various sun 18:ポンコツ兄さん(15P/19P) 公開中!

クリスタ合成モード超初級編!簡単にできる表現方法!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

先日はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)の「合成モード」の仕様を簡単な言葉で説明させていただきました。

クリスタ合成モードサムネクリスタの合成モードを簡単な言葉で説明します!!


そして今回はその次の段階として特別な知識や技術がなくてもできるクリスタ合成モードの簡単な表現方法を紹介したいと思います!

誰でも真似ができるにもかかわらず、作品の印象を大きく変えることができます◎

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)合成モード表現方法①:同じ絵を重ねる!

今回の説明ではこちらのイラストを使用します。

合成モード未使用イラスト


こちらは以下の記事を作成した際にクリスタで描いた合成モードを一切使用していないイラストになります。

クリスタ最低限の知識サムネ初心者向け!クリスタで絵を描く為に必要な最低限の知識!!

クリスタで完成した絵を複製して合成モードを設定してみよう!

まずは完成した絵を複製する

「コピー・結合」で複製する

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「表示レイヤーのコピーを結合」と選択しますと表示している全てのレイヤーをコピー・結合したレイヤーを作成してくれます。

クリスタ「表示レイヤーのコピーを結合」

クリスタ「表示レイヤーのコピーを結合」


これで複製完了です。

選択中のレイヤーの上に作成されるのでレイヤーパレットの1番上に配置されるようにしましょう。

この操作の場合は画像レイヤーでなくラスターレイヤーになりますのでそのまま編集することも可能です。

「書き出し・読み込み」で複製する

まず拡縮率100%(=同じサイズ)で任意の画像データを書き出しします。

画像ではPNGで書き出ししています。

クリスタの書き出し(png)
クリスタ:書き出しクリスタで書き出し!作品を画像ファイルで保存する方法と補足説明!!


画像データを書き出ししましたらそのデータを読み込みして制作データ上に表示させ、レイヤーパレットの一番上に配置します。

クリスタの読み込み(画像)
クリスタで画像レイヤー


これで複製完了です。

複製したレイヤーの合成モードを変更してみよう!

複製したレイヤーの合成モードを変更してどんな表現になるか試してみましょう!

クリスタの合成モード(スクリーン)


これだけでも様々な表現をすることができます◎

クリスタの合成モード使用例(画像を重ねる)

クリスタの「ガウスぼかし」を入れることでさらに印象を変えられる!

合成モードを設定するレイヤーに「ぼかし」を入れることでぼんやりした表現を追加させることもできます。

書き出し・読み込みによって表示させている画像レイヤーの場合、この「ぼかし」を入れる編集をするにはラスタライズ(ラスターレイヤーに変換)する必要がありますので注意しましょう。

※画像を読み込みした場合、その画像は「画像レイヤー」として表示されますが、「画像レイヤー」のままでは編集作業が行えません。

クリスタでのラスタライズ方法

画像レイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択します。

クリスタ:ラスタライズ
クリスタのラスタライズ


これで画像レイヤーが編集可能なラスターレイヤーに変換されます。


それでは「ぼかし」を入れる作業をしていきます。


今回は結果を確認しやすくする為に合成モードを設定した状態で行いますが、ぼかしを入れてから合成レイヤーを設定する順序でもかまいません。


合成モードを設定するレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「フィルター」→「ぼかし」→「ガウスぼかし」と選択します。

クリスタ「ガウスぼかし」


すると「ぼかす範囲(ぼかしの強さ)」を設定する為のウィンドウが表示されますので、バーを動かすもしくは数値を直接入力してお好みの数値を設定しましょう。

クリスタ「ガウスぼかし」


ウィンドウ右下の「プレビュー」にチェックが入っていますと、数値を変更するのと同時にキャンバス上にある画像のぼかし具合も変化しますので確認しながら設定することができます。

※数値が大きくなるとキャンバスの変化に少し時間がかかる場合があります。

※この段階ではまだ確定ではありませんのでキャンセルも可能です。

クリスタ「ガウスぼかし(ぼかす範囲)」


お好みのぼかし具合がきまりましたら「OK」を押してぼかし編集を確定させましょう。


こうすることでより印象を変えることができます◎

クリスタ合成モード+ガウスぼかし

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)合成モード表現方法②:グラデーションを重ねる!

クリスタのグラデーションレイヤーを作成して合成モードを設定しよう!

クリスタでイラストなどの絵を描き上げましたら、グラデーションレイヤーを作成してレイヤーパレットの一番上に配置します。

クリスタでグラデーションレイヤーを作成するにはCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「新規作成」→「グラデーション」と選択します。

クリスタのグラデーションレイヤー


するとその時に選択している色でグラデーションレイヤーが作成され、オブジェクトツールを選択している状態になります。

※グラデーションレイヤーを作成時は絵がグラデーションに隠れてしまいますが、合成モードを設定することで絵が見えるようになりますのでご安心を◎

クリスタのグラデーションレイヤー


この状態でカラーパレットの色を変更しますとグラデーションの色を変更することもできます。

クリスタのグラデーションレイヤー(色の変更)


また、キャンバス上に表示されている「ハンドル」をドラッグ移動させることでグラデーションの方向や範囲を変更させることもできます。

クリスタのグラデーションレイヤー(ハンドル)


さらに、ツールプロパティにてグラデーションの形や色の追加も可能です。

クリスタのグラデーションレイヤー(ツールプロパティ)


関連記事

クリスタのグラデーション形状サムネ円形・縞模様も!クリスタのグラデーション形状変更方法!! クリスタ3色以上グラデ作成サムネクリスタで3色以上のグラデーションを作る方法!!


MEMO

クリスタにはグラデーションを描画することができる「グラデーションツール」があるのですが、先述のように「グラデーションレイヤー」の方が後から設定の変更が可能ですので個人的には「グラデーションレイヤー」の方がおすすめです。

クリスタのグラデーションツール


グラデーションを表示させましたらグラデーションレイヤーの合成モードを変更してどんな表現になるか試してみましょう!

クリスタ合成レイヤー+グラデーションレイヤー使用例


グラデーションの色味や形、位置によって絵の印象を変えることができます。

もちろん、複数のグラデーションを複数の合成モードで重ねるといった方法もありますよ◎

絵の一部だけに合成モードのグラデーションを重ねる方法もある!

このグラデーションに合成モードを設定する表現方法は、例えば人物部分のみなど絵の一部だけに重ねるという方法もあります。

クリスタのキャラ部分にのみグラデーション+合成レイヤー


方法としましては、重ねたい絵が描かれている全てのレイヤーを「レイヤーフォルダー」の中に入れまして、レイヤーフォルダーの上にグラデーションレイヤーを配置し、クリッピングのアイコンを選択します。

※「クリッピング」とは真下にあるレイヤーの描画部分にのみ表示させることができる機能です。

クリスタでレイヤーフォルダーにクリッピング


これでレイヤーフォルダー内の描画部分にのみ合成モードを反映させることができます。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)合成モード表現方法③:不透明度で効果の強さを調整する!

合成モードを設定したレイヤーの不透明度を下げれば効果が弱くなる!

クリスタのレイヤーを作成した時は「不透明度」は100になっており、レイヤー上に描画した線や色がそのまま表示されます。

クリスタの不透明度


この不透明度を下げますとレイヤー全体の表示が半透明になっていき、0になりますと完全に透明になった状態になります。

この仕様を利用し、合成モードを設定したレイヤー「不透明度」を下げることで合成モードの効果を弱くすることができます。


少し効果が強いなと感じる方は不透明度を下げて合成モードの効果の強さを調整しましょう。

クリスタの不透明度で合成モードの効果を調整


この不透明度が変わるだけでも印象は変わりますね。

まずは簡単な表現からCLIP STUDIO PAIT(クリスタ)の合成モードを使ってみよう!

今回紹介した方法のように、クリスタで作成した絵の上に同じ絵やグラデーションなどシンプルなものを重ねて合成モードを設定するだけでも絵の印象を変えることができます。

クリスタの合成モードに慣れていない方はこのような簡単な方法から初めてみてはいかがでしょうか◎

慣れてきましたら合成モードを設定したレイヤー上に自分で描画をしていき、陰影や光の表現などできることを増やしていきましょう!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「色選びのセオリー講座」