クリスタの線幅修正ツールの設定と使い方!【線画修正】

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)に搭載されている「線幅修正ツール」の設定内容とその使い方を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の線幅修正ツールとは

クリスタの線幅修正ツールがある場所

クリスタのツールパレットにて「線修正ツール」を選択し、サブツールパレット上部で「線修正」を選択、さらに下部の一覧から「線幅修正」を選択することで 線幅修正ツールを使用することができます。

クリスタの線幅修正ツール
MEMO

クリスタのツールパレットのアイコン表示は選択しているサブツールによって変化します。

クリスタのツールパレットアイコン(線修正ツール)

線幅修正ツールは描画後の線の太さを変更できる!

クリスタの線幅修正ツールはその名の通り、レイヤー上に描画された線の太さを後から変更することができるツールです。

この線幅修正ツールで任意の線をなぞりますとツールプロパティなどで設定した内容に合わせて線の太さを変更してくれます。

クリスタ「指定幅で太らせる」


また、こちらは線だけでなく面に対しても使用することができます。

クリスタの線幅修正ツール(面での使用)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)線幅修正ツールの設定内容

クリスタにて線幅修正ツールを選択しましたら、ツールプロパティ、もしくはサブツール詳細ウィンドウの「線幅修正」項目にて設定を行うことができます。

クリスタ線幅修正ツール「ツールプロパティ」「サブツール詳細」

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


また、各設定に表示される数値(倍率を除く)の単位はクリスタ環境設定「定規・単位」カテゴリーの「長さの単位」項目にて設定した単位になります。

クリスタ環境設定「長さの単位」
クリスタの環境設定サムネ初心者に知ってほしいクリスタの環境設定18選!!
MEMO

線幅修正ツールを使用できるレイヤーに関しては以下の記事を参考にしてください。

レイヤー:サムネクリスタでレイヤーの使い方を理解して絵を描こう!! クリスタのベクターレイヤー使い方サムネクリスタ・ベクターレイヤーの使い方実践例!!

指定幅で太らせる

こちらはラスターレイヤーとベクターレイヤー両方で使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「指定幅で太らせる」


線幅修正ツールで触れた部分の線の太さから入力した数値分の太さを追加して線を太くしてくれます。

クリスタ線幅修正ツール「指定幅で太らせる」

指定幅で細らせる

こちらはラスターレイヤーとベクターレイヤー両方で使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「指定幅で細らせる」


線幅修正ツールで触れた部分の線の太さから入力した数値分の太さを削除して線を細くしてくれます。

クリスタ線幅修正ツール「指定幅で細らせる」


ただし、こちらを何回も同じ線上で使用し続けますと最終的に線が途切れたり消えたりしてしまいますので注意しましょう。

クリスタ線幅修正ツール「指定幅で細らせる」で線画消える
「1ピクセルの線を残す」(ラスターレイヤーのみ)

ラスターレイヤー上で使用する時にのみ設定・利用できる項目になります。

クリスタ線幅修正ツール「1ピクセルの線を残す」


こちらにチェックを入れることで最低限の太さを残してくれるようになり、線を細くし過ぎて線が途切れてしまうのを防いでくれるようになります。

クリスタ線幅修正ツール「1ピクセルの線を残す」


とは言え、細すぎる線は印刷や書き出し時に表示されない可能性もありますので、ある程度の太さはあった方がいいかと思います。

MEMO

ツールプロパティの場合は項目名の左側の「+」をタッチすることで隠れていた「1ピクセルの線を残す」の項目を開くことができます。

クリスタ線幅修正ツール「1ピクセルの線を残す」を開く

指定倍に拡大

こちらはベクターレイヤーのみで使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「指定倍に拡大」


線幅修正ツールで触れた部分のベクター線の太さから入力した数値分の倍率に太くしてくれます。

クリスタ線幅修正ツール「指定倍に拡大」


つまり「元の太さ×入力した数値」の太さになるということですのでここで入力できる数値は1以上になります。

倍率計算なので「指定幅で太らせる」より大幅な修正ができますね。

指定倍に縮小

こちらはベクターレイヤーのみで使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「指定倍に縮小」


線幅修正ツールで触れた部分のベクター線の太さから入力した数値分の倍率で細くしてくれます。

クリスタ線幅修正ツール「指定倍に縮小」


つまり「元の太さ×入力した数値」の太さになるということですのでここで入力できる数値は1以下になります。
※「0以下」は入力できません。

倍率計算なので「指定幅で細らせる」より大幅な修正ができますね。

一定の太さにする

こちらはベクターレイヤーのみで使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「一定の太さにする」


線幅修正ツールで触れた部分のベクター線を入力した数値の太さに変更します。


触れる線や入力した数値によって太くしたり細くしたりできます。

線全体に処理

こちらはベクターレイヤーのみで使用することができます。

クリスタ線幅修正ツール「線全体に処理」


こちらにチェックを入れますと触れた部分だけでなく、線全体の太さを変更してくれるようになります。

クリスタ線幅修正ツール「線全体に処理」のチェックあり・なし


「線全体」とは「制御点が繋がっているベクター線1本分」という意味です。

クリスタのベクター線1本分


関連記事

クリスタは便利!ベクター制御点ツールでこんなことができる!!

制御点を追加して修正

こちらはベクターレイヤーのみで使用することができます。また、「線全体に処理」にチェックが入っている場合は設定・利用できません

チェックを入れますと下部の「滑らかにする範囲」を設定することができるようになります。

クリスタ線幅修正ツール「制御点を追加して修正」


「滑らかにする範囲」の数値が大きいほど線幅修正ツールで触れた部分と触れていない部分の繋がりを滑らかになるようにしてくれます。

クリスタ線幅修正ツール「滑らかにする範囲」


また、こちらの修正には制御点が必要になりますので名前の通り、制御点がない箇所でも制御点を追加して修正されます。

クリスタ線幅修正ツール「制御点を追加して修正」


関連記事

クリスタ:スライダー/インジケーター切り替えサムネクリスタのスライダー/インジケーターは切替えできます!

【補足】

●ブラシサイズの表示位置に注意…!

線幅修正ツールではブラシサイズの設定もあります。

しかしクリスタのツールプロパティにて、ペンツールのブラシサイズは上部に表示されているのに対し、線幅修正ツールは下部に配置されているために誤って1番上にある「指定幅で太らせる」の数値を変化させてしまうこともありますので注意しましょう。

クリスタのペンツールと線幅修正ツールの「ブラシサイズ」設定位置


●「補正」や「入り抜き」設定のあるが…

クリスタの線幅修正ツールは線上をなぞる操作を行うため、ペンツールと同じように「補正」や「入り抜き」といった設定項目があります。

クリスタ線幅修正ツール「補正」


しかし、線幅修正ツールで直接描画するわけではないのでこちらの設定はあまり意味がないかと思います。


CLIP STUDIO PAINT PRO
CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)線幅修正ツールの使い方

線の太さは絵の印象を大きく変えますのでどの部分をどのくらいの太さの線にするかも制作者側の表現力の見せどころになります。

クリスタで描画した線画の太さを部分的に変更・修正する

描画後に線の太さを部分的に修正するといったことができます。

クリスタ線幅修正ツール使用例


元の線を利用しますので描き直しや加筆も不要なのが便利ですね◎


また、修正の他に表現方法として線の太さを変更する場合もあります。

光源による線幅の表現
奥行きによる線幅の表現
ポイント

線幅修正ツールは線に触れるたびに線幅を変更してくれます。

そのため線の太さを修正・調整する場合は小さめの数値を設定し、何回も線に当てて少しずつ線幅の変化を確認しながら修正・調整する方がやりやすいでしょう。

クリスタ線幅修正ツールを複数回使用する

ラスターレイヤー上の線幅修正も可能!

先述の通り、クリスタの線幅修正ツールの機能の内「指定幅で太らせる」と「指定幅で細らせる」はラスターレイヤー上の線でも使用することができます。

そのため、ラスターレイヤーで線画を描く方も利用することができます。

ラスターレイヤーの線幅修正に関しては以下の記事でも紹介してますので参考にしていただければと思います。

クリスタ:線幅修正サムネクリスタでラスターやアナログ原稿の線幅を変更できます!!
注意

線幅修正ツールは周りが透明部分である箇所でしか使用できません

そのため、同じレイヤー上で線画の周りを塗りつぶしされている箇所では線幅は変更されません。

クリスタ線幅修正ツール(ラスターレイヤーで周りが塗られている場合)


別レイヤーで線画部分と塗りつぶし部分が分かれていれば問題なく使用できます。

クリスタ線幅修正ツール(ラスターレイヤーで周りが塗られていない場合)

線を均一にする

ペンツールで描画する場合、筆圧検知機能を搭載しているデバイスを使用していれば筆圧によって線の太さが変わっていびつな線になってしまう時があります。

こういった時に線幅修正ツールの「一定の太さにする」機能で線の太さを均一にすることで仕上がりをキレイにすることができます。

クリスタ線幅修正ツール「一定の太さにする」使用例


こちらは物や建物など均一な線が適している絵で使用するといいでしょう。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の線幅修正ツールで線画の印象を調整しよう!

線を太くしたいだけでしたら加筆でも十分ですが、細くすることもできるクリスタの線幅修正ツールは修正用ツールとしてかなり便利で使用頻度も高くなるツールだと思います。

「太くする」「細くする」と操作としてもシンプルなものですので初心者の方でも簡単に利用することができるのもいいですね◎

先述の通り線の太さ1つで絵の印象も変わりますので線幅修正ツールを利用してワンランク上の絵を目指しましょう!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「身体の描き方講座」

▶講座について詳しく見る