタの集中線素材(画像)


こちらは「画像素材」なので細かい調整はできませんが、キャンバスに貼り付けるだけで簡単に集中線を表示できます。

クリスタの集中線素材を貼り付け


また、CLIP STUDIO ASSETSというサービスでは集中線の画像素材だけでなく、集中線ツールをカスタマイズしたものも公開されており、ダウンロードすることで自身のクリスタで使用することもできます。
(有償・無償あり)

CLIP STUDIO ASSETS(集中線)

参考記事

素材ダウンロード【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を紹介します!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の集中線ツールを使って漫画制作を楽しもう!

クリスタの集中線ツールを使用することで1本1本描かなければいけない線を1回の操作で作成・表示させることができます。

また、集中線レイヤーによって後から変更・修正が可能だったり、放射線定規を使って部分的な描画が可能だったりと自由度も高いです◎

集中線は感情表現やキャラクターの移動など様々なシーンで使用することが多い効果線ですから、その制作を効率化するだけで漫画制作全体の効率化にも繋がります!

ぜひクリスタの集中線ツールを活用してみてください!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「マンガ入門講座(演出・効果編)」

▶講座について詳しく見る