【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタ】実線以外の特殊なコマ枠を作成する方法!!(プリセット登録不要!)

特殊コマ枠

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

 

皆さん、閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)実線(切れ目のない線)以外のコマ枠の作成方法を紹介させていただきたいと思います。

こんな感じのコマ枠ですね↓

クリスタ:特殊コマ枠

実は、公式ページでも「ブラシ形状」を利用したコマ枠の作成方法を紹介しているのですが、角の柄が二重になってしまったり、素材のプリセット登録という作業があったりと初心者には少々ややこしいのです…。

 

ですが

ここで紹介する方法は比較的簡単に特殊なコマ枠を作成することができます!!

 

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!

まずはCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で基本的なコマ枠を作成しよう!

最初に(ネームに従って)普通のコマ枠を作成します。

クリスタ:コマ割り

そこから特殊なコマ枠を作成しますので。

基本的なコマ枠の作成方法は以下の記事を参考にしてみて下さい◎

コマ枠分割【クリスタ】なら定規不要!漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の好みのツールでコマ枠を描画しよう!

コマの枠線を非表示にしよう!

「オブジェクトツール」でコマ枠を変えたいコマの枠線か「レイヤーパレット」のコマ枠フォルダーをタッチして選択状態にしましょう。

クリスタ:オブジェクトツール

この状態で「ツールプロパティ」の「枠線を描画する」の項目でチェックを外しましょう。

これでコマの枠線を非表示にすることができます。

クリスタ:コマ枠を描画する

これは非表示になっただけでコマ枠フォルダーのマスク(絵がはみ出さない機能)はそのまま継続されています。

参考記事

クリスタ:レイヤーマスク【クリスタ】アナログではできない!「レイヤーマスク(隠す)」機能と使い方!!

枠線用のレイヤーを用意しよう!

コマ枠を描画するためのレイヤーを新規作成しましょう。

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「新規レイヤー」と選択し、作成したいレイヤーの種類を選択して下さい。

ラスターレイヤー、ベクターレイヤー、トーンレイヤーなどはお好みで◎

個人的には描画後に調整が可能な「ベクターレイヤー」がおすすめです。

(調整方法は下記の『「オブジェクトツール」で調整も可能!』の項目で紹介してます)

クリスタ:新規レイヤー

レイヤーを作成しましたらレイヤーパレットでドラッグ移動させて枠線を非表示にしたコマ枠フォルダーより上に配置しましょう。

(画像では「ベクターレイヤー」を作成しています。)

クリスタ:レイヤー移動

注意

レイヤーパレット内の移動を行う際、移動先は赤い印で表示されます。

特に「コマ枠フォルダー」を含むレイヤーフォルダーがある場所でレイヤーを移動する場合は、この赤い印の表示の仕方によって移動先が「フォルダーと同じ並びになる」か「フォルダーの中に入る」か変わりますので注意して下さい。

今回の用途では「同じ並び」になるように移動・配置しましょう。

クリスタ:レイヤー移動

クリスタ:レイヤー移動

 

次に枠線を非表示にしたコマ枠フォルダーの「定規」を新規作成したレイヤーにドラッグしてコピーしましょう。

クリスタ:定規移動

注意

本来、定規はドラッグすると移動させることができるのですが、コマ枠フォルダーの定規はドラッグさせるとコピーになります。

クリスタ:コマ枠フォルダーの定規

また、定規をドラッグするとコマ枠フォルダーの定規がONになってしまいますのでコマ枠フォルダーの定規のアイコンを[Shift]を押しながらタッチするか定規のアイコン上で右クリック→「定規を表示」を選択して定規をOFFの状態に戻して下さい

クリスタ:定規OFF

定規のアイコンに×印が付けばOKです◎

 

この移動させた「定規」は、コマ枠の形に描画させるものです。

これでコマ枠を描画するレイヤーの準備ができました!

クリスタ:定規

 

クリスタのいろいろなツールでコマ枠を描画しよう!

あとは作成したコマ枠描画用レイヤーを選択していることを確認した上で、表示されている定規上に様々な描画ツールを使いコマ枠を描画していきましょう。

画像では「デコレーションツール」を使用して描画しています↓

クリスタ:デコレーションツール

クリスタ:デコレーションツール

 

先程コピーした定規があるおかげでコマ枠の形に描画することができるのです◎

 

ここで素材としてダウンロードした様々な描画ツールを使用するだけで特殊なコマ枠を作成することができます!

 

参考記事

素材ダウンロード【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を画像付きで説明します!

「定規」は上書きできる!

他のコマ枠を同じレイヤーに描画したい場合は、そのコマの枠線を非表示にし、そのコマ枠の「定規」をそのまま上から移動させましょう。

クリスタ:定規移動

上から移動させるだけで「定規」は移動した方の「定規」に上書きされますのでわざわざ前の「定規」を削除する必要はありません

※移動元のコマ枠フォルダーの定規をOFFにすることを忘れずに

 

クリスタ:定規上書き

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)では「オブジェクトツール」で作成した特殊コマ枠の調整も可能!(ベクターレイヤー限定)

「ベクターレイヤー」で描画したコマ枠のみ可能な機能ですが、上記の方法で描画した枠線は「オブジェクトツール」で柄の調整もできます!

まずは「オブジェクトツール」で描画した枠線をタッチして選択状態にしましょう。

※タッチする箇所がずれるとコマ枠フォルダーの方を選択してしまうので注意しましょう。

クリスタ:オブジェクトツール

この状態で「ツールプロパティ」の右下にあるスパナのマークをタッチして「サブツール詳細ウィンドウ」を表示させます。

※CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択することでも表示させることができます。

クリスタ:オブジェクトツール(ブラシ先端)

 

そして「サブツール詳細ウィンドウ」の「ブラシ先端」の項目で数値を調整すると枠線の柄の表示を変えることができるのです!

クリスタ:ブラシ先端

クリスタ:ブラシ先端

クリスタ:ブラシ先端

また、素材などを選択することで柄を混合させることもできます!

クリスタ:ブラシ先端

クリスタ:ブラシ先端

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で定規を利用してコマ枠を作成する時の注意点

コマの枠線のつなぎ目や角に注意…!

複雑な柄の線を引きますと、線のつなぎ目の柄がうまく合わなかったり、角の柄が変な形になったりする場合があります。

クリスタ:特殊コマ枠

こういった場合は、「消しゴムツール」や普通の「ペンツール」を使い手描きで調整したり、1辺ずつ描画したりするなどの対策方法があります。

クリスタ:特殊コマ枠

※手描きで調整する場合は「定規」をOFFにして下さいね。

これは利点でもある!

手描きの調整は手間だと感じる方もいるかと思いますが、冒頭で述べた「公式ページ」で紹介されている「コマ枠自体のブラシ形状を変える方法」では、そもそもこういった調整が難しいのです。

「調整が必要…」という考えもありますが「調整ができる!」とも捉えることができます!

 

コマ枠内の表示はあくまで最初のマスクの範囲

特殊なコマ枠を作成したとしても、コマ枠内の描画範囲はコマ枠フォルダーのマスクの範囲です。

クリスタ:コマ枠マスク

ですので、コマ内の絵の表示と枠線の柄が合わない場合もでてきます。

 

コマ枠のマスク範囲を枠線の柄に合わせて変更したい場合は以下の記事で紹介している方法を利用してみて下さい◎

コマからはみ出す絵【クリスタ】ならコマ枠からはみ出す絵もキレイに描ける!!その制作方法を画像付きで紹介します!

 

作成したコマ枠は分割ができない…!

CLIP STUDIO PAINTのコマ枠は「コマ枠カットツール」などで分割することができるのですが、今回紹介した方法は別レイヤーに枠線を描画するという方法ですので分割ができません…。

1コマずつの作業になります。

ご了承ください。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で破線・点線のコマ枠を作成するのは少し大変…!

コマ枠の「定規」を利用して作成する方法

破線・点線を枠線にしたい場合は、「長方形ツール」を選択し、「ツールプロパティ」の「ブラシ形状」の右側にある「∨」をタッチして表示される選択肢から「破線」や「点線」を選択した状態で描画しましょう。

クリスタ:ブラシ形状

クリスタ:長方形ツール(破線)

 

MEMO

「ツールプロパティ」の「中央から開始」のチェックは外して描画して下さい。

クリスタ:中央から開始

 

また、「ベクターレイヤー」で作成した場合、この「破線」・「点線」などの大きさや間隔などは前述同様、「サブツール詳細ウィンドウ」の「ブラシ先端」の項目で調整させることができます。

 

しかし、この「破線」・「点線」の描画は角がうまく合わない場合があるのです…

 

クリスタ:破線

こういった場合は、「ブラシ先端」の調整でうまく合わせるか、前項で紹介したように手描き調整か、「直線ツール」の「ブラシ形状」を設定して1辺ずつ描画するかにしましょう。

注意

「長方形ツール」の「サブツール詳細ウィンドウ」の「補正」の項目で「角をとがらせる」にチェックを入れていると、破線での枠の角に変なハネが出てしまいます。

クリスタ:角をとがらせる

破線の枠を作成する場合はチェックを外して作成して下さい。

コマ枠自体にも「ブラシ形状」はあるが…

冒頭で述べた通り、「オブジェクトツール」でコマ枠を選択状態にし、「ツールプロパティ」の「ブラシ形状」を選択することでコマ枠そのものを「破線」や「点線」に変えることはできます。

 

しかしこの方法でも同じように角がうまく描画されないことがあります。

 

調整しようにもコマ枠フォルダーの枠線は自由に消したりできないのでなかなか厄介です…。

 

ですので個人的には定規を利用して描画する方がまだやりやすいかなと思います。

今後のアップデートで改善してくれることを願います。

「グリッド」を利用して作成方法

もし、コマ枠のサイズをきっちり決めて作成した場合は「グリッド」を利用して手描きもしくは「直線ツール」などで「破線」や「点線」のコマ枠を作成することができます。

参考記事

クリスタ:グリッド・ルーラー【クリスタ:漫画制作サポート機能】グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!

 

クリスタ:グリッド

1つ1つ描いていくので多少時間はかかりますが、角の形はキレイにそろえることができます

 

逆に、キレイにそろえた「破線」「点線」のコマを作るために始めからコマ枠をグリッドに合わせて作成するという考えもありますね◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で特殊なコマ枠の作成方法まとめ

実線以外の特殊なコマ枠の作成方法の記事は以上になります。

CLIP STUDIO PAINTにおいてコマ枠は様々な性質を持ったものなのでまだまだ難しい所はあるのですが、定規を利用した枠線の描画はシンプルで取り組みやすいのではないでしょうか◎

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】