【various sun】第16笑:——で?(17P/21P) 公開!!2021.1.16

クリスタなら重なるコマ枠も自在に作成できる!!その制作方法を画像付きで紹介します!

重なるコマ枠

皆さん、閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で、コマの上に重なるコマの作り方を紹介させていただきます。

こんな感じのコマですね↓

重なるコマ枠

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

アナログ制作とCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)制作との違い

アナログでは1枚の紙の上に全てを描かないといけません。

普通のコマ割りならまだしも、コマ同士が重なるコマとなるとなかなか作業が大変です。

コマ枠のすぐ横に別のコマの絵があるため、絵がはみ出さないように描画時には結構な集中力と繊細さが必要になります。

重なるコマ枠(アナログ注意点)


線がはみ出せば修正液で消せばいいと考える方もいるかもしれませんが、修正液でキレイに消すのも大変ですし、使用すると多少なりとも凹凸ができてしまい、その上からまた描画した時に線が歪む可能性だってあります。

アナログ(にじみ/盛り上がり)


CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)では下に重なる絵を消さずに上からコマ枠を作成し、絵を描画することができる機能があります!

また、クリスタのコマ枠はコマ枠内の絵がはみ出ない機能も持っています◎

これらの機能はCLIP STUDIO PAINT EXはもちろん、少しお安いCLIP STUDIO PAINT PROでも利用可能ですよ◎


CLIP STUDIO PAINT PRO


CLIP STUDIO PAINT EX


クリスタ:PROとEXの違いクリスタPROとEXの機能の違い全28項目を紹介します!! CLIP STUDIO PAINT:体験版【クリスタ無料体験版】ダウンロード・使用方法-全工程の画像付き!- CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

次項からその具体的な作成方法を紹介していきます。

よろしければ参考にしてみて下さい◎

まずはCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で基本的なコマ枠を作ろう!

クリスタで上に重なるコマを作る前に他のコマ枠を作成しましょう。

アナログでしたら上に重なるコマを先に描かないといけませんがクリスタではそんなことを気にする必要はありません。なんなら絵も描いてしまっても問題ありません◎

クリスアでの基本的なコマ枠の作成方法は以下の記事を参考にして下さい◎

コマ枠分割定規不要!クリスタで漫画コマ枠を2ステップ+αで楽々作成!!その方法を画像付きで紹介します!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「コマ作成ツール」の設定をしよう!

クリスタで上に重なるコマを作成する場合は「コマ作成ツール」を使用します。このツールは独立したコマ枠を作成することができるツールです。

クリスタ:コマ作成ツール


「コマ作成ツール」のアイコンが見当たらない場合は「枠線分割ツール」のアイコンが表示されている可能性があります。

クリスタ:枠線分割ツール


その場合は「枠線分割ツール」を選択し、サブツールウィンドウで「コマ作成ツール」に切り替えましょう。

クリスタ:コマ作成ツール切り替え

重なるコマ枠の作成方法を決めよう!

「コマ作成ツール」を選択しましたら「サブツール」ウィンドウの下側でどのようにコマ枠を作成するかを選びましょう。

クリスタ:コマ作成ツール(サブツール)

※「サブツール」ウィンドウが見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部「ウィンドウ」→「サブツール」を選択することで表示されるようになります。

 

●「長方形コマ」

コマ枠を指定した図形の形で作成します。「長方形コマ」という名称ですが、長方形だけでなく楕円(円)、多角形(3~32角形)の形でコマ枠を作成することができます。

クリスタ:図形コマ枠

 

●「折れ線コマ」

コマ枠の線を折れ線や連続曲線で引いていき、最終的に囲うことでコマ枠を作成します。

クリスタ:コマ作成ツール(折れ線コマ)

「折れ線コマ」という名前ですが設定によっては曲線のコマ枠も作成できますよ。

クリスタ:コマ作成ツール(折れ線コマ)

 

●「コマ枠ペン」

ペンで線を引くのと同じようにコマ枠を引いていき、最終的に囲うことでコマ枠を作成します。

クリスタ:コマ作成ツール(コマ枠ペン)

「ツールプロパティ」でコマ作成ツールの設定をしよう!

どの方法でコマ枠を作成するかを決めましたら、「ツールプロパティ」ウィンドウでツールの細かい設定をしていきます。

※「ツールプロパティ」ウィンドウが見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部「ウィンドウ」→「ツールプロパティ」を選択することで表示されるようになります。

MEMO

以下の文で説明する項目が「ツールプロパティ」内に見当たらない場合は「ツールプロパティ」ウィンドウ右下のスパナのマークを選択することで表示される「サブツール詳細」ウィンドウ内で見つけることができます。また、項目の左側にある空欄をタッチして「目のマーク」を表示させると「ツールプロパティ」ウィンドウ内にも表示されるようになります。

クリスタ:サブツール詳細

クリスタ:サブツール詳細

3つの方法に共通する項目

「長方形コマ」「折れ線コマ」「コマ枠ペン」共に共通する設定項目を紹介します。

 

●ブラシサイズ

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


コマ枠の線の太さを設定できます。他のコマ枠の太さに合わせるのも、強調させるために太さを変えるのも自由にできます。

 

●枠線を描画

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


チェックの入れる・外すで作成したコマ枠の枠線を表示する・しないを選択できます。

コマ枠としての機能(絵がコマ枠外にはみ出さない)を残しつつ線は表示させたくない場合はチェックを外しましょう。

クリスタ:コマ枠を描画しない

 

●追加方法

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


「フォルダーを新規作成」
「選択中のフォルダに追加」の2つから選択できます。

 

「フォルダーを新規作成」を選択するとコマ枠フォルダーを新しく作成してくれるようになります。

クリスタ:コマ枠(フォルダーを新規作成)

 

「選択中のフォルダに追加」を選択するとただコマ枠を作成するだけでフォルダーとしては作成時に選択されていたコマ枠フォルダーと共通になります。

クリスタ:コマ枠(選択中のフォルダに追加)

クリスタ:コマ枠(選択中のフォルダに追加)

 

今回のコマの上にコマ枠を作るという目的では前者が適しているので「フォルダーを新規作成」を選択しましょう

※ただし、コマ枠作成時の選択中レイヤーがコマ枠フォルダー以外でしたら「選択中のフォルダに追加」を選択してても「フォルダーを新規作成」と同じようにコマ枠が作成されるようです。

 

●ラスターレイヤー

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


チェックを入れますとコマ枠を作成する際、コマ枠フォルダー内にラスターレイヤーを作成してくれるようになります。

クリスタ:コマ作成ツール(ラスターレイヤー)

一手間省ける程度の機能ですのでチェックはお好みで入れて下さい。

 

●コマの内側を塗りつぶす

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


チェックを入れますとコマ枠を作成する際、コマ枠フォルダー内に白くベタ塗りされたレイヤーを作成してくれるようになります。

クリスタ:コマ背景レイヤー


これがあることで下に重なるコマの絵を隠すことができます。

不要ならチェックを外しましょう。後からラスターレイヤーを作成し、全体を白で塗りつぶす、もしくはベタ塗りレイヤーを作成することで同じようなレイヤーも作れます。

※このレイヤーにより下描きレイヤー、ベタ用やトーン用のレイヤーも隠れてしまう可能性があります。必要に応じてそれぞれのレイヤーを移動させるか、このコマ専用のレイヤーを新たに作成するかで対応して下さい。

 

●アンチエイリアス

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)


コマ枠の線をぼかすことで線を滑らかに表現する機能です。「無し」「弱」「中」「強」の4段階から選択できます。

 

クリスタ:アンチエイリアス


表現色が「カラー」「グレー」の場合のみ効果
があります。


●基本枠にスナップ

クリスタ:コマ作成ツール(ツールプロパティ)

 

チェックを入れることで作成するコマ枠の一部もしくは全部を基本枠(内枠)上にピッタリ配置(スナップ)することができるようになります。

クリスタ:コマ作成ツール(基本枠にスナップ)

「長方形コマ」の設定項目

●図形

作成するコマ枠の形を「長方形」「楕円」「多角形」の3つから選択できます。

クリスタ:コマ作成ツール(図形)


[Shift]を押しながら作成することで正方形や円、正多角形のコマを作成できます。

また、「多角形」の角の数は3~32で指定することが可能です。

クリスタ:コマ作成ツール(多角形)

 

●縦横指定

数値を設定することで縦と横の「比率」もしくは「長さ」を固定してコマ枠の図形を作成することができます。

クリスタ:コマ作成ツール(縦横指定)

クリスタ:コマ作成ツール(縦横指定)


「長さ指定」のアイコンには「px」の文字が表記されてますが、単位は「環境設定」の「定規・単位」項目で設定した単位になるようです。

クリスタ:コマ作成ツール(縦横指定)

※「環境設定」はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル(macOSでは「CLIP STUDIO PAINT)」→「環境設定」と選択することで設定することができます。

 

●角の丸さ

「長方形」「多角形」の角を丸くすることもできます。入力した数値が大きい程丸みが強くなります。

クリスタ:コマ作成ツール(角の丸さ)

また、こちらでも「比率指定」と「長さ指定」があります。

「比率指定」は作成するコマ枠の辺の長さの比率も丸みに影響され、「長さ指定」は作成するコマ枠の辺の長さ関係なく入力数値のみで丸みを作ります。

クリスタ:コマ作成ツール(角の丸さ)

 

●中央から開始

図形の作成方法は通常、角から作成するのですが「中央から開始」にチェックを入れることで図形の中心から作成することができます。

クリスタ:コマ作成ツール(中央から開始)

 

●確定後に角度を調整

チェックを入れておくと図形を作成後、角度を変えることができるようになります。

クリスタ:コマ作成ツール(確定後に角度を調整)

ペン操作ではペンをタブレットから少し離した状態で角度を調整し、タブレットをタッチする(もしくは[Enter]を押す)ことで決定・作成完了となります。

また、「角度の刻み」のチェックを入れ、数値を入力しておくことで[Shift]を押しながら角度を調整すると、その入力した角度毎で止めてくれるようになります。

「折れ線コマ」の設定項目

●曲線

以下の4種類から線を引く方法を選択できます

クリスタ:コマ作成ツール(曲線)

 

・「直線」

頂点をペンで指定し、それを直線で結ぶ引き方です。

(「曲線」という項目ですが直線も選択できるようです)

クリスタ:コマ作成ツール(直線)

 

・「スプライン」

頂点をペンで指定し、それを曲線で結ぶ引き方です。

クリスタ:コマ作成ツール(スプライン)

 

・「2次ベジェ」

「方向点」をペンで指定し、それを基に曲線を引かせます。

画像の〇部分がペンでタッチした箇所です↓

クリスタ:コマ作成ツール(2次ベジェ)

ペンで指定した「方向点」を表示させるとこんな感じです↓

クリスタ:コマ作成ツール(2次ベジェ)

「方向点」は描画時には見えませんが「オブジェクトツール」でコマ枠を選択することで表示させることができ、そこで調整が可能です。

クリスタ:コマ作成ツール(2次ベジェ)

 

・「3次ベジェ」

「制御点」、そして制御点から延びる「方向点」をペンのドラッグで指定し、それを基に曲線を引かせます。(ドラッグをしないと「直線」と同じ線になります)

画像の〇部分がペンでタッチした箇所、矢印がドラッグした方向と長さです↓

クリスタ:コマ作成ツール(3次ベジェ)

「制御点」「方向点」を表示させるとこんな感じです↓

クリスタ:コマ作成ツール(3次ベジェ)

 

描画時、「制御点」の表示は残りますが、「方向点」の表示は描画中のものとその1つ前のものしか表示されません。

コマ枠作成後でしたら「オブジェクトツール」でコマ枠を選択することで表示させることができ、そこで調整が可能です。

クリスタ:コマ作成ツール(3次ベジェ)

クリスタ:コマ作成ツール(3次ベジェ)

ドラッグはこの「方向点」の向き・長さを意識して行いましょう。

ドラッグができない場合は「方向指定」の項目で「クリックで指定」を選択している可能性があります。その時は「ドラッグで指定」を選択して下さい。

クリスタ:コマ作成ツール(3次ベジェ)

 

参考記事

3次ベジェ曲線サムネクリスタはマウスでもイラストが描ける!3次ベジェ曲線の使用方法!!

 

MEMO

「折れ線コマ」でのコマ枠制作は、始点と終点を結びコマ枠を完成させることで作業が完了します。線を引いている途中で1つ手前の作業に戻りたい場合は[Delete]もしくは「右クリック(ペンを使用している場合は右クリックを割り当てているボタン)」をすることで取り消しができます。
※タブレット・スマートフォンでは2本指タップでも作業を戻すことができます。

また、始点・終点を結びつけないまま描画を止めると、止めた点と始点が強制的に結ばれた形でコマ枠が作成されます。

「コマ枠ペン」の設定項目

こちらは「入り抜き」や「後補正」など、通常のペンツールと同じ設定項目があります。ここでは細かい項目の紹介は割愛させていただきますね。

クリスタ:コマ作成ツール(コマ枠ペン)

他にも設定項目はたくさん!

上記では比較的よく利用する設定項目を抜粋して紹介させていただきましたが、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)では他にも様々な設定項目がありますのでいろいろ試してみて下さい◎

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で重なるコマ枠を作成しよう!

「コマ作成ツール」で好きな位置にコマ枠を作成しよう!

上記の設定が終わりましたら「コマ作成ツール」でコマ枠を配置したい位置に作成しましょう。

クリスタ:コマ枠配置

作成後に修正も可能!

クリスタでは、「コマ作成ツール」で作成したコマ枠を「オブジェクトツール」を使用して修正することができます。

コマ枠の形の微調整、位置の移動も可能ですよ◎

クリスタ:コマ枠変形

クリスタ:コマ枠移動

さらに他の修正方法は以下の記事を参考にして下さい◎

コマ枠修正アナログでは不可能!クリスタ6つのコマ枠修正方法!!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で「重なるコマ枠」を作成する時はレイヤーパレットの位置に注意!!

ここがこの記事の肝になります。

まず、レイヤーの仕組みに関して軽く説明させていただきます。

CLIP STUDIO PAINTを含め、デジタルの描画ソフトはレイヤーという透明な紙の上に絵を描き、それを何枚も重ねることで1枚のイラストや漫画原稿になります。

デジタルペイント:レイヤーとは


ここで大事なのがレイヤーの上下関係です。

CLIP STUDIO PAINT画面右下にあるレイヤーパレットは以下のように表示されています。↓

クリスタ:レイヤーパレット


このレイヤーパレットの並びがそのままレイヤーの上下関係を表しています。

表現したい位置に「重なるコマ枠」のコマ枠レイヤーを配置しよう!!

ではコマ枠の話に戻りましょう。

コマを重ねるということはコマ同士の上下関係が重要になってきます。

つまり、その上下関係に合わせてレイヤーパレット内のコマ枠フォルダーの位置を移動させる必要があるのです。

レイヤーパレット内の移動はドラッグで簡単に行えます。

クリスタ:レイヤー移動
注意

レイヤーパレット内の移動を行う際、移動先は赤い印で表示されます。

この赤い表示の仕方によって移動先が変わるので注意しましょう。

今回の用途では他のコマ枠レイヤーフォルダーに入ってしまっては意味がないので下の画像の左側の方法で移動させましょう。

クリスタ:レイヤー移動

新しく作成したコマ枠が、全てのコマ枠より上に重ねたい場合

クリスタ:コマ枠配置


このコマ枠のレイヤーはどのコマ枠レイヤーより上に配置する必要があります。

クリスタ:レイヤーパレット

新しく作成したコマ枠よりも上に重なるコマがある場合

クリスタ:コマ枠配置


このようなコマ枠を作成したい場合は上に重なるコマのコマ枠レイヤーを新しく作成したコマのコマ枠レイヤーより上に配置する必要があります。

クリスタ:レイヤーパレット


さらに、ただコマ枠レイヤーを上にしただけでは重なる部分のコマ枠や絵が2重になってしまうので上のコマのコマ枠レイヤーの一番下に背景用として白ベタのラスターレイヤー等を作成・配置します。

クリスタ:コマ枠(背景レイヤー)


この背景用のレイヤーはラスターレイヤーを作成して全体を白で塗りつぶしてもいいですし、CLIP STUDIO PAINT画面上部「レイヤー」→「新規レイヤー」→「べた塗り」→表示されるウィンドウで白色を選択して「OK」を選択して「べた塗りレイヤー」を作成してもいいですね。

新しく作成したコマが全てのコマより下にしたい場合

クリスタ:コマ枠配置


この場合は新しく作成したコマのコマ枠レイヤーを一番下に、少なくとも重なるコマのコマ枠レイヤーよりは下に配置する必要があります。

クリスタ:コマ枠配置


この時も前項同様、コマ枠や絵が2重にならないように上にくるコマのコマ枠レイヤー内の一番下に背景として白ベタのラスターレイヤー等を作成・配置します。

クリスタ:コマ枠(背景レイヤー)

コマ枠を作成し終われば絵(漫画)を描いていこう!

無事にお好みのコマ枠を作成することができればあとは絵を描いていくだけです。

ただし上記の項目でも書いた通り、背景用の白ベタレイヤーがある為に下描きやベタ、トーンレイヤーが隠れてしまう可能性もあるので必要に応じてそれぞれのレイヤーパレット内の位置を移動させるか、このコマ専用のレイヤーを新たに作成するかで対応しましょう。

クリスタ:重なるコマ枠

 

画像では重なるコマ枠のフォルダー内にこのコマ枠用のベタとトーンのレイヤーを作っています↓

クリスタ:レイヤーパレット

クリスタ:重なるコマ枠

 

また、このコマは他のコマと重なっているため、絵を描く作業の時はコマの表示・非表示を利用すると作業もやりやすくなりますよ◎

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「コマ作成ツール」で作成するコマ枠の注意点!

コマ枠同士の間隔を作れない…!

クリスタ:重なるコマ枠

 

この記事ではコマ枠を重ねるというのが目的ですので問題ありませんが予備知識として…

「コマ作成ツール」で作成するコマ枠は独立したコマ枠ですので「コマ枠カットツール」で作成するようなコマ枠同士の間隔は作れません。

 

コマ同士の間隔も作りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

クリスタ:丸いコマ枠サムネクリスタで丸いコマ枠を間隔ありで作成する方法!!(疑似コマ枠フォルダー)

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「コマ作成ツール」使用の応用編

この「コマ作成ツール」は「グリッド」にスナップさせることができます。

※「グリッド」とは格子状のガイド線のことです。

クリスタ:コマ作成ツール(グリッド)

 

つまり、グリッドに合わせてコマ枠を配置・作成することができるのでコマ枠の位置や長さを指定して作成することもできるようになります。

関連記事

クリスタ:コマ枠サイズ指定サムネクリスタのコマ枠をミリ単位で長さ指定して作成する方法はあります!!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での「重なるコマ枠」作成方法まとめ

クリスタでの重なるコマの作成方法の紹介は以上になります。

最近ではコマ枠の形や配置による表現も多様化しており、こういった重なるコマの使用機会も増えてきています。

しかし、クリスタの機能や仕組みが分かれば難しいことではないです。

重ねたい場所にコマ枠を作成するだけですからね。

デジタルの強みも活かせるのでぜひ参考にしていただければと思います。

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー