クリスタでどのレイヤーに何が描かれてるかを見つける方法!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

デジタルで絵や漫画を描く場合、複数のレイヤー上に描いていきますよね。

レイヤー構成


多い方ですと1枚のイラストに何十枚ものレイヤーを使用します。

しかしそうなると「どのレイヤーに何が描かれているのか」が分からなくなってしまいがちです。

そこで今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)にてレイヤーと描画部分の見つけ方を4つ紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で描画部分からレイヤーを見つける方法!

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタの「レイヤー選択ツール」でレイヤーを見つける

クリスタの操作ツールの中に「レイヤー選択ツール」というツールがあります。
※オブジェクトツールと同じグループのツールです。

クリスタのレイヤー選択ツール


こちらを選択し、キャンバス上の描画部分をタッチ、もしくはドラッグによる範囲指定をします。

クリスタのレイヤー選択ツール操作


すると、レイヤーパレットにてタッチした部分、もしくは範囲指定内の絵が描画されているレイヤーが選択された状態になります。

クリスタでレイヤー選択


ドラッグによる範囲指定をした場合、その範囲内に複数のレイヤーによる描画部分が含まれていますと対象のレイヤー全てが複数選択された状態になります。

クリスタでレイヤーを複数選択


これによってその描画部分が描かれているレイヤーを見つけ出すことができます◎


また、ツールプロパティにて「選択しないレイヤー」を指定しておくこともできます。

※「べた塗りを選択しない」は塗りつぶしたレイヤーではなく「べた塗りレイヤー」を選択しなくなります。

クリスタのレイヤー選択ツール「選択しないレイヤー」
ポイント

クリスタの初期設定では[Shift]+[Ctrl(Command)]でレイヤー選択ツールに一時変換することができます。

クリスタの「オブジェクトツール」でレイヤーを見つける

クリスタの操作ツールの中の「オブジェクトツール」でもレイヤーを見つけることができます。

クリスタのオブジェクトツール


ただし、オブジェクトツールを使用する場合は条件があります

ツールプロパティ「透明箇所の操作」にて「別のレイヤーへの選択切り替え」にチェックを入れておきましょう。

クリスタのオブジェクトツール「別のレイヤーへの選択切り替え」


この設定にしておきますと、キャンバス上の描画部分にタッチすることでレイヤーパレットにてその部分が描画されたレイヤーが選択された状態になります。

クリスタのオブジェクトツールでレイヤー選択
MEMO

オブジェクトツールでタッチした部分がベクターレイヤーで描画された部分であれば「制御点」、画像素材やテキストの部分をタッチした場合は「ハンドル」も表示され、この状態で編集も可能になります。


またサブツール詳細ウィンドウの「選択可能なオブジェクト」にて選択対象にするレイヤーを指定することもできます。

クリスタのオブジェクトツール「選択可能なオブジェクト

オブジェクトツールの利点

レイヤーを見つける目的で使用する場合は「レイヤー選択ツール」の方が優秀ですが、クリスタのオブジェクトツールはレイヤーを見つける操作の他に、ベクター制御点やコマ枠の操作にも利用できるため操作の幅が広いです。

クリスタのオブジェクトツール(制御点・コマ枠操作)


また、クリスタの初期設定では修飾キー設定によって[Ctrl(Command)]キーを押してる間だけオブジェクトツールに一時変換することもできますので使い勝手もよいです。

ただし一時変換でレイヤー選択をした場合、[Ctrl(Command)]キーを離すとレイヤー選択も戻ってしまうので注意しましょう。


関連記事

コマ枠分割クリスタの漫画コマ枠作成&コマ割り方法!2ステップ+αで簡単!! クリスタ修飾キー設定サムネクリスタ修飾キー設定でツールを使いこなそう!!

【注意】オブジェクトツールではレイヤーを見つけるためのドラッグ操作は控えた方がいい

クリスタのオブジェクトツールでは、ツールプロパティ「透明箇所の操作」にて「ドラッグで範囲指定して選択」にチェックを入れますとベクターレイヤー上でドラッグによる範囲指定が可能になります。

クリスタのオブジェクトツール「ドラッグで範囲指定して選択


しかしこれは選択中のレイヤー上にあるベクター線を選択状態にするものであり、レイヤーを見つける目的には利用できません
※この操作をする場合は「別のレイヤーへの選択切り替え」のチェックを外しておいた方が操作しやすくなります。


また、 オブジェクトツールはドラッグによって描画部分を移動させることもできるため、ツールプロパティ「透明箇所の操作」にて「 別のレイヤーへの選択切り替え」にチェックが入っていますと別のレイヤー上にある描画部分を移動させてしまう可能性もあるのでオブジェクトツールのドラッグ操作には注意しましょう。

クリスタのオブジェクトツール(ドラッグ移動)


関連記事

クリスタのベクター線選択サムネクリスタで複数のベクター線を簡単に選択する方法!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でレイヤーから描画部分を見つける方法!

今度は逆にレイヤーからそのレイヤーに描画されている部分を見つける方法を紹介させていただきます。


困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタのレイヤー表示で描画部分を見つける

クリスタのレイヤーパレットにて[Alt(Option)]を押しながら目のマークをタッチすることでそのレイヤーのみ表示状態にすることができます。

クリスタ:選択したレイヤーのみ表示


この方法でそのレイヤーの描画部分を確認することができます。


また、同じ操作で元の表示に戻すこともできます。

クリスタのレイヤー選択で描画部分を見つける

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーから選択範囲」→「選択範囲を作成」と選択することでレイヤーパレットで選択中のレイヤーの描画部分に選択範囲を作成することができます。

クリスタ「レイヤーから選択範囲」「選択範囲を作成」


これでそのレイヤーに描画されている部分を確認することができます。

クリスタでレイヤーから選択範囲を作成する
MEMO

[Ctrl(Command)]を押しながらレイヤーのサムネイル部分にタッチすることでも同じ操作が行えます。

クリスタ:描画部分選択
クリスタ:Ctrlで便利サムネ意外と知らないクリスタのCtrl(Command)キーの使い方!!

【補足】その他のクリスタのレイヤー管理

レイヤーや描画部分を見つけるのとは少し異なりますが、クリスタでのレイヤーパレットの表示に関して以下の記事でも紹介させていただいてますので参考にしてみてください◎

クリスタの悩み解決サムネクリスタの悩みは設定1つで解決できることがあります!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でレイヤーの位置をうまく把握しよう!

デジタル制作では複数のレイヤーを使用して絵を描くことができるため、作業自体はとてもやりやすくなるのですがその分レイヤー管理が大変になってしまいます。

デジタルですので失敗からの修復もやりやすいとはいえ、「レイヤー選択を間違えて作業してしまう」といったことはできるだけ避けたいですよね。

クリスタでしたら今回紹介した方法でレイヤーと描画部分を把握することができますのでうまく利用して作業の効率を上げてみてください◎

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る