クリスタで色ずれ表現!色収差(色ずれ)フィルターの使い方!!【Ver.3】

※記事内に広告を含みます

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

今回はイラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)Ver.3.0にて追加された「色収差(色ずれ)フィルター」の使い方・設定項目の意味を紹介させていただきます。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の色収差(色ずれ)フィルターとは

クリスタで絵をブレさせ一味違った色表現にするフィルター機能!

クリスタの色収差(色ずれ)フィルターは数あるフィルター機能の1つです。
レイヤー上にある絵や画像の主線や色をブレさせて特殊な効果を表現できる機能になります。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター


また、その変換具合も各設定項目の入力値によって調整することができます。

注意

使用する画像やイラストは自身が著作権を所有しているもの、もしくは著作権を所有している方から許諾を得ているものにしましょう。

無断で他人の画像やイラストを使用・加工するのは著作権違反です。

色収差(色ずれ)フィルターが使えるのはクリスタVer.3.0以降

今回紹介する「色収差(色ずれ)フィルター」を使用するためにはお手元のクリスタをVer.3.0以降にアップデートする必要があります。

そのため、お手元のクリスタが無期限版(買い切りタイプ)の場合は「アップデートプラン」を契約するか、クリスタVer.3.0を購入する必要があります。

ポイント

クリスタを月額利用で使用している場合は追加料金なしで最新版にアップデートできます。

【クリスタVer.3】アップデートプランの契約方法を紹介します!!

クリスタを無期限Ver.2・Ver.3に!優待バージョンアップ購入方法!

注意

「優待バージョンアップ」を購入する場合、お手元のクリスタがVer.1.xであれば「Ver.1.x→Ver.2.0」の優待バージョンアップを購入・バージョンアップ後に追加で「Ver.2.0→Ver.3.0」の優待バージョンアップを購入する必要があります。


「アップデートプラン」を契約する場合はお手元のクリスタがVer.1.xでも最新バージョンにアップデートが可能です。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の色収差(色ずれ)フィルターの利用方法!

困った時は:クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!

クリスタの「色修正(色ずれ)フィルター」を利用できるレイヤーを用意しよう

クリスタで色収差フィルターを使用するレイヤーを用意する

クリスタのフィルター機能は1枚のラスターレイヤーに対して使用する形になります。
レイヤーを用意する方法は主に2つあります。

①画像を読み込む

クリスタで画像を読み込む方法は以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタで画像を読み込み・挿入させる4つの方法!!

②絵や柄を描画する

クリスタのキャンバス上に自身で絵や柄・模様を直接描画します。

フィルター機能を使用できるのは1枚のラスターレイヤーですので複数枚のレイヤーで作成されている場合は結合させて1枚のレイヤーにしておきましょう

クリスタでレイヤーを1つにする結合方法とその仕様を紹介!!

必要であればラスタライズしよう

クリスタのフィルター機能を使用できるのは1枚のラスターレイヤーに対してです。

そのため、それ以外のレイヤーにフィルター機能を使用したい場合はラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)する必要があります。

※元のレイヤー機能はなくなりますので注意しましょう。


ラスタライズは変換したいレイヤーを選択している状態でCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択することで実行できます。

クリスタ「ラスタライズ」

「表現色」を「カラー」にしておこう

クリスタの「色収差(色ずれ)フィルター」を使用できるもう1つの条件としてレイヤーの表現色が「カラー」である必要があります。

ですのでフィルターを使用するレイヤーを選択し、レイヤープロパティにて「表現色」を「カラー」に変更しておきましょう。

クリスタのレイヤープロパティ(表現色)

【補足①】クリスタの選択範囲機能でフィルター効果範囲を指定することも可能

クリスタでは、キャンバス上に選択範囲を作成して編集可能範囲を指定することができます。

クリスタの選択範囲

クリスタ4つの「選択範囲」作成方法とその機能!!

この選択範囲を作成している状態でフィルター機能を使用しますと、その選択範囲内だけにフィルター効果を与えることができます。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター(選択範囲)

【補足②】必要であればレイヤーを複製しておこう

クリスタのフィルター機能は再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用する必要があります。

不安な場合はクリスタのフィルターを使用する前に
CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「レイヤーを複製」と選択して選択中のレイヤーを複製することで元のレイヤーを残しておくこともできます。

クリスタのフィルターメニューから「色収差(色ずれ)」を選択!

クリスタにて絵や画像の用意ができましたら、そのレイヤーを選択している状態で
CLIP STUDIO PAINT画面上部「フィルター」から「効果」→「色収差(色ずれ)」と選択しましょう。

クリスタフィルターメニュー「色収差(色ずれ)」


すると以下の設定ウィンドウが開きますのでこで目的の表現に合うように各項目の数値を入力・調整して「OK」を押すことで選択中のレイヤーを変換・変形することができます。

※キャンバスサイズ・解像度によっては変換に数秒かかる場合があります。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター設定ウィンドウ


クリスタのフィルター機能は実行後に再設定ができませんので、変換前に戻したい場合はクリスタの「取り消し」機能を利用しましょう。

「色収差(色ずれ)」フィルターの各設定項目の意味は次項で紹介します。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)色収差(色ずれ)フィルターの設定項目の意味

ポイント

クリスタのフィルター設定ウィンドウにて「プレビュー」にチェックを入れておけば設定内容を変更した際にすぐその変化を画面上で確認できるようになります。

※初期状態で既にチェックが入っています。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター設定ウィンドウ「プレビュー」


プレビュー表示は数値を変更するだけで反映されますので直接数値を入力した際には[Enter]を押す必要はありません。
[Enter]を押すとフィルターの変換が実行されますので注意しましょう。

クリスタ色収差(色ずれ)フィルター設定:色収差(色ずれ)の種類

主線や色のズレ方の種類を「放射状(中心点を使用)」と「平行移動(角度を使用)」の2種類から選択します。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター設定ウィンドウ「色収差(色ずれ)の種類」

「放射状(中心点を使用)」

キャンバス上に表示されている「×」印を中心に広がっていくように色収差(色ずれ)が表現されます。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「放射状(中心点を使用)」


この「×」はドラッグでの移動が可能です。

※[Shift]を利用した垂直・水平方向への移動はできないようです。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「放射状(中心点を使用)」(×の移動)
MEMO

「×」印の初期位置は必ずしもキャンバスや選択範囲の中心点に表示されるわけではありません

キャンバスの中心点を確認したい場合は「グリッド表示」を利用するといいでしょう。

クリスタサポート機能グリッド・ルーラーのおすすめ設定!!


また、「×」印は変換前の画像・絵の位置を示しています。

「色収差(色ずれ)フィルター」ではそこまで問題はありませんが、正確に「×」印の位置を決めたい場合は「プレビュー」のチェックを外して行うとやりやすいでしょう。

「平行移動(角度を使用)」

後述する「色収差(色ずれ)の角度」で設定した角度に合わせて直線方向の色収差(色ずれ)が表現されます。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「平行移動(角度を使用)」
MEMO

「平行移動(角度を使用)」を選択した場合もキャンバス上に「×」印は表示されますが、この「×」印の位置は関係なくなります。

クリスタ色収差(色ずれ)フィルター設定:色収差(色ずれ)の強さ

色収差(色ずれ)のズレ幅を「0」~「100」の数値で設定します。
数値が大きいほどズレ幅が広くなります。

※「0」の場合は色収差(色ずれ)の効果が全くない状態になります。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「色収差(色ずれ)の強さ」
ポイント

手元のクリスタで試したところ、「色収差(色ずれ)の強さ」の数値はズレる幅の合計pxであることが確認できました。

(特に「「平行移動(角度を使用)」の場合)

※あくまで私個人での検証ですが。

クリスタ色収差フィルター「色収差(色ずれ)の強さ」の数値とズレ幅


これは、キャンバスのサイズや単位、解像度や描画部分の面積に関係なく統一されているようです。

(pxは解像度によって長さが変更しますが)


ただし、「放射状(中心点を使用)」の場合は円形に色収差が表示され、「×」印もフリーハンドでの移動しかできないので「色収差(色ずれ)の強さ」の数値とズレ幅の関係は確認ができませんでした。


そのため、「色収差(色ずれ)の強さ」の数値はご自身の目でプレビューを確認しながらお好みの数値を調整する設定方法がやりやすいかと思います。

クリスタ色収差(色ずれ)フィルター設定:色収差(色ずれ)の角度

先述の「色収差(色ずれ)の種類」にて「平行移動(角度を使用)」を選択した場合に設定する項目になります。

※そのため、「放射状(中心点を使用)」を選択した場合、こちらの数値を変更しても表示に変化はありません。

色収差(色ずれ)のズレる角度(方向)を「-180(度)」~「180(度)」の数値で設定します。
「0(度)」が上下方向のズレになり、そこから「+」数値になるほど右回転で傾いていきます。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「色収差(色ずれ)の角度」(+数値)


逆に「-」数値になるほど左回転で傾いていきます。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「色収差(色ずれ)の角度」(-数値)


この時、「0(度)」と「180(度)」や、「90(度)」と「-90(度)」などはズレの方向は同じですが色の並び(色ずれ)が逆になっています。

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター「色収差(色ずれ)の角度」(同方向の差分)
MEMO

「180(度)」と「-180(度)」は同じ表示になるようです。

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で色収差(色ずれ)フィルターを使用した後に編集も可能

クリスタのフィルター機能はラスターレイヤーに対して行うものです。

つまり、色収差(色ずれ)フィルターを使用した絵や画像のレイヤーも後からクリスタの様々なツールで加筆などの編集が行えます

クリスタの色収差(色ずれ)フィルター使用後の編集

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で色収差(色ずれ)フィルターの使用例

印象の変更

クリスタの色収差(色ずれ)フィルターによる印象の変更

衝撃の表現

クリスタの色収差(色ずれ)フィルターによる衝撃表現

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で色収差(色ずれ)フィルターで作業が簡単になった!

今までのクリスタでは、色収差(色ずれ)表現を制作するにはレイヤーを複製して色を変化させたものを合成モードでずらして重ねるなどといった作業をしなけれなならなかったのですが、Ver.3で「色収差(色ずれ)フィルター」が追加されたことで簡単に制作できるようになりました◎

お手軽にイラストや画像の表現・印象を変えることができますので是非お試しください!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIP STUDIO PAINT PRO

▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】

CLIP STUDIO PAINT EX

参考記事:クリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー「仕上げ加工講座」

▶講座について詳しく見る