various sun 18:ポンコツ兄さん(3P/19P) 公開中!

クリスタの悩みは設定1つで解決できることがあります!!

クリスタの悩み解決サムネ

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を使用しているとちょっと不便だなと思う事がたまに起こります。

しかし、CLIP STUDIO PAINTの設定を1つするだけでそういった不便さを簡単解決できることがあるのです!

今回はそんな「不便な事例」と「その解決方法(設定)」を紹介したいと思います。

よろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

目次

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のアイコンやウィンドウ(パレット)に関する問題

【事例】クリスタ制作中にペンでアイコンやウィンドウ(パレット)をドラッグして動かしてしまう…!

CLIP STUDIO PAINTで制作する際に、ペンタブレットや液晶タブレット、もしくはApple Pencilなどのスタイラスペンを使用する方も多いと思います。

液晶タブレット


しかし、クリスタでペンを使用しているとアイコンをタッチしたつもりがドラッグ操作になってしまいアイコンが移動してしまったり…

クリスタのアイコン移動


キャンバスに線を描くつもりがクリスタのウィンドウ(パレット)の端にペンが当たってしまいウィンドウ(パレット)の幅を変更してしまったりすることがあります。

クリスタのパレット幅変更


CLIP STUDIO PAINTはアイコンやウィンドウ(パレット)の配置やサイズを変更することで自分が使いやすい形にカスタマイズできるという利点があるのですが、その仕様の為にこういった問題も出てきてしまうのです。

ですが!

こういった問題はクリスタの設定を1つ行うことで解決できるのです◎

【アイコン移動の解決策】クリスタで並べ替え方法を変更しよう!

クリスタの制作画面内にあるアイコンがペンのドラッグで動いてしまう問題は「並べ替え方法」を変更するすることで解決できます◎

アイコンが表示されているクリスタの各ウィンドウ(パレット)の左上にあるメニューアイコン「≡」を選択して表示されるメニューの中から「並べ替え方法」を選択しますと、「ドラッグ」と「Ctrl(Command)+ドラッグ」の2つの選択肢が表示されますのでここで「Ctrl(Command)+ドラッグ」を選択しましょう。

クリスタのパレットメニュー「並べ替え方法」


この設定変更により、そのウィンドウ(パレット)では[Ctrl(Command)]を押しながらドラッグしないとアイコンの移動(並べ替え)ができなくなり、通常のペン操作だけではアイコンがドラッグ移動されなくなります◎

MEMO

コマンドバーのメニュー項目はコマンドバー上で右クリックすることで表示させることができます。

クリスタのコマンドバーメニュー

【ウィンドウ(パレット)幅変更の解決策】クリスタのパレットドック幅を固定する設定をONにしよう!

クリスタの制作画面に配置されているウィンドウ(パレット)の幅がペンのドラッグで変更されてしまう問題は「パレットドック幅を固定する」をONにすることで解決できます◎

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「パレットドッグ」→「パレットドック幅を固定する」と選択しましょう。

クリスタ「パレットドッグ幅を固定する


もう1度「ウィンドウ」→「パレットドッグ」と選択し、「パレットドッグ幅を固定する」の項目にチェックが入っていれば設定がONになっている状態です。

クリスタ「パレットドッグ幅を固定する」


これでペンをウィンドウ(パレット)端に持ってきても幅を変更させる矢印が表示されなくなり、幅の変更も行われなくなります。

ただし、ウィンドウ(パレット)をクリスタの作業画面上に独立させて配置している場合は幅を固定することはできません

クリスタ:ワークスペース


また、メニュー名通りこちらはウィンドウ(パレット)の「幅を固定」する設定ですので高さの固定はできません

クリスタのパレット高さ変更

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の塗りつぶしツールに関する問題

【事例】クリスタの塗りつぶしツールで線上をタッチすると線の裏に塗りつぶしが実行される…!

クリスタに限らず、デジタルペイントソフトの塗りつぶしツールで色を塗ろうとする時に線画の上をタッチしてしまうとその線画の形に塗りつぶしが実行されてしまいます。

クリスタで線画の裏に塗りつぶし


線画の裏に塗りつぶしを行ってしまうと線のフチに塗りつぶした色が出てきてしまうこともあり、よく見ないと気付けないこともあるので他の作業を進めてから気付くと取り消しで作業を戻すのも難しくなってきます。

クリスタで線画の裏に塗りつぶしした場合


ですが!

こちらの問題もクリスタの設定1つで簡単に解決できます◎

【解決策】クリスタで「塗りを開始しない色」を設定しよう!

クリスタの塗りつぶしツールを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択、もしくはツールプロパティの右下にあるスパナのマークを選択してサブツール詳細ウィンドウを表示させましょう。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ表示

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ(塗りつぶし)


塗りつぶしツールのサブツール詳細ウィンドウを表示させましたら、左の項目で「参照先」を選択し、「塗りを開始しない色」にチェックを入れます。

クリスタ「塗りを開始しない色」


最後に線画で使用する色をカラーパレットで選択して「塗りを開始しない色」の項目の右側にある色が表示されている部分にタッチすると選択していた色に変わります。

クリスタ「塗りを開始しない色」


これで「塗りを開始しない色」に設定した色の上で塗りつぶしツールを使用しても塗りつぶしを実行しなくなります


私は黒色で線画をするので「黒」を設定しています。

MEMO

「塗りを開始しない色」の右端にある「>」をタッチしますと「色の設定ウィンドウが開き、ここで色の指定をすることもできます。

クリスタ「塗りを開始しない色」(色の設定)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のツール設定に関する問題

【事例】クリスタのツールでお好みの設定に戻すのが面倒…!

クリスタのツールではツールプロパティパレットやサブツール詳細ウィンドウに様々な設定項目があり、自分のお好みの設定をすることができます。

クリスタのツールプロパティ(ペン)


色々試行錯誤してようやく自分に合った設定を見つけられたということもあるでしょう。

しかし、「イラストを描く時と漫画を描く時」、「キャラクターを描く時と背景や物を描く時」など目的によって設定を変えなければならない時があります。

ブラシサイズだけなど1項目程度の変更なら問題ありませんが、複数個所の設定を変更するとなるとその後に再びいつも自分が使っているお好みの設定に戻したいとなった時の作業が少し面倒になりますし、最悪設定内容を忘れてしまうこともあります。

ですが!

こういった問題もクリスタの設定や機能を利用して解決することができます◎

【解決策①】クリスタの設定をロックしよう!

クリスタのツールプロパティの右上に錠のマークが表示されています。

クリスタのロック機能アイコン


この錠のマークをタッチするたびに「閉じた錠」と「開いた錠」とが切り替わります。

クリスタのロック機能


「閉じた錠」のマークにしますと、その時のツールプロパティの設定内容でロックします。

※サブツールパレット左上のメニューアイコン「≡」→「ロック」と選択することでもツールをロックすることができます。


クリスタのツールをロックにしてもツールプロパティで設定の変更は可能です。

しかし別のツールを選択・使用した後に再び「設定をロックしたツール」を選択しますと変更した設定がリセットされており、「ロックした時の設定」に戻ります

クリスタのロック機能


これによってお好みのツール設定を保持することができます◎

MEMO

「ロックするツールの設定内容」を変更したい場合は1度ロックを解除し、設定を変更してから再びロック状態にしましょう。


ちなみに、ツール設定をロックしている場合、クリスタのサブツールパレットにも錠のアイコンが表示されます。

クリスタ:ロック

【解決策②】クリスタのツールを複製しよう!

クリスタの(サブ)ツールは複製することができます。

複製したいクリスタの(サブ)ツールを選択している状態でサブツールウィンドウの下部にある四角が重なったアイコンを選択、もしくはサブツールウィンドウの左上のメニューアイコン「≡」を選択して表示されるメニューから「サブツールの複製」と選択します。

クリスタ:サブツールの複製


するとサブツールを複製する為の設定ウィンドウが開きますので名前やアイコンをお好みに設定して「OK」を選択しましょう。

クリスタ:サブツールの複製

クリスタ:サブツールの複製


これで(サブ)ツールを複製することができました。

このように(サブ)ツールを複製してそれぞれにお好みの設定をしておけばサブツールを選択するだけでツール設定を使い分けすることができますね。

また、前述の「ロック機能」を併用するのもいいでしょう。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のレイヤーに関する問題

【事例】レイヤーの数が多くて管理が大変…!

クリスタでイラストや漫画を制作する方の中には、レイヤーをたくさん使用する方もいます。

漫画ですと1コマ1コマにそれぞれレイヤーを作成しますので自然とレイヤーの数も増えていきます。

クリスタ:


しかし、クリスタのレイヤーパレットの範囲で1度に表示するレイヤーの数も限度がありますので、レイヤー数が数十枚にもなりますと目的のレイヤーを探すのにも一苦労です。

クリスタのレイヤーパレット


クリスタのレイヤーパレットの高さを上げて表示範囲を広げることはできますが、それでも限界はありますね…。

クリスタのレイヤーパレット


ですが!

こういった問題もクリスタの設定や機能で解決・改善することができます◎

【解決策①】クリスタのレイヤーパレットを2段表示にして見やすくしよう!

クリスタのレイヤーパレットは2段表示にすることができます。

レイヤーパレット上部のアイコンの中から「レイヤーを2ペインで表示」のアイコンをタッチするだけで2段表示に切り替えることができます。

※もう1度アイコンをタッチしますと元の表示に戻ります。

クリスタのレイヤーパレット(レイヤーを2ペインで表示)


各段でレイヤー表示ができますのでレイヤーの管理がしやすくなります◎

※各段で高さの変更も可能です。

【解決策②】クリスタのレイヤー検索パレットで表示するレイヤーを絞り込もう!

クリスタのレイヤープロパティパレットの上部にあるタブを選択して切り替えることで「レイヤー検索パレット」を表示させることができます。

クリスタのレイヤー検索パレット


このレイヤー検索パレットではレイヤーの種類を絞り込みして表示させることができます。

MEMO

レイヤーを絞り込み表示する場所は「レイヤー検索パレット」の中になります。

レイヤーパレットの表示を絞り込み表示にするわけではありません。


上部左の「表示対象レイヤー」ボタンから表示対象となるレイヤーにチェックを入れ、

クリスタのレイヤー検索パレット(表示対象レイヤー)


上部右側のボタンで「絞り込み条件」と「除外対象条件」にチェックを入れることで条件に合ったレイヤーのみを表示させることができます。

クリスタのレイヤー検索パレット(絞り込み条件/除外対象条件)

クリスタのレイヤー検索パレット

【解決策③】クリスタのオブジェクトツールでレイヤーを指定しよう!

クリスタのオブジェクトツールでキャンバス上にある任意の線や色をタッチしますとタッチした線や色が描画されているレイヤーを選択することができます。

クリスタのオブジェクトツール


加筆や修正したい対象が描画されているレイヤーを探したい場合はオブジェクトツールを使用することで簡単にお目当てのレイヤーを探すことができます。

クリスタのオブジェクトツールでレイヤーを指定

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のテキストに関する問題

【事例】クリスタでテキストを拡大・縮小しようとすると縦横比が崩れる…!

クリスタではのテキストツールで文字を入力した場合、テキストの周囲に表示されている「ハンドル」をドラッグすることで拡大・縮小が簡単に行えます。

クリスタのテキストツール(拡大・縮小)


しかし、テキストツールでテキストを拡大・縮小しますと縦横比が崩れてしまうことがあります…!

クリスタのテキストツール(縦横比)


ですが!

こちらの問題はクリスタの設定1つで簡単に解決できます◎

【解決策】クリスタのテキストツールを「縦横比固定」にしよう!

実はクリスタの初期設定ではテキストツールの縦横比の固定設定がOFFになっている為、テキストのハンドルをドラッグすると自由変形のような形になってしまうのです。

クリスタでテキストの縦横比を固定したい場合はまず、テキストツールを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「サブツール詳細」と選択、もしくはツールプロパティ右下のスパナマークを選択してサブツール詳細ウィンドウを表示させましょう。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ表示


サブツール詳細ウィンドウの左側で「変形設定」を選択しますと右側の項目の中に「縦横比固定」の項目がありますのでここのチェックを入れた状態にしましょう。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ(テキスト)


これでテキストツールを使って拡大・縮小する場合でも縦横比が固定されたままになります。

【補足】オブジェクトツールの設定も確認しよう!

上記の方法はクリスタの「テキストツールで拡大・縮小をする」場合によるものです。

クリスタではテキストを入力後でしたらオブジェクトツールでテキストを選択することでもテキストの拡大・縮小を含む変形が可能です。

クリスタのオブジェクトツール


オブジェクトツールでテキストの移動や変形をする場合はオブジェクトツールのサブツール詳細ウィンドウで「変形設定」の項目を確認しましょう。

※オブジェクトツールでテキストを選択した状態でサブツール詳細ウィンドウを表示させましょう。

クリスタのサブツール詳細ウィンドウ(オブジェクトツール)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での悩みがあったらまずは設定項目を確認してみよう!

今回は意外と知らないクリスタの設定項目を5つの事例とそれぞれの解決策によって紹介させていただきました。

クリスタにはCLIP STUDIO SUPPORTというクリスタ利用者のお悩みを解決するサイトがあります。

ここで質問や要望を受け付けてくれており、内容によってはアップデートで新しく対応した機能を追加してくれるといったこともこれまでされてきました。

もしCLIP STUDIO PAINTを使用している、もしくはこれから使用を検討している方が抱く悩みや不安も意外と設定1つで解決できるかもしれませんよ◎

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー