various sun 18:ポンコツ兄さん(15P/19P) 公開中!

クリスタ購入でカスタム自由な3Dデッサン人形が使い放題!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には3Dデッサン人形が標準で搭載されています。

この3Dデッサン人形に様々なポーズをさせることでキャラを描く時の参考にできるわけですね。

クリスタ3Dデッサン人形


そしてクリスタの3Dデッサン人形は頭身や体型を自由に変更できるのです!

クリスタ3Dデッサン人形のカスタマイズ


今回はそちらを紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)3Dデッサン人形の基本情報

【注意】クリスタを使用するデバイスの性能を確認しよう!

クリスタで3Dデッサン人形を使用する場合、使用するデバイス(パソコン・タブレット・スマートフォン)にある程度の性能があることが条件になります。

とはいえ、私が所有する2018年のスマートフォンでも使用できることを確認できましたから、よほど古いデバイスでない限りは使用できるかと思います。

クリスタ3Dデッサン人形(スマートフォン)


参考記事

動作環境:コンピュータクリスタの動作環境「コンピュータ本体」の意味を解説します!

クリスタ3Dデッサン人形の種類

クリスタの3Dデッサン人形には以下の4種類のデッサン人形が標準搭載されています。

●3Dデッサン人形(男性)

●3Dデッサン人形(女性)

●3Dデッサン人形-Ver.2(男性)

●3Dデッサン人形-Ver.2(女性)

クリスタ3Dデッサン人形(4種)


「3Dデッサン人形」はリアルな体型のデッサン人形であり、「3Dデッサン人形-Ver.2」はイラスト・漫画向けの体型のデッサン人形になります。

その為、基本的には「3Dデッサン人形-Ver.2」の方を使用する場合が多いかと思います。

3Dデッサン人形の表示方法

クリスタの3Dデッサン人形は「素材」ですので素材パレットの中に入っています。

パソコン・タブレット用クリスタの場合

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「素材」→「素材[3D]」と選択しましょう。

クリスタ「素材(3D)」

※素材の項目の並び順は人によって異なります。


するとCLIP STUDIO PAINT画面右側に素材パレットが開きます。

クリスタの素材パレット(3D)
MEMO

「素材[3D]」の項目がない場合は別の項目を選択して素材パレットを開き、左上の一覧から「3D」を選択しましょう。

クリスタの素材パレット一覧(3D)


「素材[3D]」のパレットが開きましたら左上の項目で「体型」を選択しますと素材パレット右側に3Dデッサン人形の一覧が表示されます。

クリスタの素材パレット(3Dデッサン人形)
MEMO

「体型」の項目がない場合は折りたためられているので「3D」の項目を展開させましょう。

クリスタの素材パレット一覧(体型)


後は任意の3Dデッサン人形をキャンバスにドラッグするだけでデッサン人形を表示させることができます。

※キャンバスが漫画原稿用紙の場合、3Dデッサン人形をオブジェクトツールで選択中は基本枠などのガイド線が一時的に非表示になるようです。

クリスタで3Dデッサン人形をキャンバスにドラッグ

スマートフォン用クリスタの場合

CLIP STUDIO PAINT画面下部の「素材パレットのアイコン」をタップします。

MEMO

素材パレットのアイコンがない場合はCLIP STUDIO PAINT画面左上メニューアイコン「≡」→「アプリ設定」→「パレットバー設定」と選択することで開く設定画面で「素材」の項目にチェックを入れましょう。

※数字はどれでもよいです

スマートフォン用クリスタの「パレットバー設定」(素材パレット)


素材パレットが開きましたら上部の「フォルダのアイコンをタップ」→「体型」とタップし、最後に下部の「OK」をタップします。

スマートフォン用クリスタの素材パレット「体型」


すると素材パレットに3Dデッサン人形の一覧が表示されます。

スマートフォン用クリスタの素材パレット(3Dデッサン人形)


後は任意の3Dデッサン人形をタップして下部の「選択中の素材をキャンバスに貼り付け」のアイコンをタップする、

もしくは「ドラッグ用アイコン」を触りながらキャンバスにドラッグすることで3Dデッサン人形を表示させることができます。

スマートフォン用クリスタで素材をキャンバスに表示

素材パレットに3Dデッサン人形が見当たらない場合

3Dデッサン人形が見当たらない時は「追加素材」をダウンロードしてみて下さい。

この作業によって3Dデッサン人形が素材パレット内に追加される可能性があります。

追加素材ダウンロード:サムネクリスタの追加素材は新規ダウンロード時以外でも入手できます!!

クリスタ3Dデッサン人形の操作

アイコン表示

クリスタの3Dデッサン人形をオブジェクトツールで選択しますと、上下にアイコンが表示されます。

クリスタ3Dデッサン人形で表示されるアイコン


「オブジェクトランチャー」が表示されない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「オブジェクトランチャー」と選択しましょう。

クリスタ「表示」-「オブジェクトランチャー」

表示サイズの変更方法

クリスタの3Dデッサン人形は最初に表示させるとキャンバス全体に表示されます。

この表示サイズを変更させたい場合はオブジェクトツールでカメラに縦の矢印があるアイコンを選択した状態で3Dデッサン人形以外の部分をドラッグ操作しましょう。

※3Dデッサン人形部分をドラッグ操作しますとポーズが変更されます。

クリスタの3Dデッサン人形の表示サイズを変更するアイコン


下もしくは右にドラッグで拡大表示され、上もしくは左にドラッグで縮小表示されます。

(正確にはカメラをズームイン・アウトを行っています。)

クリスタの3Dデッサン人形の表示サイズ変更

移動方法

クリスタの3Dデッサン人形を移動したい場合はオブジェクトツールでカメラに十字の矢印があるアイコンを選択した状態で3Dデッサン人形以外の部分をドラッグ操作しましょう。

(正確には3Dデッサン人形ではなくカメラの位置を移動しています。)

※3Dデッサン人形部分をドラッグ操作しますとポーズが変更されます。

クリスタの3Dデッサン人形の表示位置を変更するアイコン
クリスタの3Dデッサン人形の表示位置を変更
MEMO

箱に十字の矢印があるアイコンでも3Dデッサン人形を移動させることができます。

その場合、「地面」と切り離した移動になります。

クリスタの3Dデッサン人形の表示位置を変更(オブジェクトのみ)

クリスタPRO・EXどちらでも使用可能!

クリスタの3Dデッサン人形は標準搭載ですのでクリスタEXはもちろん、下位グレードのクリスタPROでも使用することができます。

ただし、3D素材を操作するのに便利な「4面図パレット」はクリスタPROで使用することができません。

クリスタEXの四面図パレット
クリスタ:PROとEXの違いクリスタPROとEXの機能の違い全29項目を紹介します!!

CLIP STUDIO PAINT PRO


CLIP STUDIO PAINT EX


3Dデッサン人形をお好みの体型にカスタマイズしよう!

3Dデッサン人形を表示させましたら、自身の絵柄に合わせた頭身や体型に変更していきましょう。

市販されているデッサン人形でしたら頭身はそのままで絵を描く際に自分の頭の中で描きたい絵柄の頭身に変換しなければなりませんが、クリスタの3Dデッサン人形でしたらデッサン人形そのものの頭身を変更できる為、そのまま絵の参考にすることができます

まずは自分の絵柄の身長・頭身・体型を確認しよう

クリスタの3Dデッサン人形をカスタマイズするにはキャラクターの「身長」と「頭身」の数値データと「体型」の情報が必要になります。

その為、カスタマイズをする前に自分のキャラクターの身長・頭身・体型を確認しましょう。

身長は自分で自由にキャラクターに合った数値を決めるといいでしょう。

頭身と体型の決め方は以下の2つの方法があるかと思います。

●数値として自分で設定を決める

キャラクターの正面画の画像を用意し、そこから計測する

オリジナルキャラクター正面図


自分で描いたキャラクターの正面画から計測する場合は、クリスタの直線定規に目盛りを表示させて計測すれば自身のキャラクターの頭身が分かるかと思います。

クリスタの直線定規(目盛り)


このキャラクターの正面図を計測してみたところ、全身が43mm、頭部が7mmでしたので

43÷7≒6.14

となり約6.1頭身だと分かりますね。

3Dデッサン人形のサブツール詳細で頭身・体型をカスタマイズ!

クリスタのキャンバス上に3Dデッサン人形を表示させますとオブジェクトツールを選択した状態になります。

クリスタの3Dデッサン人形(オブジェクトツール)


この状態でツールプロパティ右下にある「スパナのマーク」を選択して「サブツール詳細ウィンドウ」を表示させます。

クリスタ3Dデッサン人形のサブツール詳細
CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


サブツール詳細ウィンドウが表示されましたら左側の項目から「体型」を選択しましょう。

右側の設定項目が切り替わります。

クリスタ3Dデッサン人形のサブツール詳細「体型」
MEMO

スマートフォン用クリスタの場合は上部の項目名をタップすることで表示される一覧の中から選択しましょう。

「体型1」と「体型2」に分かれています。

スマートフォン用クリスタの3Dデッサン人形(サブツール詳細-体型)

身長と頭身を設定しよう!

「体型」の設定項目の中からまずは身長と頭身の数値を直接入力していきます。

今回のキャラクターの身長は171㎝ということにしますので「身長」を「171.0(mm)」、頭身を「6.1」と入力します。

クリスタ3Dデッサン人形のサブツール詳細(身長・頭身)
MEMO

頭身を身長に合わせて調整」にチェックが入っていますと、身長の数値を変更した際に自動で頭身の数値も変更されます。

自身でどちらも設定したい場合はチェックを外しましょう。

クリスタ3Dデッサン人形「頭身を身長に合わせて調整」

「体型」をパーツ別に設定していこう!

次に体型を設定していきます。

クリスタの3Dデッサン人形は「全身」「頭」「肩」「胴体」「腕」「手」「腰」「脚」「足」の計9つの項目で細かい設定ができます。

クリスタ3Dデッサン人形「体型変更」


設定を行いますとキャンバス上に表示している3Dデッサン人形にすぐ反映されますので目で確認しながら設定することができます。

クリスタ3Dデッサン人形の体型変更


各パーツを設定する際は自身のキャラクターの正面図を(不透明度を下げて)重ねて表示しておけばより設定がしやすいかと思います。

クリスタの3Dデッサン人形とキャラクター正面図


また、設定をリセットしたい場合は各設定でグラフの右上にある丸いアイコンをタッチしましょう。

「初期体型」をタッチしますと身長・頭身を含めた全ての設定がリセットされます。

クリスタの3Dデッサン人形の体型をリセット
「全身」

「全身」を設定する場合は人型マークの左の箇所を選択します。

クリスタ3Dデッサン人形の全身設定


全身を設定できるようになりましたら人型のマークの右側のグラフ内の「+」マークを移動させることで体型を設定していきます。


例えばこんな感じです↓

クリスタ3Dデッサン人形の全身設定例


また、グラフ下で数値による設定もできます。

クリスタ3Dデッサン人形の全身設定(数値入力)
「頭」「頭」「肩」「胴体」「腕」「手」「腰」「脚」「足」

「全身」以外の8つの設定は人型マークの各パーツを選択することで設定できるようになります。

クリスタ3Dデッサン人形の各パーツ設定


設定方法は「全身」同様、グラフ内の「+」マークを移動させることでできます。

この8つの項目に関しましては縦方向・横方向で長さ・太さを設定する形になります。

※「肩」と「腰」は横幅のみの設定になります。


例えばこんな感じです↓

クリスタ3Dデッサン人形の脚設定例


また、設定後に「比率を維持する」にチェックを入れますとその設定の比率を維持したままサイズの変更ができます。

クリスタ3Dデッサン人形の各パーツ設定(比率を維持する)

クリスタ3Dデッサン人形カスタマイズ時の注意点…!

「身長」「頭身」は設定中に変更される可能性がある…!

各パーツの長さの設定を行いますとそれに合わせて身長・頭身の数値が自動で変更されてしまいます

クリスタ3Dデッサン人形を設定後の「身長」「頭身」


その為、キャラクターの身長・頭身を数値として決めている場合は最後に身長を元々入力していた数値に戻して調整する必要があります。


特に身長や頭身にこだわりがなく、キャラクターの正面画に合わせて3Dデッサン人形の設定を行ったのであれば変更された数値をそのまま採用するというのもアリだと思います。

マウスホイールの操作に注意…!

通常、クリスタで制作をする場合はマウスホイールでキャンバスの拡大・縮小表示が行えます。

しかし、オブジェクトツールで3Dデッサン人形を選択中にマウスホイールを操作しますとサブツール詳細ウィンドウ「カメラ」の項目にある「パース」の数値が変更され、3Dデッサン人形の表示がパースがかかっているように変化してしまいますので注意しましょう。

※3Dデッサン人形のパーツを選択した状態でマウスホイールを操作しますと選択したパーツの角度が変更されます。

クリスタ3Dデッサン人形「パース」

設定後は3Dデッサン人形を床面に設置させよう

クリスタの3Dデッサン人形を設定していきますと影の位置がズレてきます

クリスタ3Dデッサン人形設定後の地面の位置


こういう場合は「オブジェクトランチャー」の「モデルを床面に設置」のアイコンをタッチすることで影の位置を戻すことができます。

クリスタ3Dデッサン人形を床面に接地する

今回カスタマイズした3Dデッサン人形

今回のキャラクターを基にカスタマイズした3Dデッサン人形は以下のようになりました。

クリスタ3Dデッサン人形をキャラクターに合わせてカスタマイズ


髪の毛や服による膨らみも考慮して設定しました。

何度も使用する場合は3Dデッサン人形の設定を保存しよう!

漫画のキャラクターなど、何度も使用する機会がある場合は設定した3Dデッサン人形の体型をクリスタに登録しましょう。

3Dデッサン人形のサブツール詳細ウィンドウ、もしくは3Dデッサン人形の下部に表示されているオブジェクトランチャーの「素材登録のアイコン」を選択しましょう。

クリスタのサブツール詳細「素材登録」
クリスタ3Dデッサン人形の素材登録アイイコン


すると以下のウィンドウが開きますので「素材名」と「保存先」、必要であれば「検索用タグ」を入力して「OK」を選択しましょう。

クリスタで素材登録
MEMO

「検索用タグ」とは素材パレットの左下に表示されるもので、検索バーに入力したりユーザータグで選択したりすることで右側の素材一覧を絞り込み表示させることができます。

素材が多く、どこに何があるのか分からない時に使用するものです。

クリスタの素材パレット(ユーザータグ)


これで素材パレットに設定した3Dデッサン人形が登録されましたので、次から使用する場合は同じように素材パレットからキャンバスにドラッグ移動などで表示させることができます。

クリスタで3Dデッサン人形を素材登録

カスタマイズした3Dデッサン人形にポーズを付けよう!

自分のキャラクターと同じ体型の3Dデッサン人形ができましたら後は描きたいポーズを付け、それを参考に絵を描いていきましょう。

クリスタ3Dデッサン人形を参考に絵を描く


クリスタの3Dデッサン人形は指1本単位で操作できますよ◎

クリスタの3Dデッサン人形(指)


クリスタ3Dデッサン人形にポーズを付ける方法に関しては以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタ3Dデッサン人形ポーズサムネクリスタ3Dデッサン人形にポーズをつける3つのコツ!!
MEMO

クリスタに限らず、3Dデッサン人形のポーズを付ける操作はなかなか難しい為、思い通りのポーズを付けるようになるには慣れが必要です。

スマートフォン用クリスタでしたら1日1時間まで無料で使用できますのでそちらで操作を体験したり慣れたりするのも1つの手かと思います。

クリスタAndroid版サムネクリスタがAndroidスマホで使える!始め方と使い方紹介!

【補足】CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)にはキャラクター素材もある

クリスタの3D素材パレットの「キャラクター」の項目には4種類のキャラクター素材が標準搭載されています。

クリスタのキャラクター素材


こちらは体格を変更することができませんが、髪型や表情、服装も用意されている選択肢から選び変更させることができます。

クリスタのキャラクター素材(内容変更)


もちろんポーズを付けることも可能で、さらに髪などをなびかせることもできます。

クリスタ:3D物理設定


オリジナルキャラクターにはなりませんが、絵を描く際の参考にはなるかと思います。

MEMO

キャラクター素材が見当たらない時は「追加素材」をダウンロードしてみて下さい。

追加素材ダウンロード:サムネクリスタの追加素材は新規ダウンロード時以外でも入手できます!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の3Dデッサン人形を自分の絵柄にカスタマイズしよう!

クリスタで3Dデッサン人形が使えるということは聞いたことがあっても、体型を自由にカスタマイズできることは知らなかったという方も多いのではないでしょうか。

また、市販のデッサン人形ではなかなかできないポーズも付けることができます

クリスタの3Dデッサン人形(正座)


これがクリスタを購入するだけで自由に使えるわけですね◎

描きたいポーズが描けないとなった時は是非この3Dデッサン人形をカスタマイズして利用してみて下さい。

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「ポーズと構図のコツ」