【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタ】コマ枠に色を付けてカラー漫画を描く方法!!

クリスタ:カラーコマ枠

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

 

皆さん、閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)でコマ枠をカラーにする方法を紹介したいと思います。

最近ではインターネット上で漫画を公開する機会も増えてきました。それに伴い、カラー漫画の需要も増えてきています。

CLIP STUDIO PAINTではカラーの絵はもちろん、コマ枠もカラーにできるのです!

しかも、各コマごとに色を分けることも可能なのです◎

クリスタ:カラーコマ枠

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!

アナログ制作とCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)制作との違い

下描きの写りを気にする必要なし!

アナログでカラー漫画を描く時に気になるのが下描きの鉛筆の跡です。

ペン入れの線を黒で描く場合は色が同じなので気にする必要はないのですが、カラーでペン入れするとなると…

マジックと下描き

色の濃いイメージのあるマジックでさえこのように鉛筆の線が見えてしまいます…。

しかも上からマジックのインクが乗っているので消しゴムをかけても消えません…。

これがCLIP STUDIO PAINTなら全く気にする必要がありません!

そもそもCLIP STUDIO PAINTでは下描きなしでコマ枠を作成できます!

コマ枠分割【クリスタ】なら定規不要!漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!

そこから色を変更するという手順を踏みますので鉛筆の写りどころか消し忘れや汚れも気にする必要がないのです◎

自由に色を変更できる!

前項で述べた通り、CLIP STUDIO PAINTではコマ枠を作成後に色を変更します。

ということは、いつでも好きな色に何度でも変更することが可能ということです!

アナログでは、絵を描いた後に「枠線の色との組み合わせが変…!」となった場合はそのページ全てを描き直さないといけなくなりますのでこれは大きな利点と言えますね◎

また、過去に使用した色も記録されてますので色の再現も容易に可能なのです!

豊富なカラーバリエーション!

アナログ制作でカラーの枠線を引く場合は市販されているカラーペンを使用するしかありません。

となりますとバリエーションも限りがあります。

メーカーを変えたりすることで微妙な違いを出すことはできますがそれだけでいくらお金がかかることでしょう…。

CLIP STUDIO PAINTのようなデジタルでは数えきれないほどの色を使用することができます。

これをインク残量も気にせずガンガン使用することができるのです!

 

 

コマ枠をカラーにする機能は、CLIP STUDIO PAINT EXはもちろん、少しお安いCLIP STUDIO PAINT PROでも利用可能ですよ◎

※ただし、「PRO版」では「見開き」ページを作成する機能がありません。

CLIP STUDIO PAINT PRO

CLIP STUDIO PAINT EX

クリスタ:PROとEXの違い【クリスタ】PRO版とEX版の違い27項目全部を紹介します!! CLIP STUDIO PAINT:体験版【クリスタ体験版】無料でCLIP STUDIO PAINTをダウンロード・使用する方法-全工程の画像付き!- CLIP STUDIO PAINT:製品版【クリスタダウンロード版:コンビニ支払い】購入からインストールまでの方法-全工程画像付き!

 

では次項から具体的な作成方法を紹介していきます◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でコマ枠をカラーにする方法!!

「基本表現色」を「カラー」にしよう!

CLIP STUDIO PAINTでは原稿用紙やキャンバスを新規作成する際に、「基本表現色」を「カラー」「グレー」「モノクロ」の3種類から選択します。

クリスタ:新規作成

参考記事

新規作成:イラスト【クリスタで絵を描く!】「イラスト」の新規作成時の設定項目の意味を説明します!!

ここで「カラー」を選択しましょう。

「グレー」「モノクロ」ですとコマ枠に限らずカラー表現ができませんので。

また、この「基本表現色」は新規作成後でも変更可能です。

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ページ管理」→「ページ基本設定を変更」

と選択し、開かれるウィンドウ内で「基本表現色」の項目を「カラー」に変更しましょう。

クリスタ:ページ基本設定を変更

クリスタ:ページ基本設定を変更

MEMO

「ページ管理機能」で複数ページの作品を制作している場合は「ページ管理」→「作品基本設定を変更」と選択し、開かれるウィンドウ内で「基本表現色」の項目を「カラー」に変更すれば全ページの「基本表現色」を変更できます。

クリスタ:作品基本設定を変更

クリスタ:作品基本設定を変更

 

コマ枠に色を指定してから「基本表現色」を変更しても指定した色にはなりませんのでまず最初に「基本表現色」を「カラー」に設定して下さいね。

 

コマ枠を作成しよう!

「基本表現色」を「カラー」にした原稿用紙・キャンバスを作成しましたら、コマ枠を作成していきましょう。

これでまずは「黒色のコマ枠」を作成していきます。

ただし、コマ枠の色は1コマずつしか変更できないので、目的に応じてコマ枠の作成手順を変えていきましょう。

全コマの枠線を同じ色にしたい場合

基本枠(内枠)にコマ枠が1つ出来ている状態で一旦ストップしましょう。

クリスタ:コマ枠

この段階でコマ枠の色を変えることで手順が1回で済みます。

※手順が省けるということですので絶対条件ではありません。

各コマで枠線の色を別にしたい場合

コマ割りまで進めていただいて大丈夫です。

もっと言えばコマ内に絵を描いてもらっても問題ありません。

クリスタ:コマ枠

参考記事

コマ枠分割【クリスタ】なら定規不要!漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!

 

コマ枠の色を変更しよう!

コマ枠の色を変更する方法はとても簡単です。

まずは「オブジェクトツール」で色を変更させたいコマの枠線をタッチするか、「レイヤーパレット」の「コマ枠フォルダー」をタッチして選択状態にしましょう。

クリスタ:オブジェクトツール

この状態で「カラーパレット」の色を変更させたい色に変えるだけです◎

クリスタ:カラーパレット

クリスタ:コマ枠カラー変更

「カラーパレット」は上部のタグを選択することで種類を切り替えることができます。

どの種類のカラーパレットで色を指定しても大丈夫です。

 

クリスタ:カラーパレット

「カラーセット」は自分で色を配置しておくことができるカラーパレットです。

「カラーヒストリー」では過去に指定した色を選択することができますね。

 

ここでは残念ながら[Alt(Option)]キーを使用することで使える「スポイトツール」で色を採取してもコマ枠には反映されないようです。

 

別の所から採取した色を使いたい場合は、どこかのレイヤーに採取した色で描画を行い、「カラーヒストリー」パレットに記録させてからその色を選択すればいいでしょう。

クリスタ:カラーヒストリーパレット

<補足>「ツールプロパティ」から色を変える方法

「カラーパレット」での変更の他に「ツールプロパティ」から色を変える方法もあります。

「オブジェクトツール」で枠線の色を変更したいコマ枠を選択しましたら、「ツールプロパティ」の「メインカラー」の色が表示された部分をタッチしましょう。

クリスタ:メインカラー(コマ枠)

MEMO

「ツールプロパティ」が見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「ツールプロパティ」と選択することで表示させることができます。

また、「メインカラー」の項目が見当たらない場合は「ツールプロパティ」の右下にあるスパナのマークをタッチすることで表示される「サブツール詳細ウィンドウ」の「コマ枠」の項目内にあります。

 

すると「色の設定ウィンドウ」が表示されますので、ここで変更したい色を指定して「OK」を選択することで枠線の色を変更させることができます。

クリスタ:色の設定

こちらも複数のパレットを切り替え表示できますが、どのパレットで選択しても大丈夫です◎

クリスタ:色の設定

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):独立したコマ枠なら始めから色ありで作成できる!

CLIP STUDIO PAINTでは、コマ枠を1つ単位で個別で作成することもできます。

それには「コマ作成ツール」を使用します。

クリスタ:コマ作成ツール

このツールでコマ枠を作成する場合は、あらかじめ「カラーパレット」で色を指定してからコマ枠を作成することで指定した色のコマ枠を作成することができますよ◎

クリスタ:コマ作成ツール

参考記事

重なるコマ枠【クリスタ】なら重なるコマ枠も自在に作成できる!!その制作方法を画像付きで紹介します!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でカラー作品を扱う時の注意点…!

コマ枠に限らず、デジタルでカラー作品を制作する場合は気を付けないといけないことがあります。

それが印刷です。

デジタル画面での色はRGBカラーといって「赤(red)」「緑(green)」「青(blue)」を「三原色」として様々な色を表示させています。

RGBカラー

ところが印刷ではCMYKカラーという「シアン(cyan)」「マゼンダ(magenta)」「イエロー(yellow)」に「黒(K)」を加えた4色で様々な色を表現しています。

プリンターのインクで聞いたことある方もいるのではないでしょうか。

※黒=Kの理由は諸説あるようです。

CMYKカラー

その為、同じ作品データでもデジタル画面で見るのと印刷したものとではどうしても色味が変わってしまいます。

そこを了承した上で印刷を行いましょう。

デジタル画面で表現できる鮮やかさはアナログでは再現が難しいようです…。

 

制作中に色味を確認したい場合は

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「カラープロファイル」→「プレビュー」と選択し、

クリスタ:カラープロファイルプレビュー

表示されるウィンドウの「プレビューするプロファイル」の項目で「CMYK」の付くものを選択して「OK」を選択することで「CMYK」で印刷した場合の色味を確認することができます。

 

クリスタ:カラープロファイルプレビュー

クリスタ:RGBからCMYK

CMYKカラーの方が少しくすんだ印象ですね。

MEMO

プロファイルの選び方

もし印刷所で印刷する場合は印刷所からプロファイルの指定があるかと思います。

よく分からない場合は「Japan Color 2001 Coated」を選択するのが無難のようです。

公式ページでも一般的なカラープロファイルとして紹介されています。

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「環境設定」で開くウィンドウの「カラー変換」の項目内の「CMYKプロファイル」も初期設定では「Japan Color 2001 Coated」になっています。

 

ただしそれも結局デジタル画面で表示しているので完全再現ではないのですが…。

 

もう1度「表示」→「カラープロファイル」→「プレビュー」と選択すれば元の表示に戻せます。

 

以下のページも参考にしてみて下さい◎

公式のCMYKデータに関する説明ページのリンク

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):カラーコマ枠作成方法まとめ

コマ枠の色の変更方法の紹介は以上となります。

コマ枠といえど、色が変わるだけで印象は結構変わります。

カラー漫画を制作する際は1度試してみてはいかがでしょうか◎

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】