【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

意外としらない!?クリスタの便利な使い方!Alt(Option)キー編!!

クリスタ:便利機能(Alt)サムネ

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】

 

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)の意外と知られていない(気がする)、けど知っていたらとても便利な使い方や機能の中で[Alt(Option)]キーを使用するものを紹介させていただきます。

Altキー

Optionキー

 

それではよろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の[Alt(Option)]キーを使う便利機能!

メニュー選択ができる!

CLIP STUDIO PAINTの画面には上部に様々な機能を選択できるメニューが表示されています。

クリスタ:メニュー

 

通常はペンやマウス(ポインター)でタッチして選択していくのですが、[Alt(Option)]キーを押すことでキーボード入力でメニュー選択することができるようになります。

 

CLIP STUDIO PAINTが開いている状態で1回[Alt(Option)]キーを押すと上部左端のメニュー項目(Windows版では「ファイル」、mac OS版では「CLIP STUDIO PAINT」)の色が変わります。

クリスタ:メニュー(Alt)

 

この状態でメニュー名の横にあるアルファベットをキーボードで選択することで各メニュー項目を開くことができます。

クリスタ:メニュー(アルファベット)

 

さらに開いた一覧にもアルファベットが割り当てられていますのでここでさらにキーボード入力をすることでそのメニューを実行することができます。

クリスタ:メニュー(アルファベット入力)

 

そこからさらに細かいメニュー選択がある場合は続けてアルファベットキーを選択していきます。

クリスタ:メニュー(アルファベット入力)

 

MEMO

同じアルファベットが割り当てられている場合はそのアルファベットを押すたびにメニュー選択が切り替わります。

クリスタ:メニュー(アルファベット入力)

目的のメニュー項目に選択がいきましたら[Enter]で実行します。

 

スポイトツールに一時変換できる!

ペンツールや図形ツールなどの描画ツールを使用中にAlt(Option)]キーを押している間だけ「スポイトツール」に一時変換することができます。

クリスタ:スポイトツール一時変換

 

スポイトツール変換中にキャンバス上の色をタッチすることで描画色をその色に変更することができます。

 

[Alt(Option)]キーで変換、もしくはスポイトツール以外のツールに変換する方法

このスポイトツールへの変換ですが、別のキーもしくはスポイトツール以外のツールに選択肢から選ぶことができます。

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ファイル」→「修飾キー設定」と選択します。

※mac OSの場合は「CLIP STUDIO PAINT」→「修飾キー」と選択します。

 

クリスタ:修飾キー設定

クリスタ:修飾キー設定

 

すると以下の設定ウィンドウが開きます。

クリスタ:修飾キー設定ウィンドウ

 

ここでどのツールを使っている時にどのキーを押せば一時的にどのツールに変換するかを設定することができますよ。

 

変形時の「回転の中心」を基準に変形  /「回転の中心」の配置

「回転の中心」を基準に変形させる!

絵や画像を変形させる際、上下左右と四隅に表示される「□」を直接移動させて変形させる場合の変形の支点は対称の位置にある「□」になります。

クリスタ:拡大

 

ここで[Alt(Option)]を押しながら「□」を移動させると「回転の中心(+マーク)」を基準に変形させることができます。

クリスタ:拡大

※「ツールプロパティパレット」で拡大率の数値を変更した場合も「回転の中心(+マーク)」を基準に変形されます。

 

「回転の中心」を配置させる!

変形作業中の「回転の中心(+マーク)」はドラッグで移動させることができるのですが、

クリスタ:回転の中心

 

ここで[Alt(Option)]を押しながら任意の場所にタッチすることでその場所に「回転の中心(+)」をその場所に配置させることができます。

クリスタ:回転の中心

クリスタ:変形【クリスタ】なら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!

 

選択範囲の一部削除・選択範囲の中から絞り込み選択

選択範囲を一部削除できる!

自動選択ツールや選択範囲ツールで範囲選択をしている場所に[Alt(Option)]を押しながら同じように自動選択ツールもしくは選択範囲ツールを使用するとその使用した範囲を元々あった選択範囲から削除することができます。

クリスタ:選択範囲を一部削除

 

これによって選択範囲の調整ができますね。

 

[Alt(Option)]+[Shift]で選択範囲の中から絞り込み選択ができる!

通常、選択範囲内で自動選択ツールや選択範囲ツールを使うと「選択範囲自体の移動」になってしまいます。

クリスタ:選択範囲を移動

 

しかし、[Alt(Option)]と[Shift]を押しながら自動選択ツールや選択範囲ツールを使用すると現在選択している範囲の中からさらに絞り込んだ選択範囲を指定することができます。

クリスタ:現在の選択から選択

 

1度選択範囲を全て解除して改めて選択範囲を作るという手間を省くことができますね。

 

コピー移動(元の画像を残して移動)ができる!

線(絵)のコピー移動(元の画像を残して移動)

「レイヤー移動ツール」を使用中に、[Alt(Option)]を押しながら移動させることでコピー移動(元の画像を残して移動)させることができます。

クリスタ:レイヤー移動ツール

クリスタ:元の画像を残して移動

 

レイヤーをコピー(複製)

「レイヤーパレット」上で[Alt(Option)]を押しながらレイヤーをドラッグ移動させるとレイヤーをコピー(複製)することができます。

クリスタ:レイヤーを複製

 

レイヤーマスクをコピー(複製)

前項のレイヤー同様に、レイヤーマスクも[Alt(Option)]を押しながら「レイヤーマスクのサムネイル」をドラッグ移動させることでコピー(複製)することができます。

クリスタ:レイヤーマスクを複製

 

選択したレイヤーのみを表示できる!

Alt(Option)]を押しながらレイヤーパレットの目のマーク(レイヤーの表示/非表示切り替え)を選択しますと、選択したレイヤーのみ表示させることができます。

クリスタ:選択したレイヤーのみ表示

 

レイヤー数が多くなり、どのレイヤーにどの線があるかを確認したい時などに便利ですね。

もう1度同じ作業を行うと元の表示に戻ります。

 

マスク範囲を表示  / 選択範囲をマスク

クリスタ:レイヤーマスク【クリスタ】アナログではできない!「レイヤーマスク(隠す)」機能と使い方!!

 

レイヤーマスクで隠している範囲を表示させる!

レイヤーマスク機能でレイヤー上の線を一部非表示にしている場合、そのマスク部分(非表示にしている範囲)は通常目で確認することができません。

 

しかし、[Alt(Option)]を押しながらマスクのサムネイル部分を選択することでマスク部分を表示させることができます。

※CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーマスク」→「マスク範囲を表示」と選択しても同じ作業を行えます。

クリスタ:レイヤーマスクを表示

クリスタ:レイヤーマスク範囲表示

 

もう1度同じ作業を行うと元に戻ります。

 

選択範囲をマスクさせる!

絵の一部を範囲選択している状態で、レイヤーパレットの「レイヤーマスクの作成アイコン」を選択すると選択範囲以外の部分がレイヤーマスクによって非表示になります。

クリスタ:範囲選択

クリスタ:レイヤーマスクを作成

クリスタ:選択範囲外をマスク

この「レイヤーマスクを作成のアイコン」を選択する作業を[Alt(Option)]を押しながら行うと、逆に選択範囲部分がレイヤーマスクによって非表示になります。

クリスタ:選択範囲をマスク

クリスタ:選択範囲をマスク

 

[Ctrl(Command)]+[Alt(Option)]+ドラッグでブラシサイズ変更ができる!

ブラシサイズ設定のある描画ツールを使用中に[Ctrl(Command)]+[Alt(Option)]+ドラッグでブラシサイズを変更することができます。

 

基本的には上もしくは右にドラッグするとブラシサイズは大きくなり、下もしくは左にドラッグするとブラシサイズは小さくなります。

クリスタ:ブラシサイズをドラッグで変更

 

ただしブラシサイズを小さくする時に、ブラシサイズが0になってもまだ下もしくは左にドラッグを続けると再びブラシサイズは大きくなっていきます。

 

線修正(制御点)ツールで「制御点の削除」に一時変換できる!

線修正ツールのサブツールで「制御点」を選択しますと、ベクターレイヤー上で描いた線を修正することができます。

クリスタ:線修正ツール(制御点)

【クリスタ便利機能】ベクターレイヤーでは「制御点」操作でこんなことができる!!

 

通常、各操作内容はツールプロパティの項目を選択することで切り替えることができます。

クリスタ:線修正ツール(線修正ツール)

 

しかし、線修正ツールの「制御点」を選択した状態で[Alt(Option)]を押しながら制御点をタッチするとツールプロパティでどの項目を選択していたとしても「制御点を削除」の操作ができるようになります。

クリスタ:制御点を削除

 

わざわざツールプロパティで選択して切り替える作業を省くことができますね。

 

ちなみに、[Shift]を押しながらですと「制御点を追加」の操作ができます。

 

 

[Alt(Option)]+キーボード入力によるショートカット

CLIP STUDIO PAINTには、[Alt(Option)]+キーボード入力によるショートカットが数多く用意されています。

公式ショートカット一覧ページ(PDF)はこちらをクリック!

 

ショートカットキー【クリスタ】ショートカットを設定して作業の効率を上げよう!

 

その中で使用頻度の高いものを抜粋して紹介させていただきます。

 

●[Alt(Option)]+[Delete(Back space)]

塗りつぶし

 

●[Alt(Option)]+[[]

選択(編集)中のレイヤーを上のレイヤーに変える。

クリスタ:上のレイヤーを編集対象にする

 

●[Alt(Option)]+[]

選択(編集)中のレイヤーを下のレイヤーに変える。

クリスタ:下のレイヤーを編集対象にする

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の便利な使い方:[Alt(Option)]キー編まとめ

CLIP STUDIO PAINTは便利な機能がとても多く、使っているだけでは気付かないものもたくさんあります。

 

[Shift]や[Ctrl(Command)]キーと比べると使用頻度も少ないイメージのある[Alt(Option)]キーですが、結構便利な使い方ができます。

 

[Ctrl(Command)]編、[Shift]編、[その他のキー]編もありますのでそちらも合わせてより良いCLIP STUDIO PAINTでの制作をしていただければと思います。

クリスタ:Ctrlで便利サムネ意外と知らない!?クリスタの便利な使い方!Ctrl(Command)キー編!! クリスタ:便利機能Shiftサムネ意外と知らない!?クリスタの便利な使い方!Shiftキー編!! クリスタ:便利機能その他キーサムネ意外と知らない!?クリスタの便利な使い方!その他のキー編!!

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】