仕事・授業で!クリスタのボリュームライセンスまとめ!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)を「会社での仕事用ソフト」や「(芸術系)学校での授業用ソフト」として使用したい場合に利用できるクリスタのボリュームライセンスに関して紹介させていただきます。

こちらは企業や教育機関などの法人向けのサービスになります。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタのボリュームライセンス申し込みサムネクリスタ・ボリュームライセンスの申し込み方法!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のボリュームライセンスとは

1つのライセンスでクリスタが複数台のデバイスもしくは複数のユーザーで利用できる!

クリスタは基本的に1人のユーザーが1つのライセンスを所有し、1~4台のデバイスで使用することができます。

※使用できるデバイスの台数は商品や契約によって変わります。

クリスタ疑問サムネクリスタとは何?初歩的な疑問にお答えします!!


しかし、この「ボリュームライセンス」を契約することで1人のユーザー(代表者)が1つのライセンスを所有するだけで「複数台のデバイスでクリスタを使用する」といったことができるようになります。

クリスタのボリュームライセンス


また、「クリスタがインストールされている1台のデバイスを複数のユーザーが使用する(マルチユーザー)」こともできます。

クリスタのボリュームライセンス(マルチユーザー)


上記のようなクリスタの使い方は本来、CLIP STUDIO PAINT製品使用許諾契約書で許可されていませんが、ボリュームライセンスを契約することで可能になるのです。

クリスタ・ボリュームライセンスの管理に関して

クリスタの製品版を使用する場合は各デバイスのCLIP STUDIO PAINT内でアカウントにログインし、ライセンスの認証を行う必要があります。

アカウント登録【クリスタ】アカウント登録の方法は3ステップ!初心者の為に画像付きで解説!


また、CLIP STUDIO PAINTの画面からはシリアルナンバーも後半は分からなくなっていますので第三者に知られることもありません。

※シリアルナンバーはパソコン用クリスタで利用するものです。

クリスタのシリアルナンバー

ボリュームライセンスは企業・教育機関などの法人向けサービス!

クリスタのボリュームライセンスは仕事でクリスタを社員が使用する場合や、芸術系の教育機関でイラストや漫画の描き方を教える際にクリスタを使用する場合などで利用する為の法人向けサービスになります。

ボリュームライセンスの申し込み欄にも企業・学校名の必須入力欄があります。

クリスタのボリュームライセンス申し込みフォーム

ボリュームライセンスでは使用できるデバイス数を分けることができる!

例えば教育機関などで全国に校舎や教室がある場合でも、1つのボリュームライセンス契約で使用台数を分けることが可能です。

クリスタのボリュームライセンスの分割

使用できるデバイスはパソコン(Windows/mac OS)とiPadのみ

パソコン(Windows/mac OS)とiPad


クリスタのボリュームライセンスは2021年5月現在、パソコン(Windows/mac OS)とiPadのみで使用できます。

※個人で保有・管理するiPad端末では利用できません。

クリスタデバイス別機能の違いサムネクリスタのパソコン・タブレット・スマホによる機能の違い!!


また、パソコン用の契約とiPad用の契約は別になります。

パソコン用ボリュームライセンス製品内容

●インストールディスク×1

●スタートアップガイド×1

●導入手順書×1

iPad用ボリュームライセンス製品内容

●デジタルデータでの提供


マニュアルは基本的にPDFデータを無料ダウンロードする形になります。

冊子のスタートアップガイドが必要な場合は担当者に相談することで別途購入が可能です。

MEMO

個人でクリスタを購入・契約する場合はパソコン(Windows/mac OS)・タブレット・スマートフォンで使用することができます。

使用できるクリスタのグレードは「EX」

ボリュームライセンス契約で使用できるクリスタのグレードは全ての機能が使用できるCLIP STUDIO PAINT EXになります。

クリスタ:PROとEXの違いクリスタPROとEXの機能の違い全29項目を紹介します!!

クリスタのボリュームライセンスは年間契約(サブスクリプション)

クリスタのボリュームライセンスは年間契約となり、年額を支払うことで利用することができます。

使用台数が多いほど割安になっています。

買い切り版は残念ながら(2021年5月現在)ありません。

ボリュームライセンスは自動更新!

クリスタのボリュームライセンスの契約は1年ごとの自動更新になります。

その為、1度契約すればその後は更新手続きを行う必要はありません。


解約したい場合は2か月前までに書面での連絡が必要です。その際の返金はありません。

パソコンとiPadで最小契約台数が異なる

クリスタのボリュームライセンスを契約する際、最小の契約台数はパソコン用かiPad用かで異なってきます。

また、iPad用のボリュームライセンスは契約者が企業か教育機関かでも最小契約台数が異なります。

パソコン用10台から契約可能
iPad用(企業)50台から契約可能
iPad用(教育機関)100台から契約可能

クリスタ・ボリュームライセンスの料金

パソコン(Windows/mac OS)用ボリュームライセンス

使用台数料金(税込み)/年割引率1台当たりの料金
1013万2000円1万3200円
2023万7600円10%OFF1万1880円
3033万6600円15%OFF1万1220円
4042万2400円20%OFF1万560円
5049万5000円25%OFF9900円
6055万4400円30%OFF9240円
7060万600円35%OFF8580円
8063万3600円40%OFF7920円
9065万3400円45%OFF7260円
10066万円50%OFF6600円
20092万4000円65%OFF4620円
300133万6500円約66%OFF4455円
400171万6000円67.5%OFF4290円
500206万2500円約69%OFF4125円
600237万6000円70%OFF3960円
700265万6500円約71%OFF3795円
800290万4000円72.5%OFF3630円
900311万8500円約74%OFF3465円
1000330万円75%OFF3300円
2021年5月現在

iPad用ボリュームライセンス

事前情報

後述しますが、iPad用のボリュームライセンスを利用する場合はApple Developer Enterprise Program(ADEP)の契約も必要になります。

その為、新規導入の場合はASEP契約料の分を値引きされた料金(-4万円)で契約することができます。

使用台数料金(税込み)/年ADEP分値引き料金(税込み)/年
5039万円35万円
6046万8000円42万8000円
7054万6000円50万6000円
8062万4000円58万4000円
9064万1520円60万1520円
10064万8000円60万8000円
20092万4000円88万4000円
300133万6500円129万6500円
400171万6000円167万6000円
500206万2500円202万2500円
2021年5月現在


70台まではパソコン用に比べてiPad用ボリュームライセンスの方が10~30%ほど安くなっていますが、80~100台までは2~8%ほど安くなっているだけでそこまで大きな差はありません。

また、ADEP分の値引きがない場合、200台以降はパソコン用ボリュームライセンスと同じ料金になっています。

※公式でも600台以降の料金の記載がないのも金額が同じだからと思われます。

使用台数の追加も可能!

クリスタのボリュームライセンスは契約後に使用台数を追加させる(使用台数の多い契約に変更する)こともできます。

その場合でも契約の更新月は変更されません。

契約を変更した月から更新月までの期間を月割り算出した追加料金を支払う形になります。

●50台の契約をし、9ヶ月後に10台分を追加(計60台)した場合
〈9ヶ月は50台分、残り3ヶ月は60台分の契約〉


60台分の料金(55万4400円)の3ヶ月分(13万8600円)から50台分の料金(49万5000円)の3ヶ月分(12万3750円)を引いた1万4850円を追加で支払う

※クリスタ公式サイトでは「追加も可能」という記載しかされていません。使用台数を減らしたい場合は後述のボリュームライセンス専用問い合わせから確認していただければと思います。

クリスタ・ボリュームライセンスは様々な環境にも対応!

「シンクライアント」「プロキシ―」

クリスタのボリュームライセンスは必要最低限の機能を搭載した端末を使用する「シンクライアント」や中継サーバーを利用する「プロキシ―」の環境にも対応しています。

近年増えてきているリモートワークでも利用できそうですね。

ただし、クリスタの設定などを保存する「ドキュメント(Windows)」「書類(macOS)」のフォルダーが各端末に必要になりますので注意しましょう。

復元ソフト

クリスタのボリュームライセンスはパソコンを再起動することで設定した復元ポイントまで戻すといった機能を持つ復元ソフトを使用した環境にも対応しています。

クリスタの公式サイトでは「瞬快」「ディープフリーズ」を使用する環境での導入実績が記載されています。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ボリュームライセンスの申し込み方法

クリスタのボリュームライセンスは通常の購入ページから申し込みページを開くことができます。


CLIP STUDIO PAINT EX



詳しくは以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタのボリュームライセンス申し込みサムネクリスタ・ボリュームライセンスの申し込み方法!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)ボリュームライセンスの注意点

クリスタ・iPad用ボリュームライセンスは面倒…!?

先述の通り、クリスタのボリュームライセンスはパソコン用とiPad用の2種類があり、それぞれ別の契約になります。

その中でiPad用ボリュームライセンスはクリスタとの契約の他に「Apple Developer Enterprise Program(ADEP)」「法人向けモバイル管理システム(MDM)」の契約が別で必要になります。


この「Apple Developer Enterprise Program(ADEP)」ですが、検索しますとiOSアプリ開発をする際に必要な契約らしく、「近年では審査が厳しくてなかなか契約できない」といった記述のある記事も見かけました。

このようなことから、iPad用ボリュームライセンスの契約はパソコン用と比べて少々面倒な仕組みになっているように感じます。


また、クリスタ公式ページにて「法人向けモバイル管理システム(MDM)はJamfProを推奨」という表記のされ方をしていますが、iPad用ボリュームライセンスの説明ではJamfProの契約を前提に紹介されています。

※「JamfPro」では事前テストも必要になります。

問い合わせはクリスタのボリュームライセンス専用窓口へ

クリスタには個人的に質問などを送ることができるCLIP STUDIO SUPPORTというサービスがあります。


しかし、ボリュームライセンスに関しては別で専用の問い合わせフォームが用意されています。

ボリュームライセンスに関しての問い合わせはこの専用の問い合わせフォームからでないと受け付けてくれませんので注意しましょう。

また、必須記入欄に「会社・学校名」の項目がありますので個人での問い合わせはできないものかと思います。

クリスタのボリュームライセンス専用問い合わせフォームへの行き方

クリスタのボリュームライセンス専用問い合わせフォームは申し込みページにあります。

まずは以下のリンクからクリスタの通常購入ページを開きます。

※表示に時間がかかります。


CLIP STUDIO PAINT EX


クリスタの購入ページが開きましたら、「一括払い(23000円)で購入する」を選択して下さい。

※この段階ではまだ購入することになりませんのでご安心下さい。

クリスタEX「一括払いで購入する」


次に開くページで下部にある「CLIP STUDIO PAINT EX ボリュームライセンス サブスクリプション版」を選択しましょう。

クリスタ「ボリュームライセンスサブスクリプション版」


するとボリュームライセンスの紹介ページが開きます。

クリスタのボリュームライセンス紹介ページ


このページの中央もしくは下部に「お問い合わせ・購入の申し込み」というボタンがありますのでこちらを選択します。

クリスタのボリュームライセンス「お問い合わせ・購入の申し込み」


すると別のボリュームライセンス紹介ページが開き、このページの下部に問い合わせフォームがあります

クリスタのボリュームライセンス「問い合わせフォーム」

あとがき

以上がクリスタのボリュームライセンスに関する情報になります。

企業・教育機関向けのサービスであり、問い合わせも個人的にできないものになってますのでさらに詳しい内容は直接問い合わせていただかないといけませんが、割引率などクリスタの公式サイトでは紹介されていない情報も書かせていただきました。

クリスタのボリュームライセンスに関して興味がある方の参考になればなと思います。

それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー