クリスタの質感合成で紙質を表現できる!!

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)にて、「紙質」を表現できる方法を紹介させていただきます。

クリスタはデジタルペイントソフトですが、画用紙やキャンバス地などの紙質を表現することができるのです!

こんな感じですね↓

クリスタの質感合成


この機能をクリスタでは「質感合成」といいます。

クリスタの質感合成は紙質の細かい調整もできますよ◎

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

【始めに】CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の紙質表現はいつでもできる!

クリスタで紙質を表現する質感合成の機能は絵を描き始める前でも絵を描き終わった後でもいつでも使用することができます

ですのでキャンバスを新規作成してから質感合成の機能で紙質を表現し、そこから描画を始めることもできれば

クリスタの質感合成(描画前)


描き終わった絵、もしくはクリスタに読み込んだ(イラストなどの)画像データに質感合成で紙質表現を付け加えることだってできるのです。

クリスタの質感合成(描画後)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の質感合成で紙質を表現する方法!

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタの素材パレットから表現したい紙質の画像素材をキャンバスに持ってこよう!

クリスタで紙質を表現したいキャンバスを新規作成しましたら、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「ウィンドウ」→「素材」→「素材[すべての素材]」と選択して素材パレットを開きましょう。

クリスタ「素材[すべての素材]」
MEMO

クリスタのメニューで「素材[すべての素材]」の項目が見当たらない場合は別の「素材[〇〇]」を選択して素材パレットを開き、左側の項目で「すべての素材」を選択しましょう。

クリスタの素材パレット「すべての素材」


「すべての素材」の素材パレットが開きましたら、左下のデフォルトタグで「用紙テクスチャ」を選択しましょう。

これでクリスタ内にある用紙系の画像素材が絞り込み表示されるようになります。

クリスタの素材パレット「用紙テクスチャ」


最初からクリスタに入っている素材だけでも「キャンバス地」や「画用紙」「木材」など様々な紙質を表現できる素材が入っています。


紙質を表現させたい画像素材が決まりましたら、1度タッチして選択状態にし、素材パレット下部にある貼り付けのアイコンをタッチしましょう。

クリスタの素材パレット「貼り付け」
クリスタ素材パレットの貼り付けアイコン


これでクリスタのキャンバス上に選択した紙質の画像素材が設置されます。

※まだ作業完了ではありません。


●何もないキャンバスに設置した場合

クリスタの用紙テクスチャ


●イラストがあるキャンバスに設置した場合

クリスタの用紙テクスチャ(イラストあり)
MEMO

画像素材をそのままキャンバスやレイヤーパレットにドラッグすることでも画像素材を設置させることができます。

クリスタの素材をドラッグで貼り付け


キャンバスに画像素材をドラッグする場合、画像素材はキャンバスの中央ではなくドラッグ先を基準に設置されます。


また、レイヤーパレットにドラッグする場合、他のレイヤーの上にドラッグしますとそのレイヤーがドラッグした画像素材に上書きされて消えてしまいますので注意しましょう。

レイヤーを上書きしたくない場合はレイヤーの間にドラッグしましょう。

注意

表現色が「モノクロ」のキャンバスに画像を貼り付けた場合、画像素材にはトーン効果が自動で追加されます。

トーンの効果を消したい場合はレイヤープロパティの「トーン」のアイコンをタッチしてトーン効果をOFFにしましょう。

クリスタでトーン効果をOFFにする

紙質用の画像素材にクリスタの「質感合成」を設定しよう!

クリスタのキャンバス上に紙質表現用の画像素材を設置しましたら、レイヤーパレットにも画像素材のレイヤーが設置されています。

クリスタの画像素材レイヤー


まずはこの画像素材のレイヤーをレイヤーパレットの1番上にドラッグ移動させましょう。

※画像素材のレイヤーが既に1番上にある場合はそのままで大丈夫です。

クリスタで画像レイヤーを移動


そして画像素材のレイヤーを選択している状態でレイヤープロパティの「質感合成」のアイコンをタッチします。

クリスタ「質感合成」アイコン


はい、これだけで紙質の表現ができるようになりました◎

クリスタで質感合成をONにする

クリスタ「質感合成」の特徴

質感合成の設定をしたレイヤーより下に配置しているレイヤー全てに反映される

クリスタの質感合成を設定したレイヤーは、レイヤーパレットにてそのレイヤーの下に配置しているレイヤー全てに反映されます。

クリスタ質感合成の効果範囲


上記の説明で紙質表現用の画像素材レイヤーを1番上に移動させたのはこの特徴があるためです。


この質感合成を一部のレイヤーだけに反映させたい場合は「レイヤーフォルダー」を利用しましょう。

クリスタの質感合成をフォルダー内で設定する
質感合成の設定ができるのは画像レイヤーのみ

クリスタで画像素材を設置した時や保存してある画像データをキャンバス上に読み込んで表示させた時はそのレイヤーに画像レイヤーのアイコンが表示されます。

クリスタの画像レイヤー


クリスタの質感合成のアイコンはこの画像レイヤーを選択している時のみ表示・設定ができるのです。

画像レイヤーであれば「用紙テクスチャ」でなくても質感合成の設定は可能

上記の紙質表現方法の説明では紙質を表現できる素材を選ぶためにデフォルトタグで「用紙テクスチャ」を選択しましたが、クリスタの質感合成は画像素材であれば設定が可能なのです。

クリスタの質感合成(画像素材)


クリスタ内にあるカラーパターンや自分で制作したイラストの画像データなどでも質感合成の設定をすることができます。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で紙質の表示を設定・調整する方法!

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタ「質感合成」の設定で紙質を調整

クリスタで質感合成の設定をしますとレイヤープロパティに「強さ」という項目が表示されます。

クリスタの質感合成「強さ」


この数値を変更することで紙質の表示の強さを調整することができます。

クリスタ質感合成の「強さ」の違い

クリスタのレイヤーパレットで紙質を設定・調整

不透明度

紙質表現用の画像レイヤーを選択している状態でレイヤーパレットの不透明度を下げることで紙質の表現を薄めることができます。

クリスタの不透明度
クリスタ質感合成「不透明度」の違い

合成モード

紙質表現用の画像レイヤーを選択している状態でレイヤーパレットの合成モードを変更することで特殊効果を付け加えることができます。

クリスタの合成モード
クリスタ質感合成「合成モード」の違い


参考記事

クリスタ合成モードサムネクリスタの合成モードを簡単な言葉で説明します!!

クリスタのオブジェクトツールで紙質表現を設定

紙質表現用の画像レイヤーを選択している状態でオブジェクトツールを使用しますと、「ハンドル」が表示され、ツールプロパティにも設定項目が表示されます。

※画像素材をキャンバスに貼り付けた時は自動でオブジェクトツールが選択された状態になります。

クリスタの画像素材とオブジェクトツール


ここで画像素材の表示を設定・操作することで紙質の表現を細かく設定・変更することができます。

紙質表現用の画像素材を変形

ツールプロパティの「変形方法」の項目でどのような変形を行うかを設定し、キャンバス上に表示されているハンドルを操作することで画像素材を変形することができ、それによって紙質の表示も変更されます。

クリスタのオブジェクトツール「変形方法」
クリスタのハンドル操作による変形


また、一部の変形はツールプロパティやサブツール詳細にあるボタンや項目の数値変更でも行えます。

クリスタのオブジェクトツールによる設定項目


変形方法に関しては以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタ:変形クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!
拡大・縮小で紙質表現が大きく変わる

この画像素材の変形にて1番大きいのは拡大・縮小です。

画像素材を拡大・縮小することで紙質の細かさの表現を変えることができます。

クリスタの拡大・縮小による紙質表現の変化

紙質表現用の画像素材の移動

オブジェクトツールでキャンバス上の画像素材部分をドラッグしますと画像素材 を移動させることができます。

クリスタのオブジェクトツールによる画像素材の移動


これで紙質表示の位置を変更・調整することができます。

用紙テクスチャではそこまで変化が分かりませんが、カラーパターンなどを質感合成している場合は柄の位置が変わることで印象も変わりますね。

※オブジェクトツールを使用中でしたら十字キーでも画像素材の移動ができます。

紙質表現用の画像素材の「タイリング」設定

オブジェクトツールを使用中に表示されるツールプロパティの項目に「タイリング」というものがあります。

「+」を押すとさらに項目が表示されます。

クリスタ「タイリング」


クリスタの「タイリング」とは1つの画像を繰り返し表示させてキャンバス全体に広がるようにする機能です。

実は画像素材もオブジェクトツールを使用することで表示されるハンドルの範囲が元々の画像で、この画像を繰り返し表示させてキャンバス全体に広げているわけなのです。

クリスタ「タイリング」OFF
クリスタ「タイリング」ON


そのため、画像素材ではこのタイリングの項目にチェックが入っている状態になっています。


紙質表現用として選択した画像素材によっては変化がない場合もありますが、ここで表示方法を選択して変更することができます。


●「タイリング」

「繰り返し」「折り返し」「裏返し」の3つから選択できます。

クリスタのタイリング設定の違い


●「タイリング方向」

「上下左右」「左右のみ」「上下のみ」の3つから選択できます。

今回のように紙質表現が目的であれば「上下左右」にしておくのがいいですね。

クリスタの「タイリング方向」設定の違い

クリスタのレイヤーカラーで紙質の色味を変更

紙質表現用の画像レイヤーを選択している状態でレイヤープロパティのレイヤーカラーのアイコンをタッチし、色を指定することで画像レイヤーに色味を付けることができます。

クリスタのレイヤーカラー設定


クリスタの質感合成は下のレイヤー全てに反映されますので紙質表現用の画像素材レイヤーの色が変わるとその下にある絵全体も色味が変化しますね。

クリスタの膝窩合成にレイヤーカラーを設定


ちなみに「サブカラー」も反映されます。

クリスタの質感合成とレイヤーカラー(サブカラーあり)


参考記事

レイヤーカラークリスタのレイヤーカラーが変な色になる原因は「元の色」だった!

クリスタでは表現したい紙質を入れ替えることも可能

クリスタで紙質表現用の画像素材を表示させた後に別の紙質の表現に入れ替えることも可能です。

レイヤーパレットで紙質表現用の画像素材レイヤーを選択している状態で素材パレットを開きましょう。

画像素材レイヤーを選択して素材パレットを開く


そして素材パレットにて変更させたい画像素材を選択しましたら素材パレット下部の貼り替えのアイコンをタッチすることで選択していた画像素材と入れ替えることができます。

クリスタの素材パレット「貼り替え」
クリスタ素材パレットの貼り替えアイコン


この時、ツールプロパティ内の設定内容はリセットされますが、レイヤーパレット・レイヤープロパティの設定はそのまま引き継がれます

(画像の場合でも不透明度と合成モード、そして質感合成の設定が引き継がれています)

クリスタの素材入れ替えによるレイヤー設定

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の紙質表現用の画像素材はダウンロードで増やせる!

クリスタではCLIP STUDIO ASSETSからクリエイター様が公開してくれている素材をダウンロードすることができます。(有償・無償あり)

CLIP STUDIO ASSETS

ここから紙質表現用の画像素材を自分のクリスタにダウンロードして追加することができます。

検索バーに「用紙テクスチャ」と入力して検索しますと複数の紙質表現用の画像素材が見つかりますし、「画用紙」など目的の紙質を入力して検索すれば同じ紙質でも表現が異なる画像素材が見つかります。


クリスタに元々入っている用紙テクスチャでは満足できない場合はここから探してみてはいかがでしょうか。

参考記事

素材ダウンロード【クリスタ】無料素材でもこんなに便利!ダウンロード方法と使い方を紹介します!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で紙質を表現してアナログ風に仕上げてみよう!

クリスタでの紙質表現方法の紹介は以上になります。

このようにクリスタではデジタルながらアナログ風な表現を出すことも可能です。

デジタルでアナログ風の表現をしたい方はぜひ試してみてください◎

また、普段デジタルイラストを描かれている方でも紙質表現によっていつもと違った雰囲気を加えることもできますよ◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「色塗り上達テクニック」