【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタで漫画制作】「!!!!」や「!!?」といった特殊記号(感嘆符)の作り方!!

クリスタ:テキスト作成サムネ

▼イラスト・簡単な漫画なら

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら

CLIP STUDIO PAINT EX

 

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)で漫画のセリフで使える「!!!!」や「!!?」などといた既存の記号といて存在しない記号(感嘆符)の作り方を紹介させていただきます。

 

こんな感じの記号ですね↓

クリスタ:感嘆符

various sun 第1笑より

 

バリアス・サン1【various sun】第1笑:アスナのアルル・カビス(31P)

 

アクション(バトル)漫画やギャグ漫画などではよく使われる記号ですね。

それではよろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のキーボード入力だけで漫画に使える既存の記号

「‼」や「⁉」は標準フォントに存在する

標準的なフォントでは「‼」や「⁉」といった記号は普通に入力することができます。

これらの記号の入力は[Shift]とキーボード入力を使い(「!」=「1(ぬ)」、「?」=「/(め)」)、スペースキーで変換することで入力することができます。

キーボード:「!」「?」

また、文字入力でかんたんふ」と打って変換することでも入力できますよ◎

クリスタ:テキスト(感嘆符)

 

「!!!」や「!?」は「イワタアンチック体B」で入力できる

CLIP STUDIO PAINTの製品版を購入することで特典として無料でダウンロードできるフォント「イワタアンチック体B」には、標準のフォントにはない「!!!」や「!?」(斜体)が1文字分の記号として存在します。

イワタアンチック体B

関連記事

クリスタ購入特典フォント:サムネ【クリスタ購入特典】「!!!」や「!?」も使えるフォントをダウンロードしよう!!

 

その他の記号のキーボード入力方法

他のキーボード入力できない特殊な記号などは文字入力で出すことができます。

 

【】、《》、“”などは「かっこ」と入力して変換させることで出すことができます。

クリスタ:テキスト(かっこ)

また、記号の名前が分かるものはその名前を入力して変換させることで出すことができますし、さらにその言葉に関連する記号も選択肢から見つけることができます。

☆(ほし)、□(しかく)、◎(まる)

クリスタ:テキスト(星、四角、丸)

 

記号の名前が分からない場合はそのまま「きごう」と入力して変換させましょう◎

選択肢が多くて探すのが少し大変ですが、そのフォント内に存在する記号を出すことができます。

クリスタ:テキスト(記号)

 

存在しない「記号の組み合わせ」を漫画で使いたい場合はクリスタの「テキスト」機能から作ろう!!

※ここで紹介する記号の作成方法は漫画のセリフのように「縦書き」を前提としています。

 

漫画のセリフを入力する際、前項のような既存の記号だけでは物足りないことはよくありますね。

特に「!」と「?」をたくさん使った記号などは商業誌などでも多く使われています。

 

こういった、キーボード入力で出せる記号を組み合わせて1つの記号として扱いたい場合は、自分で作ることができます!

 

クリスタでは半角4文字までなら比較的簡単に作成できる!

まずは「テキストツール」の設定しよう!

最初に「テキストツール」を選択し、「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」内の「テキスト」の項目にある「自動縦中横」を選択して下さい。

※「文字方向」の項目で「縦書き」を選択していないとこの項目は選択できません。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

すると「なし」「1文字」~「4文字」の5つの選択肢が表示されます。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

ここで「1文字」~「4文字」を選択すると、テキストツールで半角文字を入力した時にその文字数分は自動で横に並べてくれるようになります。

 

 

「!!!!」などを作成したい場合は「4文字」を選択すればいいですね。

ちなみにここの文字数は最大文字数ですので、「4文字」を選択している状態で2文字や3文字の半角入力をしてもちゃんと横並びにしてくれますよ◎

 

組み合わせたい半角記号を入力しよう!

設定が終わりましたら、いつも通りにセリフを入力していき、記号を配置したい場所にきましたら使いたい半角記号の組み合わせをキーボード入力していきましょう。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

すると設定した文字数内でしたら縦書き設定でも以下のように横に自動で並べてくれます。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

ちなみに「なし」を選択している場合、設定した文字数以上の文字を入力した場合は以下のようになります。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

 

MEMO

先に記号を入力してからその記号を選択し、その状態で「自動縦中横」の項目を設定することでも横並びに変換させることができます。

クリスタ:テキスト(自動縦中横)

記号の幅を調整しよう!

半角記号を横並びに入力ができましたが、そのままでは横幅が他の文字と合わなくなります

クリスタ:テキスト

 

そこでこの記号部分を細くしていきます。

 

 

まずは記号部分をドラッグして選択状態にしましょう。

※[Shift]を押しながら十字キーでカーソルを動かすことでも選択状態にすることができます。

 

クリスタ:テキスト選択

 

そして「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」内の「フォント」の項目にある字間」もしくは「文字詰め」の数値を変更させていきます。

クリスタ:テキスト(字間/文字詰め)

 

●「字間

数値が小さい程、文字同士の間隔が狭くなります。

クリスタ:テキスト(字間)

 

ここの数値の単位は文字のサイズで使用される「pt(ポイント)」となります。

 

 

●「文字詰め

数値が大きい程、文字同士の間隔が狭くなります。

クリスタ:テキスト(文字詰め)

 

ここ数値の単位は「%(パーセント)」となります。

 

基本にはどちらか片方の数値を変更させるだけで大丈夫です。

この2つの数値を調整していくことで文字の隙間が埋まり、横幅を小さくすることができます。

 

必要であれば「斜体」にしよう!

漫画のセリフに使われる記号には「!!!」という通常のものと「!!!」といった「斜体」のものがあります。

どちらが正しいとかはありません。

「!!!」を使用している雑誌もあれば「!!!」を使用している雑誌もあります。

 

「斜体」表記にしたい場合はまず文字を選択状態にします。

クリスタ:テキスト選択

 

その状態で「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」内の「フォント」の項目にある「スタイル」で「斜体」を選択しましょう。

クリスタ:テキスト(斜体)

 

これだけで選択した文字を「斜体」にできます。

※「斜体」の角度は自分では設定できません。自分で角度を決めたい場合は後述する「文字と記号を別々で配置する方法」で行って下さい。

 

クリスタの漫画制作で半角5文字以上や全角記号の組み合わせを作成したい場合

あまり使用機会がないかもしれが、紹介させていただきます。

こちらに関しましては、少々面倒ですがお付き合いいただければと思います。

また、この方法しか作成方法がないというわけではないと思いますが、私が行っている方法を紹介させていただきます。

 

「テキスト」を「横書き」に設定しよう!

漫画のセリフ用に縦書き表記にさせるのですが、「文字方向」の設定は「横書き」にします。

クリスタ:テキスト(横書き)

 

記号以外の文字は1文字ずつ改行しよう!

記号以外のセリフ部分の文字を打っていきます。

しかし、先程「横書き」の設定をしているため、文字は1文字ずつ改行して縦書きに見せる必要があります。

クリスタ:テキスト

 

文字の間隔は「行間」で調整できます。

クリスタ:テキスト(行間)

 

 

2行以上ある場合は、うまく縦に並ぶように入力していきます。

クリスタ:テキスト

 

記号を入力しよう!

セリフ部分を打ち終わりましたら作成したい組み合わせで記号を入力していきます。

クリスタ:テキスト

 

記号の幅を調整しよう!

このままでは明らかに幅が広くなっているので前項の方法と同様に、記号部分を選択して「字間」や「文字詰め」の数値で幅を調整しましょう。

クリスタ:テキスト(字間/文字詰め)

 

 

テキストのバランスを調整しよう!

もしセリフが1行の場合は、テキスト全てを選択状態にしてから「行揃え」の項目で「中央揃え」を選択すればキレイに中央に記号部分を配置することができます。

クリスタ:テキスト(中央揃え)

 

また、「(半角)スペース」を入れてから「字間」や「文字詰め」を設定することでも(目分量になりますが)バランスを調整することも可能です。

クリスタ:テキスト(スペース)

 

この方法ですと2行以上あるセリフの場合でも対応できます。

クリスタ:テキスト(スペース)

これで5文字以上、全角の記号を組み合わせた記号ができます◎

必要であれば「斜体」にしよう!

こちらも前項同様、お好みで「斜体」に変更して下さい◎

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で文字と漫画用記号を別々で配置する方法

文字部分と記号部分を別々で入力して配置する方法もあります。

クリスタ:テキスト別々

 

この方法で行うと、それぞれ別で設定・入力を行いますので5文字以上でも前項のような面倒な入力方法はせずにすみます

 

 

その代わり、手動でテキストを配置しなければならないので、文字と記号のバランスは目分量になってしまいます。

上手く合わせたい場合は「ルーラー」のガイド線などを利用してみましょう◎

クリスタ:テキスト(ルーラー)

 

関連記事

クリスタ:グリッド・ルーラー【クリスタ:漫画制作サポート機能】グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!

この方法なら「斜体」の角度を自由にきめられる!

セリフ部分と記号部分が別々の場合、それぞれ別の設定をすることが可能ですので、記号部分のみを「斜体」のようにテキストを斜め表記にすることができます。

 

「ツールプロパティ」もしくは「サブツール詳細」内の「変形設定」の項目にある「傾き(横)」の数値を変更させて下さい。

クリスタ:テキスト(傾き・横)

数値によって傾きの角度を自由に変更できます。

この設定はテキスト全てに反映されるので、セリフと記号が別々でないとセリフ部分も一緒に斜体になってしまうのです。

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で漫画用記号を作成する際の注意点…!

フォントに気を付けよう…!

記号を入力するフォントによっては「!」と「?」の高さが合わない場合があります。

クリスタ:感嘆符

それがそのフォントのデザインですので仕方ないのですが、バランスが悪いと感じた場合は記号部分だけでも別のフォントに変えてみましょう。

 

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での漫画用記号作成方法紹介まとめ

漫画のセリフで使用する記号の作成方法は以上になります。

普通にテキストを入力するだけでは表記することができず、自分で設定などをしなければいけない為、今回紹介させていただきました。

 

これで少しでも皆さんの漫画の表現の幅が広がれば幸いです◎

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら

CLIP STUDIO PAINT EX