【various sun】第16笑:——で? (3P/21P) 公開!!2020.10.14

【クリスタ】下描きレイヤーにペン入れしてしまった時に下描きだけを消す方法!!

下描きレイヤーにペン入れ

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】

 

皆さん、閲覧ありがとうございます。

山本電卓と申します。

今回は漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)において、下描き用のレイヤーにペン入れをしてしまった時に下描きだけを消す方法を紹介させていただきます。

 

クリスタ:下描きレイヤーにペン入れ

とはいうものの、あくまで応急処置ですのでそこはご了承いただければなと思います。

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で下描きのみを消す方法

下描きとペン入れの色が違うことが条件!

今回紹介する方法はペン入れの色を利用するものとなります。

下描きとペン入れで違う色を使用していれば以下で紹介する方法を利用することが可能となります。

ですのでほとんどの方が当てはまるのではないかなと思います。

また、画像では黒色でペン入れしたもので紹介しますが、カラーでペン入れしている場合でも利用可能です◎

まずは複製!

まだペン入れが終わっていない箇所がある場合は下描きも残す必要があります。

ですので、「下描きとして残す用」と「下描きを消してペン入れ部分だけ残す用」とでレイヤーを分ける為にペン入れをしてしまった下描きレイヤーを複製します。

 

まずは下描きを消したいレイヤーを選択し、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択して下描きレイヤーをコピーしましょう。

クリスタ:レイヤーを複製

クリスタ:レイヤーを複製

 

そしてコピーしたレイヤーを選択している状態で「レイヤーパレット」上部の鉛筆のアイコンをタッチして「下描きレイヤー」の設定を解除します。

 

下描きレイヤーの設定のままですと書き出し時に表示されない可能性がありますので。

 

※CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤー設定」→「下描きレイヤーに設定」と選択しても解除させることができます。

クリスタ:下描きレイヤー解除

 

関連記事

下描きレイヤー【クリスタで絵を描く】下描きレイヤーを使えば効率が上がる!!

 

また、必要でしたらレイヤー名も変えておきましょう。

クリスタ:レイヤー名変更

 

ペン入れ以外の部分を選択して消す!

複製したレイヤーを選択した状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「選択範囲」→「色域選択」と選択して下さい。

クリスタ:色域選択

すると「色域選択」ウィンドウが表示されますので「選択タイプ」を左端の「新規に選択」を選んだ状態で絵のペン入れ部分をタッチしましょう。

クリスタ:色域選択

クリスタ:色域選択

そうしますと、レイヤー上にあるタッチした色と同じ部分全てが範囲選択されます。

※うまく選択してくれない場合は「色域選択」ウィンドウの「色の許容誤差」の数値を調整してみて下さい。

 

MEMO

ペン入れを複数の色で行っている場合は「選択タイプ」の中央にある「選択に追加」を選んだ状態でペン入れ部分の各色をタッチしていくことで複数選択をすることができます。

クリスタ:色域選択

 

ペン入れ部分を範囲選択しましたら「OK」を選択しましょう。

クリスタ:色域選択

 

「色域選択」ウィンドウが閉じましたら、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「選択範囲」→「選択範囲を反転」と選択します。

クリスタ:選択範囲を反転

そうしますとペン入れ以外の部分が範囲選択された状態になります。

クリスタ:選択範囲を反転

MEMO

「選択範囲ランチャー」から「選択範囲を反転」のアイコンを選択することでも同じ作業ができます。

クリスタ:選択範囲を反転

「選択範囲ランチャー」が見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「選択範囲ランチャー」と選択すれば表示されるようになります。

 

この状態で[Delete]キーもしくは[Back space]キーを押すか、CLIP STUDIO PAINT画面上部から「編集」→「消去」と選択することでペン入れ部分以外の線を消すことができます!

キーボード

クリスタ:消去

クリスタ:下描き消去

 

MEMO

アンチエイリアスのように線のフチをぼかしたい場合は、ここからCLIP STUDIO PAINT画面上部から「選択範囲」→「境界をぼかす」と選択します。

クリスタ:境界をぼかす

すると「ぼかす範囲」を設定するウィンドウが開きますので数値を入力して「OK」を選択しましょう。

クリスタ:境界をぼかす

この状態で改めて[Delete]キーなどで「消去」を行うとペン入れ部分をぼかすことができます◎

クリスタ:境界をぼかす

 

※下描きを消す前に「境界をぼかす」の設定を行うと下描きが残ってしまいますのでこの作業は下描きを消した後に行いましょう。

 

後はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「選択範囲」→「選択を解除」と選択して範囲選択を消しましょう。

クリスタ:選択範囲を解除

MEMO

「選択範囲ランチャー」から「選択を解除」のアイコンを選択することでも同じ作業ができます。

クリスタ:選択を解除

「選択範囲ランチャー」が見当たらない場合はCLIP STUDIO PAINT画面上部から「表示」→「選択範囲ランチャー」と選択すれば表示されるようになります。

これでペン入れ部分だけを残したレイヤーの完成です◎

クリスタ:下描きだけを消す

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での下描き消去はあくまで応急処置!

冒頭でも述べましたが、これはペン入れをかなり進めてから下描きと同じレイヤーに描いてしまっていたことに気付き、なんとか進めたペン入れを無駄にしたくないための応急処置になります。

完全にペン入れ用のレイヤーに変えることは難しい場合もありますのでご了承下さい。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での下描きの消し方紹介まとめ

私個人が考えた下描きを消す方法ですが、紹介は以上になります。

作業のやり直しは精神的にもかなり辛いものがありますね。

今回紹介した方法で少しでも気持ちが楽になれば幸いです◎

それではここまで閲覧ありがとうございました!

お疲れ様でした!!

 

▼イラスト・簡単な漫画なら【PRO版】

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【EX版】