クリスタで押し込み・突き出し表現!つまむフィルターの使い方!!

※記事内に広告を含みます

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)には選択中のレイヤーに様々な効果を与える「フィルター機能」があります。

今回はその中でも画像や絵を前後に突き出した表現に変換できる「つまむフィルター」の使い方・設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いしたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の つまむフィルターとは

クリスタで画像を突き出した形状に変換できるフィルター機能!

クリスタの「つまむ」フィルターは画像や絵を裏から、もしくは表から摘まみ上げて突き出した(凹んだ)形状に変換できる機能になります。

※↓画像は裏から摘まみ上げて凹んだ表現にした場合です。

クリスタのつまむフィルター
注意

使用する画像やイラストは自身が著作権を所有しているもの、もしくは著作権を所有している方から許諾を得ているものにしましょう。

無断で他人の画像やイラストを使用・加工するのは著作権違反です。

曲面投影フィルターとの違い

クリスタのフィルターには似たような機能として「曲面投影」フィルターの球面変換があります。

クリスタの曲面投影フィルター

クリスタで球面・円柱変換!曲面投影フィルターの使い方!!


「曲面投影」フィルターの球面変換の場合は、盛り上がりが曲線的なのに対し、
「つまむ」フィルターは直線的に尖って突き出している形状になります。

クリスタの曲面投影フィルターとつまむフィルターの違い

クリスタでつまむフィルターを使用する手順

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタで変換するものを用意する

画像を読み込む

クリスタで画像を読み込む方法は以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタで画像を読み込み・挿入させる4つの方法!!

絵や柄を描画する

クリスタのキャンバス上に自身で絵や柄・模様を直接描画します。

必要であればラスタライズしよう

クリスタのフィルター機能を使用できるのはラスターレイヤーです。

そのため、それ以外のレイヤーにフィルター機能を使用したい場合はラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

※元のレイヤー機能はなくなりますので注意しましょう。


ラスタライズは変換したいレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択することで実行できます。

クリスタ「ラスタライズ」

クリスタのつまむフィルター機能を実行しよう

変換したいラスターレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部「フィルター」から「変形」→「つまむ」と選択しましょう。

クリスタのフィルターメニュー「つまむ」


すると以下のような設定ウィンドウが開きますのでここで目的の表現に合うように各項目の数値を入力・調整して「OK」を押すことで選択中のレイヤーを変換・変形することができます。

※キャンバスサイズ・解像度によっては変換に数秒かかる場合があります。

クリスタつまむフィルターの設定ウィンドウ


クリスタのフィルター機能は再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用しましょう。

ポイント

CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択することで選択中のレイヤーを複製できます。

この機能で元のレイヤーを残しておくこともできます。


「つまむ」フィルターの各設定項目の意味は後述の『CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)つまむフィルターの設定項目の意味』の項目で紹介します。

【補足】クリスタの選択範囲機能でフィルター効果範囲を指定することも可能

クリスタでは、キャンバス上に選択範囲を作成して編集可能範囲を指定することができます。

クリスタの選択範囲

クリスタ4つの「選択範囲」作成方法とその機能!!


この選択範囲を作成している状態でフィルター機能を使用しますと、その選択範囲内だけにフィルター効果を与えることができます。

クリスタつまむフィルター(選択範囲)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)つまむフィルターの設定項目の意味

ポイント

つまむフィルターの設定ウィンドウにて「プレビュー」にチェックを入れておけば設定内容を変更した際にすぐその変化を画面上で確認できるようになります。

※初期状態で既にチェックが入っています。

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「プレビュー」


プレビュー表示は数値を変更するだけで反映されますので直接数値を入力した際には[Enter]を押す必要はありません。
[Enter]を押すとフィルターの変換が実行されますので注意しましょう。

クリスタつまみフィルター設定:キャンバス上の「×」印

クリスタの「つまみ」フィルターの設定ウィンドウが開きますとキャンバス上に「×」印が表示されます。

クリスタつまむフィルターの「×」印


これは突き出し表現の頂点の位置を表しています。

また、この「×」印はドラッグによって移動が可能です。
「×」印の位置によって変形具合も変わります。

※[Shift]を利用した垂直・水平方向への移動はできないようです。

クリスタつまむフィルターの×印を移動
MEMO

「つまむ」フィルターの「×」印の初期位置は必ずしもキャンバスや選択範囲の中心点に表示されるわけではありません

キャンバスの中心点を確認したい場合は「グリッド表示」を利用するといいでしょう。

クリスタサポート機能グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!

「×」印が示す位置に関して

「×」印は変換前の画像・絵の位置を示しています。

そのため、プレビュー表示されている状態で「×」印を移動させますと思った位置にならない場合もあります。

クリスタつまむフィルターの×印移動(プレビューあり)


「つまむ」フィルターの「×」印の移動は「プレビュー」のチェックを外して行うとやりやすいでしょう。

※「×」印は「プレビュー」のチェックを外しても表示してくれます。

クリスタつまむフィルターの×印移動(プレビューなし)

クリスタつまみフィルター設定:量

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「量」


突き出す強さを設定します。
「-100.00」~「100.00」で設定し、数値が大きいほど突き出し具合が強くなります。

クリスタつまむフィルター「量」の数値の違い


この時、「+(プラス)」の数値ですと奥に突き出した表現になり、「-(マイナス)」の数値ですと手前に突き出した表現になります。

クリスタつまむフィルター「量」の+-の違い
MEMO

「+」の場合ですと裏側から摘まみ上げる、「-」の場合ですと表側から摘まみ上げるといったイメージですね。


また、「0」にしますと全く変化がない状態になります。

クリスタつまみフィルター設定:範囲

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「「範囲」


「つまむ」フィルターの効果を適用させる範囲を設定します。
「全体に適用」と「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」の2種類から選択します。

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「範囲」の選択肢

「全体に適用」

「全体」という名称ですが、実際はキャンバス(選択範囲)の内接円の範囲内で「つまむ」フィルターの効果が適用されます。

クリスタつまむフィルター「全体に適用」


そのため、四隅部分(内接円の外側)は変形されません

「×」印がキャンバス(選択範囲)の中心点でない場合はその位置に合わせた形状の円(弧)になります。

クリスタつまむフィルター「全体に適用」(×印が中央以外)

「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」

曲面投影を適用する範囲や比率を下部の「半径」「扁平率」の数値で指定します。

こちらは「全体に適用」とは違い、「×」印を移動しても効果範囲は「×」印を中心としたキレイな円になります。

クリスタつまむフィルター「サイズを指定」


「半径」「扁平率」の詳しい内容は次項で紹介します。

クリスタつまみフィルター設定:半径

※「範囲」にて「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」を選択した場合に反映される設定項目です。

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「半径」


突き出し変形を適用する範囲を設定します。
「0.00」~「100.00」で設定し、数値が大きいほど広い範囲に適用されます。

クリスタつまむフィルター「半径」


数値を「0」にしますと全く変化がない状態になります。

つまむフィルター「半径」の数値の意味

クリスタ公式ページには表記がないのですが、手元のクリスタで試したところ、

キャンバスの短い方の長さ×「半径の数値(%)」

「×」印からの効果範囲となる半径

であることが分かりました。

※選択している画像のサイズではなくキャンバスのサイズで計算するようです。
※選択範囲を作成している場合は選択範囲のサイズで計算します。


例えば「幅:1000px」「高さ:1500px」のキャンバスの場合、「つまむ」フィルターの「半径」に「30.00」と入力しますと、

キャンバスの短い方の長さ「1000px」×30%=300px

となり、「×」印から300pxの範囲に突き出し変形が適用されるようになります。

クリスタつまむフィルター「半径」の意味

クリスタつまみフィルター設定:扁平率

※「範囲」にて「サイズを指定(半径、扁平率を使用)」を選択した場合に反映される設定項目です。

クリスタつまむフィルター設定ウィンドウ「扁平率」


突き出し変形を適用する範囲の縦横比を設定します。
「-0.90」~「0.90」で設定し、「0」の場合は縦横比が同じ(正方形)に、「+」の数値では横幅が狭くなり、「-」の数値では縦幅が狭くなります。

クリスタつまむフィルター「扁平率」(+-の違い)


また、数値が大きいほど狭くなる割合は大きくなります。

クリスタつまむフィルター「扁平率」(数値の違い)

つまむフィルター「扁平率」の数値の意味

クリスタ公式ページには表記がないのですが、手元のクリスタで試したところ、

◆「+」の数値の場合
適用範囲の横幅=「半径」×「1-(扁平率の数値)」


◆「-」の数値の場合
適用範囲の縦幅=「半径」×「1-(扁平率の数値)」

※扁平率の「-」は式に含まない

であることが分かりました。
数値が1より下なので幅が狭くなるというわけですね。


例えば曲面投影の適用範囲の半径が「400px」の場合、

「扁平率」を「-0.25」にしますと
「400px」×「1-(0.25)」=300px

となり、適用範囲の縦幅の半径が300pxになります。

クリスタつまむフィルター「扁平率」の意味


「半径」で設定した範囲から1辺の長さを短くする設定ですので最大効果範囲は「扁平率」が「0」の時の範囲になります。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でつまむフィルターを使用した後に編集も可能

クリスタのフィルター機能はラスターレイヤーに対して行うものです。

つまり、「つまむ」フィルターを使用したレイヤーも後からクリスタの様々なツールで加筆・変形などの編集が行えます

クリスタでつまむフィルター使用後に変形

【補足】CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の他機能を使った「つまむ」表現

クリスタの変形機能には「メッシュ変形」というものがあります。

クリスタ:メッシュ変形


参考記事

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!


1箇所ずつ「□」を操作する必要はありますが、このメッシュ変形を使って突き出し(凹み)表現をすることもできます。

※メッシュ変形を使用した場合、隙間が生じる場合があります。

クリスタのメッシュ変形で突き出し表現

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)つまむフィルターの使用例

私が思いつく範囲ではありますが紹介させていただきます。

柄の表現変更

通常の柄にアクセントを付けることができます。

クリスタのつまむフィルターで柄にアクセント

凹み・突き出し表現

地面や壁の絵に凹み、もしくは突き出した表現を付け加えることができます。

クリスタのつまむフィルターで凹み表現

吸い込み表現

穴や空間に吸い込まれているような表現を作成することができます。

クリスタのつまむフィルターで吸い込み表現

集中線画像の調整

クリスタでは集中線の画像素材を貼り付けることができます。

クリスタの集中線素材を貼り付け


参考記事

【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を紹介します!


この集中線の画像素材に「つまむ」フィルターを使用することで「量」が+数値でしたらより鋭く、-数値でしたら少し弱くすることができます。

※予め画像素材をラスタライズしておく必要があります。

クリスタのつまむフィルターで集中線画像の強さ調整


また、「×」印を移動することで集中線の向きも調整することができます。
(効果範囲の境目に「角」ができてしまいますが)

クリスタのつまむフィルターで」集中線画像の向き調整
MEMO

「×」印を集中線が描画されている範囲に配置しますと線が歪んでしまいますので注意しましょう。

クリスタのつまむフィルターで集中線画像を調整(歪んだ例)

【補足】俯瞰・アオリ表現は難しい?

「つまむ」フィルターの特徴から、絵を俯瞰もしくはアオリ表現に変形することもできそうですが、効果範囲が内接円になりますので直線部分が曲がった表示になってしまいます
(そういった表現が目的なら大丈夫ですが)

クリスタのつまむフィルターでアオリ表現


曲がった部分がない俯瞰・アオリ表現をしたい場合はシンプルに変形機能を利用しましょう。

クリスタの変形でアオリ表現


参考記事

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のつまむフィルターを活用してみよう!

クリスタの「つまむ」フィルターは奥、もしくは手前に画像や絵を突き出すという特殊な変形機能ですので使いどころが難しい印象ですが設定は「×」印と「量」の数値の調整程度ですので内容自体はシンプルなものになります。

今回紹介した使用例以外の利用法も見つけてぜひ活用していただければと思います◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る