【various sun】第16笑:——で? (5P/21P) 公開!!2020.10.29

クリスタのごみ取りツールでごみが消えない時はモードを変更してみよう!

クリスタ:ごみ取りツールサムネ

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】

 

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

 

漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)はデジタルペイントソフトですが、アナログのイラストや漫画を読み込んで編集・修正する機能もたくさん搭載されています。

 

その中の1つに読み込んだ原稿に写ってしまったごみ(黒い点)を消去してくれる「ごみ取りツール」というものがあります。

 

しかし、実際私がこのごみ取りツールを使用しても全然ごみを消去してくれませんでした…

実は原因はただの設定違いというだけだったのですが、私と同じように困っている方もいるかもしれませんのでここで紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします

( `・∀・´)ノ!

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の「ごみ取りツール」とは

CLIP STUDIO PAINT画面【クリスタ補足】ウィンドウ(パレット)やアイコンが説明されている場所に見当たらない時は?

範囲を指定するだけでごみを消去してくれる便利ツール!

原稿を読み込みますとどうしても埃やゴミが入った状態で読み込みされてしまいます。

原稿読み込み:ゴミ

その為、「ごみ取り」の作業をを行わなければなりません。

そこで役に立つのが「ごみ取りツール」です。

クリスタ:ごみ取りツール

 

範囲を指定するとその中にあるゴミをあっという間に消してくれるのです。

クリスタ:ごみ取り

 

消去するごみのサイズも設定できる!

ごみ取りツールを選択中にツールプロパティで消去するごみのサイズを設定することができます。

ここで設定したサイズ以下の点(ごみ)を消去してくれるようになります。

クリスタ:ごみ取り(ごみのサイズ)

 

画像レイヤーになっている場合は「ラスタライズ」が必要!

読み込んだアナログ原稿を直接開く場合は問題ないのですが、CLIP STUDIO PAINT上で作成したキャンバス(原稿)上に開いた場合、アナログ原稿のデータは画像レイヤーとして表示されます。

クリスタ:画像レイヤー

 

CLIP STUDIO PAINTではこの画像レイヤーのままでは編集作業ができません

※「変形」は画像レイヤーのままでも可能です。

 

その為、ごみ取りツールも使用することができないのです。

編集ができきるようにするにはこの画像レイヤーを「ラスタライズ」する必要があります。

「ラスタライズ」とはレイヤーの種類を「ラスターレイヤー」に変換することをいいます。

とはいってもメニュー項目から選択するだけですので手順は簡単です◎

 

ラスタライズ(ラスターレイヤーに変換)する方法

画像レイヤーを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択することで画像レイヤーを編集可能なラスターレイヤーに変えることができます。

クリスタ:ラスタライズ

クリスタ:ラスタライズ

注意

ラスタライズを行うと、キャンバス外にある原稿部分は削除されてしまいます。

必要な部分がキャンバス内にあることを確認してからラスタライズをおこないましょう。

 

サブツールの選択によってごみ取り場所の指定方法が異なる

ごみ取りツールにはサブツールウィンドウ内に「ごみ取り」「塗り残し埋め」「ごみ選択」があります。

クリスタ:ごみ取り(サブツール)

 

どれを選択しているかによってごみの指定方法が異なってきます。

 

「ごみ取り」

ごみがある場所を図形で指定します。

クリスタ:ごみ取り

 

指定する図形の形や操作方法などもサブツール詳細ウィンドウで設定できます。

クリスタ:ごみ取り(サブツール詳細)

 

「塗り残し埋め」

ペンで塗るようにごみのある場所を指定します。

クリスタ:塗り残し埋め

 

サブツール詳細ウィンドウで入り抜きなど通常のペンのような設定ができます。

クリスタ:塗り残し埋め(サブツール詳細)

 

 

「ごみ選択」

こちらはごみを消去するのではなく、ごみ部分に選択範囲を作成するツールになります。

 

フリーハンドで場所を指定すればその中にあるごみを感知し、範囲選択します。

クリスタ:ごみ選択

選択部分が小さいので分かりにくいですがちゃんと選択範囲が作成されています↓

クリスタ:ごみ選択

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のごみ取りツールがごみを消してくれない原因と解決策!

CLIP STUDIO PAINT画面【クリスタ補足】ウィンドウ(パレット)やアイコンが説明されている場所に見当たらない時は?

原因は「モード」の設定!

ごみ取りツールがうまくごみを消してくれない原因はツールプロパティにある「モード」という項目の設定が原因でした。

 

この「モード」の項目は初期設定では「不透明の点を消す」に設定されている場合が多いと思います。

クリスタ:ごみ取り(モード)

 

文字だけを見れば「不透明の点=ごみ」となって設定として間違ってなさそうですが、この「不透明の点を消す」というのは「透明部分にある不透明や半透明な点を消す(透明色に置き換える)」という設定なのです。

クリスタ:ごみ取り(不透明の点を消す)

 

つまり、読み込みした原稿などの白地にあるごみはこの設定では消去してくれないということになります。

 

もしごみ取りツールが機能してくれない場合はこのモードの設定がこの「不透明の点を消す」になっている場合が多いのではないでしょうか。

 

白地のごみを消す場合はモードを「白地の中の点を消す」にしよう!

アナログ原稿を読み込んだ場合など、白地にあるごみを消去したい場合はモードの設定を「白地の中の点を消す」に変更しましょう。

クリスタ:白地の中の点を消す

 

この設定で改めて読み込んだアナログ原稿のごみ取り作業を行ってみて下さい。

ちゃんとごみ取りができるようになっているはずです◎

クリスタ:ごみ取り

 

【補足】その他の「モード」設定 

「透明の穴を周囲の色で埋める」

色が塗ってある部分(不透明部分)にある透明・半透明な部分を自動でその周りの色を使って塗りつぶしてくれます。

クリスタ:透明の穴を周囲の色で埋める

 

ただし、あくまで塗りつぶしですのでグラデーションがある部分では周りの色を完全に再現できない場合もあります。

クリスタ:透明の穴を周囲の色で埋める

 

「透明の穴を描画色で埋める」

色が塗ってある部分(不透明部分)にある透明・半透明な部分を選択中の色(描画色)で塗りつぶすことができます。

クリスタ:透明の穴を描画色で埋める

 

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ):ごみ取りツールがゴミを消してくれない原因と対策方法まとめ

こういった便利な機能を充分に利用するにはその場にあった設定が必要になってきます。

特にこのごみ取りツールはアナログ原稿を読み込んだ時に便利な機能にも関わらず、初期設定ではそれに適していない設定になっている為に「ちゃんとごみを消してくれない」といったことも起こりやすいのではと思います。

 

とはいえ、設定の選択を1つ変えるだけで解決できますので、アナログ制作でもデジタル制作でもCLIP STUDIO PAINTをどんどん活用していただければなと思います。

 

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

マンガ制作ソフトの最高峰【CLIP STUDIO PAINT EX】