クリスタのレイヤーを色分けできるパレットカラー機能!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

デジタルでイラストや漫画を描く場合、レイヤーの枚数が多くなって探すのが大変と思った方も多いのではないでしょうか。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には、レイヤーを見分けるための機能として「パレットカラー」というものがあります。


今回はそちらを紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「パレットカラー」とは

クリスタでレイヤーの端を色付けする機能!

クリスタの「パレットカラー」とはレイヤーパレット内の各レイヤーの左側に色を付ける機能です。

クリスタのパレットカラー


用意されている6色から選択することもできますし、自分でお好みの色を指定することも可能ですよ。

レイヤーを用途別に色分けしてクリスタ作業をスムーズにできる!

クリスタのレイヤーを「線画用のレイヤーはこの色」、色塗り用のレイヤーはこの色」という風に用途別に色分けすることで視覚的にレイヤーの管理を行いやすくすることができます。

クリスタのパレットカラーで色分け

【注意】パレットカラーはレイヤーごとに設定が必要…!

クリスタのパレットカラーは各レイヤー1つ1つに手動で色を設定していかなければなりません。


この作業を効率化させたい場合は、オートアクションに「レイヤー作成→レイヤー名変更→パレットカラー指定」といった動作を登録する、もしくは予めパレットカラーを設定した複数のレイヤーを素材として登録しておくなどしておくといいでしょう。

クリスタのオートアクションサムネ操作1つで複数作業!クリスタのオートアクション紹介!!


※レイヤーを素材登録する方法は後日記事を書かせていただきますのでしばらくお待ちください…!


ただし、1度パレットカラーを設定して保存をした場合はそのクリスタデータ(ファイル)を閉じても次に開いた時はパレットカラーの設定も残っています

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でパレットカラーを設定する方法!

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタのレイヤーパレットで色を選択するだけ!

クリスタのパレットカラーの設定方法はとても簡単です◎


まずクリスタのレイヤーパレットにて、パレットカラーを設定したいレイヤーを選択し、レイヤーパレット左上のパレットカラーアイコン(「ロ」マーク部分)をタッチしましょう。

クリスタのパレットカラーアイコン


すると以下のように小さいウィンドウが開きます。

あとはここでパレットカラーを選択するだけです。

クリスタのパレットカラー選択

クリスタが用意してくれている色を選択する場合

クリスタのパレットカラーには予め「赤色」「橙色」「黄色」「緑色」「青色」「紫色」の6色が用意されています。

これらの色を選択することでレイヤーの左側に色を付けることができます◎

クリスタでパレットカラーを設定

自分でパレットカラーを指定する場合

クリスタが用意してくれた色以外を自分で指定してパレットカラーにしたい場合は「その他の色を使用」を選択しましょう。

クリスタのパレットカラー「その他の色を使用」


すると「色の設定ウィンドウ」が開き、こちらで色の指定ができます。

クリスタ「色の設定ウィンドウ」


「色の設定ウィンドウ」での色の選択画面はウィンドウ上部で切り替えることができます。

左側で直接色を選択することもできますし、右側で数値を指定して色を決めることもできます。

クリスタ:カラー選択


また、「スポイトマーク」をタッチしますと画面内の色を取得して選択することもできます。

クリスタ「色の設定ウィンドウ」(スポイト)


既にお好みのパレットカラーを設定している別のレイヤーと同じパレットカラーを使用したい場合はこのスポイトでパレットカラー部分をタッチして取得しましょう。

クリスタ「色の設定ウィンドウ」(スポイト)
MEMO

パレットカラーを何もして設定していない場合、初期カラー(色の設定ウィンドウ左上の色)は黒色になります。


また、黒色を選択中は「カラーサークル2」の色が黒一色になっています。サークル右側のバーで1度白色に変えますとサークル内の色もカラフルになります。

クリスタ・パレットカラーの「色の設定ウィンドウ」(カラーサークル2)


パレットカラーにしたい色を設定しましたら、選んだ色が「色の設定ウィンドウ」左上の表示の下半分に表示されます。

クリスタ「色の設定ウィンドウ」(色を選択)


ここで右上の「OK」を選択しましょう。「色の設定ウィンドウ」が閉じてレイヤーの左側が選択した色になります◎

クリスタ「パレットカラー」(他の色を使用)

パレットカラーを変更する場合

1度設定したパレットカラーを変更したい場合は上記のパレットカラーの設定方法をもう1度行いますとパレットカラーが上書きされて変更されます。

1度設定を消すという作業は必要ありません。

パレットカラーを含むフォルダーにも表示させたい場合

パレットカラーが設定されているレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤー設定」→「 パレットカラーを親フォルダーにも表示」と選択しましょう。

クリスタ「パレットカラーを親フォルダーにも表示」


すると、クリスタのレイヤーパレットにてパレットカラーが設定されているレイヤーをレイヤーフォルダー内に入れた場合にレイヤーフォルダーも自動で同じパレットカラーが表示されるようになります。

クリスタ「パレットカラーを親フォルダーにも表示」


そのため、レイヤーフォルダーを折りたたんだ状態でもレイヤーの場所を把握することができます◎

クリスタ「パレットカラーを親フォルダーにも表示」(フォルダーを折りたたむ)


こちらの表示を解除したい場合は同じように「パレットカラーを親フォルダーにも表示」を選択しましょう。

※レイヤーフォルダーではなくパレットカラーを選択した状態で行うのを忘れないようにしましょう。

MEMO

こちらの設定も各レイヤーごとに行うものであり、クリスタ全体やキャンバス全体の設定ではありません

新しくパレットカラーを設定した場合はそのレイヤーにも「パレットカラーを親フォルダーにも表示」の設定を行わないとレイヤーフォルダーにパレットカラーは表示されません。


また、複数のレイヤーに「パレットカラーを親フォルダーにも表示」の設定がされている場合は上の方にあるレイヤーのパレットカラーが表示されます。

クリスタ「パレットカラーを親フォルダーにも表示」(複数)


ちなみにレイヤーフォルダー自体にもパレットカラーを設定することは可能です。

その場合、「パレットカラーを親フォルダーにも表示」を設定しているレイヤーが入っている場合でもレイヤーフォルダー自体のパレットカラーが表示されます。

クリスタのフォルダーにパレットカラーを設定

レイヤーを複製するとパレットカラーの設定も複製される

クリスタのレイヤーはCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択する、もしくは[Alt(Option)]+ドラッグなどで複製することができます。


複製するレイヤーにパレットカラーが設定されている場合はその設定も複製されます。

クリスタでパレットカラーを設定したレイヤーを複製

パレットカラーの設定を解除したい場合

1度設定したパレットカラーを消して通常のレイヤー表示に戻したい場合はクリスタのレイヤーパレット左上のパレットカラーアイコンをタッチして「パレットカラーを使用しない」を選択しましょう。

クリスタ「パレットカラー」(パレットカラーを使用しない)


これでパレットカラーの表示が消え、通常のレイヤー表示に戻ります。

アニメーション制作でもクリスタのパレットカラーは役に立つ!

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤー設定」→「パレットカラーをキャンバスにも表示」と選択しますと設定しているパレットカラーの1/2の不透明度でキャンバス上にも表示されるようになります。

クリスタ「パレットカラーをキャンバスにも表示」
クリスタ「パレットカラーをキャンバスにも表示」


こちらはイラストや漫画制作時にはどのレイヤーを選択していてもキャンバス上に表示されてほぼ意味のない機能なのですが、アニメーション制作時に活躍できる機能なのです。


クリスタの「パレットカラーをキャンバスにも表示」の機能はアニメーション制作におきまして、「タイムラインパレット」でパレットカラーを設定しているレイヤーが割り当てられているフレームを選択した時にキャンバス上にもパレットカラーが表示されるという機能です。

クリスタ「パレットカラーをキャンバスにも表示」(アニメーション)


タイムラインパレットにおきましては別のレイヤーが割り当てられているフレームを選択している場合は元のキャンバス表示に戻ります。

クリスタ「パレットカラーをキャンバスにも表示」(アニメーション)

【使用例】修正レイヤーを発見できる!

例えばアニメーション制作中に1つのレイヤーを修正したとします。

この修正したレイヤーがアニメーションの中で複数個所のフレームに使用されている場合、どのシーンでも修正箇所に違和感がなければ問題ありませんが、一部違和感が出てきてしまうのであればそこだけ別で調整を行う必要が出ています。

こういった時に、修正したレイヤーにパレットカラーと「 パレットカラーをキャンバスにも表示」 を設定してクリスタ内で再生することで修正したレイヤーが使用されているフレームを見つけやすくすることができるのです。

MEMO

ちなみにキャンバス上に表示されるパレットカラーは書き出ししたデータには表示されませんのでご安心を。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のパレットカラーでレイヤーを色分けして作業を効率化させよう!

今回はクリスタのレイヤーに色を付けるパレットカラー機能を紹介させていただきました。

レイヤーに色を付けることができるということを知らなかった方もいるのではないでしょうか。

視覚的にレイヤーを管理すればレイヤーの位置も把握しやすくなるでしょう◎


また、クリスタはツールなどのアイコンにも背景色を表示させたり、自作の絵をアイコンに設定することもできます。

クリスタのアイコン変更サムネクリスタのアイコンは見づらい?実は好きな画像に変更可能です!!


さらに、レイヤーパレットを2画面表示にすることもできますよ◎

クリスタの悩み解決サムネクリスタの悩みは設定1つで解決できることがあります!!


クリスタは制作をサポートしてくれる機能だけでなく、作業画面を自分好みにカスタマイズできる機能も豊富にありますのですでに所有されている方もこれから購入を検討されているかたもぜひお試しください。

クリスタ画面整理サムネクリスタが見づらい時は不要な表示を消して整理しよう!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「デジタルイラスト入門」