クリスタの動作環境「ストレージ空き領域」の意味を解説します!

皆さん閲覧ありがとうございます。山本電卓と申します。

CLIP STUDIO PAINTの動作環境ページ」の意味を解説する第5弾です。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)の購入を検討されている中で、どのくらいの性能のパソコンがあれば問題なく使用できるのかとお悩みの方への参考になればと思っています。


↓クリスタ動作環境その1(結論記載)はこちら

動作環境:WindowsOSクリスタの動作環境「OS(Windows)」の意味を解説します!


↓クリスタ動作環境の前回の記事はこちら

動作環境:タブレットクリスタの動作環境「タブレット」の意味を解説します!


今回はクリスタ動作環境ページにおいて「ストレージ空き領域」の欄に書かれている単語に関してです。こちらはWindows、Mac両方に共通しているので一緒に述べていきます。

それではよろしくお願いいたします( `・∀・´)ノ!!

MEMO
クリスタ動作環境ページに載っているものは正常な動作が確認できた性能という意味で必須事項ではありません。が、安全に使用する為にはクリスタ動作環境ページに載っている性能のパソコンでCLIP STUDIO PAINTを使うことをおすすめします。

▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


クリスタ購入方法サムネクリスタを購入する3つの方法と手順紹介!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の動作環境:ストレージ空き領域

Windows・mac OS共にクリスタ動作環境のページの四段目に書かれている「ストレージ空き領域」の項目には以下のように書かれています

ストレージ空き領域(for Windows/for mac OS)

3GB以上の空き容量のあるストレージ

GB

GBとは「ギガバイト」と読み、「B(バイト)」がコンピュータにおいて情報(データ)量の単位で、「G(ギガ)」がコンピュータの分野においては2の10乗を意味します。つまり1GB=10億7374万1824Bということになります。

※こちらは文字の表す意味を述べただけですので覚える必要はないです。以下に記述する項目で3GB以上の空き容量が確認できれば問題ないです。

ストレージ

ストレージとはパソコン内でのデータを保管、保存する場所のことです。

ここでいうデータとは、画像などのデータだけでなく、OSやアプリケーション、プログラムなども含まれます。クリスタはアプリケーションですのでインストールしたクリスタはこのストレージに保存されます。

3GB以上の空き容量のあるストレージ

「3GB以上」とはインストール後の空き容量

まずなぜ空き容量が必要かというとストレージの空き容量が少ないとパソコンの動作が遅くなるからです。ですので、クリスタをスムーズに動かすためにも3GB以上の空き容量が必要ということになるのです。

この空き容量はクリスタをインストールし、使用する時に必要な数字です。

先程ストレージにはインストールしたアプリケーションのデータも入っていると述べました。つまり、クリスタをインストール後に3GB以上必要ということはインストール前だと3GB+CLIP STUDIO PAINTのアプリケーションのデータ容量分がさらに必要ということになります。

とはいえ私のダウンロードフォルダにあるクリスタの容量は約300 MB(約0.29GB)なので必要な空き容量が大きく増えるということではありませんが。

ストレージ空き容量の確認方法

Windows

①メニューの検索バーに「コンピュータ」と入力します。

②検索結果に「コンピュータ」もしくは「PC」という名前でパソコンのアイコンが出てくるのでそれを選択

Windows:コンピュータ


出てきた画面の「デバイスとドライブ」のところにある「Windows(C)」もしくは「ローカルディスク(C)」が確認すべきストレージとなります。ここの空き領域の箇所に表記されている数字が3GB以上でしたら大丈夫ということになります。

Windows:空き領域


Mac

①デスクトップ(電源を入れたら出てくる)画面の上部にあるapple(リンゴ)のマークを選択し、「このMacについて」を選択することでパソコンの性能(スペック)が記載されたウィンドウが開きます。

このMacについて


②出てきたウィンドウの上部のタブの中から「ストレージ」を選択するとパソコンのストレージ空き容量が確認できます。

mac OS:ストレージ

空き容量が足りない時は

もし空き容量がない場合は作る必要があります。


●方法1.不要なデータを削除する

必要のない画像や動画・音楽などのデータや使っていないアプリケーションがあるのならデータの場合は削除、アプリケーションの場合はアンインストールしましょう。その分の容量が空きます。

ここで注意しなければいけないはデータ削除の場合はごみ箱を空にする必要があるということです。普通に削除しただけではごみ箱に移るだけでパソコン内に残っているのでストレージの空き容量は増えません。

完全にパソコン内から消すためにごみ箱を開いて「ごみ箱を空にする」を選択しましょう。

Windows:ごみ箱


●方法2.データを外部メディアに移動する

外部メディアとは保存用のCD・DVDやUSB、SDカードなどのことで家電量販店で簡単に買うことができます。

アプリケーションやプログラムはパソコン上で使用するため移動させることはできませんが、画像や動画・音楽などは外部メディアにデータを移すことができます。移したデータ分の容量が空きます。

データを消したくない場合はこちらの方法を選ぶのがよいでしょう。

ただし、勘違いしてはいけないのは外部メディアにあるデータはあくまでバックアップ用であり保存用ではないということです。

バックアップ用とはつまりもしもの時の為の一時的な保存です。外部メディアに移せばもう一生安心とはならないのです。年数がたてば中のデータが壊れてしまうこともあるのです。特にCD・DVDは結構弱いようですね。

一番安全な保存場所はパソコンです。本来はパソコンと外部メディア両方でデータを管理し、万が一パソコン内のデータが壊れた場合にバックアップとして外部メディアからデータを復元するのです。

今回はストレージの空き容量を作るための応急処置として紹介していますので移したデータは定期的にパソコンを使って新しい外部メディアに移し替えましょう。そして新しいパソコンを購入した際はそちらにコピーし外部メディアとパソコンの両方でデータを管理しましょう。


●方法3.パソコンの機能でストレージ内を掃除する

ストレージ内にある一時的なファイルなど今後パソコンを使用する上で必要ないデータを削除してくれる機能がパソコンには搭載されています。

Windowsですと「ディスククリーンアップ」や「ストレージセンサー」、Macですと「ストレージを最適化」と呼ばれる機能になりますね。

こちらはお使いのパソコンやOSのバージョンによってやり方が変わるのでお手数ですが各自で調べていただければと思います。

新しくパソコンを買ってCLIP STUDIO PAINT(クリスタ)を使う場合は空き容量は気にしなくていい

もしこれからパソコンを新たに買うという方は空き容量を気にする必要はありません。なぜなら買いたてのパソコンは大量に容量があるからです。

広告や家電量販での展示の表記においてストレージに当たるのは「HDD」や「SSD」の箇所です。どちらもパソコンに内蔵されているデータの保存・保管場所であり、安いパソコンでも100GB以上あるのが分かるかと思います。

中にはGBの1024倍にあたるTB(テラバイト)の単位で表示されているパソコンもありますね。ですので3GBなんて微々たる量なのです。なので安心してインストール・使用して下さい。

ちなみにHDDとSSDの違いを簡単に説明すると以下のようになります。

●HDD(ハード・ディスク・ドライブ)

価格:安い

衝撃:弱い

消費電力:多い

容量:多い

音:大きい

サイズ:大きい


●SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)

価格:高い

衝撃:強い

消費電力:少ない

容量:少ない

音:小さい

サイズ:小さい

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の動作環境:ストレージ空き領域まとめ

クリスタ動作環境のストレージ空き領域の項目は難しい言葉もなかったのでそこまで苦労はありませんでしたし、3GBという数字もデータとしては大きいですが、パソコン全体の容量として見ればそこまで大きなものではないので特別気にする項目でもないかなと…。

ただ、必要な空き容量が「インストール前」か「インストール後」かは分かりにくかったため、そこはサポートセンターに質問させていただきました。まあ動作環境なのでインストール後であるとは思いましたが確証を得るために。

では以上がクリスタの動作環境 ストレージ空き領域編でした。

お疲れ様でした!


↓次の記事はこちら!

動作環境:モニタクリスタの動作環境「モニタ」の意味を解説します!

▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー