点線も描ける!クリスタブラシのストローク設定!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)のペンツールを始めとするブラシ系ツールでは様々な設定ができます。

今回はその中でも「ストローク」の設定を紹介させていただきます。

この設定によって点線を描画することもできるようになりますよ。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「ストローク」設定の基本情報

クリスタの「ストローク」設定とは

クリスタのブラシはキャンバス上に「ブラシ先端」の形状を連続で表示させることで線など繋がりをもった描画を行っています。

クリスタのブラシ先端形状


実は真っ直ぐな線が描けるペンツールも円形のブラシ先端形状を連続で繋げることで表現しているのです。

クリスタのペンツールのブラシ先端形状
MEMO

クリスタのデコレーションツールはそのままブラシ先端形状を連続で表示させていますね。

クリスタのブラシ先端形状


クリスタの「ストローク」設定はこのブラシ先端形状の連続描画に関する設定になります。

クリスタの「ストローク」設定を行える場所

ペンツールや筆ツールなどクリスタのブラシ系ツールを選択している状態でツールプロパティ右下のスパナマークを選択して開くサブツール詳細ウィンドウにて、「ストローク」カテゴリーを選択することで設定ができます。

※CLIP STUDIO PAINT上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択することでもサブツール詳細ウィンドウを開くことができます。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「ストローク」


困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


また、サブツール詳細ウィンドウ上部の「ストロークプレビュー」にて設定によってどのような描画になるかを確認することもできます。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ「ストロークプレビュー」

【補足】設定時に知っておくと便利なこと

参考記事

クリスタのツール使用に関する豆知識まとめ!!


●ツールの複製
クリスタでは
サブツールパレット下部の「コピーアイコン」をタッチする、
もしくはサブツールパレット左上のメニューアイコン「≡」→「サブツールの複製」と選択することでサブツールパレットで選択中のツールを複製することができます。

クリスタ:サブツールの複製

クリスタ:サブツールの複製


これで複製した方のツールを設定することで、元々のツールを残したまま設定変更ができるようになります。


●ツールのロック機能
クリスタのツールは
ツールプロパティ上部右端にある「開いている錠のアイコン」をタッチする、
もしくはサブツール(ツールプロパティ)パレット左上のメニューアイコン「≡」→「ロック」と選択することでそのツールをロック状態にすることができます。

※同じ方法でロックの解除も可能です。

クリスタ:ロック


ロックしたツールは設定変更したりツールを使用したりすることは可能ですが、別のツールに切り替えますと設定内容がロックした時の設定にリセットされます。

同じツールで設定変更して使用した後に元の設定に戻したい時などに利用できます。


●初期設定に戻す機能
クリスタのツールは
ツールプロパティパレット下部の「初期設定に戻すアイコン」をタッチする、
もしくはツールプロパティパレット左上のメニューアイコン「≡」→「初期設定に戻す」と選択し、次に表示されるウィンドウにて「OK」と選択することで設定を初期設定に戻すことができます。

クリスタのツールプロパティ「初期設定に戻す」

クリスタサブツールの内容を初期設定に戻す


また、サブツールもしくはツールプロパティパレット左上のメニューアイコン「≡」→「初期設定に登録」と選択し、次に表示されるウィンドウで「OK」と選択することで現在の設定を初期設定として登録することもできます。

クリスタ「初期設定に登録」

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ブラシの「ストローク」設定内容

クリスタサブツール詳細ウィンドウ「ストローク」
MEMO

クリスタのストローク設定ではブラシ先端形状に関わる設定も多くあります。

ブラシ先端に関しては以下の記事を参考にしていただければと思います。

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!

クリスタストローク設定「間隔」

後述の「リボン」にチェックを入れますと設定できなくなります。

ブラシ先端形状を連続で描画する際の間隔を設定できます。

クリスタのストローク設定「間隔」


「広い」「普通」「狭い」は自動で間隔が設定されます。
ペンツールや筆ツールなど線を表現するブラシ系ツールではほとんどが「普通」に設定されています。

クリスタのストローク設定「間隔」(広い・普通・狭い)
※画像では分かりやすくするためブラシ先端の色を変化させています。


ストロークプレビューですとそこまで違いは出ませんが、実際に描画する際の筆圧や描画スピードによって微妙に線の表現が変わってくるかと思います。


また、この「間隔」設定で「固定」を選択しますと下部で直接「固定値」を入力することができます。
※最大「2000」

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」


「固定値」の数値はブラシサイズ(ブラシ先端形状のサイズ)に対する割合となり、単位は「%」となります。

つまり「100」と入力すればブラシ先端形状がピッタリくっつくような描画になり、「200」と入力すればブラシ先端形状1つ分の隙間が空くようになります。

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」(100、200)


このように「間隔」はブラシサイズによって変わりますので筆圧や入り抜き設定などでブラシサイズが描画中に変化しますと間隔もそれに合わせて変わります。

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」(ブラシサイズの変動)


関連記事

クリスタのペン設定!筆圧・傾き・速度で太さを決める!!

教えてクリスタ!ペンの入り抜き設定項目の意味が知りたい!!

クリスタのストローク設定「固定値」には影響元設定ができる

クリスタのストローク設定「固定値」の右端にあるアイコンをタッチしますと「固定値影響元設定」というウィンドウを開くことがきます。

クリスタのストローク設定「固定値影響元設定」


こちらでは、「筆圧」「傾き」「速度」「ランダム」の4つの影響によって固定値を変動させる設定を行うことができます。

例えば〝筆圧が高いほど「固定値」の数値が大きく(間隔が広く)なる〟〝描画スピードが速いほど「固定値」の数値が小さく(間隔が狭く)なる〟といった設定もできるようになるというわけですね。

クリスタのストローク設定「固定値影響元設定」


影響元設定に関しては以下の記事で紹介しています。対象は「ブラシサイズ」になっていますが、設定内容としては同じですので「ブラシサイズ」の部分を「固定値」と置き換えて参考にしていただければと思います。

クリスタのペン設定!筆圧・傾き・速度で太さを決める!!


少々ややこしい設定ではありますので無理に設定する必要はないかなとも思います。

クリスタストローク設定「連続吹き付け」

サブツール詳細ウィンドウ「補正」カテゴリーにて「後補正」のチェックを外している時に設定できます。


また、ラスターレイヤーでのみ効果があります。

チェックを入れますとキャンバス上でブラシを押し続けることでも描画が続くようになります。

クリスタのストローク設定「連続吹き付け」


1箇所で押さえ続けて描画を重ねることもできますし、

クリスタのストローク設定「連続吹き付け」


「間隔」で「固定値」を設定していてもゆっくり描画すれば「連続吹き付け」機能によってブラシ先端形状を連続で描画させることもできるようになります。

クリスタのストローク設定「連続吹き付け」×「間隔」

クリスタストローク設定「速度値の環境補正」

チェックを入れますとブラシサイズ・不透明度などの影響元設定で「速度」による数値の変動を設定していてもその影響を受けなく(受けにくく)することができます。

クリスタのストローク設定「速度値の環境補正」


つまり、どのスピードで描画してもブラシサイズなどが変動しにくくなり安定した線を描画できるようになります。

MEMO

サブツール詳細ウィンドウ下部に表示される解説では「オンにすると、ペンを動かす速度による変化が作業環境に左右されなくなります」と表記されているのですが、

手元のクリスタで試したところ速度による影響を全く受けなくなるというわけではなさそうです。

速度による影響を受けにくくなるといった印象ですね。


逆を言えば、速度によってブラシサイズなどを変動させたい場合は「速度値の環境補正」のチェックを外しまた方がよいということになります。


また、「速度値の環境補正」のチェックを外すことで線の端にインク溜まりのような表現をしやすくなります。

クリスタのストローク設定「速度値の環境補正」でインク溜まり


これは速度によって線の中央部分が細くなるために端がインク溜まりのような表現に見えるということです。


影響元設定に関しては以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタのペン設定!筆圧・傾き・速度で太さを決める!!

ポイント

先述の「連続吹き付け」の効果も「速度値の環境補正」のチェックが入っている・入っていないで描画結果が変わります。

クリスタストローク設定「リボン」

サブツール詳細ウィンドウ「散布効果」カテゴリーにて「散布効果」のチェックが外れてる、且つ、「ブラシ先端」にて「円形」を選択せずに画像素材をブラシ先端として設定している場合に設定できます。

主にデコレーションツールで設定することが多いですね。

クリスタのストローク設定「リボン」


チェックを入れますと描画方向に合わせてブラシ先端形状が向きを変えるようになります。

クリスタのストローク設定「リボン」
MEMO

「リボン」にチェック入れますと「間隔」の設定ができなくなります。

そのため、リボン表現でのブラシ先端形状の間隔を変更することはできません。

クリスタストローク設定「繰り返し方法」

クリスタのブラシはサブツール詳細ウィンドウ「ブラシ先端」カテゴリーの「先端形状」にてブラシ先端形状を画像素材から選択して設定することができ、さらに複数のブラシ先端形状を設定することもできます。

クリスタのブラシ先端「先端形状」


このブラシ先端形状に複数の画像素材が設定されている場合に、これらのブラシ先端形状をどのような順番で描画するかを6パターンから選択・設定できます。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」


●「繰り返し」
「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材の順番(左から右)の通りに、繰り返し描画されます。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(繰り返し)


●「折り返し」
[1→2→3→2→1→2→3]というように「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材の順番→逆順を繰り返して描画されます。

※両端の画像は折り返し地点になるため描画される数が少なくなります。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(折り返し)


●「繰り返さない」
「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材のを順番通りに一巡しましたら残りは1番最後の画像素材が連続で描画されます。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(繰り返さない)


●「ランダム」
「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材がランダムで描画されるようになります。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(ランダム)


●「一巡のみ」
「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材の順番通りに一巡のみ描画します。
一巡した後はどれだけキャンバス上でストロークを続けても描画されません。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(一巡のみ)


●「ランダムに一巡」
「ブラシ先端」の「先端形状」に設定してある画像素材がランダム且つ一巡だけの描画になります。

クリスタのストローク設定「繰り返し方法」(ランダムに一巡)
MEMO

「繰り返し方法」で設定した順番は1ストローク(1回の描画)ごとにリセットされます。

クリスタストローク設定「ブラシ先端同士を比較暗で合成」

サブツール詳細ウィンドウ「ブラシ先端」カテゴリーの「ブラシ濃度」にて影響元設定を行い、1回のストローク(描画)内でブラシ先端形状のブラシ濃度が変化する場合、ブラシ先端形状が重なることでその部分の色が濃くなってしまいます。

クリスタのブラシ先端形状の色重なり


そこで「ブラシ先端同士を比較暗で合成」にチェックを入れますと、ブラシ先端形状の色同士が重なる場合に暗い(濃い)色の方が上に表示されるようになります。

クリスタのストローク設定「ブラシ先端同士を比較で合成」


これはブラシ先端のブラシ濃度が一定の場合でも利用できます。

クリスタのストローク設定「ブラシ先端同士を比較で合成」


また「色の変化」を設定している場合、「ブラシ先端同士を比較暗で合成」のチェックを外していますと後のブラシ先端形状が上に重なるように描画されるのですが、チェックを入れますと後のブラシ形状が下に重なるように描画されるようになります。

※「色の変化」による暗さ(濃さ)の変化は「ブラシ先端同士を比較暗で合成」の影響を受けません。

クリスタのストローク設定「ブラシ先端同士を比較暗で合成」×色の変化


関連記事

色の変化設定でクリスタの色塗りを楽しもう!!


CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ブラシの「ストローク」設定による表現例

クリスタの描画ツールで「点線」を描画

クリスタのペンツールや図形ツールといったブラシ先端形状が「円形」のツールにてストローク設定「間隔」項目の「固定値」に大きめの数値(100以上)を入力することで点線を描画することができます。

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」で点線描画
ポイント

◆ペンツールを使用する場合、点線の点の大きさを一定にしたい時は「入り抜き」設定や筆圧によってブラシサイズが変化する設定をOFFにしましょう。

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」で点線描画(入り抜きあり・なし)


◆図形ツールの中でも長方形や楕円といった繋がっている図形の場合は「固定値」の数値を調整しないとキレイな点線になりませんので注意しましょう。

※こちらはストロークプレビューの表示で確認しながら調整することになります。

クリスタのストローク設定「間隔・固定値」で点線図形を調整


この設定を行ったツールで点線の集中線を描画することで漫画における感情表現などもできます。

クリスタで点線の集中線


ここからさらに「ブラシ先端」設定で点線の円を楕円にすることもできますよ。


関連記事

クリスタブラシ先端設定サムネ線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!! 集中線ツール設定サムネクリスタの集中線ツールの設定方法!-漫画効果線を楽々作成!-

クリスタには予め用意されている点線ツールもある

実はクリスタにはデコレーションツール「罫線」の中に点線を描画できるツールがあります。

クリスタのデコレーションツール「点線」


こちらはストローク設定の「間隔」「固定値」を予め設定してあるツールとなります。

※ちなみに上の「破線」は長方形のブラシ先端形状と「リボン」が予め設定されているツールになります。

クリスタのデコレーションツールの調整

クリスタにはキャンバス上をなぞるだけで様々な柄や絵を描画できる「デコレーションツール」があります。

クリスタのデコレーションツール


デコレーションツールのストローク設定にて、「間隔」を調整すれば柄や絵の描画間隔を調整することができますし、

クリスタのストローク設定によるデコレーションツールの間隔調整


「リボン」を設定すれば柄や絵の向きを描画方向に向けることもできます。

※デコレーションツールには最初から「リボン」が設定されているものもあります。

クリスタのデコレーションツール×リボン設定


また、ラスターレイヤーのみですが「連続吹き付け」によってブラシ先端形状を重ねた描画をすることもできます、。

クリスタのストローク設定「連続吹き付け」

ブラシ先端形状を一巡で終わらせたい時の利用

例えばですが、クリスタではテキストを1文字ずつ画像素材に登録してブラシ先端形状に設定することでそのテキストを描画できるペンをカスタマイズで作成することができます。

クリスタのブラシカスタマイズ(テキストペン)
クリスタで円形テキストサムネクリスタでテキストを円形にする方法(ゆがみなし)!!


こういったブラシ先端形状に設定した画像を一巡だけ描画したい時にはストローク設定の「繰り返し方法」にて「一巡のみ」を設定することで余計な描画を防ぐことができます。

クリスタのストローク設定「一巡のみ」「繰り返し」

【補足】クリスタの特定レイヤーで後から設定変更が可能

クリスタでは描画した線をデータ化することで後から自由に編集することができるベクターレイヤーがあります。

クリスタのベクターレイヤー使い方サムネクリスタ・ベクターレイヤーの使い方実践例!!


このベクターレイヤーに描画した線をオブジェクトツールで選択し、ツールプロパティやサブツール詳細ウィンドウの設定を変更することで選択した線の内容を変更することができます。

そのため、「ストローク設定」も描画後から変更することができるようになります。

クリスタベクター線のストローク設定を編集


先述の通りクリスタにはデコレーションツールに「点線」が描画できるツールが元々用意されていますが、このベクターレイヤーの機能を利用すれば実線を後から点線に変更させることもできるのです◎


また、クリスタには流線を表示できる流線レイヤー、集中線を表示できる集中線レイヤー、フキダシを表示できるフキダシレイヤー、コマ枠を表示できるコマ枠フォルダーといった線を表示・表現できるレイヤーがあるのですが、
これらのレイヤー・フォルダーも「ストローク」設定があるためオブジェクトツールで選択して設定を変更させることができます。

クリスタのストローク設定で集中線レイヤー・コマ枠フォルダーを点線に
クリスタのレイヤー種類サムネクリスタのイラスト・漫画用レイヤー種類・特徴を紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)「ストローク設定」でブラシ先端形状の表現を変えてみよう!

クリスタのストローク設定は主にブラシ系ツールで描画する際の先端形状の間隔や向きを設定できる項目になります。

特に「間隔」や「繰り返し方法」では設定によってそのブラシで描画できるもの・表現できるものを大きく変えることができます。

イラストや漫画を制作する時に頻繁に利用する設定ではないかもしれませんが、知っていると表現の幅も広がりますし、ツールのカスタマイズ時にも役に立つかと思います◎

自分好みの表現ができる設定をぜひ見つけてください◎


また、クリスタのブラシ設定は他のカテゴリーの設定と組み合わせることでさらに細かい設定が可能です!

線が変わる!クリスタブラシのブラシ先端設定!!

エアブラシ表現も可能!クリスタブラシの散布効果設定!!

描画部分が変わる!クリスタブラシの紙質設定!!

色の変化設定でクリスタの色塗りを楽しもう!!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る