クリスタ変形の「位置」で数値指定での移動が可能に!!

※記事内に広告を含みます

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)が2023年7月27日にVer.2.1.0にアップデートされたことにより、「変形」機能にて「数値指定による移動」ができるようになりました。

今回はこの変形機能の新機能を紹介させていただきますのでよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)変形の新機能を利用できるのはVer.2.1.0以降

今回紹介するクリスタの変形の「位置」設定はVer.2.1.0から追加されたものですのでアップデートが必要です。

クリスタを月額利用で使用している場合はそのままアップデートができますが、一括払いのパソコン版クリスタを使用している場合はアップデートプランの契約(年額制サブスク)が必要になります。

【クリスタVer.2.0】アップデートプランの契約方法を紹介します!!

注意

クリスタにはお手元の無期限版クリスタVer.1.xを無期限版のVer.2.0にバージョンアップできる「優待バージョンアップ」という商品がありますが、Ver.2.1.0以降にアップデートするには上記の「アップデートプラン」が必要になりますので注意しましょう。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)変形の「位置」で数値指定移動が可能に!

クリスタ変形時の設定項目に「位置」が追加!

クリスタではレイヤー上に描画した絵に対して、「変形」を行うことができます。

クリスタ:変形

クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!


この変形時にツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウにて変形に関する設定・操作ができるのですが、ここに「位置」と「位置の単位」という項目が新しく追加されたのです。

クリスタ変形「位置」「位置の単位」

クリスタ変形「位置」の意味

「位置」

クリスタ変形「位置」


変形時に表示される基準点「+」のキャンバス上での座標を表示しています。
「X」が横幅での座標、「Y」が縦幅での座標となり、それぞれの「0」地点はキャンバスの左上となっております。

クリスタ変形「位置」の座標


画像では1000px × 1000px のキャンバスにて「X:500、Y:500」とありますので、キャンバス左上から右に500px、下に500pxの位置に基準点「+」があるということになります。

※「位置」の単位に関しては次項で説明します。

クリスタ変形「位置」の数値が表すもの


この「位置」のX値・Y値を変更することでその数値の座標の位置に基準点「+」が移動し、それに合わせて変形対象も移動します。

クリスタ変形「位置」の数値変更による移動
ポイント

●X値

数値を上げますと右に、数値を下げますと左に移動します。


●Y値

数値を上げますと下に、数値を下げますと上に移動します。


また、こちらの数値は「キャンバスの長さより大きい数値」、もしくは「-数値」を入力することもできます。

その場合は基準点「+」がキャンバスの外側に移動します。

【補足】変形の基準点「+」を先に移動させることもできる

クリスタの変形時に表示される基準点「+」はペンで直接ドラッグすることや、「基準点」の項目で移動が可能です。

クリスタ変形「基準点」


基準点「+」を移動させると「位置」のX値・Y値の数値も移動先の座標の数値になります。

クリスタ変形で基準点を移動
MEMO

基準点「+」の初期位置は変形対象の中央になります。


基準点「+」を移動後に「位置」のX値・Y値を変更した場合もその数値の座標位置に基準点「+」が移動し、それに合わせて変形対象も移動します。

クリスタ変形で基準点を移動後に「位置」の数値変更

「位置の単位」

「位置」を表すX値・Y値の単位を「キャンバスの単位に合わせる」「cm」「mm」「in」「px」「pt」の6つから選択できます。

クリスタ変形「位置の単位」
MEMO

●in(インチ):1in=約25.4mm

●pt(ポイント):1pt=(一般的に)約0.3528mm

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の変形で数値指定での移動が可能になった!

前項のように、クリスタの変形時に設定できる「位置」にて数値を変更しますと、それに合わせて変形対象が移動することができるようになりました。

例えば、「位置の単位」を「mm」にしてX値を10増やしますと、変形対象を右に10mm移動させることができるのです。

クリスタ変形で10mm右に移動


この機能によって変形対象の位置を数値指定によって移動・配置することができるようになりました!

キャンバス上において、「絵を〇〇mm移動させたい」といった場合に活用できるわけですね◎

注意

デジタルペイントソフトにて変形を実行しますと、絵の劣化が発生しますので注意しましょう。

ただし、クリスタの「ベクターレイヤー」に描画した線は変形を実行しても劣化しません


参考記事

これぞクリスタの特徴!ベクターレイヤーが便利すぎる!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)変形の新機能で利用の幅が広がった!

今回紹介したクリスタVer.2.1.0の変形の新機能ですが、個人でイラストや漫画を描く方はそこまで利用する機会は少ないかもしれません。

しかし、クリスタでデザイン制作をやっている方や依頼主からの指示によってミリ単位の修正が必要になることもあるかと思います。

使用しているソフトでできることが増えるのは決して悪いことではないですからね◎

皆さんも1度変形の「位置」設定をお試しください!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る