various sun 18:ポンコツ兄さん(15P/19P) 公開中!

クリスタでパースのかかった円を描きやすくする方法!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

絵を描く作業の中で、パースのかかった面に円を描くのはなかなか難しいですよね。

そこで今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)の機能を利用して比較的簡単・キレイにパースのかかった円を描く方法を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での基本的な円の描き方

クリスタの「楕円ツール」で簡単作成!

クリスタの「楕円ツール」を使用すれば簡単に円を描くことができます。

クリスタの「楕円ツール」はツールパレットで「図形ツール」を選択し、さらにサブツールパレット上部で「直接描画」を選択することで下部の一覧に表示される「楕円」を選択することで使用できます。

クリスタの楕円ツール


クリスタの楕円ツールを選択すればあとは任意の場所でドラッグ操作するだけで円を描くことができます。

クリスタで円を描画

クリスタ「楕円ツール」の設定で円の描画や操作方法を変更できる!

クリスタの楕円ツールを選択しますと、「ツールプロパティ」や「サブツール詳細ウィンドウ」にて様々な設定をすることができます。

クリスタの楕円ツール(ツールプロパティ)


この設定によって描画する円の表示や操作方法を変更することができます。

[Shift]キーで正円を描画できる

クリスタの楕円ツールで円を描画する際、[Shift]キーを押しながらドラッグすることで正円を描くことができます。

※ツールプロパティの「縦横指定」で縦・横共に同じ数値にすることでも正円を描画できます。

クリスタ:便利機能Shiftサムネ意外と知らないクリスタのShiftキーの使い方!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の機能でパース円を描く方法!

以下の説明で紹介するクリスタのウィンドウ・パレットや項目が見当たらない場合は設定で非表示になっている可能性がありますので、以下の記事を参考に探していただければなと思います。

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

【補足】パースの奥行は自分で決める必要がある…!?

円を描く際、先に描画したい円が内接する四角形を作成することで円を描きやすくできます。

その為、パース面に円を描く場合も先に円が内接する四角形を作成すると描きやすくなります。

円とパース


しかし、いくら検索をしてもパース面の奥行を計算する方法が見つからず、どのサイトもまず自分で奥行を決めてから周りのサイズを計算していく方法ばかりでした。

円とパース(奥行)


つまり正方形のパース面の奥行を計算する方法も分からない為、正円を正確に描くのは難しく、パース面に正円を描く場合も自分で奥行を決める必要があるということを念頭に置いていただければと思います。

クリスタの「パース定規」だけでは円を描くのに不十分…!

クリスタにはパース(透視図法)を利用した線を簡単に描画することができる「パース定規」というとても便利なツールがあります。

クリスタ:パース定規
クリスタ:パース定規サムネクリスタのパース定規で背景を楽に効率的に制作できます!!


実はこのパース定規は、楕円ツールを含む図形ツールでも対応してくれるのです。

パース定規を利用した図形ツールの描画方法

パース定規が配置されている状態で図形ツールで描画し、一旦ペンを離します。

※ドラッグの方向によっては最初からパース定規の影響を受けた状態で描画される場合もあります。

クリスタのパース定規と図形描画


そしてペンを離した状態で図形の周りにペンを動かしていくと描画した図形が各パース(消失点)に対応した形に変形します。

クリスタのパース定規と図形描画


任意の変形が表示された所でペンを画面にタッチ(もしくは[Enter]キーを押下)することで描画が確定します。

クリスタのパース定規と図形描画

その為、楕円ツールを使用すればこの方法でパースのかかった円を描くことができます。

クリスタのパース定規と円描画

パース定規に対応した変形を行う場合、

●CLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「特殊定規にスナップ」にチェックが入っている

●各ツールのサブツール詳細ウィンドウ「補正」→「スナップ可能」にチェックは入っている

以上の2点が条件になります。

クリスタのスナップ設定


しかし、実際に使用すると分かるのですがパース定規の機能を利用してパースのかかった円を描く場合でも、パース定規に対する変形度合いが分かりにくい時があります。

パース定規に対する変形の前に正円を描画できるが…

楕円ツールのツールプロパティで「縦横指定」にチェックを入れて1:1の比率にすることで正円を描画することができます。

この設定ですと上記の「パース定規を利用した図形ツールの描画方法」の最初に図形を描画する段階で正円を描画できます。

※[Shift]を使用して正円を描画する方法はパース定規が配置されている状態ですとなぜか利用できません。


しかし、次のパース定規に対応した変形の段階になりますとどう見ても正円になってない変形になってしまいます…。

クリスタのパース定規と円描画


どういう理屈でこういった変形になっているのかは分かりませんがクリスタの仕様のようですので仕方ありませんね…。

「環境設定」でパースのかかった円を描きやすくできる!!

実はクリスタでは環境設定を変更することで図形ツールの描画時の表示を変更することができます。

LIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」もしくは「CLIP STUDIO PAINT」を選択し、メニュー項目から「環境設定」と選択することで環境設定ウィンドウを表示させましょう。

クリスタ:環境設定
クリスタ:環境設定

クリスタの環境設定
クリスタの環境設定サムネ初心者に知ってほしいクリスタの環境設定18選!!


このクリスタ環境設定ウィンドウの左側で「ツール」を選択し、右側中央にある「図形系ツールで作成途中の表示」の項目で「簡易表示」もしくは「簡易表示と制御点」のどちらかを選択しましょう。

クリスタの環境設定「図形ツールで作成途中の表示


最後に右上の「OK」を選択すれば設定完了です。


これでパース定規が配置されているレイヤー上で楕円ツールを使用しますと「円が内接する四角形」が表示されるようになります!

※この表示が出るのはパース定規が配置されている時だけのようです。

クリスタのパース定規と楕円ツール


この「円が内接する四角形」をパース定規のガイド線や下描きで引いた線に(手動で)合わせることでパースのかかった円を描きやすくなるのです◎

※パース定規へのスナップ機能(ピッタリ合わせる機能)はないようです。

クリスタのパース定規と楕円ツール

クリスタのパース定規と楕円ツール


結局は自分で用意したパース定規のガイド線や下描きの線に手動で合わせるので自動でパースのかかった円を描くということは出来ませんが、この「円が内接する四角形」が表示されるだけで格段に描きやすくなるかと思います!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の機能を工夫すればパースの円も描きやすくなる!

2021年2月現在、クリスタの機能だけで正確なパースのかかった円を自動で描画することは難しい状況です。

しかし、今回紹介した方法を利用すれば完璧とは言えませんが今までよりは描画しやすくなるかと思います。

工夫とクリスタの性能をかけ合わせればより良い制作ができるようになるのです◎

是非皆さんも試してみて下さい。


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「背景パース講座」