エアブラシ表現も可能!クリスタブラシの散布効果設定!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)のペンツールを始めとするブラシ系ツールでは様々な設定ができます。

今回はその中でも「散布効果」の設定を紹介させていただきます。

この設定によってブラシ先端形状を1回のストロークで大量に描画できるようになり、エアブラシ表現やデコレーションツールの使用に役立てることができます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「散布効果」設定の基本情報

クリスタの「散布効果」設定とは

クリスタのブラシはキャンバス上に「ブラシ先端」の形状を連続で表示させることで線など繋がりをもった描画を行っています。

クリスタのブラシ先端形状


クリスタの「散布効果」設定はこのブラシ先端形状を細かく・大量に描画(散布)することができるようになる設定項目になります。

クリスタの散布効果

クリスタの「散布効果」設定を行える場所

ペンツールや筆ツールなどクリスタのブラシ系ツールを選択している状態でツールプロパティ右下のスパナマークを選択して開くサブツール詳細ウィンドウにて、「散布効果」カテゴリーを選択することで設定ができます。

※CLIP STUDIO PAINT上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択することでもサブツール詳細ウィンドウを開くことができます。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「散布効果」


困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


また、サブツール詳細ウィンドウ上部の「ストロークプレビュー」にて設定によってどのような描画になるかを確認することもできます。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「ストロークプレビュー(散布効果)」

【補足】設定時に知っておくと便利なこと

参考記事

クリスタのツール使用に関する豆知識まとめ!!


●ツールの複製
クリスタでは
サブツールパレット下部の「コピーアイコン」をタッチする、
もしくはサブツールパレット左上のメニューアイコン「≡」→「サブツールの複製」と選択することでサブツールパレットで選択中のツールを複製することができます。

クリスタ:サブツールの複製

クリスタ:サブツールの複製


これで複製した方のツールを設定することで、元々のツールを残したまま設定変更ができるようになります。


●ツールのロック機能
クリスタのツールは
ツールプロパティ上部右端にある「開いている錠のアイコン」をタッチする、
もしくはサブツール(ツールプロパティ)パレット左上のメニューアイコン「≡」→「ロック」と選択することでそのツールをロック状態にすることができます。

※同じ方法でロックの解除も可能です。

クリスタ:ロック


ロックしたツールは設定変更したりツールを使用したりすることは可能ですが、別のツールに切り替えますと設定内容がロックした時の設定にリセットされます。

同じツールで設定変更して使用した後に元の設定に戻したい時などに利用できます。


●初期設定に戻す機能
クリスタのツールは
ツールプロパティパレット下部の「初期設定に戻すアイコン」をタッチする、
もしくはツールプロパティパレット左上のメニューアイコン「≡」→「初期設定に戻す」と選択し、次に表示されるウィンドウにて「OK」と選択することで設定を初期設定に戻すことができます。

クリスタのツールプロパティ「初期設定に戻す」

クリスタサブツールの内容を初期設定に戻す


また、サブツールもしくはツールプロパティパレット左上のメニューアイコン「≡」→「初期設定に登録」と選択し、次に表示されるウィンドウで「OK」と選択することで現在の設定を初期設定として登録することもできます。

クリスタ「初期設定に登録」

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ブラシの「散布効果」設定内容

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「散布効果」
ポイント

クリスタの「散布効果」設定ではブラシ先端形状を細かく散布する設定になります。

そのため、「ブラシ先端」設定のことも把握しておきましょう。

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!


また、散布効果の設定項目に表示されているインジケーター・スライダーは表示を切り替えることもできます。

クリスタのスライダー/インジケーターは切替えできます!

クリスタ散布効果設定「散布効果」

チェックを入れますと散布効果がONになり、そのツールの「ブラシ先端」カテゴリーの「先端形状」で設定されているブラシ先端形状が細かく・大量に描画(散布)されるようになります。

クリスタの散布効果設定「散布効果」


「先端形状」に特定の画像素材を設定している場合もその画像が散布されます。

クリスタの散布効果設定(ブラシ先端形状)
ポイント

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「ストローク」カテゴリーの「間隔」を調整することでブラシ先端形状同士の隙間も変更できます。

クリスタの「間隔」による散布効果表現の違い

点線も描ける!クリスタブラシのストローク設定!!

散布効果をONにすることで、その他の散布効果に関わる全ての設定ができるようになります。

クリスタ散布効果設定「粒子サイズ」

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ」


クリスタツールの散布効果をONにした際に細かく散布されるブラシ先端形状をクリスタでは「粒子」と呼びます。

クリスタにおける「粒子」


つまり、この細かく散布されるブラシ先端形状の1つ1つの大きさを設定できます。

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ」


「粒子サイズ」をバラバラにしたい場合は後述の「粒子サイズ影響元設定」を行いましょう。

MEMO

手元のクリスタで確認したところ、「粒子サイズ」の単位はクリスタ環境設定「定規・単位」カテゴリーの「単位」の項目で設定した単位になっているようです。

初心者に知ってほしいクリスタの環境設定18選!!

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ」では影響元設定ができる

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ」の右端にあるアイコンをタッチしますと「粒子サイズ影響元設定」というウィンドウを開くことがきます。

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ影響元設定」


こちらでは、「筆圧」「傾き」「速度」「ランダム」の4つの影響によって粒子サイズを変動させる設定を行うことができます。

例えば〝筆圧が高いほど「粒子サイズ」の数値が大きくなる〟〝描画スピードが速いほど「粒子サイズ」の数値が小さくなる〟といった設定もできるようになるというわけですね。

クリスタの散布効果設定「粒子サイズ影響元設定」


影響元設定に関しては以下の記事で紹介しています。対象は「ブラシサイズ」になっていますが、設定内容としては同じですので「ブラシサイズ」の部分を「粒子サイズ」と置き換えて参考にしていただければと思います。

クリスタのペン設定!筆圧・傾き・速度で太さを決める!!


少々ややこしい設定ではありますので無理に設定する必要はないかなとも思いますが、「ランダム」はお手軽に利用できるでしょう◎

クリスタ散布効果設定「ブラシサイズに連動」

チェックを入れますと設定しているツールのブラシサイズを変更することで粒子サイズも同じ比率で変更されるようになります。

※ブラシサイズが大きくなると粒子サイズも大きくなり、ブラシサイズが小さくなると粒子サイズも小さくなります。

クリスタの散布効果設定「ブラシサイズに連動」


●「ブラシサイズに連動」チェックあり

クリスタの散布効果設定「ブラシサイズに連動」


●「ブラシサイズに連動」チェックなし

クリスタの散布効果設定「ブラシサイズに連動」(チェックなし)


ブラシサイズで粒子サイズを変更した後でも「粒子サイズ」の項目で再び粒子サイズのみの変更が可能です。

ポイント

ブラシサイズを変更しますと粒子の描画範囲も変わります

描画範囲はそのままで粒子サイズを変更したい場合は「粒子サイズ」の数値を変更させましょう。

クリスタ散布効果設定「粒子密度」

クリスタの散布効果設定「粒子密度」


クリスタの「散布効果」で描画できるようになった粒子の中心点はブラシサイズの範囲内に散布されます。
(ブラシ先端形状の端がブラシサイズ外に出る場合もあります。)

クリスタのブラシサイズと散布効果範囲


「粒子密度」ではブラシサイズ内に散布される粒子の数を設定できます。

設定できる数値は「1」~「20」で、この数値がそのままキャンバス上で1回タッチした時に描画される粒子の数になります。

クリスタの散布効果設定「粒子密度」


ストロークを続けると設定した数値の数の粒子が次々に描画されます。

クリスタの散布効果設定「粒子密度」(ストローク時)

クリスタの散布効果設定「粒子密度」では影響元設定ができる

クリスタの散布効果設定「粒子密度」の右端にあるアイコンをタッチしますと「粒子密度影響元設定」というウィンドウを開くことがきます。

クリスタの散布効果設定「粒子密度影響元設定」


こちらでは、「筆圧」「傾き」「速度」「ランダム」の4つの影響によって粒子密度を変動させる設定を行うことができます。

例えば〝筆圧が高いほど「粒子密度」の数値が大きくなる〟〝描画スピードが速いほど「粒子密度」の数値が小さくなる〟といった設定もできるようになるというわけですね。

クリスタの散布効果設定「粒子密度影響元設定」


影響元設定に関しては以下の記事で紹介しています。対象は「ブラシサイズ」になっていますが、設定内容としては同じですので「ブラシサイズ」の部分を「粒子密度」と置き換えて参考にしていただければと思います。

クリスタのペン設定!筆圧・傾き・速度で太さを決める!!


少々ややこしい設定ではありますので無理に設定する必要はないかなとも思います。

クリスタ散布効果設定「散布偏向」

クリスタの散布効果設定「散布偏向」


「-100」~「100」までの数値を入力できます。

数値が大きいほど粒子がブラシサイズ(描画範囲)の中央に集まるようになり、数値が小さいほどブラシサイズ(描画範囲)の外側に散布されるようになります。

クリスタの散布効果設定「散布偏向」

クリスタ散布効果設定「粒子の向き」

クリスタの散布効果設定「粒子の向き」

ブラシ先端形状である粒子の角度を「0.0(度)」~「360.0(度)」の間で設定できます。
粒子が入力した角度に右回りで回転します。

※つまり、左に90度回転させたい場合は「270」と入力します。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き」
MEMO

「散布効果」にチェックを入れますと、サブツール詳細ウィンドウ「ブラシ先端」カテゴリーの「向き」で設定した影響を受けなくなります。

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!

クリスタの散布効果設定「粒子の向き」では影響元設定ができる

クリスタの散布効果設定「粒子の向き」の右端にあるアイコンをタッチしますと「粒子の向き影響元設定」というウィンドウを開くことがきます。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」


こちらでは、「なし」「線の方向」「散布全体の向き」「散布中心に集中」の4つの影響によって「粒子の向き」の数値を基準に変動させる設定を行うことができ、さらに「ランダム」にチェックを入れますと「粒子の向き」の変動をランダムにすることもできます。

※「なし」「線の方向」「散布全体の向き」「散布中心に集中」はどれか1つしか選択できません。
「ランダム」は重複して設定することができます。


●「なし」
「粒子の向き」で設定した角度でそのまま描画されます。
この時、描画方向がどこでも同じ向きになります。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(なし)


●「線の方向」
描画する方向が基準(水平)となって粒子が描画されます。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(線の方向)


●「散布全体の向き」
先述の通り、基本的に粒子の向きは「ブラシ先端」カテゴリーの「向き」の影響を受けないのですが、こちらを選択することで「ブラシ先端」カテゴリーの「向き」と「向き影響元設定」の影響を受けるようになります。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(散布全体の向き)

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!


●「散布中心に集中」
クリスタのキャンバス上に表示されている「ブラシサイズのフチ」を基準(水平)として粒子が描画されます。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(散布中心に集中)
MEMO

「散布偏向」の数値を小さくしてブラシサイズ(描画範囲)の外側に散布させるようにすると効果が分かりやすいです。


●「ランダム」
粒子の向きがランダムに変化するようになります。
「影響度」ではランダム変化の最大値を設定します。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(ランダム)
MEMO

クリスタの公式ページには(何故か)明確な表記はされていないのですが、手元のクリスタで試したところ、恐らく

「向き」+「影響度(%)」×「360度」

が向き変化の最大値になり、その間でランダムに変化するものと思われます。

つまり、「向き:0」・「影響度:50」に設定しますと右回りに最大180度変化するランダム表示になるということです。

クリスタの散布効果設定「粒子の向き影響元設定」(ランダム)


右回りでなく左右にランダム回転させたい場合は、「散布全体の向き」を選択し、「ブラシ先端」カテゴリーの「向き影響元設定」を「ランダム」に設定しましょう。


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ブラシの「散布効果」設定による表現例

クリスタのエアブラシツールでの表現

クリスタには初期設定でエアブラシツールが用意されており、その中でも「スプレー」「飛沫」「にじみスプレー」では「散布効果」が予め設定されています。

クリスタのエアブラシツールと散布効果


これらのツールを使用することでアナログなら換気や周辺への汚れを気にしながら行わなくてはならないエアブラシ系の描画ができるようになります。

クリスタのエアブラシツール表現
MEMO

クリスタの初期設定では一部の筆ツールにも「散布効果」の設定が行われているツールがあります。

クリスタで点描表現

クリスタには初期ツールとして点描を描画できるツールは用意されていませんが、この「散布効果」を利用して点描を描画できるツールを自分で作成することができます。

クリスタの散布効果で点描表現

クリスタの色混ぜツールに散布効果を付ける

クリスタにはキャンバス(レイヤー)上に描画した色を混ぜたりぼやけさせたりすることができる「色混ぜツール」があるのですが、この色混ぜツールにも「散布効果」を設定することができます。

クリスタ色混ぜツールの散布効果


これによっていつもとは違う色混ぜツールの表現をすることができます。

クリスタ色混ぜツールの散布効果表現


コピースタンプツールの散布効果表現も面白いですね◎

クリスタのコピースタンプツール(散布効果)

クリスタの消しゴムツールに散布効果を付ける

クリスタの消しゴムツールにも「散布効果」を設定することができます。

クリスタの消しゴムツールの散布効果


これによってザラザラした消し方ができるようになります。

クリスタ消しゴムツールの散布効果表現
MEMO

エアブラシツールなどで「透明色」を描画することでも似たような表現は可能です。

同じ絵・柄を大量に描画する

クリスタでは自分で制作した絵を画像素材として登録することができます。

クリスタ素材のプロパティサムネクリスタで素材登録時の設定項目の意味を紹介します!!-素材のプロパティ-


素材登録時に設定する素材のプロパティウィンドウにて「ブラシ先端形状として使用」にチェックを入れておくことで、クリスタ「ブラシ先端」設定の「先端形状」に追加させることができるようになります。

クリスタ素材のプロパティ「ブラシ先端形状として使用」
クリスタブラシ先端設定サムネ線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!


これでオリジナルのブラシ先端形状を描画できるツールを作成することができます。

クリスタでオリジナルのブラシ先端形状を追加


この作成したブラシツールに「散布効果」を設定することでブラシ先端形状を大量に描画することができるようになります。

クリスタでオリジナルブラシ先端形状と散布効果


例えば雪の結晶のブラシ先端形状を作成すればその雪の結晶が空中に舞う表現もあっという間に描画することができるようになります。

クリスタでオリジナルブラシ先端形状と散布効果(雪の結晶)
ポイント

ブラシ先端形状を設定するだけでも同じ絵や柄を大量に描画することは可能ですが、描画位置やストローク回数など制作する上での違いはあります。


●ブラシ先端形状のみ
お好みの位置に描画が可能ですが、ストローク回数は増えてしまいます。


●「散布効果」あり
散布される位置はクリスタ側で決められるのですが、少ないストロークで大量に描画することができます。

クリスタのデコレーションツールの調整

クリスタにはキャンバス上をなぞるだけで様々な柄や絵を描画できる「デコレーションツール」があり、その中には「散布効果」を利用しているツールもあります。

クリスタのデコレーションツールと散布効果


これらのデコレーションツールにて「散布効果」の設定内容を調整することで表現を変えることができます。

クリスタのデコレーションツール(散布効果・粒子サイズ)
クリスタのデコレーションツール(散布効果・粒子密度)

【補足】クリスタの特定レイヤーで後から設定変更が可能

クリスタでは描画した線をデータ化することで後から自由に編集することができるベクターレイヤーがあります。

クリスタのベクターレイヤー使い方サムネクリスタ・ベクターレイヤーの使い方実践例!!


このベクターレイヤーに描画した線をオブジェクトツールで選択し、ツールプロパティやサブツール詳細ウィンドウの設定を変更することで選択した線の内容を変更することができます。

そのため、「散布効果」設定も描画後から変更することができるようになります。

クリスタのベクター線に散布効果を設定


また、クリスタには流線を表示できる流線レイヤー、集中線を表示できる集中線レイヤー、フキダシを表示できるフキダシレイヤー、コマ枠を表示できるコマ枠フォルダーといった線を表示・表現できるレイヤーがあるのですが、
これらのレイヤー・フォルダーも「散布効果」設定があるためオブジェクトツールで選択して設定を変更させることができます。

クリスタの散布効果(集中線レイヤー・コマ枠フォルダー)
クリスタのレイヤー種類サムネクリスタのイラスト・漫画用レイヤー種類・特徴を紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「散布効果」設定で手軽にエアブラシ表現をしよう!

クリスタの「散布効果」設定は頻繁に利用する項目ではありませんが、デジタルならではの表現が可能になります。

また、エアブラシ表現に関してもアナログとは異なり設定1つでお手軽に利用できるのも便利な点ですね◎

「散布効果」設定を利用して理想の表現により近付けてみましょう!


また、クリスタのブラシ設定は他のカテゴリーの設定と組み合わせることでさらに細かい設定が可能です!
今後他のカテゴリーの設定を紹介する記事も作成予定ですのでしばらくお待ちください。

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!

点線も描ける!クリスタブラシのストローク設定!!

描画部分が変わる!クリスタブラシの紙質設定!!

色の変化設定でクリスタの色塗りを楽しもう!!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る