various sun 18:ポンコツ兄さん(3P/19P) 公開中!

円形・縞模様も!クリスタのグラデーション形状変更方法!!

クリスタのグラデーション形状サムネ

皆さん、本日も閲覧ありがとうございます。
山本電卓と申します。

イラスト・漫画制作ソフトCLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)にはグラデーションを作成する機能があります。

クリスタ:グラデーションレイヤー


クリスタで作成できるグラデーションはよく見る一方通行のグラデーションだけでなく、円形や縞模様のグラデーションも簡単に作成することができるのです!

クリスタのグラデーション形状


今回はクリスタで作成するグラデーションの形状の変形方法を紹介したいと思います。

それではよろしくお願いいたします
( `・∀・´)ノ!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


CLIP STUDIO PAINT:製品版クリスタ・ダウンロード版をコンビニ支払いで購入する方法!!(全工程画像付き)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)の基本的なグラデーションの作成方法

「グラデーションツール」で作成する

グラデーションを作成する為にクリスタが用意してくれているツールです。

クリスタのグラデーションツール


このグラデーションツールを選択し、サブツールパレットでグラデーションの種類を選択します。

サブツールを選択しましたらクリスタのキャンバスに作成したラスターレイヤーの上にドラッグ操作でグラデーションを描画していきます。

クリスタのグラデーションツール

※「ベクターレイヤー」ではグラデーションツールは使用できません。

MEMO

「描画色」=「メインカラー」、「背景色」=「サブカラー」となります。

クリスタ:カラー


また、「青空」~「虹」は自身で選択した色ではなくクリスタ側で用意してくれている色が配置されています。(色の変更は可能)

クリスタのグラデーションツール(サブツール)

「グラデーションレイヤー」で作成する

ラスターレイヤー上に描画するのではなく、グラデーションが表示されたレイヤーを作成する方法です。

クリスタでグラデーションを作成する場合、この「グラデーションレイヤー」を使用すれば後から色や形状など、全ての設定を何度でも変更することが可能ですので個人的にはグラデーションツールよりおすすめです◎


CLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「新規レイヤー」→「グラデーション」と選択します。

クリスタのグラデーションレイヤー


するとカラーパレットの「メインカラー」から「サブカラー」の色で上から下に変化するグラデーションが表示されたレイヤーが作成されます。

クリスタのグラデーションレイヤー


それと同時にオブジェクトツールを選択した状態になっています。

クリスタのグラデーションレイヤー(オブジェクトツール)


グラデーション上に表示されている「ハンドル」をオブジェクトツールで移動・変形させることでグラデーションの表示位置や方向も自由に変更できます。

クリスタのグラデーションレイヤー(ハンドル)


また、オブジェクトツールを選択している状態でツールプロパティやサブツール詳細ウィンドウ内の設定やカラーパレットの色を変更することでグラデーションの内容を変更することができます。

クリスタのグラデーションツール(ツールプロパティ/サブツール詳細)


ここで「ハンドル」の長さや角度を数値で指定することもできます。

クリスタのグラデーションレイヤー(形状)

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)のグラデーション形状を変更する方法!

以下の説明で紹介するウィンドウ・パレット・項目が見当たらない場合は設定で非表示になっている可能性がありますので、以下の記事を参考に探していただければと思います。

CLIP STUDIO PAINT画面クリスタのウィンドウ・アイコン・項目がない時の見つけ方!!


また、以下で紹介する設定は「グラデーションツール」を使用する場合は描画前に、「グラデーションレイヤー」を使用する場合は作成後にオブジェクトツールを選択した状態で行いましょう。

クリスタで円形のグラデーションを作成する!

クリスタで円形のグラデーションを作成したい場合は、ツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウの「形状」の項目で「円」もしくは「楕円」のアイコンを選択するだけでで簡単に作成できます。

クリスタのグラデーション形状(円/楕円)


「楕円」の場合は角度も自分で決めることができますよ。

「グラデーションツール」での操作

「円」

クリスタのグラデーションツールで「円」の形状を選択して描画する場合はドラッグ操作で円の大きさを指定します。

クリスタで円形グラデーションを描画


この時、サブツール詳細ウィンドウ「グラデーション」項目にある「中央から開始」にチェックが入っていますと円の中心から半径の大きさ分をドラッグする形になりますので描画しやすいです。

クリスタのグラデーションツール(中央から開始)


「中央から開始」にチェックが入っていない場合は「円が入る正方形の対角線」をドラッグして円を描画する形になります。

クリスタで円形グラデーションを描画
「楕円」

クリスタのグラデーションツールで「楕円」の形状を選択し、描画する場合は1回目のドラッグで楕円の大きさを決め、2回目のドラッグで角度を決めるという形になります。

クリスタで楕円グラデーションを描画


1回目の楕円の大きさを決めるドラッグ操作では「円」と同様「中央から開始」にチェックが入っているかいないかで描画方法が変わります。

また、[Shift]を押しながらドラッグすることで「円」も描画可能です。


2回目の角度を決めるドラッグ操作を[Shift]を押しながら行うと、ツールプロパティ(サブツール詳細ウィンドウ)に表示される「角度の刻み」という項目で入力した数値の角度ごとに楕円を回転させることができます。

クリスタのグラデーションツール(角度の刻み)

「グラデーションレイヤー」での操作

オブジェクトツールを選択した状態で「円」や「楕円」の形状を選択し、「ハンドル」を操作することでグラデーションの「円の中点」や「円の大きさ」を自由に変更できます。

クリスタのグラデーションレイヤーで円形グラデを作成


グラデーションを移動する場合、[Shift]を押しながらドラッグすることで水平・垂直・45度方向への移動ができます。

クリスタのグラデーションレイヤー(Shift移動)


また、円のサイズを変更する場合は[Shift]押しながらドラッグすることで片方の半径のサイズを固定したままの変更ができます。

クリスタのグラデーションレイヤー(Shift変形)


「円の大きさ」や「角度」はツールプロパティやサブツール詳細ウィンドウにて数値を指定することもできます。

クリスタの円形グラデーション(形状)

※「角度」は「-180」~「180」です。

※「角度」をハンドル操作で変えますと半径の数値も変わる可能性がありますのでツールプロパティ(サブツール詳細ウィンドウ)で数値指定する方法をおすすめしします。


「楕円」の形状の場合、

●「サイズ」

「楕円」の形状アイコンを選択した時の縦軸の長さ。


●「厚さ」

「楕円」の形状アイコンを選択した時の横軸の長さ。

クリスタの楕円グラデーション(サイズ/厚さ)


となります。

MEMO

グラデーションレイヤーの「楕円」形状で、サイズと厚さの比率を固定したままサイズを変更したい場合は「変形機能」を利用しましょう。

クリスタのグラデーションレイヤー(変形)


変形時はキャンバス内での操作になりますが、キャンバス外の部分もちゃんと変形されます。

クリスタ:変形クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!

クリスタの円形グラデーションのアレンジ

ツールプロパティの「塗りつぶし設定」項目のグラデーションが表示されている箇所をタッチしますと「グラデーションの編集ウィンドウ」を開くことができます。

クリスタのグラデーション(塗りつぶし設定)

クリスタの「グラデーションの編集」


このグラデーションの編集ウィンドウで「グラデーションの反転」アイコンをタッチしますと表示しているグラデーションの色の変化具合を反転させることができます。

クリスタのグラデーションを反転


クリスタで円形のグラデーションを描画色と白色(透明色)の2色間で作成する場合、この「グラデーションの反転」アイコンをタッチすることで中心ではなく周囲にグラデーションを配置する表現ができるようになります。

クリスタの円形グラデーションを反転


イラストの背景に利用したりできますよ◎

クリスタの円形グラデーション


「グラデーションの編集ウィンドウ」の細かい設定内容は以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタ3色以上グラデ作成サムネクリスタで3色以上のグラデーションを作る方法!!

クリスタで縞模様のグラデーションを作成する!

クリスタのグラデーションでは、

「グラデーションツール」の場合は1ドラッグ分、「グラデーションレイヤー」の場合はハンドルの長さ分1つのグラデーションと考えます。

クリスタでの1つのグラデーション


クリスタで縞模様のグラデーションを作成する場合はツールプロパティもしくはサブツール詳細ウィンドウの「端の処理」のアイコンで「繰り返し」「折り返し」のアイコンを選択します。

クリスタのグラデーション(繰り返し/折り返し)


この設定により「1つのグラデーション」を何回も表示させることができ、縞模様のグラデーションを表現できるようになります。

クリスタのグラデーション(繰り返し)
クリスタのグラデーション(折り返し)


こちらは「円」「楕円」の形状と併用することもできます。

クリスタのグラデーション(折り返し+円形)
MEMO

「端の処理」で「繰り返さない」を選択しますと「端」以降の範囲がグラデーションの両端の色でベタ塗りされ、「描画しない」を選択しますと「端」以降の範囲には何も描画されなくなります。

クリスタのグラデーション(繰り返さない/描画しない)

「グラデーションレイヤー」での注意点

クリスタで作成するグラデーションの「端の処理」の仕様から、グラデーションレイヤーでグラデーションを作成している場合、「繰り返し」「折り返し」アイコンを選択しただけでは見た目上に変化はありません。

先述のように「1つのグラデーション」=「ハンドルの長さ」であり、グラデーションレイヤーの作成時はキャンバスに合わせたハンドルの長さになるので「繰り返し」「折り返し」の表示はキャンバスの外側にある状態なのです。

グラデーションレイヤーのハンドルの長さ(サイズ)を小さくすれば「繰り返し」「折り返し」の表示が出てきますよ。

クリスタのグラデーションレイヤー(折り返し)

【補足説明】CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)での他のグラデーション表現

グラデーションを変形させてみよう!

先述の通り、クリスタのグラデーションレイヤーは変形機能で比率を保持したまま拡大・縮小・回転ができますが、自由変形など他の変形機能は利用できません

しかし、「グラデーションツール」でラスターレイヤー上に描画、もしくは「グラデーションレイヤー」をラスターレイヤーに変換(ラスタライズ)した場合はクリスタの「全ての変形機能」を利用することができます。

※「グラデーションレイヤー」をラスタライズするにはCLIP STUDIO PAINT画面上部から「レイヤー」→「ラスタライズ」と選択しましょう。

※グラデーションレイヤーの変形時とは異なり、キャンバスの外側にはグラデーションの表示がない状態ですので注意しましょう。


手動操作ですので形や比率は目分量になるのですが、「メッシュ変形」を利用すれば複雑な形のグラデーションを作成することも可能ですよ◎

クリスタのグラデーションをメッシュ変形


クリスタの変形機能に関しましては以下の記事を参考にしていただければと思います。

クリスタ:変形クリスタなら絵・イラストをこれだけ自在に変形できる!!

CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)で気軽にグラデーションを作成しよう!

クリスタのグラデーションの設定の内容が分かれば後は作成するだけですし、「グラデーションレイヤー」を使用すれば何回でも設定の変更が可能ですので気軽に簡単にグラデーションを作成することができます。

グラデーションは手作業で作成するのは難しい表現ですのでぜひ利用してみて下さい◎


また、クリスタではグラデーションの色を自由に変更・追加することもできますよ!

クリスタ3色以上グラデ作成サムネクリスタで3色以上のグラデーションを作る方法!!


それではここまで閲覧ありがとうございました!
お疲れ様でした!!


▼イラスト・簡単な漫画なら【CLIP STUDIO PAINT PRO】


▼本格的な漫画・アニメーション制作なら【CLIP STUDIO PAINT EX】


▼動画視聴型お絵描き講座【Palmie(パルミー)

パルミー