【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

クリスタのショートカットでこんな事もできる!?初期未設定便利機能10選!!

クリスタ:未設定ショートカットサムネ

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】

 

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には、キーボード入力によって様々な機能を使用できる「ショートカット」が初期段階で設定されています。

[Ctrl(command)]+[C]でコピーなどが有名ですね。

 

こちらのキーボードコマンドは自分で設定・変更できるのですが、中にはショートカットとして用意されているけれど初期段階ではショートカットキーが設定されていない機能もあります。

 

今回はその中で制作の役に立ちそうなものを抜粋して紹介させていただきます。

よろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のショートカットとは

CLIP STUDIO PAINTのショートカット設定方法

CLIP STUDIO PAINTのショートカット設定方法は以下の記事で紹介していますのでそちらを参考にしていただければと思います。

ショートカットキー【クリスタ】ショートカットを設定して作業の効率を上げよう!

 

ショートカットを設定する利点

作業効率が上がる!

本来ならば画面上部のメニューからウィンドウを開いて項目を選択することによって使用できる機能が、キーボード入力するだけで瞬時に使用できるようになります。

 

作業工程が減りますので何回も利用する機能をショートカット設定すればそれだけで作業効率も上がりますし、その分時間短縮にもなります。

 

作業画面(ワークスペース)を広くできる!

ショートカットはキーボード入力で利用します。

例えば、ツール選択のショートカットを利用するとなると「ツールパレット」は表示しなくても済むことになります。

その他のパレットも不要なものを非表示にすることでその分作業するスペースが広くなり、作業もしやすくなるのです◎

クリスタ:ワークスペース

※パレット・ウィンドウの表示/非表示はCLIP STUDIO PAINT画面上部の「ウィンドウ」メニューで各パレット・ウィンドウ名を選択することで行えます。

 

ショートカットと似た機能に「クイックアクセス」というものがありますが、こちらはクイックアクセスパレットを常に表示させておく必要があります。

そういう点で差別化もできますね。

クリスタ:クイックアクセスパレット

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のショートカットが初期では未設定な便利機能を紹介!

データ形式別書き出し

CLIP STUDIO PAINTで制作したイラストや漫画作品は、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「画像を結合して書き出し」と選択し、任意のデータ形式を選択して書き出しを行います。

クリスタ:画像を統合して書き出し

 

CLIP STUDIO PAINTのではこのデータ形式別にショートカットを割り当てることができます。

クリスタ:ショートカット(書き出し)

 

例えば、漫画データを印刷用(TIFF形式)とウェブ掲載用(JPEG・PNG形式)と2種類のデータ形式で書き出ししたい時など、それぞれのデータ形式にショートカットを設定しておけばすぐに書き出しの設定ウィンドウを表示させることができます。

 

MEMO

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「複製を保存」と選択してもデータ形式を選択できますが、こちらを選択した場合は書き出し設定ウィンドウが表示されません。

「複製を保存」ですのでそのままの設定でデータが複製されます。

画像のデータ形式の場合は「結合して書き出し」でサイズを100%で書き出ししたものと同じデータになりました。

データの読み込み

CLIP STUDIO PAINTは白紙から絵を描くこともできますが、アナログ作品をスキャンして保存したデータなどを読み込んで編集することもできます。

一部デジタル移行サムネ【漫画・イラストのデジタル化に悩んでいる方へ】全てをデジタル化しなくてもいいのです!

 

保存してあるスキャンデータをCLIP STUDIO PAINT内に読み込む時はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「読み込み」と選択し、任意のデータの種類を選択し、表示されたファイル一覧の中から選択するという流れになります。

クリスタ:読み込み

 

上記のようなアナログ作品を読み込んだデータの場合はここで「画像」を選択しますね。

 

こちらも各データの種類ごとにショートカットを設定することができます。

クリスタ:ショートカット(読み込み)

 

各種レイヤーの新規作成

CLIP STUDIO PAINTには様々な種類のレイヤーがあります。

基本的なレイヤーである「ラスターレイヤー」の新規作成は初期段階で[Ctrl]+[Shift]+[N]というショートカットが設定されていますが、他のレイヤーは設定されていません。

 

それぞれ便利なレイヤーですので使用頻度も多いかと思います。

各種新規レイヤーにそれぞれショートカットを設定すればワンステップでレイヤーを作成することができ、作業も効率的になるでしょう。

クリスタ:ショートカット(新規レイヤー)

クリスタ:ショートカット(新規レイヤー)

 

レイヤー:サムネ【初めてのクリスタ】キャンバス作成後は「レイヤー」を作って絵を描こう!!

 

MEMO

「ラスターレイヤー」「ベクターレイヤー」「レイヤーフォルダー」はレイヤーパレット上部のアイコンを選択することで作成することは可能です。

クリスタ:レイヤーパレットアイコン

 

レイヤーの並べ替え

通常、レイヤーパレット内にあるレイヤーの並びを変える場合はドラッグでレイヤーを直接移動させます。

クリスタ:レイヤー移動

 

しかし、選択中のレイヤーに対しては移動をさせるメニュー項目があり、そちらもショートカットを設定することができます。

クリスタ:ショートカット(レイヤー並べ替え)

 

MEMO

レイヤーを選択するカーソルの移動は初期段階でショートカットが設定されています。

クリスタ:ショートカット(レイヤー選択)

ポップアップパレットの表示・非表示

ポップアップとはポインターのある場所にパレット(ウィンドウ)を表示させることをいいます。

ポップアップパレット

 

各ウィンドウをポップアップのショートカットで設定しておけば必要な時だけウィンドウを表示させることができ、前述の通り普段は広々とした画面で制作を行うことができます。

クリスタ:ショートカット(ポップアップパレット)

 

ちなみに同じショートカットのコマンドで表示・非表示の切り替えができます。

※画面上のポップアップパレット以外の箇所をタッチすることでも表示は消えます。

 

また、「素材」は10箇所もショートカットを設定することができます。どこに設定しても素材パレットをポップアップ表示しますが、それぞれ過去の表示を引き継ぎますので別々の素材項目を表示させておけば任意の素材一覧をワンステップで表示させることができますね。

クリスタ:ショートカット(ポップアップパレット)

 

定規の移動

キャンバス上に設置した定規は「オブジェクトツール」で選択した状態でドラッグもしくは十字キーを押すことで移動させることができます。

クリスタ:定規(オブジェクトツール)

 

しかし、定規移動のショートカットを各方向に設定しておけばオブジェクトツールを使用することなく定規の移動ができるようになります。

※「十字キー」はショートカットキーに指定できないようです。

クリスタ:ショートカット(定規の移動)

 

ただし、1回の入力での移動幅はオブジェクトツールと十字キーで移動する時よりは大きくなっています。(※2020年8月現在、移動幅を調整・設定できる機能はありません

クリスタ:定規の移動

 

ブラシの不透明度・ブラシ濃度を10%単位で指定

本来でしたらツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウで数値を入力することで設定できる「不透明度」や「ブラシ濃度」ですが、10%単位別でしたらそれぞれの数値にショートカットを割り当てることができます。

クリスタ:ショートカット(不透明度)

クリスタ:ショートカット(ブラシ濃度)

 

こちらはカラーをブラシで塗る作業などで利用できますね。

 

ちなみに、10%単位で数値を変えるショートカットでしたら初期段階で設定されています。

 

●「(ブラシの)不透明度を下げる」

[Ctrl(command)]+[[]

●「(ブラシの)不透明度を上げる」

[Ctrl(command)]+[]]

●「ブラシ濃度を下げる」

[Ctrl(command)]+[Shift]+[O(オー)]

●「ブラシ濃度を上げる」

[Ctrl(command)]+[Shift]+[P]

 

サブツールグループの切り替え

「サブツールグループ」とはサブツールウィンドウ上部にある分類のことを指します。

例えば図形ツールでしたら、「直接描画」「流線」「集中線」がそれぞれのサブツールグループになります。

クリスタ:サブツールグループ

 

ショートカットには「前のサブツールグループに切り替え」「次のサブツールグループに切り替え」という項目があり、設定することで切り替えを行うことができます。

クリスタ:ショートカット(サブツールグループの切り替え)

 

ちなみに、各サブツールグループ内の切り替えのショートカットは初期段階で[,]と[.]に設定されています。

クリスタ:ショートカット(サブツールの切り替え)

クリスタ:ショートカット(サブツールの切り替え)

 

描画色、透明色への切り替え

初期段階では[X]で「メインカラーとサブカラーを切り替え」、[C]で「描画色と透明色を切り替え」というショートカットが設定されています。

クリスタ:カラー

 

しかしこれは描画色を入れ替えるショートカットですので今の描画色はどっちになっているかが分からなくなることもあります。

 

未設定のショートカット項目には「メインカラーに切り替え」「サブカラーに切り替え」「透明色に切り替え」と各描画色に直接切り替えられるものがあります。

クリスタ:ショートカット(描画色)

 

こちらを設定すれば目的の描画色に切り替えられるので混乱することもなくなりますね。

 

ちなみに、「メインカラーを黒、サブカラーを白に変更」というワンステップで初期状態に戻せるショートカットもありますよ◎

クリスタ:ショートカット(メインカラーを黒、サブカラーを白に変更)

 

切り取り+貼り付け/コピー+貼り付け

初期段階ではそれぞれの作業にショートカットが設定されています。

●「切り取り」

[Ctrl(command)]+[X]

●「コピー」

[Ctrl(command)]+[C]

●「貼り付け」

[Ctrl(command)]+[V]

 

しかし未設定の項目には2つの作業が一緒になったショートカットが用意されています。

クリスタ:ショートカット(切り取り+貼り付け/コピー+貼り付け)

 

絵などではその場で貼り付けまで一気に行うことは少ないですが、例えばレイヤー全体をその場でコピー・貼り付けしたい時は1回のショートカット入力で済みますね。

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の未設定ショートカット紹介まとめ

CLIP STUDIO PAINTのショートカットはCLIP STUDIO PAINTのショートカット設定画面や公式のショートカット一覧ページ(PDF)で確認することができます。

※2020年8月現在、「変形」の項目に表記されている「ラスター・ベクターのみを対象」という機能は存在しませんので注意しましょう。(次回更新時に削除予定だそうです)

 

CLIP STUDIO PAINTは機能が豊富な分、それらを利用するのに何工程か行わなければならなかったりします。

そういったことを考慮して多くのショートカットを用意してくれています。

 

今回はその中で個人的に便利だと思うものを抜粋して紹介させていただきましたが、他にもたくさんショートカットはありますので、設定されているもの・未設定のものも含めて1度ご覧になって下さい。

 

ショートカットを覚えるとCLIP STUDIO PAINTの作業もより楽しくなりますよ◎

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】