various sun 18:ポンコツ兄さん(17P/21P) 公開中!

クリスタで複数のベクター線を簡単に選択する方法!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には「ベクターレイヤー」という線画を描く上でとても便利な機能があります。

ベクターレイヤーこれぞクリスタの特徴!ベクターレイヤーが便利すぎる!!


その便利な機能の1つに「描画後の線を選択することで位置やサイズ・色などを修正・修正できる」というものがあります。

クリスタのベクター線をオブジェクトツールで編集(ブラシサイズ)


今回はクリスタのベクターレイヤーの線(ベクター線)を修正・編集するための「ベクター線の選択」を簡単にできる方法を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

基本的なCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ベクター線の選択方法

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタのベクター線はオブジェクトツールで選択するのが基本

クリスタのベクタレイヤーに描画した線は、基本的に「オブジェクトツール」で選択します。

オブジェクトツールを使用してベクター線に触れると「1本」と認識されるまでの線が選択された状態になります。
(2回に分けて描かれた線でもピッタリ繋がっていれば「1本」の線と認識される場合があります)

クリスタのベクター線をオブジェクトツールでタッチする


さらに、[Shift]を押しながら「オブジェクトツール」でタッチすることで複数の線の選択も可能です。

クリスタのベクター線を複数選択
MEMO

オブジェクトツールを使用中にクリスタのツールプロパティの「選択の追加」の項目で「追加選択」のアイコンを選択すれば[Shift]を押さずにそのまま連続でタッチすることで複数選択をすることができるよにもなります。

クリスタのオブジェクトツール(追加選択)


また、オブジェクトツールを使用中にツールプロパティで「透明箇所の操作」→「ドラッグで範囲指定して選択」にチェックを入れることで、ドラッグで囲った線を一気に選択できるようにもなります。

また、この操作をする時は「別のレイヤーへの選択の切り替え」のチェックは外しましょう。

※チェックが入っていると別のレイヤーを選択してしまい、ベクターレイヤーの線を選択することができなくなる場合があります。

クリスタのオブジェクトツール(透明箇所の操作)
クリスタのオブジェクトツールでベクター線をドラッグ選択

【補足】ベクター線の制御点の編集だけなら制御点ツールでも可能

クリスタのベクター線には線を構成する「制御点」がふくまれており、この制御点を移動・追加・削除といった編集をすることで線の形を調整することができます。

クリスタ:制御点の移動


このベクター線の制御点に関してはクリスタの制御点ツールで編集が可能です。

クリスタ:線修正ツール(制御点)


ただし、この制御点ツールでの編集は線1本ずつでしか行えません。

クリスタは便利!ベクター制御点の操作でこんなことができる!!

クリスタのオブジェクトツールでは複数のベクター線を選択するのが大変…!

クリスタでベクター線の修正を行う場合、基本的にはオブジェクトツールを使用するのですが、この方法には少し不便な点があります

それが絵の特定範囲における複数のベクター線の選択です。

先述のようにクリスタのベクター線は複数選択することもできますが、[Shift]もしくは「追加選択」で1本1本選択する方法では時間がかかりますし、

クリスタのベクター線を選択(個別選択)


線を重ねて描いている場合は重なった部分の線をうまく選択できない場合もあります

クリスタのベクター線を選択(線の重なり)


また複数のベクター線を選択できる「オブジェクトツールのドラッグ範囲でベクター線を選択する方法」もドラッグ範囲が長方形であるため、複雑な絵の中の特定のベクター線を選択するのは難しいのです。


【例:以下の画像の絵で砂時計部分のベクター線を選択したい場合】

クリスタのベクター線を選択(doraggu 
選択)


しかし、クリスタにはこういった複雑な絵でも特定のベクター線を選択できる機能があるのです◎

MEMO

上記の説明は1つの同じベクターレイヤーに絵を描いた場合です。

絵をパーツごとに別々のレイヤーに描いている場合はそれぞれで問題なく選択できます。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のベクター線をきれいに選択する方法!

クリスタの選択範囲ツールを使ってベクター線を選択しよう!

実はクリスタのベクター線は選択範囲を使って複数選択させることができるのです!


ですのでまずはクリスタで選択したいベクター線の範囲を「選択範囲ツール」を使って囲いましょう

「投げなわ選択ツール」や「折れ線選択ツール」を使用するといいですかね。

クリスタの投げなわ選択ツール/折れ線選択ツール


これでまずはベクター線を選択したい部分を囲うように選択範囲を作成ましょう。

クリスタの折れ線選択ツールで線を囲う


クリスタのベクター線を選択範囲で囲いましたらCLIP STUDIO PAINT画面上部から「選択範囲」メニューを開きましょう。

そこに「選択範囲にかかるベクターを選択」と「選択範囲に含まれるベクターを選択」という項目があります。

クリスタの選択範囲メニュー「選択範囲にかかるベクターを選択」「選択範囲に含まれるベクターを選択」


このどちらかを選択することで選択範囲内にあるベクター線全てを選択状態にすることができるのです。

どのようにベクター線を選択するかはメニュー項目によって変わります。

また、この方法で選択状態にできるのはレイヤーパレットにて選択中のベクターレイヤー上にある線だけで、別のベクターレイヤーの線は選択状態にできません。

「選択範囲にかかるベクターを選択」

クリスタでベクター線を選択範囲で囲っている状態で「選択範囲にかかるベクターを選択」を選択しますと、選択範囲内のベクター線と選択範囲に触れているベクター線全てを選択状態にしてくれます。

つまり、一部しか選択範囲に触れていなくてもその線は全て選択状態になります。

クリスタ「選択範囲にかかるベクターを選択」


こちらはオブジェクトツールでドラッグ選択した状態と似ていますね。

「選択範囲に含まれるベクターを選択」

クリスタでベクター線を選択範囲で囲っている状態で「選択範囲に含まれるベクターを選択」を選択しますと、選択範囲に完全に入っているベクター線のみ選択状態にしてくれます。

そのため、選択範囲から少しでもはみ出しているベクター線は選択されなくなります。

クリスタ「選択範囲に含まれるベクターを選択」


こちらを利用すれば線が多く繋がっている絵でも特定のベクター線だけを選択状態にすることができますね。

クリスタのベクター線を選択した後は修正・編集をしよう!

クリスタでベクター線を選択状態にしましたら修正・編集を行いましょう。

特に「選択範囲に含まれるベクターを選択」を利用した方法ではピンポイントでベクター線を修正・編集することができます。

クリスタで一部のベクター線の色を変更する

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)特有のベクター線を活用しよう!

クリスタのベクター線は選択状態にしなくても、不要な線のはみ出し部分のみを消したり線の幅を太くしたり細くしたりすることができます。

それに加えて今回紹介したベクター線を選択して修正や編集を加える方法を活用すればさらに線画作業が楽になります◎

このベクター線を活用して線画が描けるというだけでもクリスタを使用する価値はあると個人的には思っています。

クリスタの知識を増やして、ぜひ楽しい創作活動を行って下さい◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「線が練習講座」