クリスタで色鉛筆画に変換!えんぴつ調フィルターの使い方!!【Ver.3】

※記事内に広告を含みます

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)Ver.3.0にて追加された「えんぴつ調フィルター」の使い方・設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のえんぴつ調フィルターとは

クリスタで絵や画像を(色)鉛筆画風に変換できるフィルター機能!

クリスタのえんぴつ調フィルターは数あるフィルター機能の1つです。
レイヤー上にある絵や画像を(色)鉛筆で描いたような表現に変換ができます。

クリスタのえんぴつ調フィルター


また、その変換具合も各設定項目の入力値によって調整することができます。

注意

使用する画像やイラストは自身が著作権を所有しているもの、もしくは著作権を所有している方から許諾を得ているものにしましょう。

無断で他人の画像やイラストを使用・加工するのは著作権違反です。

えんぴつ調フィルターが使えるのはクリスタVer.3.0以降

今回紹介する「えんぴつ調フィルター」を使用するためにはお手元のクリスタをVer.3.0以降にアップデートする必要があります。

そのため、お手元のクリスタが無期限版(買い切りタイプ)の場合は「アップデートプラン」を契約するか、クリスタVer.3.0を購入する必要があります。

ポイント

クリスタを月額利用で使用している場合は追加料金なしで最新版にアップデートできます。

【クリスタVer.3】アップデートプランの契約方法を紹介します!!

クリスタを無期限Ver.2・Ver.3に!優待バージョンアップ購入方法!

注意

「優待バージョンアップ」を購入する場合、お手元のクリスタがVer.1.xであれば「Ver.1.x→Ver.2.0」の優待バージョンアップを購入・バージョンアップ後に追加で「Ver.2.0→Ver.3.0」の優待バージョンアップを購入する必要があります。


「アップデートプラン」を契約する場合はお手元のクリスタがVer.1.xでも最新バージョンにアップデートが可能です。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のえんぴつ調フィルターの利用方法!

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタの「えんぴつ調フィルター」を利用できるレイヤーを用意しよう

クリスタでえんぴつ調フィルターを使用するレイヤーを用意する

クリスタのフィルター機能は1枚のラスターレイヤーに対して使用する形になります。
レイヤーを用意する方法は主に2つあります。

①画像を読み込む

クリスタで画像を読み込む方法は以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタで画像を読み込み・挿入させる4つの方法!!

②絵や柄を描画する

クリスタのキャンバス上に自身で絵や柄・模様を直接描画します。

フィルター機能を使用できるのは1枚のラスターレイヤーですので複数枚のレイヤーで作成されている場合は結合させて1枚のレイヤーにしておきましょう

クリスタでレイヤーを1つにする結合方法とその仕様を紹介!!

必要であればラスタライズしよう

クリスタのフィルター機能を使用できるのは1枚のラスターレイヤーに対してです。

そのため、それ以外のレイヤーにフィルター機能を使用したい場合はラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

※元のレイヤー機能はなくなりますので注意しましょう。


ラスタライズは変換したいレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択することで実行できます。

クリスタ「ラスタライズ」

「表現色」を「カラー」にしておこう

クリスタの「えんぴつ調フィルター」を使用できるもう1つの条件としてレイヤーの表現色が「カラー」である必要があります。

ですのでフィルターを使用するレイヤーを選択し、レイヤープロパティにて「表現色」を「カラー」に変更しておきましょう。

クリスタのレイヤープロパティ(表現色)

【補足①】クリスタの選択範囲機能でフィルター効果範囲を指定することも可能

クリスタでは、キャンバス上に選択範囲を作成して編集可能範囲を指定することができます。

クリスタの選択範囲

クリスタ4つの「選択範囲」作成方法とその機能!!


この選択範囲を作成している状態でフィルター機能を使用しますと、その選択範囲内だけにフィルター効果を与えることができます。

クリスタのえんぴつ調フィルター(選択範囲)

【補足②】必要であればレイヤーを複製しておこう

クリスタのフィルター機能は再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用する必要があります。

不安な場合はクリスタのフィルターを使用する前に
CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択して選択中のレイヤーを複製することで元のレイヤーを残しておくこともできます。

クリスタのフィルターメニューから「えんぴつ調」を選択しよう!

クリスタにて絵や画像の用意ができましたら、そのレイヤーを選択している状態で
CLIP STUDIO PAINT画面上部「フィルター」から「効果」→「えんぴつ調」と選択しましょう。

クリスタフィルターメニュー「えんぴつ調」


すると以下の設定ウィンドウが開きますのでこで目的の表現に合うように各項目の数値を入力・調整して「OK」を押すことで選択中のレイヤーを変換・変形することができます。

※キャンバスサイズ・解像度によっては変換に数秒かかる場合があります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定ウィンドウ


クリスタのフィルター機能は実行後に再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用しましょう。

「えんぴつ調」フィルターの各設定項目の意味は次項で紹介します。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)えんぴつ調フィルターの設定項目の意味

ポイント

クリスタのフィルター設定ウィンドウにて「プレビュー」にチェックを入れておけば設定内容を変更した際にすぐその変化を画面上で確認できるようになります。

※初期状態で既にチェックが入っています。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「プレビュー」


プレビュー表示は数値を変更するだけで反映されますので直接数値を入力した際には[Enter]を押す必要はありません。
[Enter]を押すとフィルターの変換が実行されますので注意しましょう。

クリスタえんぴつ調フィルター設定:輪郭線を表示

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「輪郭線を表示」


チェックを入れることで輪郭線を表示させることができます。
輪郭線もえんぴつ調にしたい場合はチェックを外すといいでしょう。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「輪郭線を表示」


また、ここで表示される輪郭線は元の線画の通りではなく、線画部分をフチ取りしたような表示になります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「輪郭線を表示」(ハッチングなし)
注意

「輪郭線を表示」と次項で紹介する「ハッチングを表示」は必ずどちらか1つはチェックが入っている状態になるようになっています。

「ハッチングを表示」にチェックがない状態で「輪郭線を表示」のチェックを外すと自動で「ハッチングを表示」にチェックが入ります。

MEMO

この「輪郭を表示」設定にて絵や画像の線画抽出も可能ですが、線の太さなどを設定できないため、他の線画抽出法を利用する方がいいかと思います。

クリスタで線画を切り抜き(抽出)する7つの方法!!

クリスタえんぴつ調フィルター設定:ハッチングを表示

「ハッチング」とは複数の平行線で描き込む描画方法を指します。

「ハッチングを表示」にチェックを入れることで、レイヤー上にある描画部分を(色)鉛筆の斜線で描画したような表示に変更してくれます。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングを表示」
クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの表示」


先述の通り、「輪郭線を表示」のチェックを外していますと線画部分も斜線での表示になります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの表示」(輪郭線のあり・なし)
注意

前項で紹介した「輪郭線を表示」と「ハッチングを表示」は必ずどちらか1つはチェックが入っている状態になるようになっています。

「輪郭線を表示」にチェックがない状態で「ハッチングを表示」のチェックを外すと自動で「輪郭線を表示」にチェックが入ります。


また、この「ハッチングを表示」にチェックを入れることで以降の設定項目の内容も絵や画像に反映されるようになります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定(ハッチング関係)

クリスタえんぴつ調フィルター設定:ハッチングの大きさ

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの大きさ」


(色)鉛筆での斜線表示(ハッチング)における、斜線1本の太さを「1」~「10」の数値で設定します。
数値が大きいほど斜線が太くなります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの大きさ」

クリスタえんぴつ調フィルター設定:ハッチングの粗さ

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの粗さ」


(色)鉛筆での斜線表示(ハッチング)における、斜線の荒さを「1」~「5」の数値で設定します。
数値が大きいほど斜線が短く、隙間も大きくなっていきます。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの粗さ」

クリスタえんぴつ調フィルター設定:ハッチングの角度

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの角度」


えんぴつ調フィルターによる斜線表示(ハッチング)は様々な角度で表現されているのですが、その中でもメインとなる斜線の角度を「0(度)」~「180(度)」の数値で設定します。

「0(度)」の時はほぼ水平になり、数値が上がるにつれて数値の角度分だけ右回転していきます。

※そのため、「0」と「180」ではほぼ同じ表示になります。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの角度」
クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングの角度」

クリスタえんぴつ調フィルター設定:ハッチングをグレースケールで出力

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングをグレースケールで出力」


チェックを入れますと、変換対象の絵や画像をグレー表示に変換してくれます。
色鉛筆ではなく、黒鉛筆での表現にすることができるわけです。

クリスタのえんぴつ調フィルター設定「ハッチングをグレースケールで出力」
MEMO

クリスタでは「色調補正」やレイヤープロパティの「表現色」、書き出し時の設定など様々な方法・タイミングでグレー表示に変換することはできます。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でえんぴつ調フィルターを使用した後に編集も可能

クリスタのフィルター機能はラスターレイヤーに対して行うものです。

つまり、えんぴつ調フィルターを使用した絵や画像のレイヤーも後からクリスタの様々なツールで加筆などの編集が行えます

クリスタのえんぴつ調フィルター使用後の編集

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)でえんぴつ調フィルターの使用例

表現・印象の変換

既に制作済の絵に使用することで元の絵を(色)鉛筆で描画したような表現・印象に変換することができます。

クリスタのえんぴつ調フィルターで表現の変換

質感の変更

選択範囲で服など一部分にえんぴつ調フィルターを使用することで質感を変更することができます。

クリスタのえんぴつ調フィルターで質感変更

クリスタで制作した作品の中で「絵」として利用

クリスタで制作した漫画などの「作品の中で出てくる絵」などのを表現する際に実際の写真や画像をえんぴつ調フィルターで変換して利用するといった使い方ができます。

クリスタのえんぴつ調フィルターで作品内の絵を表現

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のえんぴつ調フィルターを活用して簡単に(色)鉛筆画を制作しよう!

クリスタには鉛筆ツールもありますので、ご自身で1から(色)鉛筆画を制作することも可能ですが、上手く仕上げるには経験や知識が必要になります。

そこで今回紹介した「えんぴつ調フィルター」を利用することでご自身のデジタル画や写真などを簡単に(色)鉛筆画表現に変換することができます。

(色)鉛筆画表現に興味のある方はぜひ活用してみてください◎


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー

▶パルミーについて詳しく見る